*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日々。( 372 )

新年のごあいさつ



新年あけましておめでとうございます。

今「しんねんのごあいさつ」と打ったら「信念のごあいさつ」と出て正月早々暑苦しいことこの上ないのです。皆さま2016年の年頭をいかがお過ごしでしょうか。

そんなわけで毎年恒例、年始の抱負を述べさせていただきたいと思いますが、その前に、今年の7月で、このブログを始めてから10年になることに気づきました。
10年って……。
自分でもこんなに続くとは思っていなかったので、今、呆然としております。光陰矢のごとしとはこのことですね。
振り返ってみても、人間ってそんなに変わらないものだなって思いました。

年始から後ろを向いたついでに、昨年を思うと、出張先の某神社でお参りした願い事が全部(といっても2つですが)叶っていたことに気づき、お礼参りにも行かねばと思っております。
「あそこの神社のおみくじは当たる」という噂は聞いておりましたが、なんという霊験あらたかな。さすがでございます。ありがとうございます。
今年の目標はまずこれにします。

そして健康でなければ何もできないし、楽しめないということを、身をもってさまざま思い知った一年でしたので、健康で生き延びること、やはり今年もこれを至上の目標にしたいと思います。

3つめは、今年3年半ぶりに劇場に帰ってくる(予定)のドリームワークス・アニメーションが軌道に乗って、今後日本の劇場でまたふつうに作品が見られるよう、微力ながらファン活動を続けていきたいと思います。

このブログを10年も続けてこられたのは、やはり見てくださって応援してくださった方々のおかげだと思っています。
本当にありがとうございます。

10年前から見てくださっているおなじみの皆さまも、一見さんも、今後ともよろしくお願い申し上げます。

d0075857_12045212.gif
d0075857_12043865.gif


[PR]
by n_umigame | 2016-01-02 22:00 | 日々。 | Trackback | Comments(0)

年末のごあいさつ


ぎりぎりになってしまいましたが、今年も一年、当ブログをご覧くださった皆さま、拍手をくださった皆さま、コメントをくださった皆さま、ありがとうございました。

個人的に、公私ともに昨年秋からは怒濤の一年でした。

このブログにアップしている範囲では、やはりドリームワークス・アニメーションに振り回された一年だったなあと思います。
振り返るととても楽しかったです。来年以降もぜひ振り回されたいと思います。(笑顔)(重傷。いや重症。)

来年以降もまだまだ気が抜けない日々になりそうですが、どうぞ良いお年をお迎えください。


最後に…
I would like to give special thanks to Mr. Christopher Knights, Mr. Tom McGrath, Mr. Chris Miller, and Mr. Conrad Vernon.

[PR]
by n_umigame | 2015-12-31 23:57 | 日々。 | Trackback | Comments(0)

お知らせ、続き


一昨日、スマホからえっちらおっちら「しばらく浮上できません」と更新したばかりなのに、1日でパソコン直りやがりまして、復活しています。

お騒がせしました。


不具合は、ネットにつながらなくなったのですが、最初LANケーブルに本の端が乗っていて、そのせいかなーとLANケーブルを伸ばして抜き差ししたけれども直らず。

再起動→直らず。

ひと晩寝かす→直らず。

本体と周辺機器の電源を全部落とす→直らず。

モデムとルーターの状態を見てみる→素人目には問題なさげ。直らず。

&全部配線しなおす→直らず。

&ローカルネットワークの状態見にいく→デバイス認識してません的なメッセージ出てる→関連するデバイスをアンインストール、インストールしなおす→直らず。

物理的にダメになったのかもしれんと思い、LANケーブルを買ってくる。(以前もあった)
その前に、念のために、つながっているハブのポートを別のところに変えてみる→直りました。

以前職場のPCもぼろっちいUSBハブを使ってまして、7個くらいあるポートのうち3個死んでるみたいなことがあり、まさかと思ったらおまえもか。って感じで。
こんなことなら新しいLANケーブルいらんかった。
しかも、ポート差し替えるくらいなら5秒で直った。

いいんだ…LANケーブルほぼワンコインだったし。
いいんだ…いろいろトラブルの可能性をつぶし込めてトラブルシューターとしての経験値上がったし。

というわけで、またよろしくお願いいたします。



[PR]
by n_umigame | 2015-11-17 23:00 | 日々。 | Trackback | Comments(0)

