*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

げほげほ

このクソ忙しいのにまたしても咳が止まりません!
せっかく早めに医者にかかったのに、やっぱり1カ月経過いたしました。

もしかしてワタシって病弱…??(もしかしなくても弱いよ!!)
というわけで、一頃流行ったこのような「100質」めっけ。やってみました。

「病弱でもくじけない100の質問」

Q1/記憶にあるうちで最初にかかった科は何科ですか? (生まれたから産婦人科、というのは無し)
→耳鼻科。中耳炎になりました。親いわく、「お風呂で顔をつける練習のしすぎ」。
初めてのプールでよほど楽しかったようですよ、幼少時のわたしは。昔からのめり込むタイプだったようです。

Q2/食べ物の好き嫌いは多いですか?
→ありません。あえて言えば気管支が弱いので酢っぱいものが苦手です。せき込みます。

Q3/救急車に乗ったことがある人はその回数を教えて下さい。
→ないです。

Q4/「顔色が悪いね」とよく言われますか?
→ときどき。

Q5/好きな看護婦さんのイニシャルを教えて下さい。
→そこまでなじみの方はいません。

Q6/ブラウザのホームページは何処ですか?
→Yahoo!

Q7/あなたが「イイ!」と思う薬を是非教えて下さい。
→なんとか風邪2号錠。飲んで30分で鼻水が止まります。スゴイ!(と言いつつ名前覚えてないところが)

Q8/絶対なりたくないのは何科のドクターですか?
→何科のドクターにもなりたくないです。

Q9/最高に1年で何回風邪をひきましたか?
→1度ひいたらこじらせたり治りきらずにロングラン。というのが例年のパターンです。

Q10/お薬手帳を持っていますか?
→いいえ。 近頃持った方がよさそうだと思っております。

Q11/(主治医などに)「よく生きてたね」と言われたことがありますか?
→いいえ。「人間は大きい動物やからそんなかんたんに死なへんのんや」とは言われました。納得しました。この地球上では人間は大きい生き物ですよね。ほんと。

Q12/意外と点滴が好きですか?
→いいえ。途中でお手洗いに行きたくなったらサイテーです。行ったことあるけどネ!道連れにして!

Q13/真面目に生死について考えた事がある人は挙手!
→はい。 生きている不思議、死んでいく不思議~♪ みんなちがってみんないい~♪ アラ?既成の詩が混じったようです。

Q14/同じような病気の友達が居ますか?
→いいえ。いたら自分を見るようで気が重いので、友だちには元気でいてほしいです。

Q15/今日の調子は如何ですか?
→咳が止まりません。午前中仕事に行ったのがまずかったかな。

Q16/疲れたらきちんと休みますよね?
→休みたいです。

Q17/無理しちゃダメ!(笑)。
→いや、病弱なんで無理はききませんが(笑)。

Q18/今まででしんどかった検査を教えて下さい。
→動脈採血。手首の血管からの採血でした。
先生「痛いで。」
わたくし「はあ」
先生「ものごっつ、痛いで、ええか。」
わたくし「イヤでもしなきゃだめなんですよね」
先生「うん。」
わたくし「だったらはよしてください」
先生「5分間止血やで」
わたくし「だからはよ(以下略)」
ものごっつ痛かったです。

Q19/何か資格をお持ちですか?
→はい

Q20/スポーツは観るだけですか?
→観もしません。ほとんど。すみません。

Q21/健康の為に心がけている事があったら教えて下さい。
→早寝。あくまで「早寝」。早起きは…したいですねえ。

Q22/採血の時に、すぐ血管が出ますか?
→いいえ。一度新米さんとおぼしき人に3~4回トライされたあげく、「ここ(手の甲)に刺していい?」言われました。やめて。

Q23/↑マニアックな質問でしたか?(参考の為に聞かせて)
→なぜですか。

Q24/春夏秋冬、一番いいのはいつ?
→風邪さえひかなければ冬。

Q25/朝起きるのは苦手ですよね?
→なぜそれを。

Q26/身体に悪いからやめたい…思っていながらしている事がありますか?
→うーん、外食かしら。不可抗力で。

Q27/看護婦さんがパンツルックって、詐欺ですよ!
→動きやすそうでいいんじゃないでしょうか。

Q28/病院であった「恥ずかしい体験」を書ける範囲で教えて下さい。
→意識がないときに持ち上げられたお医者さんに「見かけより重い」と言われたこと。ほっとけ!

