*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

『プラダを着た悪魔』(2006)

大学を卒業したばかりのアンディの夢は、ジャーナリストだ。しかしそんな彼女が、ひょんなことから就いたのは、NYの一流ファッション誌の編集長アシスタント。多くの女性が憧れる職業かもしれない。でも当のアンディには興味ゼロの世界。果てはジャーナリストになるため!と職場に向かったのは良いけれど、彼女が手にしたアシスタント職は、生易しいモノではなかった。超カリスマ的な存在として君臨する編集長のミランダは、まさに「プラダを着た悪魔」だったのだ。(goo映画)


あーおもしろかった!
と、観た後に素直に思える王道ハリウッド映画でした。
もちろん王道ハリウッド映画ですからツッコミどころももちろんありますけれども(笑)。

音楽も良くて映像とよく考えて合わせられていて、イントロから引き込まれます。
ファッション業界が舞台なので、途中、コスチュームマンガ?と思うほどくるくると衣装が替わって、それも見る目を楽しませてくれます。どの衣装もとてもステキです。
鬼編集長ミランダの出勤が早まって社員たちの間にばーっと緊張感が走り、ナイジェルが「Guard your line!」と号令をかけてみんなが走り出すところ、本当にこの会社では職場は戦場なんだ、ということが1分でわかる秀逸な出だしだったと思います。

男性にはおもしろくないという感想もちらほら見かけましたが、いや、男性の皆さん、コレ、あれですよ、『愛と青春の旅立ち』。鬼軍曹の元で揉まれてしごかれて一人前になっていく、という話法は同じです。
ただ『愛と~』の方は死人まで出るしでめちゃくちゃ重い上に生臭い映画でしたが。

この映画は働く女性に圧倒的に支持された、というふれこみでございましたが、男女問わず、プロとして仕事をするために大切なことをたくさん教えてくれる映画でした。
そして、自分の身の丈、自分の幸せを考えたときに、自分にとっていちばんいい働き方というのは、なんなのか、という問いもくれる映画でした。

最初アンディは、ランウェイ誌の仕事を自分の本命の硬派なジャーナリストになるためのステップとしか考えていません。
そして鬼編集長のミランダから無理難題をふっかけられて、それができなかったときにミランダに突き放され、ナイジェルのところへ泣きつきます。
アンディが「自分は努力しているのにミランダが認めてくれない」と言うのを受けて、ナイジェルは「君は努力なんかしてない、グチっているだけだ」と叱ります。

このシーンを見て、自分の新人時代をなつかしくも恥ずかしく(笑)思い出してしまいました。
自分は一生懸命やっている「つもり」なんですよね。
それを上司が認めてくれないのは上司が悪いと思いがち。それが新人です。
勤めを続けていると、がんばっているかどうか認めるのは自分ではなく、同僚や上司などの第三者なのだということがわかってきます。

そして「こんな仕事は自分の本当の仕事じゃない」とか「ただの踏み台だ」と思って仕事をしている人に限って、「こんな仕事」「踏み台の仕事」すら一人前にできてない(笑)。そして文句ばっかり言っています(笑)。

どんどん仕事ができるようになって、本当の意味で伸びていくのは、頭のいい人でも要領のいい人でもなく、最終的に素直な人だと言われます。
それは間違いがあったときにすぐ改められ、人の話を自分のこととしてちゃんと聞くからでしょう。
この映画でももしアンディがナイジェルに叱られたときに、こんなところはアタシのいる場所じゃないわ、ちゃらちゃら着飾るしか能がないくせに! と辞めてしまっていたら、アンディは「そこまで」の人間で終わってしまっていたかもしれません。
叱られたときに、まず言われたとおりにやってみる。
そこからアンディの本当の成長が始まったわけですよね。
(ゴーンさんも「就職した会社の企業文化を学ぶことはビジネスマンにとってとても重要だ」とおっしゃってます(笑)。やはりその会社のメンバーとして、守るべきカルチャーがあるわけです。)