お知らせ


常連の方も一見さんも、こんばんは。
このような辺境ブログをお読みいただきまして、ありがとうございます。

ただいま、管理人のパソコンが不調で、ネットワークに繋がらなくなっております。(この記事はスマホから投稿しています)
たいへん申し訳ありませんが、またしばらく更新が滞るかもしれません。あしからずご了承くださいませ。

人がたまりにたまったネタを放出しようと思ったらこれでございます。ふだんからコンスタントに更新しろって話ですね。

戻ってまいりましたら、また、よろしくお願いいたします。


[PR]
by n_umigame | 2015-11-15 23:05 | 日々。 | Trackback | Comments(0)

mt博2015@KIITO(デザイン・クリエイティブセンター神戸)

■mt EXPO 2015 at KIITO(カモ井公式サイト)

■マスキングテープの博覧会「mt博」、神戸で開催中「mt EXPO 2015 at KIITO」16日まで(神戸新聞)

まもなく閉会となりますが、カモ井のマスキングテープ博覧会「mt博」に行ってまいりました。
d0075857_10221638.jpg


場所はKIITO(デザイン・クリエイティブセンター神戸)。 旧・神戸市立生糸検査所。神戸税関の道路をへだててお向かいにあります。
d0075857_1030732.jpg

KIITOは近代洋風建築の素敵な建物で、初めて入りました。(神戸税関は建物が美しいことで有名なのですが、こちらも入ったことがなく。税関も一度は入ってみたい。昔、祖父がここで何か仕事をしていたことがあったらしい。)

ご覧のように、ポップで可愛いマステでデザインされていました。入る前からわくわくします。


さてここで白状いたしますが、わたくし、完全にマステ、なめてました。

マスキングテープが好きで、自分ではけっこう持っている方だと思っていました。ですが、自分ごときが「好き」と言って良いほど好きではないということを、当日会場で思い知りましたね。
もう、心から、「すみませんでした」、と。

そのディープなお話は追々にすることとしまして、会場の様子です。
d0075857_1040162.jpg

会場入り口付近。

d0075857_10402071.jpg

入場案内。わかりにくいのですが、右下に小さく「入場まで2時間待ってネ❤」的なことがさらっと書いてありました。次からもっとでっかく書いてお願い。

d0075857_10423033.jpg

このような整理券番号シールを渡されるのですが、結局列に並んで待つのであった。
見ていると、番号が先なので、と通されている方もあったので、もしかしたら離席してもだいじょうぶだったのかもしれません。
はい、入場までに2時間待ちましたとも。

会場内の様子。

d0075857_10451878.jpg

8万個のマステのオブジェ。
吊すのたいへんだったろうなあ。
オブジェの向こうに霞んで見えている行列は、なんと、レジ待ちの列(の一部)です。自分が並ぶ頃には長蛇の列がドラゴンの列くらいになっていて、1時間50分並びました。またほぼ2時間やないかい。

d0075857_104842100.jpg


d0075857_10511358.jpg

仙台の七夕みたい。行ったことないけど。


d0075857_10515069.jpg

床にも一面マステ。


d0075857_10521960.jpg

クルマにもマステ。ミニ可愛い。


d0075857_10544853.jpg

日本各地、世界各国で開催されたmt博のポスター。このポスターを見ているだけでも楽しい。

以下、一部ご紹介。

d0075857_10561715.jpg


d0075857_10562759.jpg


d0075857_10563951.jpg


d0075857_10565590.jpg


d0075857_10571033.jpg


d0075857_1059221.jpg


このポスターの縮小版が、ガチャガチャの当たりくじでもらえるようになっていたようです。

当日は、カモ井製マステの即売会のほか、マステを使って缶バッジやノートを作れるワークショップやガチャガチャ、壁に貼れる新製品の紹介などもありました。

壁に貼って使う新製品。宇宙柄キレイ。
d0075857_1113093.jpg



当日の戦利品。これだけで3000円ほど。本当はおこづかい2000円までの予定だったのですが、やはりオーバーしてしまいました…。誘惑に負けた。これでもしぼりにしぼったのですけれども、神戸限定柄とか言われたら買うよね!買うよねーーー!!
d0075857_113647.jpg


