『男が女を盗む話 : 紫の上は「幸せ」だったのか』 立石和弘著(中公新書)中央公論新社

愛の逃避行か 男だけの一人よがりか

『源氏物語』の主人公光源氏と紫の上は正式な婚姻関係を結んでいない。
光源氏による強引な掠奪によって二人の関係は始まり、このことは物語のその後の展開に大きな影をおとしている。
平安物語文学は『源氏物語』のみならず、『伊勢物語』『更級日記』などでも掠奪婚=「男が女を盗む話」を繰り返し描いてきた。
男はなぜ女を盗むのか、女はそれにどう対処したのか。
新たな切り口で千年前の物語が甦る。(帯より)


今年は『源氏物語』千年紀だそうでございますが、古文が嫌いだったわたくしの『源氏物語』との接点と言えば『あさきゆめみし』と学生時代、国文の友人が貸してくれた田辺聖子訳の『源氏物語』と高校までの教科書・問題集まで。以上、ありをりはべりいまそかり。

しかし、「紫の上は幸せだったか?」と問われると、わたくしのように「え? それは問題提起になるんですか? だって源氏物語の男つったら主人公を手始めにみんなサイテ(カッ☆)(←眉間になんかささった音)(…がく。)」と考えてしまう者でも、つい、手が出ます。

たいへん興味深く、(重い内容でしたが)読んでいてわくわくするような新鮮な本でした。
いえ、平安文学にこのような切り口で攻め込んだ方が、今までだれもいなかったのだとすると、そちらの方が不思議なくらいでした。

著者の方は寡聞にして存じ上げませんでしたが、ものごとの切り口、見方、考え方が非常に柔軟で、読んでいて気持ちが良いです。

著者は新潟の女性監禁事件の加害者(男性)と被害者(女性)の意識の差をひいて、平安のものがたりに登場する男女の心の内面にも思いをはせておられます。
この比較が果たして適切かどうかは置くとしても、男のファンタジーというかドリームというかのはた迷惑っぷりと、女性にとってどんなに残酷で取り返しのつかないことか。男の単純さと相手を思いやることの出来ない想像力の欠落が生む悲劇を、まざまざと描き出してくれます。
(この男性の”ファンタジー”が良い方へ作用すると、本当に、「いやー女にはまねできないっすよ(場合によってはしたくもないが)」というか、見ていて胸がすくような感動を与えてくれることもあるのですが。ほんっとーに、諸刃の剣でございます。ま、なんだってそうなのでしょうが。)

平安時代、特に貴族の女性に、女としての権利どころか人間としての権利もないのが当たり前、みたいな論法で、さまざまな解説書や感想が書かれることに違和感を感じ、わたくしの古文嫌いに拍車をかけたのかもしれません。
特に『源氏物語』は素晴らしい、以上、異論は認めん。という排他的な硬直化した雰囲気がイヤだったのかも知れません。(「主語がない、わかりにくいから悪文だ」というかの有名な「源氏物語悪文説」がありますが、いやいや、そもそも日本語には人称の主語と二人称はない。というたいへん男らしく、しかもその根拠が説得力がある説もあり、だからといって文学作品として駄作だということでもないとは思いますが)

ところで、この著書の中で、まず『伊勢物語』の「芥川の段」、いわゆる「鬼一口」のものがたりについて書かれるのですが、(そしてわたくしはもちろんそんな話があったっけな。と思ったクチでございますが)ここで登場する「鬼」って何なんでしょうね。

もちろん、いくら平安時代でも鬼が物理的にいたとは思えませんので、何かの象徴だと思うのですが、ではいったい何の象徴なのでしょうか。

古文に造型の深い方、ぜひご教授くださいませ。
[PR]
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/8688860
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まりお at 2008-10-01 23:23 x
古典の教養に欠ける者ですが、この話好きなので。
芥川の段、短くて切なく、そしてショッキングですよね。鬼に一口で喰われるなんて…。 長年恋し続けた娘を奪い、闇の中を背負って必死に逃げる男(業平?)。露を見て「あれは何?」と浮世離れしたことを尋ねる娘。失った後、「あの時、露だよと答えてオレも消えてしまえばよかった」と慟哭する男。切なすぎっス。
後の世の付け足し(これ、蛇足)によると、鬼は娘(後の二条の后)を取り戻した兄たちだそうです。
高貴な娘の無垢さと、追われる男の切迫感・焦り・絶望との対照が見事です。
Commented by n_umigame at 2008-10-02 00:20
従来の解釈だと、まりおさんのような解釈だったようですね。おそらくそれが大勢と申しますか”政治的に正しい”解ではないかと思われます。

ところがこの本の解釈は違うのですよ・・・。うふふふ。

ってわたくしがここでそれを書いてしまうとこの本を読む楽しみが半減するので、伏せますね。
「白玉か~」の歌はこのわたくしでさえ覚えていました(笑)。(笑い事じゃ…)(古文の先生すみません)(しかも担任でした)この歌の解釈も「言われてみればそうだよなあ」という新鮮さがありました。
本格ミステリみたいな問題の提起と謎の崩し方、説得力のある論理的な解釈が、読んでいてわくわくしました。

ところで平安時代と「鬼」ってベストマッチですよね!(と言われても)
日本史の時代の中で一番似合うかもvと思っています。
夢枕獏さんとか坂田靖子さんとか「平安×鬼」タッグの名作作家さんも多いですが、作家さんの慧眼だと感じ入ります。
Commented by まりお at 2008-10-02 01:20 x
新解釈が! いつの間にか時代遅れの男(by河島英五)になっちゃいました。謎を解くべく、万難を排して今日本屋に行きます。なければセブン&ワイで注文。
私の担任も古文。数学で指されて冷や汗、と違って古典の朗読はよい思い出です。
Commented by まりお at 2008-10-02 20:45 x
帰宅するまで待てずに、本屋の駐車場の車中で読みました。 「まいりました!」
相思相愛の悲恋物語(あるいは平安朝版矢切の渡し)、などではなく、男の独りよがりと暴力がなした悲劇と滑稽さ。それを読み継いできた者たちのロマンティック幻想とサディスティック幻想。
最後の部分を蛇足と思うのも、読み手のヒロイズム幻想の邪魔になるから。
まさにブンガク界のコペルニクス。初めて読んだ高校生のときから、ずーと勘違いしたファンタジーを抱き続けてきた私のバカ。(でも“むかし男ありけり”なんてハードボイルドっぽい語りで始めるから、ヒーローとロマンを期待しちゃうんですよ。=言い訳)
Commented by n_umigame at 2008-10-02 23:45
剛速球の読み&ご感想、ありがとうございます!
いえいえ、従来どおりのまりおさんの読み方でああロマンだなあと袖をぞぬらしつるというのも全然「有り」だと思います。
そして、”ファンタジー”にはもちろんものすごく建設的な大事業をやってのけるパワーもあるので、そちらも大事なんだと思います。

ただ、筆者が指摘しておられるように、国語の授業などで求められる「正解」はバイアスがかかっていて、他の解釈を許さないんですよね。問題はこの”押しつけがましさ”なのだと思います。
そしてわたくしのような天の邪鬼は一気に古文がきらいになると(笑)。(←いいわけ(笑))
by n_umigame | 2008-09-29 22:35 | | Trackback | Comments(5)

Welcome. 本と好きなものがたり。


by n_umigame
プロフィールを見る
画像一覧