*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日々。( 373 )

笑うに笑えなかったろう

できごと(2)。
さて、お昼を食べ終えて、お茶をすすっていると、隣の席にどやどやと6人くらいの団体さんが入って来ました。
全員、喪服です。きっとこれからお葬式、あるいは終わってお骨上げまでの間にお昼を食べに来たのでしょうか。
全員あまりしゃべりません。
気まずく思ったのか、紅一点の女性が気を利かせてか、話し始めました。

「そう言えば、○○(親戚のどなたからしい)のお葬式のときにね。
棺桶の中に頭からつっこんで肩、脱臼した人がいた
んですよ~。(しんみり)」

…しんみり振る話題かそれは。
てゆうか、どういう状況なんだそれは。
引き続き、聞き耳を立ててみました。

「…へえ…それはたいへんでしたねえ。」
「ええ。もう大騒ぎやったんですけど、命に別状はなかったです。
「よかったですねえ…」
「ハイ、天ざるセットかやくの方、お待ちどうさま~」 (←店員さん絶妙のタイミングで乱入。)

何か、小劇場を見てしまったような気分を味わったところで、サラリーマンの昼休みは終了。
お会計に向かいました。
[PR]
by n_umigame | 2006-07-31 22:51 | 日々。 | Trackback | Comments(0)

天然駐車場

できごと(1)。
得意先へ向かう途中でお昼になったので、食事をしに入ったお店で。
建物の1階にあり、外が見える窓際に座りました。
窓から見えるのは、夏草がもごもごと生え始めた、駅前の、開発をなげうったかのような空き地でした。

注文をして「今日もあちーなこりゃ」とオヤジ化してお茶をすすっていると、アナウンスが入りました。

天然駐車場にお車を停めていらっしゃいます方、お車の移動をお願いいたします。お車のナンバーは~」

…天然駐車場? それは目の前の夏草がもごもご生え始めた空き地のことなのか。
そうか。やっぱりそうか。「お車」の持ち主らしき人が走って行くのが見えました。
きっと、車の中は灼熱地獄だったろうな…。いや、まあそれはいい。それより、
天然駐車場って普通名詞なんですか?
[PR]
by n_umigame | 2006-07-31 22:43 | 日々。 | Trackback | Comments(0)

はじめのだいいっぽ

とりあえずスタート。
エキサイトさん、お世話になります。
今日は土曜のウシ。ではなく土用の丑。
ウナギ、美味しゅうございました。

エキサイトさんというと、マイ・ファースト・パソコンは
最初の設定の検索エンジンがエキサイトで、しばらくエキサイトしか
使っていなかった時期があり。
ブログどうしようかなあと迷っていたら、「エキサイトブログ」いいっすよ、という
オススメに従ったわけですが、思いました。
「……へー…今もあったんだ、エキサイト。」
…お世話になりますと言いつつ、のっけから暴言吐いてます。

お世話になります(心から!)。
[PR]
by n_umigame | 2006-07-23 20:52 | 日々。 | Trackback | Comments(0)