*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『ヴィレッジヴァンガードプレス』 Vol.29

『ウサビッチ』特集号だったようです。
ヴィレッジヴァンガードのHPからバックナンバーを見ることが出来ます。

コチラ☆

富岡聡監督のインタビュー記事が載っていて、それがおもしろかったです!

『ウサビッチ』が生まれたいきさつについて、「トムとジェリー」のようなオーソドックスで秀逸なカートゥーンを作りたかったこと、映像の中で紹介されていない部分はすべて未定だけれども、プーチンは機械工という設定であること(変更されることもありますとのことで(笑))、キレネンコは元マフィアのボスということだけどどんな悪事をしでかして収監されたのか? とかとか、「そうだったんだー」という感じですが、監督の回答はほとんど「いや、単なる思いつきで。」「いや、深い意味ないんで。」みたいな感じで、あっさりしていて爽やかです。
すてきです。

でも、画面の作り込みのみならず、一見毎回どたばたやっているだけに見える物語の、全体を通した細やかな伏線の張り方、その回収の仕方など、どれも半端ではなく、思いついた設定をどれだけ作り込んでいくかという気迫というか、特に奇をてらわなくてもすばらしいものはできあがるのだ、という、監督の気概を感じました。

この90秒という制限の中で生きる良さが気に入っているのですが、長編を製作する予定はないとのことで、改めてそう聞いてしまうととても残念な気もします(笑)。

これからも、何度見てもおもしろい、中毒性のあるすてきな『ウサビッチ』が続いていってほしいです。
セリフがなく音楽がステキ、という特性を活かして世界中で愛されてほしいですね。

ところで、監督によると13話でキレネンコが声を出してるところがあるから探してください、ということですが、まったく気がつきませんでした。
ど、どこー??(シーズン1最終話の脱獄する回ですよね??)

 ※追記↑ わ、わかったー! ほんとだ声出してます!!(笑)
[PR]
by n_umigame | 2009-03-05 21:10 | ウサビッチ/Usavich | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/9424005
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。