*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

『生存者たち』#1

1970年代に熱狂的人気を誇ったオリジナル「SURVIVORS」を2008年にBBCがリメイク!
衝撃のサスペンス「生存者たち」、AXNミステリーで日本独占初放送!!!

原作は、「ドクター・フー」の原案者でもあり、脚本家のテリー・ネイション(1930-1997)が書いた同名小説「SURVIVORS」。

熱狂的な人気を誇ったオリジナル版は、1975~77年にかけてイギリスBBCで制作、放送された。
本作は2008年にBBCがリメイク。製作総指揮であり、脚本も担当したエイドリアン・ホッジスは、オリジナル版に新しい解釈を加え、キャラクターにもひねりの利いた個性をプラスし、オリジナル版と肩を並べるほどのサスペンス・ストーリーを作り上げた。

SARSや新型インフルエンザなど、「パンデミック(感染症の世界的大流行)」という言葉をニュースで耳にすることも多い昨今、本作は強いメッセージと説得力を持つ衝撃作だ。またオリジナル版制作時から30年が過ぎ、携帯電話やインターネットなど、便利な生活が当たり前になった世の中で、その科学技術へ依存しきっている現代人に向けての警告とも言えるドラマだ。

生存者グループのリーダー的存在、アビー・グラントを演じるのはイギリスの女優ジュリー・グレアム。彼女は、映画「いつまでも二人で」で注目を集め、AXNミステリーで12月から放送が決定した「ボーンキッカーズ 考古学調査班」でも、考古学調査チームのリーダー、ジリアン博士を務める人気女優。

11月よりAXNミステリーで日本独占初放送!!(AXNミステリーHP)


AXNミステリーで第1話を無料配信していたので、見てみました。
BBC製作で、『ドクター・フー』の原案者が原作と知って、けっこう期待していたのですが、第1話を見る限りいたってふつうのパニックものが始まる予感です。

発症したらまず回復する見込みがなく、全人口の9割が死亡すると予測される新型ウィルス、という設定です。
ドラマは、だんだんと感染者が増え、病院に患者が殺到し、政府もパニックを抑えるために虚偽の明るいニュースを流す以外に為すすべもないという状況から語られ始めますが、後半(というよりほぼ最後の方になって)ある日とつぜん、夜が明けたら、研究者の予想どおり9割方死んでました、あらいやだどーしよー! というところで第1話完。
であります。

今年の5月に新型インフルエンザの感染者が発見されたとき、あんなに大騒ぎしていたのに、東京で感染者が見つかってから急に報道されなくなりましたから、どこの国でもこの手の情報統制はやるんだろうなというリアリティはありました。

まだ、「こういう事態になりました」というドラマ世界の状況説明と、「この登場人物はこういうキャラです」という人物紹介で終わってしまっているので、今後どういう展開になるのかわかりませんが、生存者たちのサバイバルの様子がいろいろと語られていくドラマになるのだと思います。タイトルのまんま。

全部録画しておいて、何かしながら横目で休日に全部見る、ということになるか、途中で投げるかどちらかになりそうなドラマです。
腐ってもBBCのドラマなので、今後大化けして「申し訳ありませんでした」とTVの前で心から謝りたいでき具合になっているかもしれませんが。

カメラの撮り方とかなんだかアメリカのドラマみたいだなあと思ったのですが、アメリカのドラマみたいに不自然な率で美男美女が占めることがないので(笑)、そこは見ていて疲れるということはなさそうで安心です。




ところで……(以下AXNミステリーについてのどーでもいい余談。)

More
[PR]
by n_umigame | 2009-10-27 15:09 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(2)

