*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『ドクター・フー』 第25話「危険なお絵描き」

カートゥーン・ネットワークで放送中の、子どもの空想上のお友達「イマジナリー・フレンド」といっしょに暮らしている男の子のアニメ『フォスターズ・ホーム』(原題:Foster's Home for Imaginary Friends)を思い出しました。

子どもの心が生み育てた空想上のお友達。
小さい頃は誰の心の中にもいたはずのお友達。
大人になったらそんなお友達が居たことすら忘れてしまうけれども。

↓以下ネタバレ





子どもの恐ろしさを描いた作品は古今東西数知れずですが、今回ひいぃぃいいぃ!!となったセリフは、「ママも描かれたい?」でした。 …こわい。

しかしこの回は何と言っても、ドクター、いちびりすぎ。
聖火ランナーをやりたかっただけだろうそうだろう!
イギリスの国威高揚ドラマと見えなくもないほど、けっこう、その手の傾向に利用されていないかドクター。
素に戻ればイギリスのドラマなんだから仕方がないのだけれども。

そしてもう一つ、ドクターが「父親だったこともある」とさらっと告白。
でもどういう意味で父親だったのかはわからないなあ。
『ドクター・フー』はそもそもが子ども向けの番組なので、あまり生臭い話にはならないとは思いますが。
[PR]
by n_umigame | 2007-03-23 22:06 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/5001148
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。