*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 06月 ( 34 )   > この月の画像一覧

「“怖い絵”で人間を読む」@NHK BShi 後編

恐怖の後編です。

前編と比べると即物的に恐ろしい絵の紹介だったのですが、中野京子さんの解説が秀逸で、やはり「絵を見る」ということはその時代背景やその人物を知っている方が数倍深まること、いわゆる芸術的な価値とはまったく違う次元で、鬼気迫る絵の持つ力ということを、改めて考えさせられました。
わたくしは絵を見るのが好きですが、言語を越える人間の力という意味では、やはり音楽には勝てないのかなあと思うこともしばしばでした。
しかしこの番組を見て、いやいや絵はすごい、やっぱりすごいよ! とふるふると打ち震えてしまいました。

今回は特にそういう主眼であったということもありますが、人物の絵は、やはり「目」ですね。

ゴヤ「我が子を食らうサトゥルヌス」の、サトゥルヌスの”目”。
レーピン「イワン雷帝とその息子」の、イワン雷帝の”目”。
ドラクロワ「怒れるメディア(激怒のメディア)」の、王女メディアの”目”。

3作品とも、「我が子を殺す親の”目”」というのが、偶然のチョイスだったのかもしれませんが、これだけ画題となり、それが見た者をして忘れられない強烈な印象を残すということに、人間という生き物の深い深い業を思わずにいられません。
番組ではそれぞれ、「狂気」「後悔」「憤怒」の”目”として解説されますが、何らかの共感(それは”嫌悪”という形での共感も含まれますが)がなければ、この絵が印象に残るということはないのではないでしょうか。
今現在「我が子を食らう」ような親があとを絶たないことを思えば、これらの絵が過去の一芸術作品で終わらないことがわかります。

大塚国際美術館では「怖い絵ツアー」をしているそうで(行きたいなあ~。しかし入場料高いよ)、番組中でもお客さんに感想を聞くシーンがありましたが、ドラクロワ「怒れるメディア」を見て「母親が子を守ろうとしている絵」だと答える方が多くてびっくりしました。わたくしはこの絵を、見たことはあるもののよく知らなかったのですが(恥ずかしながら…)今まさに子どもを殺そうとしている女の絵にしか見えませんでした。ひねくれててすみません(笑)。

最後に、イーゼンハイムの祭壇画の「キリスト磔刑図」で終わったのが良かったですね。

…しかし、メインになる絵のほかの絵も怖かったです…。特にゴヤ。ゴヤさん……( ̄ロ ̄lll)。
録画したものを見ながらプリンを食べようとしていたのですが、途中で食べられなくなってしまいました…。
(あ、一度冷蔵庫に戻してあとでいただきましたが、もちろん(^^)。)
「我が子を食らうサトゥルヌス」が食堂に飾られていたというのが信じられません。どういう趣味だよ! これ見ながらごはん食べられないよ! しかも元の絵はもっといろいろ描かれていたというではありませんか。
[PR]
by n_umigame | 2010-06-27 15:58 | ドキュメンタリー | Trackback | Comments(0)

「エキサイトブログの記事内にテキスト広告」

7月からの記事内広告表示に関するお知らせ

おや、なんと。

…と言っても、スキンによってはすでにテキスト広告が入っている状態ですので、あまり気にしていなかったのですが。
自分がひとさまのブログを拝見する際も、広告が入っていてもクリックしたことはないですし、気にしない人は気にしないのではないでしょうか。
マチ金などの広告が入ることもあるようですが、人のブログを見ていて思わずそんな広告をクリックしてしまう方は、ほかの手段でもクリックしてしまうでしょうし。(わたくしはAmazonの広告リンクの方がよほどうっとおしいです)

これで、広告が入ったばかりに重くて開きにくくなったというなら考えますが、相変わらずシンプルで使いやすいので、わたくしはエキサイトさんでいいです。
エキサイトさん、がんばってください。
そしてこれからもどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by n_umigame | 2010-06-27 15:46 | 日々。 | Trackback | Comments(0)