『読後焼却のこと』 ヘレン・マクロイ著/山本俊子訳(ハヤカワポケットミステリ)早川書房

その手紙は、女流作家ハリエット・サットンの家の庭に、風に舞いながら落ちてきた。目を引く一行の太い文字”焼き捨てること”に続く文章は、ハリエットの背筋を凍らせた。”ネメシスの正体がわかった。ネメシスはわれわれと同じこの家にいる。事故死に見せかけて殺せば、疑われることはないはずだ……”文は途中でとぎれ、署名はなかった。いたずらにしては念がいっている。まさか、本物の殺人計画書では……!
ネメシスとは悪名高き覆面書評家のペンネームだった。
(中略)
それから数日後、自室に戻ったハリエットは一人の男の死体を発見した。彼女の弁護士ジェイベズ・コッパードがのどを切り裂かれて死んでいたのだ。しかも意外なことに、死体のそばにはモロッコにいるはずのハリエットの息子トミーが、茫然と立ちつくしていた!
被害者の名さえわからない殺人計画は、予想外の展開を見せる! 精神科医探偵ベイジル・ウィリングが久々に登場する、第二回ネロ・ウルフ賞に輝く傑作本格推理。(裏表紙より)


ヘレン・マクロイ祭り、引き続き開催中です。(自分内。)

著者が75歳のときに発表されたというこの作品ですが、やはり過去の作品と比べると、筆力やミステリとしての魅力といった点では、弱くなっていると申し上げざるをえないようです。

ただ、とはいえ、他の作品(といってもまだ長編3作と短篇2作しか読んでいないのですが)を読んでいると、トリックよりプロットで読ませる作家のようですので、読み始めると最後まで読ませてくれます。

発表されたのは1980年。
過去の作品と比べてベトナム戦争への批判的なまなざしや、精神科医に対する批判(特に刑事事件への介入)など、かなり現代的な課題ももりこまれております。

ベイジルはニューヨークからボストンへお引っ越ししており、ベイジルの妻、ギゼラさん(本作では「ジゼラ」という表記になっていますが)はすでに亡く、一人娘のギゼラ(やはり「ジゼラ」という表記になっていますが)もとっくに嫁いで、登場したときと同じに一人暮らしになっているのですが、さすがにトシとったかなあという、わびしさを感じました。

この作品を読んで、シャーロック・ホームズのかの有名な犬のお話を思い出さないミステリファンはいないと思われますが、発表された当時はなかなか新鮮なトリックだったのかもしれないトリックも何だかかなり無理がある印象を受けます。
けっこう古式ゆかしく華々しい謎で始まったはずの物語も、ベイジルがネメシスの正体を明かすシーンがいささか唐突に感じてしまうため、あっけなく収束してしまったという感じで、もったいないなあと思いました。

作品自体があまり長くないせいか、けっこう色物揃いのキャラクターもいまひとつキャラが立たないまま退場、という感じで、これももったいないなと思いました。

でもベイジル・ウィリングが登場する最後の作品なので、ファンなら読んでおきましょう、という作品だと思います。

どーでもいいんですけど気になったのは、登場人物紹介のところ、警部の名前が間違っています。(本文は全部グローガンとなっているので”ブローガン”は間違いですよね?)
こーゆーところを間違えると翻訳物苦手な人がさらに遠ざかるんじゃないかと思われますので、気を付けていただきたいです。
(え。翻訳物苦手な人、ポケミスなんか読みません? そ、そうかも………)
[PR]
by n_umigame | 2009-10-26 22:18 | ミステリ | Trackback | Comments(2)

ウサビッチ、プルバックトイ ミリツィアver. 出た!!