Q29/最近、よく眠れます?
→咳のせいで座って寝たり…やはり横にならないと熟睡してないみたいですね。

Q30/自分の疾病は本やネットで調べますか?
→はい、少しは。

Q31/自殺する人が年々増える事をどう思いますか?
→悲しいことです。

Q32/献血ってした事ありますか?
→いいえ。

Q33/じゃあ、折角だから血液型を教えて下さい。
→A型?と言うのはB型の人だけです。

Q34/あなたは低血圧ですか?それとも…
→社会人になって上が100越えるようになりましたよ。

Q35/薬の副作用で困った経験があったら、具体的に教えて下さい。
→じんましん?かゆいのです。

Q36/あなたがリラックス出来るかおりは何?
→スウィートオレンジとか。あと自分の部屋のにおいかなやっぱり。

Q37/体重計に乗るのは怖いですよね。
→いいえ。

Q38/学校の朝礼などで倒れた経験がありますか?
→それはないです。

Q39/実は、そういう「か弱さ」に憧れるここのアホ管理人に一言どうぞ。
→人間、健康でありさえすればあとは何とかなると思いますよ。安上がりですしね。

Q40/あなたが目撃したささやかな医療ミス、こっそり教えて下さい。
→ないです。

Q41/入院した経験がありますか?
→はい、1度だけ。

Q42/自分より後からきた人が先に診察室へ呼ばれた時、あなたはどうしますか?
→ 「うわー重症患者だよ重症患者!」と観察する。

Q43/薬を貰っている人は院外処方ですか?院内処方ですか?
→半々。

Q44/日射病と熱射病の違いをご存知ですか?
→はい。

Q45/メールアドレスはいくつ持っていますか?
→えーと…

Q46/姿勢はいい方ですか?
→悪いですね。

Q47/サプリメントって効果があると思いますか?
→飲まないので…

Q48/ナースやドクターの白衣は何だかHですよね。
→なんで??

Q49/何㍍泳げますか?
→うーん最近はどうだろう。50mくらいならいけるでしょうが。

Q50/やっと半分来ました。息切れはよくしますか?
→咳喘息なので、走ったり階段がきついと。

Q51/もう2度とかかりたくないのは何科ですか?
→某病院の歯科。

Q52/↑の理由を教えて下さい。
→親不知を抜いた翌朝、枕が流血の大惨事で頬が黄緑に腫れました。事情を話したら会う人ごとに「そこ、ヤブだよ」言われました。

Q53/あなたの口癖を3つ教えて下さい。
→いろいろ口走っているでしょう。

Q54/血を見て気分が悪くなった事がありますか?
→いいえ。

Q55/明日から毎日やるなら踏み台昇降運動と腕立て伏せ、どっちがいいですか?
→踏み台昇降かな。

Q56/病院の中では携帯電話の電源は切ってください!!
→もちろん切ってますよ。

Q57/ごめんなさい、此処の管理人は時々そのままにしていました(汗)。
→ダメですよ。

Q58/病院モノのドラマはチェックしてますか?
→いいえ。

Q59/救急車の音を聞くと、何を思い出しますか?
→昔住んでいた家の近所の犬。救急車の音に合わせて遠吠えを。

Q60/あなたのとっておきのストレス解消法を教えて下さい。
→寝る。

Q61/「トラウマ」がありますか?
→自覚できたらトラウマって言わないんじゃ?

Q62/正直、日本人って病んでますよね。
→現にわたしは咳喘息ですからねえ。

Q63/入院して一番困った事(入院した経験が無い人は想像で)は何でしたか?
→相部屋だと落ち着かない。

Q64/血圧測りますよ、って言われるから緊張するんですよ。
→血圧測定で緊張する人っていらっしゃるんですか。

Q65/医療関係者に言われたショックな一言をどうぞ。
→うーん、ショックということはないですね。

Q66/今、BGMはかかっていますか?
→いいえ。TVがついてます。

Q67/健康に気をつかっていそうな有名人は誰でしょう。
→黒柳徹子とか?