また、今までのいわゆる「ワーキング・ウーマン向けメッセージ」というと「ビバ!ハードワーク、ハードライフ!過労死上等!」みたいな、華やかだけれども、偏った視線のものが多かったと思います。(そのような理由でマンガ『働きマン』はあまり好きにはなれませんでした)
例えば、風邪をひいて鼻はズビズビ、体はふらふらになりながらも出勤して、パソコンに向かって「わたしは仕事が大好き、わたしは仕事が大好き(I love may job, I love may job...)」と呪文のように自分に言い聞かせるエミリー、なんてけなげでファイターなんだ、と見ていて泣けてくるシーンでしたが、今まではこんなエミリーみたいな女性だけが働く女として承認されるのだ、という雰囲気がありました。

でもこの映画では、そういう人生もアリだが、「地道に働いて小さな幸せを噛みしめる毎日、ってのもあるんだよ」という、複眼的な視線が、この映画のとても良いところだと思いました。
自分も熱が39.2℃あるときも仕事を休めなかったことがあったので、こういうメッセージがあると肩の力が抜けてとてもありがたいです。


大学を出たてで仕事に伸び悩んで上司にも会社にも不満がある新人諸君、男女問わずこの映画を見なさい(笑)。
もし、「あっ、そっか、人のせいにする前に、まず自分が変わってみなくちゃだめなんだ」と素直に思えたら、きっと今目の前にふさがっている(と思い込んでいる)壁を突破できると思いますよ。
それでもダメだったら、転職退職はそれから考えても遅くないと思います。

ところで、前評判どおり、メリル・ストリープの演技がサイコーでした。
ハリウッド映画の「成功した働く女性」というと、何かっちゃあキーキーギャーギャー叫んでいるというイメージがありましたが、やわらかい静かな声、知性を感じさせる上品な話し方と立ち居振る舞い、(アンディがどたばた走り回るので対照的でした)徹底したS・・・いや鬼っぷり、そして最後の会心の笑顔。
こんな上司の元でやっていけたアンディは、やっぱり性格も明るいし、いじけたところがない、とってもいい子だと思いますが、根本的に非常にたくましい子だったんだと思います。
だって、打たれて強くなるのは、やっぱり鉄だけですよ(笑)。
[PR]
by n_umigame | 2009-01-30 20:03 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

『サウンド・オブ・サンダー』(2005)

レイ・ブラッドベリの短篇集、『太陽の黄金(きん)の林檎』に所収の「雷のとどろくような音」が原作。

と聞いて、けっこう楽しみにしていたのですが、よかった、映画館に見に行かなくて……。

以下、ネタバレです。↓

More
[PR]
by n_umigame | 2009-01-27 01:57 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(2)

『ライラの冒険 : 黄金の羅針盤』(2007)

原作ヨシ、配役ヨシ、カネに糸目はつけん、わははははは!
…という映画だったにも関わらず、見た後の印象が薄いのがなんとも残念でした…。
本当に残念です。

これは、映画だけ見た人は「????」と頭の上に?マーク10こくらい出ちゃうだろうし、原作ファンの方には「…いや、間違いじゃないよ。合ってるんだそのとおりなんだけれども…っ!」というのどに小骨がひっかかったような感じにならなかったのでしょうか。

原作を読むのが重いよ! という子どもたち(いや子どもさんに限らなくともいいのですが)を対象に、この映画の映像を助けに読み直すといいのかもしれません。

ダイモンが死ぬと身(?)の方も死ぬ、というのが、映像で見ると「へーそうなの」という感じでした。(原作をお読みになった皆さま、あーゆーのを想像してらっしゃいました?)

しかし、気球乗りが良かった! 原作から想像していたよりもお年寄りだったけど!(そして原作どおりだとしたらあのお年寄り(くどい)を……うわーーあああん!!(今から泣くな))
魔女も良かった!
でもダイモンと切り離された子どもとかあの研究所とかこわくてこわくて、わたしが子どもだったら絶対トラウマになってたな思いましたよ! 原作でもこわかったけれども!


