*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

『腰ぬけ連盟』 レックス・スタウト・著/佐倉潤吾・訳(ハヤカワ・ミステリ文庫)早川書房

猥雑裁判で話題の作家チャピンは、私立探偵ネロ・ウルフが調査を依頼された贖罪連盟のメンバーが次々と怪死した事件の鍵を握る人物だった。メンバーに送られてくる脅迫状はチャピンが書いたものらしい。彼の過去には脅迫を裏づける重大な理由があった。やがて連盟の中に新たな犠牲者が……美食家探偵の本格推理


再読。うーん。

ネロ・ウルフは「本格ミステリ」の中にカテゴライズされることが多いようで、そのように紹介されているものが事実多く、そのつもりで読んでしまったせいもあるかもしれませんが、これ、いわゆる「本格ミステリ」ではないですね。「いわゆる事前のこととしての存在”名探偵”」は登場しますが。

そしていちおう最後に”名探偵”が登場人物を全員集めて行う「さて、皆さん」はあります。
そこで事件の全容が明らかにされるのですが、アガサ・クリスティやエラリイ・クイーンのようなスキッと感がないまま終わってしまいました。(クリスティとクイーンは平均点が高すぎるので、比べるのは酷かもしれませんが…)

また、本格ミステリとして読めば、最初から犯人扱いされているポール・チャピンはきっと犯人ではないと思って読むので、このやたらめったら出てくるハーヴァードOBたちがクサイ、と考えると思いますが、クリスティのように登場人物たちが全員事件と関係のないことでまぎらわしいことをしでかす「いらんことしい」というわけでもなく、クイーンのように探偵がころころと推理を変えて「おお、その可能性も理屈としてはなりたつな」と読者に思わせてひっかきまわすということもなく、最後にウルフがさもとーぜんのように理屈をつけて終わりというのがどうも気に入りません(笑)。『ネロ・ウルフ最後の事件』でも思い、この作品の登場人物も言っていますが、詭弁だと言われてもしょうがないようなことをウルフはしています。

合わせて、読んでいて何か読みにくいなーと思いながらほかの本も平行して読みつつ1週間もかかってしまいましたが、どうも翻訳が合わないようです。
「これで改行も多かったら西村京太郎だ」と思うくらい句読点が不自然に多いです(笑)。
一度気になりだすともうずっと気になってしまって「句読点め、句読点めー!!」と思いながら読んでしまい…。これはおそらく、原文のセンテンスが切れているのだと思います。通例日本語では意味が取れるのであれば、英語では切れているセンテンスも続けて表現すると思うのですが、きっと翻訳者の方がまじめな方と言いますか文学表現向きではないと言いますか、言い換えると直訳です。
日本語として体裁をなしていない…というほどひどくもないのですが、こう、原文の持つしゃれた感じを出そうとしてそれが逆効果になってしまっていると申しますか。
それと関連する、つまりは「日本語の自然さを無視してまでも原文に忠実であろうとする」という姿勢が影響していると思われますが、訳注だけで補わないで、地の文に翻訳として盛り込んでしまわないと日本の読者にはわかりにくいと思われるような部分も、加工なしでそのままです。
直訳が悪いわけでは決してないのですが、とりあえずこの作品の場合においては、成功していると言い難いです。

人によっては、ウルフとアーチーのやりとりが面白く掛け合い漫才みたいだとか、超出不精のウルフがアーチーのピンチに助けにやってくるところがいいとか、そういう楽しみ方もあるようです。
(が、これもわたしにはクイーン父子の掛け合い漫才ほど笑えなかったし、息子に何かあると飛んでくるクイーンパパほど萌えませんでした(笑)。ごめんなさい…)
[PR]
by n_umigame | 2007-06-23 19:32 | ミステリ | Trackback | Comments(2)

あづぁーー!!

