『ゴールデン・フリース』 ロバート・J. ソウヤー著/内田昌之訳(ハヤカワSF)早川書房

宇宙旅行都市計画の一環として、47光年かなたのエータ・ケフェイ星系第四惑星のコルキスをめざすバサード・ラムジェット宇宙船〈アルゴ〉。コンピュータ“イアソン”が完璧に制御しているこの船で、一人の女性科学者が死亡した。事故死?自殺?それとも…。自殺だというイアソンの主張に疑いを抱いた前夫が単独で調査を始め、困難の末にあばいた驚愕の真相とは?“感情を持つコンピュータ”をリアルに描いた話題作。


倒叙式のホワイダニットの形式を取ったSFミステリですが、最後は突然壮大なSFに。
そんな風呂敷のでかい話だったんですかと読む方は唖然とします。

人類初の惑星移住船<アルゴ>を文字通り司る万能コンピュータ、イアソンが殺人を行うシーンから始まります。
被害者は何か重大な秘密を握ったためその口封じに殺されたらしい。
けれどもその「秘密」とは何か?

<アルゴ>という「世界」とそこに住む全住人を統制・管理しているイアソンの「神の視座」が恐ろしいです。
ですが、テーマはまじめに考えるととても重いはずなのですが、この作者の持ち味なのでしょう、ユーモア(わたしはあまりはまれませんでしたが)を交えつつ語るお話は、気軽に読めるエンタテインメントに仕上がっていて、かつおもしろいです。

SFファンでなくても楽しめる、この間口の広さも作者の持ち味なのでしょうね。
「わかる人にだけわかってもらえたらいい」というような排他性を感じません。読者に楽しんでもらいたいというサービス精神と読者への思いやりが、読んでいて気持ちがいいです。
意外なことに、このような精神を持ち合わせたエンタメ作家さんは、なかなかいないと思います。

読後に何かが残るというタイプの作品ではないかと思いましたが、純粋に楽しめます。
[PR]
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/5875758
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by n_umigame | 2007-07-28 16:58 | | Trackback | Comments(0)

Welcome. 本と好きなものがたり。


by n_umigame
プロフィールを見る
画像一覧