待ちましたよ待ちましたよー!!!L(>∇<)」

さっそく、ポチりましたvvvvvv

わたくしはコチラのお店で☆→U.S.Toyバイヤーズネットクラブさま

ボリスの耳の先っぽが、あんまり黒っぽくないんですが……。
で、なんか、ぶすっとしているように見えるんですが。
で、コプチェフは何かびっくりしているように見えるんですが……。

うーん、二人とも、いつもの「うえへっへっへ(悪)」笑いで、笑って笑ってー。


でもま、いっか、出たんだから!!(*>▽<*)


あー楽しみだな、いつ届くのかなーvvvv うふふふふふ。わくわくvvvvvvvvv
[PR]
by n_umigame | 2009-10-25 20:50 | ウサビッチ/Usavich | Trackback | Comments(2)

『天の光はすべて星』 フレドリック・ブラウン著/田中融二訳( ハヤカワ文庫 SF)早川書房

1997年、人類は星々に対する情熱を失い、宇宙開発計画は長い中断の時期に入っていた。
星にとり憑かれた57歳のもと宇宙飛行士マックス・アンドルーズは、そんな世界で無為の日々を過ごしていた。
しかし、木星探査計画を公約に立候補した女性上院議員候補の存在を知ったとき、彼の人生の歯車は再び動き始める。
もう一度、宇宙へ――老境に差しかかりつつも夢のために奮闘する男を、奇才ブラウンが情感豊かに描く古典的名作。
巻末エッセイ:中島かずき (Amazon.jp)


うーーーーーーん。微妙。

初老の男が星(宇宙)に憧れて…という設定から『スペース・カウボーイ』みたいなお話なのかと思いきや、まったくそうではなく。いや、そういうお話を期待していたわけでももちろんないので、だってフレデリック・ブラウンだし、だからがっかりしたと申しているわけではありません。

老人たちがタッグを組んでさまざまな目標に向かってトライする、という物語はいろいろとありまして、これが老人がたった一人だと悲壮感が漂うが、グループ(2人以上)になるとそこに「少年の輝き」とでもいうものが発露する、と書いてらっしゃったのは内田樹さんですが、一人+恋人だとどうなるかという実験的シチュエーション作品として見た場合、はっきり申し上げて、これ、大失敗ではないでしょうか。

老人が恋愛するなと言っているわけではないですよ。
主人公は57歳で相手の女性は45歳なので、現在からすればまだお年寄りというのは気の毒な年齢です。
この小説が書かれたのは1950年代ですが、そんなことは気にしません。(『クイーン警視自身の事件』を読んで「なんてすばらしいラブコメなんだ!!」と大爆笑したクチですので)

なので、やっぱり、キャラクターだと思うのですよ。

SFとしてはやはり今となってはいろいろと不自然で、それが物語に入り込めない一因になっているということもあると思いますが、(例えば、通信手段が固定電話と電報から進歩していないとか、惑星の知識が間違っているとか、21世紀が西暦2000年から始まっているとか)それより気になったのはこの人類への満腔の信頼と、未来に対する楽天主義でしょうか。
わたしたち人間は環境を変えられる、恐竜のように環境に翻弄されて滅亡したりしやしない、と主人公が熱く語るシーンがあるのですが、環境を変えてしまったことで人類の存続も怪しまれるという現状をまったく想像に入れていないということには、やはり違和感を覚えてしまいました。

違和感が大きい理由のもうひとつの原因が、訳文。
訳文、特に人物のしゃべり方が古くさいのは仕方がないのかもしれませんが、一番違和感を感じたのは、主人公。
一人称が「わたし」の人のしゃべり方じゃないだろう、これ。

あと、この解説はアニメに興味のない人間にはまったく理解できません。
SFが好きな人はアニメにも興味があって当たり前だと思われているのでしょうか。編集者はよくこの解説でオッケー出したなあと思いました。


ひとつ、どんでん返しになるシーンがあるのですが、ここだけは「フレデリック・ブラウンだ!」と思いました。
伏線は引かれていて、何かに取り憑かれている人間は狂っているようなものだ、というセリフがありましたが、まさか本当に狂っているとは。
[PR]
by n_umigame | 2009-10-24 18:30 | | Trackback | Comments(0)

どーでもいいけど、うけた。


d0075857_22144112.jpg



ので、写メ撮った。

「ごめんなさい」もいいけど、ガムテもいいなあ、神戸市営地下鉄。
[PR]
by n_umigame | 2009-10-19 22:16 | 日々。 | Trackback | Comments(0)

