「ほっ」と。キャンペーン

『できそこないの男たち』 福岡伸一著 (光文社新書) 光文社

<生命の基本仕様>----それは女である。
本来、すべての生物はまずメスとして発生する。
メスは太くて強い縦糸であり、オスは、メスの系譜を時々橋渡しし、
細い横糸の役割を果たす「使い走り」に過ぎない----。
分子生物学が明らかにした、男を男たらしめる「秘密の鍵」。
SRY遺伝子の発見をめぐる、研究者たちの白熱したレースと
駆け引きの息吹を伝えながら
≪女と男≫の≪本当の関係≫に迫る、あざやかな考察。


うーん。

かなり微妙な読後感でした。

「ミジンコは環境が悪くなるとオスが生まれる」という説(?)をかつてどこかで読みました。
それで、生物の基本形はメスで、オスはメスのミューテイションである、という説の裏付けというか最新の仮説を展開してくれる本かと思い手に取ったのですが、そういう意味ではちょっと期待はずれでした。

また、「子孫を残す」ことが究極の目的であるならば、合理的に考えると、こんなにオスは必要ないのに、なぜ、ほとんどの生物はオスとメスの比率がほぼ1:1なのか、ということも説明がなされていないところも食いたりませんでした。

科学エッセイなのですから、この(申し訳ないけれども)お世辞にも上手とは思えない小説めいた章は省かれて、ズバッと客観的に書かれた方がよかったのではないかと思いました。
このノンフィクションチックな部分と客観的な文章の部分がちぐはぐで、、読み終わったあと何を読んだのだかいまひとつ印象に残らないと言うことになってしまったのではないかと思われます。残念です。

著者は『生物と無生物のあいだ』でブレイクされたようですが、それ以前に『プリオン説はほんとうか?』という著書を出しておられて、こちらの方がおもしろかったです。(ちょうど『眠れない一族』(感想はこちら)を読んでプリオン病に興味がわいたころだったこともあり)

ちなみに、先ほどアップした映画の感想にカマキリのイメージを挙げましたが、この本にまさしくそういう比喩が出てきて、「オスって悲しいよな…」という描写がこれでもかと出てきまして、男性化を決定づけるSRY遺伝子を「貧乏くじ」と言って、これをひいちゃったら運悪くオスに生まれるんだという描き方はユーモラスで楽しかったです。

語弊を招くことを承知で申し上げると、この本を読んでいると、ヒトのオスがなぜあんなにも、どこかしら心身ともに不安定そうなのかということの一因をかいま見たような気になります。
(ものすごーーーく悪い例えですが、そして素人考えであることを強調しておきますが、一例で言うと、犯罪者の男女比です。)

そして、合理的に考えると、本当に、こんなにたくさん、オス、要らないです(笑)。

確かにそのとおりだと思うのですが、でも、オスのアンバランスさ、言い換えると、一事にのめり込んでしまう脇目を振り向かなささが、良くも悪くもこの世界を楽しくしていることも間違いないかと思うのです。
ミジンコの例に戻ると、メスだけの世界は平和で安定しているのかもしれません。
でもきっと、それはそれでつまらない世界なのかもしれないです。
(とでも思わないと、昨今の世界はやってらんねえよ、という説もあるかもですが。)
こんなこと言うとフェミニストの方々から石投げられるかもしれませんが(笑)。
[PR]
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/8846654
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まりお at 2008-10-31 23:30 x
合理的に考えると、本当に、こんなにたくさん、オス、要らないです…
そこは合理的にお考えにならずに、と切に願います。「恥の多い生涯をおくってきました」と自覚している要らないオスの一匹として。
生命のデフォルトは女。無理やりカスタマイズした男はできそこない(ゆえに短命で心身が脆い)、存在価値はただのパシリ。 キャー、マジっすか? 秋の夜長、男の意気消沈させること必至の書。
この本、書店の新書コーナーで「今週の第3位」でした。1位の姜尚中「悩む力」も一緒に買っとけばよかったと思います。
Commented by n_umigame at 2008-11-01 21:23
ヒトに関しては、合理的に考える方が間違っているのだろうと思います、きっと ^^)。
というのは、例えばもっと極論すると、子孫の繁栄だけを重視した場合。
地球上のリソース(エサやエネルギー)は限られているわけなので、子どもを残した個体(親)は早く退場した方が合理的だし(その分、子は潤沢にエサを食べることができ、快適な環境があればより強い個体に育つことができる)、実際に交尾を終えたらすぐ死んでしまう生物もこの地球上にはいるわけですよね。

なのに、ヒトは、そうじゃない。

言語がなぜこんなにも多様で、しかも変化していくものなのか、という疑問から、遺伝子よりも早く確実に子孫に残すことができるからだ、という説を読んだことがあります。
ということは、ヒトは、あるいは、ただ物理的に子孫を残すことだけが究極の目的ではないのかもしれない。
そう考えるからです。(つづく。)

Commented by n_umigame at 2008-11-01 21:23
(つづき)
第一、ヒトほど度し難いと申しますか、理屈で割り切れない生き物はありませんよね。

オスメス比については、どの仮説を読んでもよくわからないのですが、なぜヒトの社会はオス優位になったか、ということを考えたときに、個人的に、男性の方が女性よりロマンティストで脆くてやさしいヒトが多いと思っている者としては、これでメスの方が社会的にも強者だったら、オス、とっくに死に絶えてるよ!(笑……えない。)…と思うことでもありました…。

by n_umigame | 2008-10-30 20:13 | | Trackback | Comments(3)

Welcome. 本と好きなものがたり。


by n_umigame
プロフィールを見る
画像一覧