*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『ハダカデバネズミ : 女王・兵隊・ふとん係』 吉田重人、岡ノ谷一夫著 

(岩波科学ライブラリー151・生きもの)岩波書店 

ひどい名前、キョーレツな姿、女性君臨の階級社会。動物園で人気急上昇中の珍獣・ハダカデバネズミと、その動物で一旗あげようともくろんだ研究者たちの「こんなくらしもあったのか」的ミラクルワールド。


フリーで配布されている岩波書店の「新刊案内」はワタクシの愛読誌の一つなのですが、(タダだし!)そこで見つけた1冊です。
べつやくれいさんの愉快でかわいいイラストに一目惚れし、発売前からわくわく指折り数えて、発売日に書店にスキップしながら行きました。

書店で案内レシートをにーとプリントアウトして、それを握りしめて配架されているはずの位置に行ったのになく、入荷していたもののまだ準備中で、書店員さんに出してきていただき、「この本でお間違えありませんか?」と聞かれたときは15秒くらい考えてしまいました・・・・・・。

うっへー、なんじゃこりゃー!!

しかしもちろん「は、はいー」とあいまいな返事をして受け取り、買って帰り、ページを開きました。
うううううう、き、きもちわるー!! なにこのネズミ! なにその変な生態!
ハダカだよ! 出っ歯だよ! 名前の通りだよー!!

…とひとしきり第一印象のショックを乗り越えたあとは、なんとも言えず愛嬌のある生き物に思えて来、最後には「はーかわいいなーハダカデバネズミ、ぜったい、動いているとこ見にいくんだー!」と口走りつつ読み終わりました。

ハダカデバネズミはまえがきでも書かれているとおり、身も蓋もないような、見た「まんま」の名前の生き物です。
モグラのように地中にトンネルを掘って女王を戴いて暮らしている、ほ乳類では珍しいという真社会性動物。
初めてハダカデバネズミの生態を知った著者は「『家畜人ヤプー』みたい」と愕然としたとのことでございますが、その例えはひどすぎるんじゃあございませんこと…? デバちゃんにあやまれ!(←すっかり情が移っています)と思わないでもございません。(かく言うワタクシは『家畜人ヤプー』は読みかけてあまりの気持ち悪さに挫折したクチです・・・)が、真社会性動物の特長である、生殖をになう個体が集団の中で決まっており、子孫を残す担当は子孫を残すだけ、そのほかの個体は子孫を残す個体のためにほかの役割を担うためだけに存在する、というほどの意味で、『家畜人ヤプー』みたいと言えないこともないのかもしれません。

デバちゃんたちの故郷ですが、エチオピア、ソマリア、ケニアという(国名を聞いただけで悲しくなってしまう)ような国の砂漠に住んでいるそうです。こんな生まれたてパンダの赤ちゃんをもっとしわしわにしたような、いかにも抵抗力のなさそうなふよふよボディで大丈夫なのか、と思わないでもないですが、地下に住んでいるのでエブリシング・ゴナ・ビー・オーライらしいです。
ですが、目はほとんど見えず、齧歯類の仲間にもれず歯が丈夫で、噛まれると指を貫通するほどだとか。うーむ、確かに、ハムスターにちょっと噛まれただけであんなに痛いんだから、この出っ歯でがぶりとやられたひにゃそらアンタ、という感じで、想像に難くありませんね。
一番近いのはテンジクネズミ科、つまりモルモット、カピバラさんあたりらしいです。そうか…しかしモルモットやカピバラさんは確かによく見るとネズミだが、けっこーぱっと見からかわいいぞ。すまんが。

岩波さんは今後、この岩波科学ライブラリーシリーズ「生きもの」でおもしろい生き物をどんどん紹介してくださる予定だとか。
楽しみです。
しかし、こんな薄い本でいくらカラー写真が豊富だからって、1500円(+税)はあんまりなんじゃ。
つぎからせめて1000円くらいに…!

あとがきで紹介されていた、べつやくれいさんの「ハダカデバネズミを見る人々」も楽しかったので、リンクを貼っておきます。
ハダカデバネズミを見る人々
[PR]
by n_umigame | 2008-11-23 22:19 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/8964423
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まりお at 2009-03-22 01:21 x
紹介していただいてから気になりつつ敬遠していました。先ほどいっき読み。おもしろい! ですね。驚きのスタイル&生態。17の声を持つ長生きさん。一番スゴイのは、「ふとん係」ですかね。
(ウサビッチ未見なんですが、似てませんか。 エ、全然違う?)

本日は新訳の「Xの悲劇」も読んだのですが、デバのインパクトが強烈でしたので、こちらにコメントいたしました。
Commented by n_umigame at 2009-03-23 21:29
敬遠されるのもむべなるかなでございます(笑)。
わたくしもべつやくれいさんのキュートなイラストがなければおそらくご縁がなかった本であり生き物だったと思います。

>ウサビッチ未見なんですが、似てませんか。

…待ってください、今、似てるところを探しているところです。
……。
わかりました、ピンクのとことか、ぱっと見どこがかわいいのかわからないところとかですか?(←ちょっとちょっと)