べ手紙セット、買いましたv

@ニフティデイリーポータルZで好評の、べつやくれいさんの絵手紙セット「べ手紙」セットが、発売になりました。
「架空セット」と「現実セット」の2種類から選べて、それぞれにべつやくさんのカワイイvvvイラストの缶バッジ(プチ)が2こ、ついています。

ぐるぐる迷いましたが、缶バッジがうさぎとパンダだったので「現実セット」にしましたよ。

d0075857_2235419.jpg



ここにご紹介しなかった中では「すごい手抜きカレー」がお気に入りです。
イラストのインパクト大。
腹抱えて大笑いしてしまいました。たいへんな逸品ですので、興味のある方は実際にご覧下さいまし。
裏にべつやくさんの小咄が載っていて、これがまた笑えるんですよ……。(゚▽゚*)ノ彡☆

しかし、この、不条理なイラスト…。
間違いなく、かのお父上のお嬢さんだなあと変なところで感心したり。
こんなにきれいな人なのに、なんでこんなに絵も文も笑えるんだろうか。(関係ない)

缶バッジはコレ。(ぼけぼけですんません)
d0075857_2284037.jpg



ほしくなったアナタはこちらで買えますよ。(まわし者じゃないです)
[PR]
by n_umigame | 2009-10-19 22:13 | 日々。 | Trackback | Comments(2)

自分memoに!!(*゚д゚*)=3(だから落ち着け)

12月以降刊
ヘレン・マクロイ 『殺す者と殺される者』
隠退した心理学者の身辺に起きる異変。名手マクロイ、技巧の極致。新訳。
(創元推理文庫)


こちらも「本棚の中の骸骨」様より!
うっわーいvvv
[PR]
by n_umigame | 2009-10-19 21:58 | ミステリ | Trackback | Comments(2)

自分memoいち!!(*゚д゚*)=3(落ち着け)

11月12日刊
アーシュラ・K・ル=グウィン 『ラウィーニア』
英雄叙事詩 『アエネーイス』 に想を得て、古代イタリアの王女として生きた一人の女性の数奇な運命を描く、壮大な愛の物語。SF・ファンタジー界に君臨するル・グウィンの傑作。
(河出書房新社 予価2310円)



「本棚の中の骸骨」様より。
いやっほーい!!
[PR]
by n_umigame | 2009-10-19 21:55 | *le guin/earthsea* | Trackback | Comments(0)

『落照の獄 -十二国記-』 小野不由美著(「yom yom」2009年10月号)新潮社

十二国の中、北方に位置する柳国。賢君・劉王による治世が百二十余年続く法治国家だが、その首都芝草(しそう)において犠牲者総数二十三人を数える殺人事件がおきる。国民の非難の声が高くなる中、重罪人・狩獺(しゅだつ)の裁きが、国府の司刑・瑛庚(えいこう)らによって始まった──。(出版社HP)


すっっごーくお久しぶりの『十二国記』です! おもしろかった! …と言っていいのか迷う内容ですが、世界観をまったく損なうことなく、筆致の衰えを感じさせることなく、現代的な主題をもってきて自然に読ませる所はさすがです。
この調子でどんどん新作が出ればいいのにー。にー。

久しぶりに画数の多い漢字の人名や役職名の作品を読んだせいか、最初の5pくらい全然頭の中に入ってこず、数行読んでは必ず一回戻って進むというナサケナイことに…。(「待って、今の人名ね?」「待って、今のは役職名ね?」「待って、今のは○○って読むのね?」(この独特のルビの調子を思い出すのに時間が…(笑))

