*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『ターミネーター 2』(1991)

ででんでんででん♪
地上波です。


あー何回見てもおもしろいなー♪ 
…と思うようになったのはいつからだったでしょうか。
これが1991年の作品だったということに改めていろいろと感慨を深めつつ。

初めて見たとき、実は、あんまりおもしろいと思いませんでした。

なんで、最後に、そんな説教くさいナレーションで終わるの?
とか、
いろいろ考えたら、時系列に矛盾がありすぎませんか?
とか。

でも、何回も見ているうちに(主にTVでかかったらですが)、見始めると最後まで見てしまう映画、この1本。
になりました。(『フィフス・エレメント』もなんですが…)

それで、最初の問いに戻って、「いつからこの映画おもしろいなと思えるようになったのか」ですが……わかりませんでした。
わかりませんでしたが、わたくしは「浄化されるキャラクター」というシチュエーションが好きで、「かつて敵だったけどどういうわけだか今はマブダチ」みたいなのが大好きだということです。
さっぱり説明になっていなくて申し訳ありません。
T-800とジョンが擬似父子のように見える(作中、T-800とジョンが楽しそうに話している様子を見て、サラが「こんなにいい父親がいるだろうか」みたいなことを言うシーンがあるのでよけいに)という部分も、父子萌えのハートを射抜いたのかもしれませんが(笑)。

「T1」と「T2」では物理的に違う個体なので、正確には上の条件は当てはまらないのですが、まあいいみたいです。

そして、やっぱり、T-1000ですよね。
「T3」の女性型ターミネーターも美しくて好きでしたが、T-1000が走り出すところを見ると「キタキタぁ!!」と思ってしまいます(笑)。(『ホット・ファズ』でもパロディにされていましたし)
あの、「チッチッチ。」というシーン、あなたの学校(や職場や家族)で流行りませんでしたか。流行りません。そうですか。
とにかく、強くて強くて、ぜんぜん何してもダメ、という、やっぱり敵役はこうでなくっちゃなー!! という「理想の敵像」(なんだそれは)を具現化しています。

「T4」、賛否両論っぽいですが、見るなら「スタートレック」(けっこう好評)とどちらがいいか、真剣に悩んでいます。
[PR]
by n_umigame | 2009-06-14 22:26 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/9860720
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。