『名探偵モンク 7』#12:「復職審査」 ; mr. MONK Goes Camping

モンクが警察への復職のための審査を受ける。委員3人のうち2人は好意的だったが、残りのウィリス警部は明らかにまだ反対のようだった。ナタリーは、結論が出される翌週までにウィリス警部にゴマをするようにとモンクにハッパをかける。
モンクはディッシャー警部補がウィリス警部の息子ブライアンをキャンプに連れて行くと知って同行することに。なんとかブライアンと仲良くなって警部にアピールする計画だ。

[ゲスト出演]
ウィリス警部役/ウェイド・ウィリアムズ(映画「ALI アリ」、ドラマ「プリズン・ブレイク」)
(NHK 海外ドラマHP)


モンクさん、スーツ似合うじゃないですか~。

ディッシャーがキャンプ姿で登場したシーンの、警部のセリフ、
「何も言うな」
間。
「やっぱり言え」

が大爆笑でした。

ファイナルシーズンも残り3話ということもあり、ディッシャーというキャラクターの「まとめ」に入った感じの回でもありましたね。
「いつも笑われて、いやじゃないの?」というモンクさんの問いのディッシャーの答えが、ディッシャーらしいと言えばディッシャーらしいです。
モンクさんの、「車のステッカーにもっと目を向けるよ」も大笑いでした。

しかし、ミステリドラマとしては、もうあまり見るところがなかったというのも本音です。
残すところ、泣いても笑ってもあと3回ですので、シリーズ全体の最大の謎、トゥルーディの事件の解決という一番大きなミステリードラマが待っているわけなのですが、「ここまで来たら最後まで見るだろ」という制作者の気合いの抜けた態度がだだ漏れな気がして、ちょっとなあ…と思いました。
最後まで気を抜かずにやっていただきたいです。
『名探偵モンク』のような謎解きミステリドラマの場合は、アイデア勝負なところも大きいので、ネタ切れになってきたらドラマ部分で勝負するしかなくなってくるというのもわかるのですが。

結局復職審査には通らなかったモンクさんですが、どうなるんでしょうね。(ってうっすら知ってしまっているのですが、やはりきちんと見るまでは)
[PR]
by n_umigame | 2010-06-27 15:12 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(2)

『ダブル・スター』 R.A.ハインライン著/森下弓子訳(創元SF文庫)東京創元社

そもそも一杯の酒につられて素性の知れない男の話なんかに耳を傾けたのが間違いだった。失業俳優ロレンゾが引き受けた仕事は、行方不明中の偉大なる政治家の替え玉役。やっつけ仕事のはずだったのに、いつのまにやら太陽系帝国の運命まで担うはめになろうとは。プライド高き三文役者の一世一代の大芝居、八面六臂の大活躍! 巨匠に初のヒューゴー賞をもたらした、歴史に残る傑作。解説=高橋良平(初刊時タイトル『太陽系帝国の危機』を新訳・改題)(出版社HP)


ハインラインを読むと、10代のころの甘酸っぱいキモチがよみがえります。
「甘酸っぱい」と申しましてもわたくしの場合は、レモンとかさくらんぼとかそういったものではなく、あえて言えばえーと………酢豚?(いいのか青春がそれで)(まあお肉も野菜も入ってそれなりに栄養バランスが取れていたというほどの意味で)(なおかつパイナップルはない方がいいと言う人もいるけどというほどの意味で)

ハインラインと言うと、やはりまず、『夏への扉』です。(そして短篇「金魚鉢」です)
あのいかにも”古き良き”アメリカ的SF。昨日よりは今日、今日よりは明日の方がきっといい日になる、と何の屈託もなく信じさせられる物語。
あんな物語に10代のころに出会えたのは幸せであったと、大人になってから思います。
何か人生でつまずいたとき、なにもかもがいやになったとき、自分の中にあんな物語がしまい込まれている人と、そうでない人とでは、その後の人生の展開が(ほんのちょっぴりですが)違うんじゃないかと思うことがあります。
真っ暗で前も後ろも見えないときに、遠くまで照らしてくれはしないけれども、あと一歩踏み出すために足下を照らす懐中電灯くらいの明かりにはなってくれる。そんな気がします。