Q68/「看護婦」さんが「看護士」さんになる事についてどう思いますか?
→体力仕事感が増しましたね。

Q69/あなたが病院でお世話になったあの人へ一言…。
→お世話になりました。ありがとうございました。

Q70/「生きてて良かった!!」と思う瞬間は、いつですか?
→ひみつ(笑)。

Q71/気分の浮き沈みが激しいですか?
→と思います。

Q72/癌などの難しい疾病にかかった場合、告知して欲しいと思いますか?
→ですね。

Q73/視力はいいですか?
→極端に悪くはないですが良くはないです。

Q74/では、パソコン程ほどにしましょうね。
→ですね。

Q75/飲酒・喫煙はしますか?
→タバコは天敵ですが、お酒は適量。いいもんです。

Q76/学校や仕事を休む時に、仮病を使ったことがありますか?
→仮病はないですねえ。

Q77/調子が悪い時、周囲に正直にヘルプサインを出せますか?
→助けてもらえそうなときは。

Q78/眠ると、疲れが吹き飛びますか?
→いいえ。緩和されますが。

Q79/実はあなたは医療関係者??(ノーコメント、カモフラージュOK)
→いいえ。わたし自身は違います。

Q80/待合室にいるときに、一番よくしていることを教えて下さい。
→読書。

Q81/病院の売店に対して何か一言。
→昨今利用しておりません。

Q82/トイレにある「気分が悪くなった人用ボタン」を間違えて押した経験がありますか
→いいえ

Q83/夜中の病院って、怖いですよね…。
→楽しいですよ。入院中同室の人と探検に行きました。

Q84/筋肉注射をされた事がありますか?
→はい。痛かった…

Q85/いつ頃から自分は病弱だと思うようになりましたか?
→最近。トシ?

Q86/「医者からもらった薬がわかる」系の本を持っていますか?
→いいえ。

Q87/パソコンを立ち上げた時に、一番最初にする事はなんですか? (メールチェック、とか…) →そのときによります。

Q88/病弱だけど、これだけは負けない!!あなたの自慢を聞かせてください。
→短期集中型です。

Q89/階段って…特に昇りがしんどいですよね。
→はい。
Q90/診察中に医師の前で泣いた事がありますか?
→はい。

Q91/「健全な精神は健全な肉体に宿る」と聞きますが、本当だと思いますか?
→はい。

Q92手話や点字を習おうと思った事がありますか?
→はい。手話は中学生の時に本を見て少し覚えたことがあります。でも今は忘れました。

Q93/バリウムはもう飲みたくありません!!
→未経験です。

Q94/「病院の豆知識」を1つ疲労して下さい… じゃなかった、披露して下さい。
→特にないです。

Q95/医療関係者と喧嘩をした事がありますか?
→病院ではないです。

Q96/逆ギレはイカンですよ(苦笑)。
→だからプライベートでしかないですよ(笑)。

Q97/聞くだけで痛いエピソードを1つ!
→口の中を縫った糸を抜糸中に麻酔が切れました。痛くて痛くてだらだら泣いていたのですが、顔を保護のために覆って口だけ出していたので、お医者さんが気がついてくれず、終わったあとに「あれ、痛かった?」と笑顔で言われました。

Q98/何時間までなら(どの位なら)待合室で耐えられますか?
→なんだかんだで4時間近く待たされたことがありましたね…家で寝てた方が良かったとか思いました。

Q99/もし生まれ変わっても、あなたはやはり病弱だと思いますか?
→生まれ変わったら地球外知的生命体になる予定です。

Q100/お疲れ様でした。あなたは「いい患者」ですか?
→医師の指示どおりに薬も飲むし、治療費も踏み倒したことはないし、いい患者ですよ。
[PR]
by n_umigame | 2008-03-23 21:50 | 日々。 | Trackback | Comments(0)

コメント再びお休み。

ここのところ多忙で更新もままならないのに、いきなりで申し訳ないです。

エキブロユーザーの方にのみ、「可」としております。

もう少し落ち着いてこまめにチェックできるようになったら再開いたします。
よろしくお願いいたします。m(_ _)m
[PR]
by n_umigame | 2008-03-23 20:30 | 日々。 | Trackback | Comments(0)

『虎よ、虎よ! 』 アルフレッド・ベスター著/中田耕治訳(ハヤカワ文庫 SF) 早川書房

“ジョウント”と呼ばれるテレポーテイションにより、世界は大きく変貌した。一瞬のうちに、人びとが自由にどこへでも行けるようになったとき、それは富と窃盗、収奪と劫略、怖るべき惑星間戦争をもたらしたのだ! この物情騒然たる25世紀を背景として、顔に異様な虎の刺青をされた野生の男ガリヴァー・フォイルの、無限の時空をまたにかけた絢爛たる〈ヴォーガ〉復讐の物語が、ここに始まる……鬼才が放つ不朽の名作!