しかし自分のお財布の口がゆるいことを棚に上げて申しますが、当日会場でお見かけした猛者の方々は、
こんなものではなかったのです((((;゚Д゚)))))))


ここから先は怖い話になりますので、心臓の弱い方はお帰りください。トイレに行きたい方は我慢せず先にすませてきてください。


そもそも来場者の気合いが違うことを、入場待ちで並んでいるときに知ることになりました。
列に並んでいる方と少しお話したのですが、岡山と滋賀からいらしたとか。ほかにも遠征組は多かったらしく、デザイナーさんやバイヤーさんも来場されているらしく、通訳付きで団体で来ている方も。

まあプロの方はさておくとして、わたくしを震え上がらせたのは、一般の方々ですよ。

まず、入るときお買い物かごを渡されます。
わたくしは上の写真程度なので、かごの底のすみっこの方にちょこんとかたまっている感じだったのですが、レジ待ちで並んでいる人の中にはかご2コ持ち3コ持ち当たり前、しかもそのカゴからマステ山盛りであふれているではありませんか。
わたしのコレだけ、たったこれっぽっちで3000円ほどなんですよ? いったいおいくらお買い上げされたのか、レジでお会計聞いているだけでスリル満点★ いやわたしのお財布じゃないし、みなさんきっとお金持ちなんで、わたしが心配することではないのでしょうが、でも、ねえまって。マステに2万3万当たり前て。カード買い当たり前て。

待ってる間にレジが2種類あることに気づいたのですが、なんと、量り売り専用のレジ台が。
マステ、量り売りで買うんだ…?
ここはお肉屋さんか。確かに、限定マステ「肉」てあったけど。あったけどーーー!!

しかし、この程度で驚いていてはいけなかったのです。

ガチャガチャのところまで列が近づいたときに見ていると、「混雑時には10回までにしてください」とかガチャ機に貼ってある。「そんなに何回も回す人いるの、ははは、すごいねー」とか思いつつ見ていたら、確かに1回2回でやめる人はほとんどおらず、みなさん最低でも10回は回しているのです。
震えながらさらに見ていると(恐ろしくて目が離せなくなってる)、1000円札を2枚両替して(2000円分)終わったと思ったらまた2枚両替して(さらに2000円分)、見ている間だけで40回(4000円分)はガチャったお嬢さん。しかもそのお嬢さん、すでに同じくらいガチャったあとだったようで、でっかい紙袋にぎゅう詰めになっている、中身を取り出したあとのガチャのカプセルがどえらいことになっていて(それ全部持って帰るんだ…?)、もう、
こんな顔(゚Д゚)で見つめるしかなかったです。

もちろん、ガチャった方々も、かご2個持ち3個持ち当たり前。
カートを引いている人もめずらしくない。
飛び石の祝日だったので、最初は遠方からの旅行ついでに来場されたのねくらいにしか思っていませんでしたが、ごめん、戦利品を収めて帰るためだったんだ。
それ、すっごく見慣れた風景。どこでとは言わんが。


***

というような、歴戦の猛者に混じって子犬のように震えながらレジ待ちしている間に、いろいろなことが見えてきました。
mt博やカモ井さん神!な方には不愉快な内容かと思われますので、ここでお帰りくださいませ。

いや、おまえの口の悪さは知っておる。という方のみ、以下からお入りください~。






More
[PR]
by n_umigame | 2015-11-12 21:18 | 日々。 | Trackback | Comments(0)

500ml弁当箱クエスト、その4:使い捨て弁当箱編

もうどこまでも行くよ。

今回も何かの間違いでこの辺境ブログへ流れ着いてしまわれ、お弁当ブログだと思われてしまった方には、ひとこと申し上げたいと思います。
「ブラウザで戻れ」、と。

それでも、これも何かのご縁だから毒を食らわば皿まで食うわ、いただきまーす。という方へは、この当たりからまずお目通しくださいますようお願い申し上げます。


今回は「使い捨て弁当箱編」。

飲み会ある日って特に、家に帰ってからお弁当箱を洗うのめんどくさくないですか。ないです。そんな方もブラウザでお戻り下さい。

「めんどくさい。」
「ちょうめんどくさい。」
「飲み会の帰りに弁当箱を捨てていける場所があったら捨てたい」
「でも可愛いお弁当箱には思い入れがあるから、あとから供養に行きたい」
「のちの”弁当箱塚”である。ないけど」
「”弁当箱塚”ではちゃんと弔いをしないと三代先まで祟られるという。ないけど」
「妖怪”べんとうづか”があなたの家までついてくるという。ないけど」
「”べんとうづか”の鳴き声は<ヅカーーーー!>である。ないけど。あとタカラジェンヌとそのファンにあやまれ」
「ごめんなさい」

