「ほっ」と。キャンペーン

タイアップと言えばなんだかかっこいいかもしれないが、

「商売繁盛で笹持ってこーーい!!」と言わんばかりの、「映画のスチールを利用したカバー替え」って……あんまり好きではありませぬ

というわけで、ドイツでは早々に映画とタイアップの『クラバート』の本が発売に。

そして偶然(少し古いけれども)おもしろい記事をエキサイトさんで見つけました。

題して、「トラウマ児童文学」。

うっわー、わかるなあ、あれとかあれとかあれでしょ? と思っていたら、がーん!!
『クラバート』がっ!!
…ううう、確かにこれ子どもの時に読んでいたらこわくてこわくて一人で夜中にトイレに行けないよっ!!(特に1年目!!)

コーナー名、「せいぎだって負けるんだ! 悪は決して滅びません」

うっわー、そんな本当のことはオトナになってから知ればいいからいいからー!!

「悪の組織から足抜けできない主人公」……。違うとも言い切れないところがどーも。
[PR]
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/8553647
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by atsuko at 2008-09-07 22:26 x
こんばんは。すごいですね、日本でも出るようなら公開間近と叫べるのですが(笑)
トラウマ児童文学もなかなか。確かに子どものころ読んでいたら、相当ショックではありますが。コーナー名も絶妙ですね。「悪の組織」って間違ってもいないですが、「組織」という言葉が今どきかもしれません。
Commented by n_umigame at 2008-09-08 19:19
すごいですよね。
でも本にまでダニエル・ブリュールくんのアップが出ていなくてまだ良かったと言うべきでしょうか…。
日本でもタイアップ版が出るのでしょうか。もう文庫(というか新書版ですが)が出てしまっているので、こちらのカバー替えかしら??

はー、早く公開日時だけでも決めてほしいですよね!!
by n_umigame | 2008-09-03 23:38 | | Trackback | Comments(2)

Welcome. 本と好きなものがたり。


by n_umigame
プロフィールを見る
画像一覧