*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『晩秋』 ロバート・B・パーカー・著/菊池光・訳(ハヤカワ・ミステリ文庫)早川書房

『初秋』の続編。
物語世界では10年経過、15歳だったポールはその後ダンサーとして成功し、ガールフレンドもでき、結婚を考えるようになります。
が、母親が行方不明になり、スペンサーに探してくれと依頼にやってくるところから始まります。

『初秋』が、スペンサーとポールという擬似父子の関係を重点的に描かれたのに比して、ポールとパティ母子、ギャングのジョウとジェリイ父子、スペンサー自身の父(叔父)子、それぞれの関係がぐるぐるとフーガのように語られます。

ポールの話が主軸であることは間違いないのですが、母親になりそこなったパティと、息子を育て損なった父親ジョウの話は、きっと、アメリカでもこういうことが深刻な問題であり、それを反映しているのだろうなあと思いながら読みました。(アメリカに限らずだとは思いますが)

ジョウの忠実な手下だったヴィニイすらジョウとジェリイ父子を捨てていくシーンは、なんだか象徴的です。

ジョウは自分が一人息子を育て損なったことを、最後には何となくスペンサーによって気づかされるような描写で終わりますが、パティの方は、自分は良い母親だったと言って聞きません。
本当は自分でも気づいているのかもしれませんが、「気づいている」という事実から逃げたくて気づかないことにしているように見えます。それがポールの言うように、「彼女は大人になりきれていない」ということなのでしょうが、一生大人にならず、そのことにすら気づかない人というのは、実際にいるのでしょう。自分がいいトシこいて大人になり損ない、しかも、母親にもなり損なったという事実を認めるのはつらいことでしょうが、ポールの言ったように、せっかく訪れたチャンスもパティにはチャンスとは思えませんでした。(それはピンチの形で表れたので、弱いパティにはチャンスとは思えなかったのでしょう)
そういうポールだって、15歳の時は母親のミニチュア版みたいな子でしたが、運良くスペンサーが現れたから結果的には良かった、ということになります。ですが、スペンサーについていくことを選んだのはポール自身だったのですね。

なんだか、ハードボイルドというより、ビルドゥングス・ロマンのようでした。
[PR]
by n_umigame | 2006-12-10 15:25 | ミステリ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/4344712
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。