小ネタ満載の大爆走SFでした。

登場してわずかな間に、すでにもうどこからツッこんでいいのやら、いきなり走り出したイノシシかアンタはと途方にくれつつ、逆恨みも甚だしい目が離せない主人公でございます。

やはり時代を感じるなあと思いつつも、アニメかいなと思うほどキャラ立ちすぎ、フェミコード地雷踏みまくりで、どきどきはらはらします。(そこでかい)

最後はいきなり感動オチで、早川の『SFハンドブック』でもオールタイムベストにランクインしているので、SFとしてのエンタメ性、クオリティという意味では決して悪くない作品ですが、これは好き嫌いが分かれそうです。

ギミック大好き、という方にはぜひにオススメいたします。
[PR]
by n_umigame | 2008-03-20 20:02 | | Trackback | Comments(0)

熱いご要望におこたえして新発売

ついにわたくしのコレクション自慢をするときがやってきたようです。(どこからだ)

じゃーん。
d0075857_19251966.jpg
2008年3月 新・発・売。うわー!!!
仕事で移動中にJRの売店で見つけ、「うおおおお今すぐほしいようちの子に!!」と思いましたが、今から仕事。
アタシが帰ってくるまで売り切れないでそこにいてねいてねいてねー! と3回願って泣きながら走り去りました。

帰りにもいました。(もちろん)
自分の愛する人はすごくモテると思いがちです。そんなもんです。しかし、十中八九、それほどモテないもんです。そんなもんです。
まあいいのです。

わたくしは、万感の思いを込めて言いました。「これ、くださいv あ、支払いはICOCAでv」
もう、JR西日本のまわしもんか権化か鴨がネギしょって歩いて来たようなお客です。

売店のおねーさんは言いました。
「袋、ご入り用ですかー」

すみません、あの、いくらなんでも、パンツスーツにヒールのビジネススタイルでバッグの中はもう書類でぱんぱん、なのに、その、ソーダアイスのような色のバディを抱えて歩けと。
いや、一瞬、それもステキかもなどと思い「いらな…」言いかけましたけども。
けっこう堅太りの子でしたね、この新作は。
そして旧作はこれです! どすこーい。
d0075857_1938835.jpg

え、なに、どこがちがうのって?
旧作はですね、ふっかふかなんですーvvvv 


はいー見合って見合ってー。 
d0075857_19391876.jpg


ほんとうのカモノハシに近いぬいぐるみも並べて置いてみましたよ。
指人形です。
d0075857_19411895.jpg
d0075857_19413241.jpg


JR西日本はご要望にお応えして、4月から新グッズも発売してくれるそうです!
サンキュー!!
そう言えばわたしもJR西日本のアンケートに答えたとき、「イコちゃんのグッズを出してくれ」と書きました! 念ずれば通ずですね!!
[PR]
by n_umigame | 2008-03-20 19:48 | ICOCA/イコちゃん | Trackback | Comments(0)

アーサー・C・クラーク逝去

巨星墜つ・・・の感があります、さすがに。

不謹慎ながら、「えっ、まだご存命なの?☆」などとちまたではうわさされておりましたが、もう、このまま死なないんじゃないかと思っておりましたよクラークさんは!!(そんなバカな!!) うわーん!!

中学生だったわたしに「SF」ってこういうんだ!! と衝撃とともに教えてくれたのは『地球幼年期の終わり』(東京創元社版で読んだのでこのタイトル)でした。

ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by n_umigame | 2008-03-19 23:49 | 日々。 | Trackback | Comments(2)

道中ステキなもの発見!!