この『ダブル・スター』も、ハインラインらしい作品だと思いました。
そのときはピンチと思えたことに逃げずに正面から向き合うことで、次々とふりかかってくるむずかしい「今この時」を打開してゆく主人公は、そうすることでまったく違った自分の可能性を切り開き、成長してゆきます。
今回初めて読んだにもかかわらず、どこかなつかしい気がするようなお話でもありました。
書かれたのは1956年ということで、コミュニズムに対するむきだしの嫌悪が描かれていたり、デジタルアーカイヴという発想がなく資料はマイクロフィルムだったり、女性といえば紅一点だったり、皇帝がいいやつすぎてうさんくさかったり(笑)、いろいろと細かいところにはひっかかるのですが、一気に読ませます。
「猫を拾うことの困った点は、決まって子猫が生まれることだ。」という文章は、猫好きのハインラインが書くと、「困った言いつつ、顔笑ってる」という感じで、いかにもほほえましかったです。

読み終わって、ローズマリ・サトクリフの『王のしるし』を読み直したくなりました。

拍手だけが喝采ではなく、よい舞台にはいつも暖かい興奮がある。

[PR]
by n_umigame | 2010-06-22 22:02 | | Trackback | Comments(2)

"Ellery Queen" DVD 予約開始@Amazon.com

Pre-orderが始まっていました!

"Ellery Queen: The Complete Series"(Amazon.com)

現在の予約価格は$41.99。(定価?は$59.98)
発売日は2010年9月28日、ランニングタイムは1117 min.、6枚組。

ちょっと謎なのは、ずっと前からあって"Sign up to be notified when this item becomes available."となっている、ジャケットらしきものがアップされている方は動いていないことです。
(→http://www.amazon.com/Ellery-Queen-Jim-Hutton/dp/B0011UKOQI/ref=sr_1_4?ie=UTF8&s=dvd&qid=1277131435&sr=1-4)
なぜー。

というわけで、予約はもう少し待ちます。
Amazon.jpでも買えるかもしれないですしね。
[PR]
by n_umigame | 2010-06-21 23:41 | *ellery queen* | Trackback | Comments(0)

父の日でした企画

毎年、父の日が来たらやろうと思っていた「自分だけが楽しいおバカ企画」。
今年もやっぱり間に合わなかったけれど、pixivの投稿を見ていたらどーしてもやりたくなって、やってしまいました……。

「あんたがバカなのは知ってるから、見てもいーよ」という方は自己責任でお願いします。

じゃあ、見る
[PR]
by n_umigame | 2010-06-21 21:05 | *ellery queen* | Trackback | Comments(0)

働くアナタを応援イコちゃんvvv

イコちゃんの新グッズはしばらくお休み~。
ほかのネタを3つご紹介します。

(1)KIOSKに貼ってあったポスター。
d0075857_22161254.jpg


む、イコちゃんのトートバッグが当たる新しいキャンペーンだ!
ヨシ、ガムを買えばいいのね。
ふだんガムは食べないんだけど、まあ3コくらいなら楽勝だ。何なら職場の女子に配ればいいしな。うふふ。
景品はこんな。
d0075857_22171510.jpg


イコちゃんのグッズにしては、黒って。しぶいなー。男子受け狙いか?

隣に貼ってあったポスター。
d0075857_2218631.jpg


うっわあああああ、か、か、かわいいいいいい!!!.゚+.(。´∀`。)゚+.゚

ほら!
d0075857_2222247.jpg


ほら!!
d0075857_2222454.jpg


「これください・・・ ICOCAで・・・」・°・( ゚Д゚) って、ワタシだー!!!

