*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『ミステリマガジン 2008年 06月号』 (早川書房)

『ミステリマガジン』がこの1月からリニューアルし、海外ミステリ一本の渋いラインナップでなくなってしまったのでしょんぼりしていたのですが、久しぶりに買いました。

だってだって、
特集 ミステリ史を覆す!世界バカミス宣言

買わずにはいられませんよ!!

買ったその足で入った喫茶店で(not カフェ)読んでしまいました。

短篇の筆頭にあげられたのが、ビル・プロンジーニ&バリー・N・マルツバーグ。
わたくしこのお二人の名前を聞いただけで幸せのスイッチが入って笑ってしまう体になってしまっていたので、まだ全然読んでいないのに、ページを開いてこのコンビの名前が目に入ったとたん、今度はどんな開いた口がふさがらんバカをとばしてくれるのかと、期待に胸ふくらませて大笑いして不審者になってしまいました。ああおかしい。(おかしいのはアンタだ)

書誌案内・「バカミス基本ベスト10」はバカミスといえばこの方、小山正さんです。
ビル・プロンジーニ&バリー・N・マルツバーグのあの作品はもちろん、エラリイ・クイーンのあの作品もmust readアイテムとしてランク・イン。(うおおお、確かに…っ。でも『帝王死す』も捨てがたいと思いませんか、ねえねえ。) そしてカー(ジョン・ディクスン)の作品、未読だったので早速これも買いに行きましたよ! わくわく。 密室の帝王の異名を取るカーですが、えーと、すみません、その二つ名自体がすでにバカミス、カーは世界のバカミス・ハンターにとっては狩っても狩っても狩りつくせぬ魅力のある作家さんであるらしいのは想像に難くない、と、このように愚考いたします。(カー、3作しか読んだことないのにえらそーなこと言ってすみません。でもでも…くくくくっ ´∀`°°)

それと、勝手に「第1回世界バカミス☆アワード」とか始めちゃって、ネタかと思ったらマジだったらしく、栄えある第1回第1位を受賞した作家さんが海の向こうから音速でお返事くださったー♪とうきうきそのお返事を掲載されているのですが………。
いや。ちょっ…。これ。
作家さん、「バカミス」の意味、わかってはるんやろか。わかってらっしゃるとは思いますが、「バカミス」って英語でなんて説明したんだろう…。

そして、バカ企画は単にバカミスを紹介・掲載するだけはありません。
ミステリ/SFマガジン読者にはおなじみのレイアウトでいともまじめに組まれた新刊広告。
水、吹きました。
ほかは読まなくても(こらー)このページだけは隅々まで読むよーに。(それにしても「オープン価格」ってどんな本だよ!!(笑)家電かー!!)
読者のおたよりコーナーまでバカミス特集バージョンがあるなんて…っ、早川書房さんったら…っ。(ひーおなかイテ´∀`°°)

正直、『ミステリマガジン』がリニューアルしたときは、アタシたちもうだめね…さようなら愛したあなた…と思いましたが、気が変わりました。
早川書房さん、どこまでもついていきます。行けるところまで。だから、『世界バカミス全集』出してください。買いますから。ローンで。
[PR]
by n_umigame | 2008-04-30 22:27 | ミステリ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/7811160
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。