*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『WITHOUT A TRACE : FBI 失踪者を追え!』

現在(本日最終回)シーズン3をNHK BS2で放送中の渋い系アメリカドラマ。

……何を思ったのかシーズン1&2をBOXで大人買いしてしまいました…。3連休に近頃不調のDVDデッキのご機嫌が良かったこともあり、どーせ風邪ひいて休み中なーんもやる気が出ないしDVDでも見るかーと見始めたら止まらないよう!!

お話は、地味です。(きっぱり。)
FBIのニューヨーク支局(というのかな?)の失踪者捜索班が、毎回失踪者を探すお話。

と言ってしまうと、「それだけかい」と思うのですが、人間ドラマが魅せてくれるんですよ!!
アメリカのドラマにありがちな「若い美男美女が大勢出てきて毎回好いた惚れたで生きるの死ぬのの大騒ぎ」みたいな番組とも違うところも気に入っています。(若い美男美女は出てくるのですが、美女は「若い方」には目もくれず…シーズン2の終わり頃に潮目も変わるようなのですが)

見始めたときは、マーティン・フィッツジェラルド役のエリック・クローズの方がダニー・テイラー役のエンリケ・ムルシアーノより若いと思っていましたが、けっこう年上でびっくりしました。「父親の七光りでFBI入ったけどパパから自立を目指す修行中印」というマーティンの役柄に負うところが多くてそう思いこんだのかもしれません。

ちなみにDVDボックスはたいへんすばらしいセットになっていて、これでこのお値段だったらお買い得なのではないでしょうか。イギリスのドラマも見習って欲しいですが、やっぱりアメリカのドラマの方が人気があるのかなあ。くすん。

今日やっとシーズン1まで見終わったのですが、いつもはニコリともしない困ったダックスフントのような顔におちょぼ口のキュートなジャック・マローン役のアンソニー・ラパリアさん、いきなり信楽焼のタヌキさんみたいなおなかを出さないで下さい。お茶ふきそうになりました。(たいへん緊迫したシーンだったのですが!!) 
[PR]
by n_umigame | 2007-09-19 18:48 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/6181944
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。