という怖い妄想まで出てしまうレベルで洗うのめんどくさい。

「そもそもお弁当作らなければいいじゃない。一日くらい」

それができればそうしてますという話です。諸事情あるのです。

相も変わらぬ長っがい前置きの末に行き着いた先は、使い捨て弁当箱で500ml未満のものはないかということです。
目指したのは100均。
ビバ、100均。

ありました。
これです。じゃん。

■カレーツナピラフ弁当
d0075857_23165663.jpg

これで400ml。
無理すれば470ml入りそうでした。(計った)

d0075857_23184737.jpg


内容は、
・カレーツナピラフ
・うずら卵とミニトマトのスティック
・白菜とニンジンの浅漬け
・ニンジンのハニーレモンサラダ
・金時豆の甘煮

もちろん当日何一つ作ってない弁。
やる気ねえ詰め方ですね。
あれですかね、お弁当箱を捨ててしまうという気の緩みがいつものセンスのなさに拍車をかけるのでしょうかね。(※おべんとばこのせいにすると妖怪”べんとうづか”が出る。ないけど。)

しかも困ったことに、ふたがかちっと閉まらないので往生しました。
仕方がないのでテープで留めた。
d0075857_23224648.jpg



そう言えばおまえさん、ほかにもお弁当箱買ってたろうよ、あれどうしたよって?

ちゃんと使ってますよう。

■とり肉のハワイアン弁当
d0075857_23254841.jpg

スタンダードなアルミのお弁当箱は使いやすいですね、やっぱり。

d0075857_23272953.jpg

内容は、
・とり肉のハワイアン風ソテー
・ニンジンのハニーレモンンサラダ
・うずら卵とミニトマトのスティック
・ごはん(3分の1合くらい)
・五色の花むすび(ふりかけ・市販品)

副菜は作り置き。(一目瞭然)
やっぱりずっと朝15分弁当です。

ザ・弁当箱って感じが好きです。
d0075857_2330457.jpg


■たらの西京焼き弁当
d0075857_23311650.jpg

・鱈の西京焼き
・だし巻き玉子
・かぼちゃの煮物
・ニンジンと三度豆のごま和え
・ブロッコリの塩ゆで
・ミニトマト
・金時豆の甘煮
・ごはん(3分の1合くらい)
・白ごま

魚はお安いときに切り身を多めに買っておいて、味噌漬けにしておくと便利なのでついついこればっかりになってしまいます。冷めても美味しいし、ごはんとも合いますしね。
金時豆の甘煮は袋半分くらい作って、冷凍しておくと1ヶ月はもつので便利。

d0075857_23353712.jpg


■チキンピカタ弁当
d0075857_23385044.jpg

・チキンピカタ
・かぼちゃの煮物
・ニンジンと三度豆のごま和え
・ブロッコリの塩ゆで
・ミニトマト
・金時豆の甘煮
・ごはん(3分の1合くらい)
・五色の花むすび(ふりかけ・市販品)

主菜替えただけ弁・第一弾。

でもお弁当箱も替えてみると、気分もがらりと変わる、マンネリ打破マジック。
可愛いお弁当箱ってすてき。
このお弁当箱はほんとうに大ヒットでした。

d0075857_23424495.jpg

シャインマスカットがワンコインで買えたので、奮発して買ってみました。
ふつうの種のあるマスカットより美味しくてびっくり。
写真に撮るつもりだったのできれいめのを入れてありますが、さすがにワンコインだと見切り品価格で、よく見ると細かい疵があったり、行きすぎの粒もまじっていました。それでもすごくお買い得でしたけど。

d0075857_2344521.jpg

チキンピカタは、とりむね肉を塩ゆで鶏にしておいたもののリメイクです。
ピカタ液に粉チーズをまぜて作ると、満足します。
塩ゆで鶏も便利なので、ちょくちょく作ります。お安いむね肉であんなにしっとり美味しいものができあがるってのもいいです。一食50円からせいぜい80円くらいでお肉がいただける幸せ。

d0075857_2345328.jpg


うむ。

あと、タッパに準ずるので、野田琺瑯のラウンドもいいんじゃね、ってことで詰めてみたのがこちら。

■からあげ弁当
d0075857_23521640.jpg

内容は、
・鶏の唐揚げ
・かぼちゃの煮物
・ニンジンと三度豆のごま和え
・ブロッコリの塩ゆで
・ミニトマト
・金時豆の甘煮
・ごはん(3分の1合くらい)
・五色の花むすび(ふりかけ・市販品)