相変わらず、重い、暗い、そしてバッドエンドでした。

作品のテーマは死刑論。

賢君で名高かった劉王が治める法治国家・柳では死刑が廃止されてもう長かった。その首都で、幼い子どもや赤ん坊を含む23人を残虐な方法で殺した狩獺(しゅだつ)が逮捕される。
前科三犯、更正する見込みも、悔悛の色も、遺族への謝罪の意もない狩獺を、3人の法官が審理を行うのですが、物語はほとんどこの審理の場面に費やされます。

3人の法官の間でも意見が分かれ、直接遺族から話を聞いている法官は「死刑にすべきだ」と言い、別の法官は「ここで軽々に死刑を復活させたら歯止めがかからなくなるのではないか、冤罪だったらどうする」と反対。しかし「では無期懲役だったら冤罪でも良いのか。短い人生のたった1年でも無実の罪で獄中で無駄にさせられた人の気持ちは? 罪人を出したと世間から後ろ指をさされる残された家族の気持ちは?」と反駁されて言葉に詰まります。

最終的に、司刑の瑛庚(えいこう)が苦渋の判決を下すのですが、勝ち誇ったように笑う狩獺の描写に、ちっともカタルシスを味わえないラストシーンとなっております。

凶悪犯に対して「あんなヤツは排除してしまえ」と死刑を望む民衆は、結局自分が手を下すのではないから殺人である死刑を行えと言えるのだ、という指摘は鋭いと思いました。瑛庚の妻・清花はその民衆の代表として描かれていますね。

現在、先進国の中で死刑があるのは日本とアメリカだけ、それもアメリカも州によっては死刑を廃止しているので、国家ぐるみで死刑があるのは日本だけなんだそうです。
ヨーロッパの死刑のない国から日本に移り住んできた方が、子どもに「どうして戦争はいけないの?」ときかれたとき「人が人を殺すことはいけないことだ」と教えてきた。でも日本にいると、死刑があるということは、「場合によっては人が人を殺しても良い」と国家が認めていることになってしまい、子どもに何と言って「人が人を殺してはいけない」ことを知ってもらえばいいのか、むずかしい、とおっしゃっているのを何かで読みました。
なるほどなあ…と、思いました。

「狩獺の行為は許されるものではないし、情けをかける余地もなかろう。清花の怒りも民の怒りもよく分かる。狩獺を憎く思うのは私も同じだ。だが、殺刑というものは、許せないから殺してしまえという、そんな簡単なことではないのだ」


瑛庚の、しぼり出すようなセリフがしみます。

久しぶりに『十二国記』を既刊全部読みたくなってしまいましたが、全部実家だ…買い直そうかな。
[PR]
by n_umigame | 2009-10-18 22:02 | | Trackback | Comments(0)

『あなたならどうしますか?』シャーロット・アームストロング著/白石朗ほか訳(創元推理文庫)東京創元社

どうしてこんな物語を思いつくのか見当もつかない。そんな小説はお好きですか? 本書は、絶妙の発端から異色の物語が展開する表題作のほか、間然するところのないヒッチコックふうサスペンス「笑っている場合ではない」、残酷な結末が強烈な「ミス・マーフィ」、「敵」以下、謎解きの趣向が潜むラッセル弁護士物三編など、名手の繰り出すあの手この手が驚きを誘う、珠玉の作品集。(出版社HP)


アンソニー・バウチャーに「魔女」と呼ばれたという、シャーロット・アームストロングの作品集。
初めて読みましたが、期待に違わず傑作揃いで、とてもおもしろかったです。

「魔女」と呼ばれた作家というと、シャーリイ・ジャクスンをまず思い出すのですが、シャーリイ・ジャクスンの方が毒素が強く、あとをひきます(笑)。それでもこの作品集は1作1作の質が高くて、それぞれ少しずつ趣向が違ったり、通して読んでも飽きません。
東京創元社さんはこの手の作家を見つけてくるのがうまいのか、シャーリイ・ジャクスンやカトリーヌ・アルレーなど、「ミステリー」や「サスペンス」といったカテゴリーでくくれない、そして、読後に何か刺さったままになる(笑)作品をたくさん紹介してくれていますね。

収録作品と感想は以下の通りです。一部ネタバレを含みますので、注意!

