*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

最高の人生の見つけ方(2007)

余命6ヶ月、一生分笑う。
大金持ちの豪腕実業家(ジャック・ニコルソン)と、勤勉実直な自動車修理工(モーガン・フリーマン)。一見接点のない二人が、ガン病棟の一室で出会った。余命を宣告された時、彼らが作ったもの――それは棺おけリスト。棺おけに入る前にやっておきたいことを記したそのリストを携え、二人は生涯最後の冒険旅行に出掛ける。スカイダイビング? チェック。憧れのスーパーカーでレーストラックをぶっ飛ばす? チェック。ピラミッド見物? チェック。人生の喜びを味わい尽くす? チェック!リストがひとつずつ実現していく中、望むものは何でも手に入れてきた男が、本当にほしかったものとは?家族のために夢をあきらめ続けてきた男が、最後に見つけた幸せとは?(Amazon.jpより)


原題は"The Bucket List"(棺桶リスト)。
死ぬ前にやりたいことのリストのことだそうです。
洋画の日本語タイトルはとほほなものが多いですが、これもなあー……。なんでこんな「いかにも泣いてくれ」と言わんばかりのおセンチなタイトルにするんですか。絶対原題の方が良いと思いましたよ。最後に二人で過ごした日々が別に二人の人生の集約やすべて、というわけではなく、人生はここまでの部分も全部ひっくるめて人生だったわけで。

とは言え、「できるだけ」(絶対なんてことはありえませんから)後悔しない人生の終わり方って何だろう、というテーマに直球で明るくユーモラスに、やさしい目線で挑んだ佳作でありました。
たいへんきれいなお話にしてありますので、それがひっかかる、そんなわけないだろうというご意見もあろうかと思われますが、とは言え、人間は人生にファンタジーなくして生きていけないものですから。作中ほとんど病名を言わないところも、おそらく病気自体が問題ではなく、「今まさに人生が終わろうとしている」という「時」が映画にとって大切なテーマだったからだろうと思われます。

そんでもってわたくしがバディ・ムービーに弱いことはもうバレバレですよね?(笑)
そんでもってわたくしの場合はコンビの年齢は上は無制限です(笑)。

バーでカーターを誘ってきた美女と(実はエドワードの差し金)カーターとの会話、「奥様は幸せな方ね」「いや、わたしが幸せな夫なんです」(セリフを聞いていると「幸せな女性ね」「わたしが幸せな男なんです」と言っているようでした)というやりとりも良かったです。
3カ月未満のつきあいで絶対カーターはこの手には乗らない、とわかっていたエドワードもすごいな!
しかし、カーター、本当にマスタングに乗りたかったんだったらもうちょっと大事にね!!

エドワード(ジャック・ニコルソン)が「世界最高の美女にキスをする」という願いが叶うシーンは、うっかり泣かされました。ちきしょう、アメリカ人め、うまいな(笑)。 (確か、『インディペンデンス・デイ』でも似たような表現のシーンがありましたが『ID4』は世界に冠たるバカプロパガンダ映画でしたので…(笑)。)

そして、秘書のトマス/トミーが最高でした。
暴君のボスに最後まで淡々と仕え、最後まで淡々と仕事をこなす。この映画で果たした彼の役割は文字通り小さくないですね。
イントロの登山のシーンとモーガン・フリーマンのナレーションでだまされた人、手を挙げて! ハイ!(笑)

Thomas: What are you doing here?
Carter Chambers: Fighting for my life. You?
(IMDbより)


90分ほどの短い映画ですので、静かな映画を見たいときはおひとつどうぞ。
[PR]
by n_umigame | 2009-04-17 22:29 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/9611167
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まりお at 2009-04-18 00:54 x
あ、昨日借りようと手に取りましたけど、巷に溢れる自己啓発本みたいなタイトルに躊躇しスルーしてしまったやつ。イカした原題をなぜいじる?
バディもの、惹かれますよね。「スティング」「ミッドナイト・ラン」「テルマ&ルイーズ」(女二人だけど)…。映画の王道的パターンなので、数多の傑作が。
「俺たちフィギュアスケーター」ってご覧になりましたか。お下劣なおっさんが氷上で華麗に舞うとこを観たい時(どんな時?)にぜひ。
Commented by n_umigame at 2009-04-18 22:03
真逆、あるいは一見まったく接点のない二人がだんだん名コンビになっていく、というのがバディ・ムービーのお約束みたいですね(笑)。おっしゃるとおり、本当にこの自己啓発本みたいなタイトル(まったくです!)が遠ざけているお客さんがぜったいあると思いますよ!
「俺たちフィギュアスケーター」…タイトルだけでまたすごいですね(笑)。未見なのでまたチェックします!