*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

鳥羽水族館のおはなし。そのいち

鳥羽に行って来ました。

が、いきなり食べ物の話からで恐縮です!(笑)
d0075857_23203662.jpg


★手こね寿司。
その名の通り、手でこねた寿司飯に甘めのたれをまぜこんでこれまた甘めのたれにつけ込んだカツオやマグロを乗っけたお寿司。
おいしかったです。
これは鳥羽水族館の中の食堂で。(レストランというよりやはり「食堂」。)
本当は伊勢名物?

d0075857_2321142.jpg

★伊勢うどん
うわさに聞いていた伊勢うどん。
関西人は「あんなもんはうどんやない」と一刀両断という伊勢うどん。
しかしお店に入って食べるチャンスがなかったため、おみやげもの屋さんでカップ伊勢うどんを発見! 買って帰って早速いただきました。

おうどんは湯切りしているときから、腰のなさが見え見えで、湯切りの細い穴からすら出ていこうとするくらい、ふにゃふにゃです。

そしてかけて食えと言われている「だし」は、たまり醤油そのまんまという印象で「真っ黒」です。

薬味はかつおぶしと七味がついていましたが、とりあえずかつおぶしだけでトライ。

ずるずる。……。
ずるずる。……。

あっ。何コレ。けっこうおいしいじゃないですか?
たれもさぞかし辛いかと思って七味をかけるのはやめたのですが、けっこう甘くて、あえて例えるならばあれですよ、みたらし団子の。あの味。
確かに腰はまったくなく、歯がなくても、あごですりつぶして食べられそうなやわらかさですが、もちもちしています。
みたらし団子っぽい味ですが、食後は意外とさっぱりしていますよ。

これは、あれですよ、うどんではなく「伊勢うどん」というまったく別個の食べ物だと思って食べたらけっこうおいしいですよ。(そこまでして食べんでも。)
プッチンプリンがプリンではないのと似たようなもんです。(そうなのか。)

やはり伊勢に行って、お店で食べてみたいです。
生たまごとからめて食べるバージョンがあるらしく、おいしそうです。
[PR]
by n_umigame | 2008-10-13 23:42 | 日々。 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/8761787
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by atsuko at 2008-10-15 01:22 x
反省しきりです…なのに記事をみてどうしても書き込みしたくなってしまいました。
鳥羽に行っておいでたのですね。私は4年間ほどあの辺りで暮らしていたのですが、最初伊勢うどん見たときは驚きました。インスタントだったので細めだったのかもしれませんが、お店で食べると無茶苦茶(失礼)太くてコシがあり、そこにあの濃い甘めのダシを絡めて食べるのがたまりません。是非お店でお試しくださいませ!
てこね寿司も大好きでした。
ついつい懐かしい味を思い出して書き込みいたしました。
Commented by n_umigame at 2008-10-15 22:46
いいところですよねー鳥羽!
4年もお住まいだったのですね。いいなー。あんなところに4年も住めたら毎日朝昼晩魚貝魚魚貝魚…天国!
そして半年か1年に一回松阪まで足を延ばして牛さんを…パラダイス!!
なーんも作る気しないときでも伊勢うどんさえあれば…!
それとも、白いほかほかごはんさえあればうにほたてとかてんぷらとかあるし。ステキなところでした!(食い気のほかの感想は!?)

巨大なアサリがあって買って帰ろうか迷ったのですが、あれはどのようにしていただくのですか? 網焼きでおしょうゆたらして食べるんですか?
ワタシアサリのおみそしる大好きなんですが、うちの汁碗だとあのサイズ、1個しか入らないか汁の容量がが限りなく少ないかどっちかです(笑)。
Commented by n_umigame at 2008-10-15 22:46
*コメントを読んでいる各位に追記&よけいな注* 
「てんぷら」というのは上方方言で、「さつま揚げ」のことです。
東京の知人に「じゃあ天丼に乗ってるいわゆる天ぷらのことは何て言うの?」と聞かれましたがそれも「天ぷら」です。
「どうやって使い分けてんの?」と聞かれましたが、前後の文脈とニュアンスです。イントネーションも同じです。
Commented by atsuko at 2008-10-15 23:29 x
ご期待に添えず申し訳ないのですが、貧乏学生だった時代ですのでアサリには手が出ませんでしたが、観光シーズンにはアサリのほかいろんな海産物を網焼きにして売っている屋台みたいなものがありました。すごく香ばしくてバイト帰りの空腹なお腹につらかった苦い思い出です(笑)。
ホントに住んでたのはお隣の市でしだが、バイト先が鳥羽だったのでよく行きました。今にして思えば、あのころに思いっきり食べておけば良かったですね…今ではもう行く機会がありません。
Commented by n_umigame at 2008-10-17 21:59
そりゃー残念ですねー。
アサリ、そんなにお高いものでもなかったですよ。地元でハマグリを買うことを思えば。そして伊勢エビを思えば。そして松阪牛さんを思えば…っ!

でも学生のときってほんっとーにお金ないですものね…(遠い遠い目…)たとえ一個250円だったとしても、きっと考え込んで買いますよね(笑)。(わたくしもお昼は基本お弁当で、学食で食べるのもけっこうぜいたくだと思っていました(大笑)。そんなお金があれば大学生協で本を買っていました…)