ところで、このライラの冒険の次作以降の製作は経済的な理由で無期限延期になってしまったそうですね。
ちくしょーサブプライム問題めー。
[PR]
by n_umigame | 2009-01-23 18:47 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

見た映画メモ

ネタバレも含みますので、ご注意を。

『プレステージ』(2006)
 ☆ネタバレ☆→えー!SF!?
しかし、なんと言いますか、終始足の引っ張り合いに血道を上げるという、芸人として次元の低いことやってんなーという映画でした…。奥さんがかわいそうだ…えぐえぐ。

『スルース』(2007)
 「そう言えばケネス・ブラナーの映画だったな…はー……∪」と見始めてから気づくという映画でした。ゲイ映画が苦手な人にはきついかも。直截なシーンが一切ないため、よけいきついと申しましょうか。

『サラマンダー』(2002)
 ドラゴンはすきです。
 しかし、やっぱり思うことを止められなかった感想として「めりけんさん核兵器なめすぎ。」 なんで核が通用しない相手にソレでオッケーなわけなのか200字以内で説明しなさい。

『配達されない三通の手紙』(1979)
 原作はエラリイ・クイーンの『災厄の町』。ということで見てみました。
けっこう原作に忠実だったかも。
ものすごく丁寧な日本語を流暢に操るなぞの日系アメリカ人が原作のエラリイ役ということでしょうか。
1970年代の日本の映像作品って、いろいろな意味で見ていてドキドキします(笑)。

『ドラゴン・キングダム』(2008)
 ジェット・リーが二役なわけが最後にやっとわかりました(遅い)。
途中でどんどんお供が増えたり、『西遊記』好きにはもうこれでいいんじゃないかと思わせる投げっぷりが良かったんじゃないかと思いました。
お釈迦様の手のひらから逃げられませんでしたというエピソードが好きなので、そういうのも見たかったなあ。誰か『西遊記』映画化してー。
[PR]
by n_umigame | 2009-01-23 18:02 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(2)

『ゲド戦記』全巻、岩波少年文庫に。

いやー…やっとですか。
しかし、なぜ、今。

~少年文庫版の編成替えについて~

  ハードカバー版,物語コレクション版での別巻『ゲド戦記外伝』を『ドラゴンフライ――アースシーの五つの物語』と改題し,第5巻としています.同じく、ハードカバー版,物語コレクション版での第5巻『アースシーの風』を第6巻としています.これは,少年文庫化にあたっての,作者からの要請によるものです.どうかご了承ください.
 

というより、ハードカバー版が出たときに、勝手に順番入れ替えて出したのがまずかったんでないのでしょうか。

何はともあれ、これでまた読者の裾野が広がってくれるといいですねえー。
[PR]
by n_umigame | 2009-01-23 16:42 | *le guin/earthsea* | Trackback | Comments(0)

『ダンナ様はFBI』 田中ミエ著 (幻冬舎)

「ここから出ていけ!」仕事が恋人の私の前に、突然立ちはだかった変なガイジンは、VIP護衛で来日中のFBI捜査官だった。最悪な出会いの後、毎月1通、エアメールが届きはじめる。FBI仕込みの用意周到なプロポーズ作戦にまんまとハマり、私は彼と結婚した。ところが新婚生活が始まるや否や、彼は言い出した。「日本一腕のいい錠前師を探そう」「麻薬の匂いがするから、ロックのレコードは処分」「スカートをはいて自転車に乗ってはダメ」「盛装して一流のブランドショップに行ってごらん」。ダーリンのトンデモ指令に奔走する、私のジェットコースター人生が始まった…。元FBI捜査官のシャイで一途なダーリンが繰り出す過剰な愛のトンデモ・ミッション!爆笑ときどきホロリの国際結婚エッセイ。


某シリーズのヒットもあって国際結婚エッセイは雨後の竹の子のようにわらわらと出ておりますが、これはただの「爆笑国際結婚ものエッセイ」ではないです。

とはいえ久しぶりに電車の中で悶絶しました。これは「電車禁」本です。

明らかに受けを狙った部分よりも、淡々とツッこまれたところがものすごくツボにはまりました。

「FBIなんか日本ではつぶしがきかない」

まったくです。
電車の中で「ぷっ…げほっくしょい」という咳なんだかくしゃみなんだかわからないものに紛らわせつつ、おそらくFBIというとアメリカではエリートだったはずのダンナ様をあっさり「つぶしがきかない」で斬るクールさがたまんねえーとうっとりしながら読んでいました。

正確には「元・FBI」のダンナ様もはんぱでなくふつうの人ではないので、たいへんそれがおかしいのですが、ギャグかと思うほどのリスク・ヘッジの能力の高さ。
はっきり年代は書かれていませんが、おそらく20年前の「シュレッダー? そんなのどこで売ってるの?」という時代の日本で、すでに「CDを破砕できるシュレッダーを買ってこい」というダンナ様。
そしてアメリカから、当時すでに1台持っているだけでもすごいと思いますが、WindowsとMacを1台づつ持ってくるという。これは窓さんだけをアタックする深刻なウィルスが出ても、リンゴさんを持っていればとりあえずだいじょうぶという、リスク・ヘッジですね。

