*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『ウサビッチ』 シーズン3/39話 「13階」(正)

『13階』、見直しました。

これで、少なくともいったんは、このステキな『ウサビッチ』の世界とも、お別れを覚悟せざるをえないのだ、というメッセージを、作中から見つけてしまいました。

これがわたしの勘違いか深読みであってほしいけれど。

言いたいことはいっぱいあるけれど。




以下、ネタバレです。











1階になってしまった13階の壁を突き破って、キレネンコ、ロボネンコ、プーチンの順に屋内へ入ってきました。
ズルゾロフの世話(?)をしていた女の子二人は、窓から助け合ってキャーキャー言いながら、脱出。
(女の子が化け物を見るような目で見ていたのは、キレネンコたちだったんですねえ…あながち違うと言い切れないところが…(笑)。)

部屋の中を見回すキレネンコとロボネンコをよそに、プーチンは壁に掛けられた変に立体的な写真を見ていました。
…ら、ズルゾロフが写真のふりを(かなり無理に)していただけでした!
飛び出したズルゾロフは、プーチンを押さえ込んで大昔のSF映画の銃みたいなものをつきつけます。
ズルゾロフの声に振り返ったキレネンコに、その銃がレーザー銃であることを見せつけます。(すごい科学力だな、さすがソビエト連邦。うさんくさいけど。)

プーチンが人質になっているのを見てもいつものとおりあっさりガン無視のキレネンコ、シューズの情報誌の写真を見せて、この靴は? と聞いています。

そのキレネンコを見て、ズルゾロフは過去の記憶がフラッシュバック。
自分が、エサで釣ってロケットに乗せて爆殺したはずの、キレネンコ兄弟(の片割れ)じゃありませんか!!
(道具は大げさだけど、すんごい原始的な罠だな、これ(笑)。獲物はスズメか?(笑))

「なんでおまえが生きてるんだー!!」とばかりにレーザー銃をかまえたズルゾロフは撃とうとし、
あのステキな新作シューズを目の前に見つけたキレネンコはなぜだかキレて飛びかかろうとし、
さすがのキレネンコもレーザーには負けるということがわかっているプーチンはまた神業の速さで銃をおもちゃに改造、
 した結果、キレネンコは壁を突き破って刺さってしまい、ズルゾロフは壁を突き破って屋外へ飛び出してしまいました。(プーチンはくるくる回って飛んでまだ部屋の中です)

ズルゾロフが立ち上がろうとしたところへ、民警コンビのボリスとコプチェフが職務質問。
後ろではパトカーがたくさん停まっていて、ズルさんの部下たちが次々しょっぴかれて行きます。
コプチェフは指名手配書を持っています。
なんだか見覚えのある顔だな…とコプチェフが一人一人手配書とズルゾロフを見比べて、ズルさんはかわいいふりをしますが、ダメでした。
最後にビンゴ、護送車にぽい。
護送車の中には、カンシュコフの、いや~な歓迎の笑み。
夜明けに向かってズルさんの叫び声とともに護送車は消えていきました。

部屋の中ではプーチンが、いつもキレネンコが食べていたおいしそうなニンジンステーキを、かわいい蝶ネクタイをしたロボネンコの給仕で、いただきまー…と口をあけたところ、ロボネンコが瓶ごとワインを口につっこんで飲ませてくれました。(しかも丸々、1本。)
プーチンはもちろんできあがってしまい、ロボネンコといっしょにロボットダンス。
コマネチは卵の殻を破って出てきたら、あら、復活!…と思うすきもあらばこそ、レニングラードに食われてしまいました。
キレネンコは壁に刺さったまま、幸せそうに耳を垂らして新作スニーカーをいつまでもいつまでも磨いていました。


おしまい。
(↑とははっきり出ませんでしたが)


最後にこんなこと言いたくなかったけれども、連載打ち切りになった少年マンガみたいな最終回だと思いました。
なぜこれが最終回だと改めて思ったのかと言うと、ズルゾロフが護送されて出ていくシーン、街のアーケードに、でかでかと、

до свиданая(ダスビダーニャ=さようなら)

と書いてあったからです。ウワアアァアアン!!・°・(ノД`)・°・

でも、ロシア語の до свиданая には英語の See you again の意味もあるそうなのです。
Long good bye じゃないのです。
だから、これが、わたしの勘違いか深読みであってほしい。


