*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

大脱走。

だっそうかんりょう……!!

というわけで、戻りましたー。
2週間の予定でしたが、10日くらいで済みました。
いや済んでないんだけど「じゃ、あと、よろ!!」などと言って帰ってまいりました…。
今日は代休です。
が、衣替えと洗濯と掃除で1日が終わってしまいました…(あと本が1冊とマンガが1冊読めましたが…)

留守にしますと書いたにも関わらず、おいでくださったり、ちょこちょこと拍手をくださった皆さま、ありがとうございますvv

…ところで以前から欲しかったものがありまして、意を決して購入したものがあるのですが、うわー…今、ポンド高なんですねえ………知らなかった…。

で、こちらも最近まで知らなかったのですが、Amazon.ukのアカウントを持っていると、Amazon.com(アメリカ本国)でもそのままお買い物できるってご存じでしたか奥さん!?(Amazon.jpはダメ。)

ということは、同じものでもものによったらアメリカで買う方がお得じゃーんひゃっほーう! 

……とはしゃいでみたところ、イギリスでは品切れでした。
選択の余地ナッシン。
これじゃ同じものならいかに安く仕入れたかを自慢げに語りたいネイティヴ関西人として、ちっともお得感ありません。
そしてぽちぽちと計算してみたところ、そんなにお得でもないようです。

え? 何を買ったんだって?
届いたらブログにアップしますね。うふふ。
あー早く来ないかなー。海ー。海の向こうから~。らんらん♪♪

しかし、Amazon.jpは衣類やバッグの販売まで始めたんですねえ。もういったい何屋なんだか。

そして以前から気になっていたのですが、Amazon.ukでサインインすると、”Hello, nisemi(仮)!”とか出てくるんですが、もちろん、上司もファースト・ネームで呼んじゃう人たちですからAmazon.comも言うに及ばずでして、いつも思うんですよ。

「アタシはあんたの友だちか。」

アメリカ生まれなんだけれどもイギリスでの生活が長く、アメリカに20年近く振りに帰ってきたビル・ブライソンさんが、エッセイで、アメリカのカジュアル・レストランで席に着くと「今日この席の担当をさせていただくマイクです」とか何とか名乗るので、「いや、名乗っていただかなくてけっこうだマイク。ぼくはきみと友だちになりたいわけじゃなくて食事がしたいだけなんだ」と思った、というところがありますが、アメリカはそういうお国柄なんですね。

Amazon.jpの「こんにちは、にせみ(仮)さん」というのも、いかにも英語からの直訳です! という感じがして、なんだか、「Windowsのエラーメッセージみたい」と思ったものでした。
日本だったら、「いらっしゃいませ」とか「いつもご愛顧ありがとうございます」とだけ書いて個人の名前は原則、アンタッチャブルでしょう。日本には年齢・立場などが目上の人を名前(実名)で呼ぶ習慣が元来ありませんでしたので。 お客さまに対してどうしても名前を呼ばなければならない時は、「様」付けが通例でしょうね。 ネットの場合はログインできたかどうか紛らわしいので、表示されるサイトが多いですが。

まあそれはさておき、楽しみは楽しみだーv
あー早く来ないかなー。海ー。海の向こうから~。らんらん♪♪
[PR]
by n_umigame | 2007-10-24 17:17 | 日々。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/6436163
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。