やがて日本もアメリカみたいになるという不幸な予言が当たり、ここで出されるダンナ様の「指令」は現在では(悲しいことに)当たり前のことばかりになってしまっていますが、職権を濫用しまくって地球の果てまで(文字通り)追いかけてくるダンナ様がたのもしいんだか怖いんだか。

ここまではある意味「ふつうの国際結婚爆笑エッセイ」だったのですが、折々に混ぜられるダンナ様の指令は、「働く社会人」すべてに有効なすばらしいアドバイスになっています。

実際にこれを実行させられる奥様である著者はほんっとーうにたいへんだったろうなあと笑いながらも同情してしまいますが、例えば「初対面の人と会うとき先手必勝で笑え、だめ押しでもう一回笑え」なんかは明日から使えます。
特に外回りのサラリーマンの皆さまにとって「笑顔・挨拶、先取必勝」は身に染みついた鉄則となっているかと思われますが、「だめ押しでもう一度笑いかける」というのは目からウロコでした。

しかしまあ、「男なら女の成長を妨げるような愛し方はするな。」(@宗方コーチ『エースをねらえ!』(未読))を地でいってのろけられたようなエッセイでもあって、「ハイハイハイごちそうさまでした」という気がしないでもないです(笑)。


それからミステリ好きとしてびっくりしたのが、ダンナ様の元教官があのロバート・K・レスラー氏だったということ。
元教官に久しぶりに再会し、ふだんの「FBI立ち」ではなく借りてきた猫みたいになっちゃったダンナ様。「警察ってところは厳しいタテ社会で辞めてからでも元上司の前だと緊張しちゃって」と言い訳するところがかわいいですよね。ハイハイかわいいかわいい(笑)。(このダンナ様がたいへんまじめなお人柄だということもあるかと思いますが)

でも「イクラは死体の皮下脂肪そっくりで食えない」とか言うな。大好物なんですから。
[PR]
by n_umigame | 2009-01-18 21:56 | | Trackback | Comments(0)

カテゴリ追加

「ドキュメンタリー」を追加いたしました。
本、TVが中心になるかと。(映画は「映画・海外ドラマ」の方へ)

NHKスペシャル久々にヒットかも。と思い、この感想が書きたくて。

『女と男』本日、最終回ですが、Y染色体が消滅する(突然変異が起きれば来週消えても不思議じゃないって…!)=男性が絶滅する とかいうおそろしい話になってますようわー。

先日「合理的に考えたらこんなにオスいらね」とか書きましたが、いや、合理性だけがすべてじゃないよないよ!
[PR]
by n_umigame | 2009-01-18 21:09 | ドキュメンタリー | Trackback | Comments(0)

『この世でいちばん大事な「カネ」の話』 西原理恵子著(よりみちパン!セ) 理論社

今こそ「お金」の真実を真っ向から語ろう!
なぜわれわれは、子どもに「金」の教育ができないのだろう!? カネがなければ一家離散、カネがなければ一家心中。カネがなければ人生、貧しい。これは真実だ、ああそれなのに。経済学者やカネの地獄を見ないものにはけっして語れない、そんな、カネと労働のリアルをみつめ、人生の根本を哲学する書。
★西原理恵子さんによる、活字一本勝負の画期的な一冊!(出版社HPより)


理論社のよりみちパン!セシリーズは中学生くらいを対象にしたYAシリーズらしいのですが、著者のチョイスが秀逸で、こんなゼータクなもん子どもの読むもんじゃありません。きっぱり。

とか言いつつまだ買って読むのは2冊目なのですが。

非常にサイバラさんらしい1冊でした。

自分の生き方や人生が血肉になっているなあと思う「オトナの人」の言うことはどこかしら共通していることが多くて、この西原さんの本からも、そういう共通するメッセージを読みとりました。

一つは、
「自分の価値を決めるのは自分ではない」ということ。
「自分探し」なんて言ってないで、とにかく働けやということ。そうやって何かしてみて「何かができる」ことをある程度証明して初めて、世間は自分という人間を「何かがものになった人間」として認めてくれる。
自分の才能を見いだすのは自分ではない、ということ。

