*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『ロジャー・マーガトロイドのしわざ』 ギルバート・アデア著/松本依子訳

(ハヤカワポケットミステリ)早川書房
1935年、英国ダートムーア。吹雪のため、人々はロジャー・フォルクス大佐の邸に閉じ込められた。大佐、その妻と娘、ゴシップ記者、アメリカ人青年、女流作家、牧師とその妻、女優、医師とその妻。やがてゴシップ記者が全員の秘密を握っていることを示唆し、彼への憎しみが募るなか、悲劇が起こる。密室状況で記者が殺害されたのだ。被害者のポケットには不可解なアルファベットが記された紙片が。やがてセイウチ髭のトラブショウ元警部が駆けつけ、大佐が重大な告白を始める。「私の本当の名はロジャー」……ミステリの枠を打ち破る超ミステリ


アガサ・クリスティにささげられたけっこう正面攻撃な謎解き(パズラー)でした。
しかし、この密室トリック……脱力・大笑い必至でございます。(笑)

てゆうか、これをトリックと言っていいのか。わたくしは江戸川乱歩のアレをつい思い出してしまったのですが、まさかと思いますが乱歩のパロディでもあるのでしょうか。
しかも動機はコナン・ドイルのアレじゃあございませんこと?

タイトルはクリスティの、かの作品の綴り換え(アナグラム)となっていて、それを知ったら(というか気づいてしまいますよね?)「あー、じゃあ、アレが来るわけよね?」とおわかりになるかと思います。

惜しむらくは、やはり、ご本家には及ばないのですが、いっそクリスティを意識の外へ追っ払ってしまった方が、楽しいミステリが書ける作家さんなのではないかなあと思いました。
他の作品をできたら読んでみたいと思います。

こういうミステリを書く人が少ないので、うれしくていそいそと買ったのですが、前半を読んで2週間ほったらかしにしていたので読むのにめちゃくちゃ時間がかかってしまいました。
[PR]
by n_umigame | 2008-02-16 18:50 | ミステリ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/7273292
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。