主菜替えただけ弁・第二弾 & 当日何一つ作ってない弁・第n弾。

まるべんはやっぱり可愛いですねえ。
この野田琺瑯のラウンドは直径が12cmのものですが、これも470mlくらい入るのですよ。今のわたしにぴったんこ。
自分弁当は副菜が毎日同じでもいいのがいいです。
ランチクロスは毎日替えているので、副菜がほぼ同じ日がきっとほかにもあったはず。いつだろう…。

この記事を見て、え、お弁当って主菜替えるだけでいいのかよ!ちょう楽チンじゃん!とか思っていただければ幸いです。
楽チンがいいのです。楽チン以外のことはもうしたくないです。


ちなみに、飲み会は一滴も飲めない状態で臨んだことを最後に添えさせていただきます。(号泣。
[PR]
by n_umigame | 2015-11-01 00:02 | 日々。 | Trackback | Comments(0)

マグリット展とジュールス・デストルーパー

すでに終了しているのですが、京都市美術館で7月11日(土)~10月12日(月・祝)まで開催されていた「マグリット展」を見に行ってきました。

d0075857_1545579.jpg


当日は休日ということもあって、会期終了も近かったというのに、お隣の「ルーブル美術館展」は50分待ち、お目当ての「マグリット展」は30分待ちでした。
じりじりと照りつける残暑の太陽の下、本を読みながら待っていたのですが、涼しくなってきていたので油断して日傘も帽子も持っていかなかったことをたいそう後悔しましたとも。残暑で焼けたら戻らない。戻らないのよー!!(トシ。)

d0075857_15451674.jpg


マグリットの作品は、美術の教科書にも「大家族」などが掲載されているので、日本でも認知度が高く大人気なのですね。
シュールで、どう解釈するのか、そのときの精神状態や自分の蓄積してきたものが試されそうで、怖い作品たちでもあります。

そんな中でわたくしの一番見たかった作品は、「光の帝国」。「光の帝国」というタイトルの作品は複数存在するそうで、今回の回顧展では、「光の帝国II」が展示されていました。
この作品を知ったのは、2005年の「愛・地球博」のベルギー館で。(10年前とかおそろしい…。)
マグリットの、あの青空が広がっているのに、林に隔てられた街路には街頭が灯っていて、時間が断絶しながら同時に存在しているような作品です。(小さいですが、下に絵はがきの画像があります。検索してもすぐ出てきます。↓)
ベルギー館で見たときは巨大なオブジェとして掲示されていたのですが、実物を見るといたってふつうのサイズで、 79 cm x 99 cmとのこと。決して大きい作品ではないのですね。
ですが、やはりじっと見ていると吸い込まれそうな、不思議な感覚になります。この街頭の灯っている家に入ったら、二度と帰れなくなりそうな。
有名すぎる「大家族」は、一番最後に展示されていました。


さて、美術展に行くもうひとつのお楽しみ。
それは、ミュージアム・ショップを見ることです!


今回の戦利品。ばん。(て言うほど買ってない)
d0075857_15452737.jpg

・ポストカード(2枚)
・山高帽消しゴム付き鉛筆
・ジュールス・デストルーパーのマグリット展限定缶

山高帽消しゴム可愛いvvv ぱっと見てこれだけは絶対買って帰ろうと、持ってうろうろしていました。怪しいやつ…。
3Dプリンタで、作品から忠実に抽出した公式グッズだそうです。
d0075857_15472950.jpg


ミュージアム・ショップのスタッフさんたちは、皆さんおそろいでこの山高帽をかぶっていて、可愛くってステキでした。
あんなに混雑していなければお写真撮らせていただきたかったのですが、無理。もう「ここから出して-!」ってくらい混でました。

スタッフさんのコス(違う)(制服!)お写真始め、ほかのステキなグッズはこちらに詳しいです。

■◆京都 マグリット展 グッズを買うならコレ!◆入場者数10万人突破☆歴史に残る大回顧展をどうぞお見逃しなく!◆

今回買ったグッズの中で、実は一番のヒットだったのは、ジュールス・デストルーパーの限定缶(バタークリスプ)です。
なんですかこれ、めちゃくちゃ美味しい!

