*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『シャーロック・ホームズの新たな冒険 : 踊る人形』(あおば出版)

オムニバスです。読むのは2冊目です。

「踊る人形」 逢坂みや
「第2の汚点」 月夜の珈琲館
「黄色い顔」 天野瑰
「白銀号事件」 宮越和草
「三人ガリデブ」 笹木阿弓
「三破風館」 宝井さき

シャーロキアンににらまれてうかうか夜道も歩けぬようになっては困るためか(笑)、このアンソロジーは可もなく不可もなくといった作品で揃えられています。あとは絵の好みくらいでしょうか。

最近、何かの短篇集で「人を殺したいならラッシュ・アワーのグランド・セントラル駅でやるに限る。〔凝ったトリックをわざわざ用意して、ある謎さえ解ければ自分が犯人だとわかるようなまぬけがこの世におるかい〕」というセリフがあり、これと似たような趣旨のことをホームズが言っていたけど、どれだっけ…? と思い、最近また読み直しています。(「ぶな屋敷」でした。)
[PR]
by n_umigame | 2007-05-20 17:33 | コミックス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/5444325
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。