*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

慧眼のオヤジ書店が・・・

「慧眼のオヤジ書店」1号店と心の中で読んでいた書店が改装し、どこにでもあるよーなビジネスマン受けしそうな店舗に変わっていました。

あーあ…。

それでもアルフレッド・ベスターの『ゴーレム100』(2625円)が発売日に10冊も平積みにされ、翌日見たら1冊まで減っていたという(明らかに売れた模様)、どーなのこの書店(というかこの書店の客筋)という書店ではあるのですが。
5年前にはエラリイ・クイーンの文庫が全部揃っててしかも店舗に出てたんだもんなー…
まだ誰も知らなかった内田樹さんの本をいきなり平積みにして売ってたんだもんなー…
スゴイよこの書店。(しかもその両方にバッチリ釣られたワタクシ。おかげで幸せだ。)

『ゴーレム100』、お読みになった方、どーですか?
きっとおもしろいとは思うんですけれどもね。国書刊行会だし。「未来の文学」シリーズだし。(←基準・スタージョンの『ヴィーナス・プラスX』が入っていたから。)

あとジェイムズ・ティプトリー・Jrの新刊が出ていて驚きましたー。
『たったひとつの冴えたやりかた』と『愛はさだめ、さだめは死』を中学生のときに読んで以来です。
この新刊もきっとおもしろいんだろうなー。ジェイムズ・ティプトリー・Jrだもん。

……え、にせみさん、なんか本を買う脚がにぶってませんかって?
うふふ。ちょっと7月はお洋服買いすぎたのでふところが……。しかもおふとんまで買っちゃったから。えへへ。(泣)最近買った本はほとんど古本ですー(ご利用は計画的に!)
[PR]
by n_umigame | 2007-07-30 23:07 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/5889176
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。