このときちょうどメグレ警視ものの自分内プチ祭りになっておりまして、「あ、メグレのパイプみたい❤ ジョルジュ・シムノンもベルギーの作家だしな。買いましょう、モナミ。そうしましょう」(作品混じっとる)と、買ってみることに。
今食べられるものに制限があるので、できるだけ添加物や油が良くなさそうなものを使っている食品は避けているのですが(自分人体実験の結果、そういうのに当たるとおもしろいくらいおなか下します)、原材料が「小麦粉、砂糖、バター、卵、食塩、重曹」。
日本のクッキーやケーキなどにほぼ入っているショートニングが使われていないし、保存料もゼロだったのがありがたく、買っていきました。(今、欧米の方がトランス脂肪酸の規制が厳しいようですしね。輸入品の方が安心なものも多いのかも。)

あんまり美味しかったので、ネットで追加で購入して、今もちびちびいただいています。
バターの香りが豊かで、一枚でもじゅうぶん満足できるので、意外とコスパも良いところがさらにお気に入り。
甘みもくどくない程度にしっかりしていて、お供に砂糖なしのミルクティー。
d0075857_1605884.jpg

マグリット展限定缶は、レギュラー商品の「ミニレトロ缶」と同じサイズのようで、中身は7枚ほどしか入っていなかったので、どーんと大きい方の缶を買ってみました。

d0075857_16155368.jpg


ほかにも「バターワッフル」というハードワッフルも3枚入りのお試しサイズがあったので食べてみました。
どちらも美味しいですが、個人的には、こちらのバタークリスプの方が好みです。「クリスプ」というだけあって、歯ごたえがあって、豪華な洋風瓦せんべいみたいな。(おしゃれ感台無し)(王室御用達になんてことを)(瓦せんべいも好きなんで)(温泉せんべいも好きなんで)

そんなわけで、知らなかったのですが、ベルギー王室御用達だそうです。

■JULES DESTROOPER(公式サイト)

■同、商品ページ

日本ではAmazonや輸入食品店などでも取り扱っています。


ところで、京都市美術館っていつ行っても狭いし薄暗いし、昔の建物、という感じですね。
(「いつ行っても」とか当たり前だ。)
昔の洋館は好きなのですが、京都市美術館に行くといつも「今火事とか地震にぜったい遭いたくない」と思ってしまいます。美術館として運営されているので、もちろん消防法とか建築法とか、現代の基準に照らし合わせて合格しているのでしょうけれど。
[PR]
by n_umigame | 2015-10-18 18:21 | 日々。 | Trackback(1) | Comments(0)

500ml弁当箱クエスト、その3

どこまで行くんですか。


どういうわけだかやっぱり「500ml弁当箱シリーズ」(もはやシリーズかい)のアクセスが微妙に多く。(当社比)
もうこうなったら、物好きな奇特な方々のために、お弁当作りにスイッチ入っているうちに、ご参考になりそうなところだけでも記事にしておきますよ。

当ブログのお弁当については最初にこちらでご案内したとおりでございますので、うっかりお弁当ブログだと思って流れついてしまわれた方は今すぐブラウザで「戻る」推★奨です。



初めて来た方へ~これまでの*あらすじ*~
久しぶりにお弁当生活に戻ったわたしだったが、世の成人向け弁当箱はおおむね大きかった。
大きい弁当箱に詰めた少なめのおかずやごはんは見た目が悲しく、わたしは旅に出たくなった。
実際、500mlくらいの小さめの弁当箱を探しに旅立ちかけたが、家にあったタッパとネットが半日で解決。
ビバ、21世紀。
旅は終わった。そもそもその前に家の中、探せと。
だが俺たち(誰)の冒険は今始まったばかり。