昨日の晩、じゃがいもをゆでてざるに空けようとして熱湯を脚にかぶりましたー…。
あほでーす……。

ももにじゃばっとかかっただけでしたので、すぐ水をざーざーかけたら1日で赤みと痛みはひきましたが。

あーびっくりした。

みなさんも考え事をしながら熱湯を扱うのはやめましょう★(←あんただけだ★)
[PR]
by n_umigame | 2007-06-21 23:06 | 日々。 | Trackback | Comments(0)

だれも見ていなくても。



d0075857_1852482.jpg



d0075857_1854114.jpg
[PR]
by n_umigame | 2007-06-20 18:06 | 日々。 | Trackback | Comments(0)

すべておなじ駅にて。



d0075857_1811669.jpg



d0075857_181375.jpg


d0075857_182329.jpg


d0075857_1824725.jpg



d0075857_183762.jpg
みんなきれい。
[PR]
by n_umigame | 2007-06-20 18:03 | 日々。 | Trackback | Comments(0)

けれどもはなはさく。



d0075857_17574318.jpg


d0075857_175868.jpg



d0075857_17582857.jpg


d0075857_17591329.jpg


d0075857_17595315.jpg
[PR]
by n_umigame | 2007-06-20 18:00 | 日々。 | Trackback | Comments(0)

きょうはおやすみ

昨日、出張先の駅で見たツバメが巣立っていて、なんだかさびしかったです…。

d0075857_17561833.jpg

[PR]
by n_umigame | 2007-06-20 17:56 | 日々。 | Trackback | Comments(0)

行列のできる田んぼ

ただいま移動中の空の下ですこんばんはニセウミガメです。
少し見ない間に田んぼはすっかり早苗の青々とした水田で、豊芦原瑞穂の国に生まれて育ったことを実感いたします。

田んぼの中ではサギがエサを狙っています。
しかし、広々とした田んぼが何枚も広がっているのに、サギたちはひとつの田んぼに一列で並んで立っています。あそこも、あ、そこも。

サギのあいだで口コミで広がった「おいしい田んぼ」に違いありません。

「あそこの田んぼ、おたまじゃくしがめちゃうまらしい」
「かぶとがにが予約キャンセル待ち3ヶ月らしい」
「カエルがおかわり自由らしい」
「有名人が来たらしい」

そんな理由で並んでいるに違いありません。

おなかすいたよ。
[PR]
by n_umigame | 2007-06-19 18:56 | 日々。 | Trackback | Comments(0)

エキブロ不具合

エキサイト・ブログに不具合が発生しているようです。
18日21時現在は安定しているようですが。

閲覧しにくいとか時間がかかるなど、ご不便をおかけしている方いらっしゃいましたらスミマセン。
エキサイトは軽くて使いやすいので気に入っていたのですが、最近ほかにもいろいろやりたくなってきたこともあり、引っ越しも考えています。
ただエキブロはエクスポートができないので、面倒くさいのでだらだら続けそうですが…(^_^;)
[PR]
by n_umigame | 2007-06-18 21:33 | 日々。 | Trackback | Comments(0)

『「世界征服」は可能か?』 岡田斗司夫・著(ちくまプリマー新書) 筑摩書房

「世界征服してみたーい!」と思った人、手を挙げて! はーい!!

そんなアナタのために書かれた「ハウ・トゥ・世界征服」、それがこの本です。

ではまず、悪の組織として「世界征服したあと」のビジョンを持ちましょう。
何事も事を起こす際には、ビジョンが重要です。
「世界征服」が目的化すると、世界征服した暁には「このあとどーすれば……」と燃え尽き症候群に陥り、「悪の秘密結社の首領が5月病」なんてことにもなりかねません。
ビジョンは持てましたか?