以下は気がついたことや細かい感想をこまこまと。

あれだけ監視カメラで執拗に監視していたくせに、ズルさんはキレネンコが自分が殺した相手だったと、13階に来るまで気がつかなかったのでしょうか。
確かに、ロケットで打ち上げて空中で爆発させても生きてるなんて、ふつうはないけど、キレネンコだよ?(笑)
「自分が殺したはずの男が目の前に生きていた」と書くと、すごいハードボイルドな感じなのですが、こみあげてくる笑いを抑えられないのはなぜなのでしょうか。
(そして絶対笑っちゃいけないことなのですが、あのロケットの軌跡と爆発の仕方はチャレンジャー号を思い出してしまいました…)

キレ顔とクールフェイスの兄弟だったということがわかって、今までのキレネンコの行動にも納得がいきました。
まったく別の人格が出てきた二重人格みたいな感じでしたものね。双子を一人にした時点で、かなり無理なロボトミーというか、外科手術だったはずなので、人格が多重化してもしょうがない感じです。二重人格だったらそれぞれの人格のときのことを覚えていないはずなのですが。

キレネンコも7階~12階で、ズルさんの顔を見ただけでキレてたはずなのに、13階では別に。
反対に、今まであんなに新作シューズに対してジェントルマンだったくせに、いきなり襲いかからないでくださいよ、ボス。 我慢の限界ですか?

コプチェフが手配書を広げているのをのぞき込んでいるボリスが何だかかわいかったです。(片時もライフルを手放さないんですね) 相変わらずこちらもいいコンビです。馬が合うというか、仲良さそうだったもんね、シーズン2から(笑)。
最後にまた二人のあの「うぇっへっへっへ」笑いが聞けてよかった。

その後ろに停まっているパトカーの中に、カンシュコフと同じ山吹色のウサギが運転席に座っていますが、すんごいコワイ、口!! これもしかしてカンシュコフですか!? 素顔、こんなん!? 扉のときから口、怖かったですもんね!!
カンシュコフの素顔も見られてよかった。

そして、「お疲れさま」とばかりに、プーチンにニンジンステーキと赤ワインをふるまう制作者の気持ちも、見ていてあたたかくなりました。
踊るのも大好きだから、最後は楽しく踊って終われて、よかった。
思えばシーズン1はいつもプーチンのコサックダンスから始まっていたのでした。
キレネンコも最愛のシューズをゲットできて、幸せそうで、よかった。

どうだ、この、ポジティブな感想は! と言わんばかりで申し訳ありませんが(笑)、見直すと、シーズン1からのレギュラーはみんな幸せになりました、というオチ、なのかな? と思います。


最後に(いやぜったい最後じゃないけど)、ひとつだけ言わせてください。

これだけグッズ出しておいて、売り逃げか。

オトナの事情もあったのだろうけれども、いつまでも待ってるから、いつでもわたしたちウサビッチ・ファンの元へ、帰って来てね、プーチン、キレネンコ、コマネチ、レニングラード、以下その他大勢略!!



*追記*
キレネンコの私服がカッコよかったので、プーチンの私服姿を見るまでわたし死ねない。
DVDの特典でもいい。
見 た い です!!










*べらぼうさんへ*
それが、あのシーズン最後のファンファーレが鳴らなかったのです。
そして、はっきり「おわり」とも出なかったのです。「つづく」とも出ませんでした。
おかげでファンは気が狂いそうです(笑)。

とりあえず、わたし、今夜は飲みます……。
ハッピーエンディングに乾杯!!(←ヤケ)
[PR]
by n_umigame | 2009-05-26 22:18 | ウサビッチ/Usavich | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/9779613
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2009-05-26 23:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by n_umigame at 2009-05-26 23:19
こんばんは!
こんなバカ感想文を楽しみにしていてくださった方がいるだけで、ありがたいことです。わたしも小笠原さんのブログ、更新されないかなあーと、ときどきお邪魔しておりました。
ネタバレ、お気を使っていただいてありがとうございます。一応…という感じなのですが。
フィギュア、予約されたんですね! コマやレニがついてくるので、欲しいのは山々なのですが迷っています。

わたしも、改めて見直すと、続けようと思えばいくらでも続けられるけれど、自分でもこれでいったんリセットするなあと思いました。
なので、おっしゃるとおり、また1年くらいたって「あの愉快な奴らがパワーアップして帰ってきた!!」なんて展開を、今から期待しています(*^_^*)
Commented by べらぼう at 2009-05-28 20:54 x
その次の日、見たんですが、
確かに山吹色の方が見えた・・・・・
口、口が!!
ギガコワス!!!!
Commented by n_umigame at 2009-05-28 21:34
こわいですよね、あの口!(((゜д゜;)))
色はカンシュコフなんですが、どうなんでしょうか。
しかし、『ウサビッチ』ってさりげにマッドネスなキャラ、多いですよねー?(^^ ;)