まずこちらのお弁当箱で、今回は丼じゃない弁。

■鰆の西京焼き弁当(←名前もつけてみた)(オサレブログみたい)(勘違いも甚だしい)
d0075857_158441.jpg


d0075857_15101181.jpg


内容は、
・鰆の味噌漬け焼いたやつ
・だし巻き玉子
・かぼちゃのナッツサラダ
・3色オリーブ炒め(しめじ/パプリカ/三度豆)
・ミニトマト
・ブロッコリ塩ゆで
・ごはん(3分の一号強)
・五色の花むすび(ふりかけ・市販品)

シーガルのオーバル16cmについていたカップに
・キウイとパイナップル


作り置きはこれでストック終了でした。

鰆って魚偏に春って書くくせに、旬は春と晩秋の2回あるんですね。
字を当てた人は「サワラ!! 春! 春の魚!! 出会い! 別れ!! ひゃっほー!!!」となっていたはずなのに(知らんけど)、晩秋も美味しいとわかってどう落とし前つけんのかと心配です。(ほかに心配事ないのか)

「五色の花むすび」(商品名)は、お弁当ブログさんで見かけて一度使ってみたかったのですが、ごはんが冷める前にかけたせいで、写真撮るときにすでにしんなりしてしまいましたけど、オサレブログじゃないから笑って許して。そもそもミニトマトはみ出してるし。あきらめるという選択肢はなかったのかと。
五色の花むすびは、すごく可愛いです。添加物もないし、うれしい。

もちろんこれで400ml。
多いくらいでした。侮れないわ、500ml未満弁当箱。信じられないくらい入るわ。
とか思いながらデザートにフルーツつけるとか。

予想通り、お昼食べたあと苦しくて、我ながら何をやっとんねんと。


お次は番外編的な。


■サンドウィッチ弁当
d0075857_15251523.jpg


d0075857_15252811.jpg


内容は、
・たまごとハムチーズサンドイッチ(6枚切りパン2枚分)
・3色ピーマンのツナマヨしょうゆサラダ
・ミニトマト+チーズピック
・シャインマスカット

チーズ割れてるけどオサレブログじゃないから以下略。

食べた感想:多かった。(学習とか反省とか)

食べきれず残した…もったいない。
d0075857_15312068.jpg

2切れ(パン一枚分)くらいが今のわたしには適量のようです。
家だったら一枚しか食べれないくせに、お弁当だったら2枚いけると思った根拠はなんなんですか、にせうみがめさん?

実験結果:500ml弁当箱がジャストサイズの人は6枚切りパン2枚は多い。(見てわかれ)

お弁当生活に戻ったので、ふだんふらふらしていてもランチグッズに目が止まるようになりまして。

某大きめ雑貨店のお弁当箱コーナーで、このスヌーピー(左)に一目惚れ。
d0075857_1538932.jpg

ウッドストックともどもすっごい可愛くないですか。
可愛い。可愛い。すっごい可愛い。
でもすでにお弁当箱3つ連続で買ってしまったからなー…。
あ、サンドイッチケースもある。
そうだ、サンドイッチ用のお弁当箱って持ってない。
買おう。
買ったからにはサンドイッチ弁当作ろう。

ザ・本末転倒。

これからも活躍してもらいます。

ただし、パン少なめで。(だから学習とか反省とか)

d0075857_1545138.jpg


有元葉子さんの『「和」のお弁当』、ステキです。作りたいレシピがいっぱい。
有元葉子さんのレシピは、関西人のわたしにはちょっと味付けも色も濃いかな~と思うことも多いのですが、アイデアはどんどんお借りして、適当に調味料を調節して作っています。
(魚とかお肉とか、明らかに焦げてるんだけどこれだいじょうぶなのかなと思うことも…この意外とダイナミックなところもお気に入りです)


カレル・チャペック紅茶店でいただいたナプキンも持って行きました。
かわいい。
d0075857_15514361.jpg

[PR]
by n_umigame | 2015-10-17 21:58 | 日々。 | Trackback | Comments(0)

500ml弁当箱クエスト、その2

どういうわけだか「500ml弁当箱クエスト」の記事へのアクセスが多い(当社比)ようです。

皆さん、探すのにご苦労されているのですね、ないですよね、500mlのお弁当箱って。

お役に立つなら呼ばれて参上。 
というわけで、いつもブログとTwitterでお世話になっているカクテキさまからいただいたコメントを読んでいたら、久しぶりに丼ものが食べたくなったので、作ってみました。