では次に、自分がどんなタイプの支配者タイプなのか自己分析してみましょう。

A:「魔王タイプ」 別名「人類絶滅型」。
B:「独裁者タイプ」 別名「人類の管理人さん」。
C:「王様タイプ」 別名「バカ殿様」。
D:「黒幕タイプ」 別名「悪の裏方」。

詳しいことは本書をお読み下さいね。
さあ、どのタイプかわかりましたか? ではいよいよ実務に入りましょう。

最初に設定したビジョンでもって、言葉たくみに人を集めましょう。人材の確保です。
人は石垣人は城。
合法であろうが非合法であろうが、組織にとってこの言葉はやはり真理なのです。
しかし、「悪の秘密結社」に入りたがるような人の集まりですから、企業モラルは低いに決まっています。会社の備品を黙って持って帰っちゃったりするでしょう。
そして頭が良くて腕に覚えがある人間なら、犯罪は割に合わないことがわかっていますから、優秀な人間ほど合法的に儲けることを考えるでしょう。つまり、あなたのところに集まってくる人材は、「悪の秘密結社にでも入るか」というような、おそらく「でもしか就職」した底辺の人材です。

そんな部下でも霞を食って生きるわけではありませんから、次に資金集めです。
人件費、これはバカになりません。どころか深刻な問題です。
手軽に銀行強盗などいいかもしんない、と思うかも知れませんが、ちょっと待って。
最低でもその銀行でのアガリが、銀行強盗を成功させるのに必要な人員×人件費を上回っていなければシャレになりません。
最近のセキュリティや通信網を考慮すれば、最低でも10人以上は人手が必要です。
しかもそんなことをすれば警察に目をつけられます。
あなたがかつかつの人件費と底辺の人材で組織を切り盛りしなければならないのに対し、警察は税金を使いたいほうだいで訓練された人材が24時間365日働きたいほうだいです。
「悪の秘密結社」である以上、秘密基地を世界各地に作ったり部下を武装させたり、ほかにもお金がかかります。
警察が逮捕状でも取った場合、パスポートがおりませんから、あなたは世界各地にある秘密基地での会合に出席するのさえ困難になります。会議ひとつが組織の存続を左右するような大勝負になります。
いけません。やっぱり警察に目をつけられるような派手なパフォーマンスは慎みましょう。
自分から「われわれはデストロイだー! わはははは」などとアピールするのはもちろんもってのほかです。

そんなこんなで「世界征服」に成功したあとは……あとはお読み下さい。

移動中、大爆笑しそうになり、ひきつりながら読みました。
「007」シリーズに登場するという悪の組織インスペクターの「悪の売り上げ報告会議」って…。
あと、独裁者は過労死しやすいとか、目からうろこのステキ本です。
『バビル2世』の「ヨミ様人生すごろく」って何だそれは!!(笑) あとガミラス星人が地球に放射線をばらまくのは、「引っ越し前にバルサン、といっしょ」とか…すごい説得力あります。
元ネタの詳細を全然知らなかったのですが、「おお、そういう話だったのか」とよくわかり、ぜひ元ネタになった作品を見たり読んだりしてみたくなりました。

ちなみに、ちくまプリマー新書に入るような本ですから、いわゆる「空想科学○○」のようなオチの本ではなく、最後はいたってまじめなメッセージでしめくくられます。この最終章が主題であることに間違いありませんので、念のため。
とはいえ…くっくっくっく………。
[PR]
by n_umigame | 2007-06-18 21:26 | | Trackback | Comments(0)

『名探偵ポワロ』 ニュー・シーズン DVD-BOX 1

いろいろ思うところもあったのですが、やはり購入しました。

シーズン9全4話を収録したDVD-BOX。「五匹の子豚」「杉の柩」「ナイルに死す」「ホロー荘の殺人」を収録。
です。

今DVDプレーヤーの調子が悪くて、パソコンでだったら見られるのですが、それもあまり気が進まず…。
時間があるときにまた全部見直したいと思います。

まだDVDで2枚だけ持っていないので(ヘイスティングスが出ている2話で、声が富山敬さんではないもの2作)、こちらも買わないと~。もう在庫がないかも…。
[PR]
by n_umigame | 2007-06-17 19:09 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)