*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『グルメ探偵ネロ・ウルフ』第2シリーズ

CSで放送中のものを録りためたものをちまちま見ております。
第2シリーズは吹き替えなんですね。

第5話 「マザー・ハント」、第6話 「ポイズン・ア・ラ・カルト」、第7話 「依頼人が多すぎる」、第9話 「求む、影武者」あたりを現在見ておりますが、「ポイズン・ア・ラ・カルト」でフリッツを気遣うウルフと、犯人にフリッツが「あなたを許します」というところがよかったです。
そして、魚にフルーツソースを使うかどうかでケンカする二人が大爆笑。いやーわたしもフルーツソースは魚には合わないと言うフリッツに一票ですよ、ウルフ。
「依頼人が多すぎる」は、少しもの悲しいラストシーンでした。

第2シリーズも1930年代(*1)のNYの雰囲気と、軽快なジャズに乗って素敵なドラマに仕上がっております。ただ第1シーズンよりは雰囲気重視になったかなあという印象が、個人的にはしております。

しかし、やればできるんだからこんな感じでエラリイ・クイーンもきちんと作り直して欲しいなあ…なぜ企画されないのでしょうね。著作権とかいろいろあるのでしょうけれども。
でも万事お繰り合わせの上、できれば第1シーズンは1930年代でぴっちぴちのクソ生意気な若造エラリイで、第2シーズンは1940年代(戦後)の悩むエラリイでプリーズ!!
なんなら夢の共演で、アーチーとエラリイ、クレーマー警視VS.クイーン警視でどうだ!
(どうだと言われても。)
(VS.って何で? って? いや、この二人、気があわなさそうじゃないですか? クレーマー警視はドラマのイメージが強いのですが、二人とも鼻っ柱強いし…クイーン警視は表だって同僚と衝突するような人ではないと思いますけれども、ステビンズとヴェリーは階級も(たぶん)同じで中間管理職どうし、「聞いてようちのボスがねー」「もーねー」とか言ってそうです。…ああー妄想が膨らむなー(笑)。)

あ、ちなみに当ブログをご覧になるような方でそんな人いないと思いますが、老婆心ながら。
「グルメ探偵」って「喰いタン」みたいなの? と思われた方、違いますから。
「喰いタン」、けっこうおもしろいですね。でも、違いますからー!!

*追記:てっきり1930年代かと思っていたら、「あれ、アーチーが兵役についている…」と思い調べました。
ドラマの設定は、1940年代~1960年代初頭まで、なのですね。失礼いたしました。
ウルフとアーチーはクイーン父子とは違い、ちゃんとトシを取る(笑)ようです。
[PR]
by n_umigame | 2007-06-03 22:42 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/5543853
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Yuseum at 2007-06-04 03:22 x
ごぶさたでぇ〜す。
「グルメ探偵 ネロ・ウルフ」、WOWOWで放送されていたのを一部見て、後は録画したけど・・・という感じで、そのうちHDD容量を圧迫してきたんでσ(^◇^;)、ムービープラスで放映されているのを別のHDDに落としています。
(・・・いや、見ろってヾ(℃゜)々)

第2シーズンは「ポイズン・ア・ラ・カルト」と「求む、影武者」、そして「真昼の犬」を見たかな? 「ポイズン〜」はなかなかよかったです。
ジム・ハットンの息子、ティモシー・ハットンが出演しているのも、なんか面白いです(^_^)v

でも、このシリーズ。
日本ではDVD化される気配、全くないですね(x_x)
日本ではウルフの知名度、低いからなぁ・・・。

逆に本国アメリカでは、ウルフは確かホームズに次いで人気のある探偵だけど、アメリカはコージー・ミステリー隆盛で、クイーンやカーといった本格ミステリは敬遠されているから、まずクイーンが再制作される可能性はないでしょうね・・・。
残念だ(´ヘ`;)ハァ
Commented by n_umigame at 2007-06-05 22:29
いらっしゃいませ~♪

へえーアメリカではコージー流行りなんですか。
コージーというと、ジル・チャーチルとか猫が探偵のあれとか(作家の名前を覚えとけ)ですか?なんか意外ですねえ。
クレイグ・ライスなんかはわりと好きですが。

ティモシー・ハットンがアーチー役になったとき、「親子で探偵だー♪」と一部で話題になったそうです。この親子、よく似てるなあと思うのですが、ジム・ハットンがエラリーをやったときもすでに40歳、このアーチーもちょうどティモシーが41、42歳だった頃ですよね。二人とも見えないですよ~。くりっとした目で二人ともちょっと得してる感じでしょうか。
ティモシーがオスカーを受賞したとき、もうお父さんは亡くなっていたんですね…。もし生きていたらどう思われたでしょうか。

このネロ・ウルフのドラマもそんなにごりごりの本格ミステリ!という印象のドラマではないので、こんな感じでいいからエラリイ・クイーンも制作して欲しいですよう。なんだったらアメリカで制作しなくてもいいから~(笑)。