初挑戦、まるべん。

d0075857_20111057.jpg


d0075857_20111959.jpg


内容は
・牛丼(ごはん2分の1合強くらい分)
・ニンジンとコーンのハニーレモンサラダ
・プチトマト 
何一つ当日作ってない弁。

容量はこれで400ml

ですが丼にすると、「ほんまか」というくらいたくさん入ったような気がします。
久しぶりにちょっとがんばって多めにごはん入れてみたら、途中で飽きまして。
多いわーわたしにはこれ多かったわーと思い始めるともう、飽きまして。
米のごはんに愛がないってこういうことなのねと再発見しました。

ですので、400mlって小さすぎ?という米のごはんラブの方にも満足していただけるのではないかと思います。
お肉はこれで50gくらいです。玉ねぎで水増しです。しょうゆとみりんの味のしみた玉ねぎ、大好きです。牛肉が少ない負け惜しみじゃないです。泣いてないです。
深さがあるので、ぱっと見より入るのですね、これ。

あと「ニンジンばっかり食べてない?」「馬?」とお気づきの向きには、そのとおりでございますと。馬ではないですよと。
だってきれいなニンジンが3本78円だったんですもの。買いこんだはいいけど立ちつくしましたね。


今回のお弁当箱は「CLASKA」のSWAY TOKYOシリーズです。

アルミ製で、デザインもブルドッグが可愛いのと中蓋がついているのとで、一目惚れ。
お弁当箱立て続けに何個買ってんねんくらいの勢いで買ってしまいましたが、いいわこれー。可愛いわこれー。
デザイン違いでMANBOっていうもふもふわんこのもあります。ビション・フリーゼというマルチーズの仲間?だそうです。

ところで、「まるべん」とは。
その名のとおり、丸い容器に詰めたお弁当のことです。
その元祖にして大人気の、くっしーさんのブログをご存じの方も多いかと思います。(書籍化もされてますし猫さんたちも可愛いですし❤ しばらくチェックできないでいたら、くっしーさん、上海に赴任されていました。レポもとても楽しみです。)
■まるべん。(くっしーさんのブログ)


最初は、「いやー、丸いお弁当箱って可愛いけどどうなの? 見てると楽しいけど詰めるの難しくない?」(※くどいですが、自分、センスないですから………。)と、かなり遠巻きにみておりまして、持っていませんでした。
ですが、「そうだ、丼にすれば主菜と副菜の詰め方で悩むこともないし、乗っければいいんだからちょうかんたんでは?」と気を取り直し、今回このような仕儀に相成りましてございます。

丸いお弁当箱も意外といける(自分でも)ことを発見したので、今後まるべんにも挑戦してみようと思います。

ただし、ごはん少なめで。
[PR]
by n_umigame | 2015-10-13 23:04 | 日々。 | Trackback | Comments(0)

500ml弁当箱クエスト


アクセスありがとうございます。
お弁当関連の記事は、ブログを分けました。
「*500ml弁当*」

こちらもご覧いただければと思います。[2016.7.18.追記]
****************************************************************************************************


また久しぶりにお弁当生活に戻りまして。
けれども諸事情で以前と同じ量を一度に食べられないため、お弁当箱探しから始めることになりました。

が。

ないもんですね、そんな自分にちょうどいいサイズって。

お弁当の良さが見直されてちょっとしたブームになって以来、ステキお弁当ブログさまは本当にたくさんあり、以前から楽しく拝見しているところを始めとして改めていろいろと見てみたのですが、結論から言いますと、今の自分にはあんまり…。

なぜかと言うに、ステキブログを運営されているかたはだいたい、

①元々お料理上手
②お料理百戦錬磨
③センスがよい
④よって、お弁当の分量ごとき自由自在(悩まない)


……それは ハードル たか……_(:D)| ̄|_ ( ダイイングメッセージ)


というわけで、①~④までどれにも該当しない自分のような人が、お弁当箱のサイズから悩みなおすとこうなったわ記事です。

「500ml≓500kcal」ですので、ダイエットなどの必要があってこのサイズのお弁当箱を探してらっしゃる方のご参考にもなれば幸いです。

相変わらずちょっぴり(?)長いのでたたみますねー。



More
[PR]
by n_umigame | 2015-10-07 23:33 | 日々。 | Trackback | Comments(2)