ああ~仕事で移動中の我が身がうとましい…!\(゜□゜)/
ああ~ほんとにステキだわ…うっとり…♪(*^ ・^)ノ⌒☆

追ってご報告を…!
しかし昨日の記事我ながらなんですかこれは…………。
テンション下がりすぎです申し訳ないm(_ _)m
[PR]
by n_umigame | 2008-03-10 13:44 | ICOCA/イコちゃん | Trackback | Comments(0)

『ベイブ』(1995)

久しぶりにまた見てしまいました。

動物はかわいい。

予定調和的な展開ですがよく練られています。最後まで逸らせません。

ジェームズ・クロムウェルは『L.A.コンフィデンシャル』の悪徳警官の役のイメージが強いのですが、この作品では身長199cmで踊るシーンが圧巻です。(としか申せません…)
そのまま息が切れてバターン!!と倒れるんじゃないかとハラハラしましたが、当時まだ55歳だったのですね。
見えません…。

ベイブのピンクがなんとも言えずかわいいです。
ピンクといえば学生の頃、アメリカ人の先生に「アメリカではわいせつ映画のことをblue filmと言うのに、なんで日本ではpinkなの?アメリカではpinkはbabyの色よ。」と聞かれ、答えられませんでしたということを思い出しました。じゃあアメリカではなんでblueなんだよ!!(怒らんでも。) 日本ではピンクは赤ちゃんの色でもあるしわいせつ映画の色でもあるんだよふがー!!(だから怒らんでも。)

それでもトンカツはおいしいのです。すまん。
[PR]
by n_umigame | 2008-03-09 22:36 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

『六人の女王の問題 犯罪ホロスコープ1』 法月綸太郎著(カッパ・ノベルス) 光文社

エラリイ・クイーンの『犯罪カレンダー』に倣った短篇集。
星座に関係づけた見立てものばかりを集めてあります。どれも優等生的な謎解きものです。
ひところの泥臭い印象がかなり抜けて、読みやすくなった印象があります。

惜しむらくはやはり、クイーンの『犯罪カレンダー』が全体的に明るい雰囲気なのに比して、じめっと暗いのはもう仕方がないのでしょうか。わたしがあまり日本の小説を読み付けていないというのも原因なのかもしれませんが。
横山秀夫さんの作品のような、こう、人生を背おった暗さ・生臭さじゃなくて、実感・生活臭が感じられないのに暗いと感じてしまうのですよ…ううう。ごめんなさい。

あと、どうしてこう、オタク臭さが炸裂するんでしょうか。
マンガとかアニメとか脳内メーカーとか…(笑)。
いわゆる新本格系の作家さんたちはどうもそういう傾向の強い方が多いようなのですが、それって一般の読者の敷居を高くしているというかお札を内側から貼っちゃってるというか…いや、クイーンだって生まれる時代がもっと遅かったらOTAKUと呼ばれていたかもしれませんけれども。
(素質があることは否定しませんよ……)

さらっとあっという間に読めていいですよ。

何はともあれ、わたくしが法月さんを読むのは「大好きな、本物のカスタード・プリンがないからプッチン・プリンで手を打とう」という姿勢で読んでいることですので、戯言は無視してくださいませー。(←よけい失礼すぎ。)
[PR]
by n_umigame | 2008-03-09 18:29 | ミステリ | Trackback | Comments(0)

『3月のライオン』 1 羽海野チカ著(JETS COMICS) 白泉社

羽海野チカさんの新作です。
今度はプロ棋士のおはなし。

羽海野さんはおそらくもともとこういう要素の深い人だったのだろうとは思いますが、暗いなーーー。というのが初読の感想です。

今時こんな絵に描いたような不幸な主人公、めずらしいだろう、と。
(1970年代の少女マンガの主人公にはけっこういたような…。というか、現実にも厳しい環境に置かれた人が多かったのかもしれません。)
突出した一芸に秀でていてなんだかんだでお金持ち、というのも羽海野さんらしいと言えばらしいかもしれませんが。

「泣いても仕方ないから
あきらめて

悲しいから考えないようにして

頭から追い出して
追い出して
追い出して…

---でも……

本当にそれで
よかったんだろうか…」

それが「逃げ」なら「返って」来ますよ人生のどこかで。
逃げ切ったと思った人は自分が背負うべきはずだったものをきっと誰かに押しつけてる。
そんな自分が自分で恥ずかしくないならば。

がんばれ、零くん。
あー、しかし、暗いわ。
[PR]
by n_umigame | 2008-03-09 18:09 | コミックス | Trackback | Comments(0)

広川太一郎さん逝去

心よりご冥福をお祈りいたします。

わたしの世代だと犬の「名探偵ホームズ」のイメージが強い人が多いのでしょうか…。

子どもの頃から耳に親しんだ声の方が次々とお亡くなりになるのは、何とも言えない寂しさがあります。
[PR]
by n_umigame | 2008-03-09 15:08 | 日々。 | Trackback | Comments(0)