*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

ライヴ★ザ・血液検査

カーン☆
さー今晩も始まりました、どこまで続くのか咳との戦い、横になると咳が出て何時間も寝付けない上明け方も自分の咳で目が覚めるのでこのままだと咳の原因が判る前に寝不足で死ぬ(寝不足で死んだ人はいません。らしいです…)、死ななくても仕事に支障が出るか倒れる、さーどーするにせみ、ん? お布団の上にクッションを積み上げ? おーっと、ついに座椅子状態で座ったまま寝ましたにせみ。何せ月曜からろくに眠れなかったため、睡魔くんコーナーで待ちかまえ、得意の寝技をかけてきたああー! と、3分うとうとする間もなく咳がゲホゲホガハ、レフェリーこれは? いや、いやいや、止めましたレフェリー止めました。睡魔くんの寝技を止めました咳! いやー世界にはまだまだすごい選手がいますね。

…とまあ、そういう状態で、つまりは薬は効かないまま、まだなくなっていないけどこれ以上眠れない日が続くとまずい気がして、血液検査の結果を聞きに行きました。

先生  「あーどーですかーその後は。」
にせみ 「実は…火曜にいただいたお薬、ぜんぜん効きませんでした。」
先生  「効きませんでしたか。そうですか。これ血液検査の結果なんですけど(結果の用紙を渡される)、アレルギー:陰性、感染症:陰性。で、どっちかというとやっぱり、感染症だと思います。白血球が増えてるんで。ホラ。」
どっちかというとやっぱり。
そもそも2択? 2択なんですか、ねえ?
…というような不信感が顔に出てしまったのでしょうか。先生はこうおっしゃいました。
先生  「まあ、血液検査って言っても、ショボいんで。」
医者が真顔で言うのかそれを。
にせみ 「そ、エヘ、そうなんですかー(冗談ではないらしいと気づいて中途半端に笑った顔)。」
先生  「ええ。なんで、もっと病院とか行って気管支を内視する検査とかですね。気管支に居る結核とかもあるんで。」
もっと病院。
てどんな病院。
ここは病院じゃないんですか。いや大きな総合病院へ行けつーことですね。わかりました。けど、ええーー! 結核!?
肺炎でもショックを受けたのに。だいたいあれは美女と文学青年しかかからない病気でしょ!?(間違ってます。)
いやまあとりあえず、外注に出しているショボい血液検査でわかることはこれだけでした、言い換えると、何もわかりませんでした、と。こういうことですね。
先生  「とりあえずお薬変えてみましょう。で、また様子見ましょう。お大事にー。」
………。
21世紀になっても人間のできることはこんなもんなんですね。

そして4日前と同じ処方箋薬局へゴー。
薬剤師さん 「にせみ(仮)さーん。このお薬、4日前出したのと同じですよね?」
にせみ    「あ、はい。(クソまずいシロップのおかわりがビンで来たー!! イヤー!!)まだいっぱい残ってます(涙)。」
薬剤師さん 「先生にやめてもいいか聞いてみますねー(電話)やめていいそうです。これ下げますね?」
にせみ    「はい、お願いします。(あの若造、やっぱり薬で小遣い稼ぎかー!)」
薬剤師さん 「咳が長引いてらっしゃるんですか?」
にせみ    「はい。ちょっとここのところ急にひどくなってしまって…」
薬剤師さん 「そうですか。疲れたりしてもひどくなるんで、お大事になさってくださいね。あまりに長引くときは専門のお医者さんに行った方がいいですよ。はい、○○円になりますー。」 
にせみ    「ありがとうございます。(…やっぱり薬剤師さんから見て、あの先生は専門ではないということなんですねー!!)」

これで効かなかったら(今現在効いてないですが)、行きます、専門のお医者さんに。
しかし、若造先生は何も言わなかったものの、帰りに追加の検査料を取られたのでまたさらに検査に出してくれたようです。
そんでまたわからなかったら「ショボいんで」とか言わないでくださいよ? 「すっぱいブドウ」じゃあるまいし。
[PR]
by n_umigame | 2007-02-23 23:13 | 日々。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/4816786
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。