オロナミンCとキレートレモンとチョコラBB。
イコちゃん、おっさんなのかOLなのかわからないよ、そのチョイス。
なんか全部チャンポンで飲んだらじんましんとか出そうな組み合わせだなあ…。

(2)JR西日本KIOSKでは、冷麺のキャンペーンでイコちゃんの携帯壁紙がもらえるらしいです。
イコちゃんはシークレットだ!
「オリジナル冷し麺「夏麺」発売&納涼イコちゃん携帯壁紙プレゼントのお知らせ」

(3)仕事で降りた某駅のKIOSKにあったポスター。
d0075857_22343496.jpg


いや、「限定一個」はウソでしょう。
正しくは、「駅ナカの狭い棚には一個しか置けないので結果的に限定一個」でした。
どこの駅ナカKIOSKもこのBIG抱き枕の置き場には苦心されているようで、かなりぎゅう詰めになっていました。
[PR]
by n_umigame | 2010-06-20 22:40 | ICOCA/イコちゃん | Trackback | Comments(4)

『人生一般ニ相対論』須藤靖著(東京大学出版会)

内容紹介
「日常のなかにひっそりと隠れている物理学の原理の役割をあぶり出すことで物理学的世界観を布教しようとするさりげない試み」と称し,ダークエネルギーから高校教科書まで,さまざまな話題を著者の日常とともに「物理屋」の視点でつづる,痛快エッセイ集.『UP』掲載9編他全14編を収録.



主要目次
基礎編
海底人の世界観
外耳炎が誘う宇宙観の変遷
都会のネズミと田舎のネズミ
ガリレオ・ガリレオ
レレレのシュレーヂンガー
一般ニ相対論
ニュートン算の功罪
目に見えないからこそ大切
オフリミット
物理とカラオケ

応用編
土曜の昼、午後3時半
高校物理の教科書
東京大学大学院理学系研究科物理学専攻
天文学就職事情

問題編
復習問題25
(出版社HP)


この本で相対論は学べません。
ましてや人生は学べません。
でもちょっぴり楽しくなれるかもしれません。(帯より)



笑いすぎて腹がよじれるか思いました。

著者のご専門は宇宙論・太陽系外惑星だそうですが、もうそんなことはどうでもいい(失礼な)。
東京大学出版会のPR誌『UP』に連載されているエッセイを集めたものがメインで、最近同誌で単行本化されたことを知り、書店に走りました。(お値段のわりに軽い装丁でビックリ。大学出版会の本なのでしょうがないと言えばしょうがないけど、せ、せめて2000えんくらにしてほしかった……買ったけどさ!!)

芸風(芸風て言うな)は、言うなれば、「死んだ鍋(dead pan)」。生真面目な顔をしてものすごい角度から飛んでくるジョークです。ただし、ブラックさはさほどなく、大笑いですが。

エッセイには、専門書か学術論文かと見まごうばかりのびっちりとした小さい文字の脚注がこれでもかとついているのですが、この脚注がまた、何を言ってるんだこの人はと思うような大爆笑な脚注なのです。

例えば、最初に収録されている「海底人の世界観」。
 というわけでいよいよ海底人の世界観を考えるという,本来の趣旨にうつろう.まず,なぜ海底人なのか.(中略)このため中心星から遠からず近からず適度な距離にあり水が液体として存在できるような温度にある惑星は慣習として,「居住可能惑星(ハビタビルプラネット)」と呼ばれている.*11 もちろん,太陽系の中でこの条件を満たしているのは地球だけである.

→その脚注。
*11 もちろん,けっしてこの言葉を真に受けてはならない.表面温度が摂氏0度から100度の範囲にあるものと推定しているだけにすぎず,人類が安心してそこに居住できる可能性はないに等しい.惑星科学者たちは公正取引委員会から誇大広告として訴えられても仕方ない用語を使っているのだ.「こんにちは,○×エステートの田中でーす.今回,ハビタルプラネット316bに格安の物件が出たのでご紹介いたします」といった電話が突然かかってきたらただちに「間に合ってます」と言って切るべきである.一瞬であろうとも真剣に検討するようなことがあってはならない.


「ガリレオ・ガリレオ」では、「イタリア語のガリレオ・ガリレイをラテン語の格変化に従って活用させるとガリレオ・ガリレオとなる」ことから、
*7 確かに江戸川コナンを「名探偵コナン」と呼ぶやり方もまたこの用法に則している.一方,「探偵小五郎」では怪人二十面相には勝てそうにない.ラテン語化して「探偵コゴロッチ」となってしまうとなおさらである.


