*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

映画『Sherlock Holmes』(2009)の

ホームズがロバート・ダウニー Jr、そしてワトソンが紆余曲折の末(?)ジュード・ロウ!
いったいどーいう映画なんだか! と思ってそっと見たところ、これはコナン・ドイルの原作ではなくて、コミックが原典なのですね!

わー、そんなコミックあるなら読んでみたいなvv

「ホームズよりワトソンのが背が高い」という絵は新鮮ですねー!!

IMDbを見ますと、アイリーン・アドラーとメアリ・モースタンが同時に出る様子です。
うっわー、どーいう映画なんだか!!(笑)
ホームズとワトソン二人揃ってダブル・ハッピーエンドかい?(笑)

『Cut』を立ち読みしただけなので詳細は不明なのですが、コナン・ドイルというより、ディケンズの世界に見えますね、このスチールだけ見ていると。

何にせよ楽しみです。

あっ、わたくし全然まじめなシャーロキアンとかではないので、お気楽に楽しみなだけです。
最近絵が美しい時代ものがたくさん見られて幸せです。
[PR]
by n_umigame | 2009-02-19 23:56 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/9364502
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まりお at 2009-02-20 23:36 x
面白そうですね。アクション過多にならないよう願っています。
「レストレード警部と三人のホームズ」ってお読みになりましたか? いつも軽んじられている警部が、ハンサム&デキる男に。そしてホームズは、勘違いした妄想オヤジに。
小林信彦「うらなり」と並ぶ主役と脇役の逆転ものの傑作だと思います。
Commented by n_umigame at 2009-02-21 00:08
「レストレード警部と三人のホームズ」、おもしろそうですね!!
探しに行きます!! ^^)
ホームズもののパスティーシュやパロディはシャーロキアンでもない限りとても制覇できるものではない数ですが、ときどき見たり/読んだりしたくなります。
主/脇逆転ものっておもしろいですよねー。原典がおもしろいからこそパロディも生きるのだと思いますが。

この映画のことはまだよく知らない状態なのですが、ジュード・ロウでアクションってこたあないのではなかろうかと思いますが…どうでしょう(笑)??(あああでも『スカイ・キャプテン』とかゆー映画もあったしなあ…でもあのころジュード・ロウも若かったし…)
Commented by まりお at 2009-02-21 00:18 x
おっしゃるとおりでございます(正座)。 “演技の人”なんですよね。ジュード・ロウので一番好きなのは「スターリングラード」。 敵役のエド・ハリスがいかしてました。
Commented by n_umigame at 2009-02-21 01:29
戦争映画はうっかり見ると心が折れそうになるのでほとんど見たことがないのですが、エド・ハリスは好きです!
『ザ・ロック』のときのエド・ハリスが一番好きですーvvv
イントロがすごくかっこよくて、主役は誰だと思いました。