「あほうどり」
 中編。
 この作品の、オードリー・コールドウェルというキャラクターを見て(読んで)いて、張藝謀(チャン・イーモウ)監督の映画『紅夢』の中に出てくる「あの女は菩薩の顔をした蝮」というセリフを思い出しましたよひいぃぃいいぃぃ…。
たしかに、いますよね、礼儀正しいし上品な人なんだけど、なんか会ったあとイヤーな気持ちになる人って。
そして女性の方がそういう人に対して本能的に探知能力が高いというのもわかる気がします(笑)。男性に言うと「妬いてんじゃないの?」とか言われて、「そういうこと言ってるんじゃないのよ!」というのがさらにわかってもらえないというのも、なんだかわかるなー(笑)。

「敵」
 EQMM短篇コンテストで第1位を獲得したそうです。
うん、エラリイ・クイーンさんたちが好きそうかも(笑)。
アンファン・テリブルものかと思ったら…という、『死せる案山子の冒険』にも、何となくこの作品を思わせる作品が収録されていましたね。
 
「笑っている場合ではない」
 ヒッチコック劇場で放送されても不思議ではないような、バッド・エンドでした。
この女性のマッドネスぶりはちょっとフレデリック・ブラウンも思い出しましたが、ブラウンはもう少し笑えます。

「あなたならどうしますか?」
 ヒロインは”言わずに幸せになった”方に3000点。
作者の男性観が伺えるような作品でもありました。寸止め大好きなわたくしにとって、このラストはすばらしいラストシーンです。 

「オール・ザ・ウェイ・ホーム」
 これもヒッチコック劇場ふうのサスペンスでした。タイトルもいいです。

「宵の一刻」
 これは「どうやって無実を証明するか」というミステリでした。
通常のミステリとちがって有罪の証明ではなく、無実の証明となる証拠を探す、という趣向がおもしろかったです。
この作品に登場する弁護士のラッセルはシリーズキャラクターのようです。 

「生垣を隔てて」
 作者が15歳のとき、このメレディス・リーみたいな少女だったのでしょうか。
『スイート・ホーム殺人事件』みたいになるのかと思いきや、ぜんぜんでした(笑)。ラッセルが登場するシリーズはトリックもポイントになっているようです。

「ポーキングホーン氏の十の手がかり」
 本格ミステリの探偵のパロディです。
サン=テグジュペリの「論理は何でも証明する」「真実は論理では証明できない」ということばを思い出しました。ミステリの「論理」がいかに恣意的なものであるかという証明になっていますが、パロディになるくらい謎解きミステリはおもしろいのだということも、改めてわかってしまいますね。謎解きミステリが好きでないと、こういった作品は書けないと思いますし。

「ミス・マーフィ」
 読んだ直後は「?」となったのですが、あとから「もしかしてそういうことですか…?」とじわじわときいて来、「えー……」と思った作品です。
 

「死刑執行人とドライヴ」
 緊迫感とハッピーエンドへの流れがすばらしい作品です。
ハッピーエンドと言っても単にヒロインの恋人がナイト(騎士)として助けに来るわけではなく…というところが巧いです。これも作者の男性観…というか「女にとって本当にいい男とは」観が出ているなあと思った作品でした。シャーロット・アームストロングさんの好みのタイプは、総括すると、アンチ・ハーレクイン男というか(笑)。


全体的にハッピーエンドになるものが多いので、読後もなかなか気持ちが良いです。(シャーリイ・ジャクスンだったら、うっかり読む時期を間違えたらしばらく浮上できません。)
文庫で1200えんですけれども、全編はずれなしなのでお買い得だと思います。
[PR]
by n_umigame | 2009-10-16 21:35 | ミステリ | Trackback | Comments(2)