この、論理があさってな方向へ転がる転がり方が、宮沢章夫にも似ているなあ(笑)。

推理小説をよくお読みになるようで、ヴァン・ダインの『僧正殺人事件』についても触れられているのですが、
 ところで東野圭吾は理科系出身であるためか,その作品は理系ミステリーに分類されたりする.逆に言えば,世間的には推理小説は本来文系に分類されるものと理解されているのだろう.
とすれば,推理小説の古典として著名なヴァン・ダイン『僧正殺人事件』を引き合いに出して反論しておくべきかもしれない.そこには,当時最先端の物理学の知識が(しかも全く意味もなく)てんこ盛りなのである.たとえば,殺害されたある被害者の近くに(数式略)といったメモが残っていた,とある.これは2次元時空のリーマンテンソルを計量テンソルで書き下した結果
(数式略)
だと思うのだが,それを推察できるだけの知識を持つ読者がはたしてどれくらいいるであろう.しかも,そのあたりを心配しながら読み終えた私にとってさらに衝撃的だったのは,このメモの内容はストーリーとは全く関係ないことであった.


((´∀`))
まったくです。

『僧正殺人事件』も新訳が出ましたので、未読の方は(そんなミステリでもよろしければ)ぜひに、おひとつどうぞ。
それからこのエッセイをお読みになると「なるほど」と心から頷け、倍笑えると思います。
[PR]
by n_umigame | 2010-06-19 18:23 | | Trackback | Comments(0)

ヘニング・マンケルの新刊が

ヘニング・マンケル 『五番目の女 上・下』
旅行から戻ったヴァランダーを待っていた、2件の通報。だが……
(創元推理文庫)
(本棚の中の骸骨さまより)


話がどこまで進んでいたか忘れてしまいました…。

8月以降の刊行予定だそうです。
[PR]
by n_umigame | 2010-06-19 18:21 | ミステリ | Trackback | Comments(0)

『名探偵モンク 7』#11:「犬と暮らせば」 ; mr. MONK and the Dog

スティーブ・デウィットは不倫相手のアマンダと自宅でもみあいになり、彼女を死なせてしまう。浮気がバレることを恐れたスティーブはアマンダの死体を隠す。
アマンダが有名な芸術家だったため、すぐに行方不明事件として警察が動き、モンクたちも彼女の家へ。そこには飼い犬のシェルビーが残されていた。モンクが家族を欲しがっていると感じていたナタリーの勧めもあり、なんとモンクが一時的にシェルビーを預かることに!

[ゲスト出演]
スティーブ役/ウォレス・ランガム(映画「ときめきサイエンス」、ドラマ「CSI:科学捜査班」)
(NHK海外ドラマHP)


モンクさんが犬を飼うことに!
シェルビーにめろめろになったモンクさんがおかしかったですね。
「ダイエットの必要があるかな」と言われて、すかさず「太ってないよ、気にしなくていいからね」とシェルビーをなぐさめるモンクさんに大笑い。
これだけでも大進歩ですが、犯人と向き合ったときの落ち着いた態度を見て、モンクさん、劇的に良くなってない? と思いました。
守らなければならないもの(=シェルビーと子犬たち)があったからかもしれませんが、ふつうにかっこいい刑事みたいでした(笑)。

シェルビー、もちろん訓練された犬なのですが、素直にドラマとして見ると本当に賢い子でしたね~。
いいなあー犬ー。

ナタリーの親族の多さにもびっくりしましたが。
さすが大富豪の娘。

次回はモンクの復職審査か…。
そのつぎはストットルマイヤー警部の結婚。原タイトルからすると、モンクさんがベストマンをつとめるのでしょうか。モンクさん責任重大じゃん、だいじょうぶかな~(笑)。
そのつぎは…あああカウントダウンになってきました。(涙)
[PR]
by n_umigame | 2010-06-19 18:17 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(2)