一つは、
「そうは言っても自立しているためには(西原さん流に言うならば「自由でいるためには」)、経済的自立が不可欠であること」。
経済的に他人に依存していると、結局、それ自分が稼いだお金じゃないじゃん、と言われちゃうじゃないか。

この2点でした。

西原さんの壮絶な自伝にもなっているこの本は、だからこそ上のメッセージが痛いほど突き刺さるということもあります。

けれども、西原さんはそんな、自分みたいな極端なハングリー人生を送れと言ってるわけではなくて、しごくまっとうなことをおっしゃっているのですよね。
例えば専業主婦の人が離婚して帰る実家もないとアパートも貸してもらえない、実際問題困りますよね、という、端的に言えばそういうことなのだろうと。

個人的には経済的な自立ができていなくとも、自立している人はしているし、どんなにお金があっても(悪い意味で)依存している人は依存していると思います。

また、お金がなくてもある程度は暮らしていけるような、セーフティ・ネットのある社会が本来は良い社会なのでしょうし、いざ、お金がない!どうしよう!というときに救いの手をさしのべてくれる人がいるような人的ネットワークという「財産」の方がよほど大事なんじゃないかとも思うこともあります。

お金で生活している以上お金だって大事ですが、要は「カネの切れ目が縁の切れ目」になるような人的ネットワークではなく、本当に困ったときに助けてくれるような「人的財産」を自分がどれだけ築けたか、そちらもないがしろにしないということが大事なんでしょうね。

だって、西原さんだって、こんなタイトルつけておきながら、巻末の谷川俊太郎さんの「何がいちばん大切ですか?」という質問の答えは「カネ」じゃないのですよ(笑)。
あたりまえですよね。

このシリーズでは谷川俊太郎さんの以下の質問に各巻の著者が答えることになっています。

「何がいちばん大切ですか?」
「誰がいちばん好きですか?」
「何がいちばんいやですか?」
「死んだらどこへ行きますか?」
[PR]
by n_umigame | 2009-01-16 01:21 | | Trackback | Comments(4)

人生はイスカの嘴(はし)の食い違い

会社の健康診断でひっかかり、2年ぶりに「大きい病院に行きなさい」と言われたものの年末ぎりぎりまで放っておいた自分も悪かったのかもしれませんが、「大きな病院」では検査1時間待ち時間6時間の計7時間という、新記録を更新してしまいました。
何が困ったって、持っていった文庫本(1.2cmくらいの翻訳物の小説)を読み終わってしまったことでした。
しょうがないのであたりに貼ってあるものを片っ端から読みましたが、何度も「婦人科産科の外来は平成20年6月1日をもちまして終了しました」「禁煙外来のご案内」などという文言を延々と読むにも限界が。
しょうがないので頭の中で持ち歌メドレー(イントロから最後まできっちり歌う)をやることにしたのですが、それも限界が。

本日はその検査結果を聞きに来いやということでした。

わたくしは対策を講じました。
文庫本1冊新書1冊、古くて寒い廊下対策に厚着をし、ぬかったと言えばお財布に3000えんしかなかったことくらいで、検査というとレントゲンだったり血を抜かれたりほかにも中身を抜かれたりでびっくりするくらい取られちゃうこともありますが、カードOKの病院なのでまあこれは何とかなる。
よっしゃあどっからでもかかって来いや!
と椅子に深々と座り膝掛けをし持っていった本を取り出したら25分も待ちませんでした。

持っていった本がことさら重かったです。
[PR]
by n_umigame | 2009-01-16 00:36 | 日々。 | Trackback | Comments(0)

おつかれさまでした

本日ご参加の方々にはおつかれさまでした!

またスペースにお寄りくださったかた、本をお買い上げいただいたかた、ありがとうございました。
今日持っていくはずだったものは次回必ずや…っ!(><;)

久しぶりの地元祭りでしたが、やっぱり地元もいいもんです。
地方は流行りものしか売れないといわれますが、細々とでもうちをお見捨てにならない方々がいるうちはがんばっていこうと思います。
[PR]
by n_umigame | 2009-01-11 23:12 | サークル | Trackback | Comments(2)