<   2010年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

「国際きのこ会館」は実在した…。

岸本佐知子さん著『気になる部分』に登場する、夢かうつつか定かでない思い出(おいおい)「国際きのこ会館」は実在するらしい、とほかの方の感想でお見かけし、「はっはっは、またまた~(笑)。」と思いながらGoogleさんに聞いてみたところ、あ り ま し た。

「どどめ色の博物館・イヤげリウム」という、愉快痛快お食事時には超微妙なステキサイト様があり、こちらで詳細に写真付きで紹介してくださっていました。

ちなみにこちらのサイトのコンセプトは、
当館ではテキスト、画像、音楽などマルチな媒体を駆使して
「イヤげなるもの」を蒐集、展示しております。 

「いやーん」と言いながらも顔は笑ってしまう
「うげー」と言いながらも視線が外せない
「心地よい嫌悪感」
「苦笑の快楽」
それが「イヤげ」です。

とのことで、国際きのこ会館以外に目を覆うばかりでも指の隙間から見たいネタがこれでもかとてんこもりです。
また時間のある折りにでも全制覇したいと思っております。

さて、本題の「国際きのこ会館」はこちらのページで紹介されています。
うううーーーーーむ、岸本さんの思い出どおりの、いや、ある意味それ以上のインパクトのあるホテルだったようですね。
ページの最後にサイトマスターの方の「群馬県恐るべし。」という感想が述べられていますが、もうその一言に憑きます。いや、尽きます。

この見ているだけでマタンゴになりそうなホテルは群馬県桐生市にあったそうで、のちに「ホテルきのこの森」と改名されたそうですが、現在は経営されていないのだとか。
残念です。

しかし、きのこってなぜこんなに人間の恐怖をあおるアイテムなんでしょうね。
いや、おいしいですよ。とってもおいしいですとも。
わたくしも冷蔵庫に常備しております。
けれども、例えば、根菜ばかり食べていたって「根菜になるかもしれん」とか「根菜に乗っ取られるかもしれん」という恐怖を描いたフィクションが洋の東西ないというのは(あ、うそです。フレドリック・ブラウンがカブが地球の支配種になった話を書いてました。でもこれフレドリック・ブラウンだから許されるというかなんというか)、やっぱりきのこが菌類だからですか。
[PR]
by n_umigame | 2010-10-31 22:53 | 日々。 | Trackback | Comments(0)

『カーデュラ探偵社』ジャック・リッチー著/駒月雅子・好野理恵訳(河出文庫)河出書房新社

私立探偵カーデュラの営業時間は夜間のみ。超人的な力と鋭い頭脳で事件を解決、常に黒服に身を包む名探偵の正体は……〈カーデュラ〉シリーズ全8編と、新訳で贈る短編5編を収録する、リッチー名作選。
(出版社HP)

●ジャック・リッチー『カーデュラ探偵社』(河出文庫)に下記のような誤りがございました。読者の皆様および訳者の駒月雅子さんに御迷惑をお掛けいたしましたこと深くお詫び申し上げますとともに、ここに訂正いたします。

P.351(奥付)訳者名「駒月雅子」の振り仮名
【誤】こまづきまさこ
【正】こまつきまさこ

*訳者の駒月雅子さんの名字は、本書カバーにある略歴の通り、「こまつき」が正しい読み方です。
(同じく、出版社HP)


ジャック・リッチーは『クライムマシン』が既読でしたが、今回「ジャック・リッチーってこんなにおもしろかったっけ?」と自分で書いた感想を読み直したほど、カーデュラシリーズは楽しい短篇でした。
文庫本一冊にまとめられていますが、このうちカーデュラシリーズはちょうど半分程度のみとなっています。もっと読みたかったなあ。
いろいろな単行本に散発的に収録されたようですが、まとめて読む方が絶対おもしろいと思います。

帯にあるキャッチコピー「かつて伯爵、いま名探偵。」と、カバーイラスト(かわいいv)で「カーデュラ(Cardula)」の正体はバレバレだと思いますが、本文でははっきりと彼であることは書かれません。
正体がわからなければジョークとしか思えないような言及のされかたに、くすくす笑ってしまいました。

アメリカにやってきた「元伯爵」は生活に困って最初はプロボクサーに。しかしこれは眷属の猛反対にあったらしく、私立探偵を始めることに。ただし「夜間営業」。
そこで名探偵の名に恥じない営業活動を展開するのですが、そこはそれ人外の名探偵ですので、善悪の基準が人間といろいろ違います。
垂る木にぶらさがったおかげでダイイングメッセージの意味が解明する事件もあったりして(笑)、ある意味「禁じ手の名探偵」だと思いますが、軽妙なユーモアとカーデュラの持ち味で読後はさっぱりしています。

収録作品は以下のとおり。

キッド・カーデュラ
カーデュラ探偵社
カーデュラ救助に行く
カーデュラと盗癖者
カーデュラの逆襲
カーデュラ野球場へ行く
カーデュラと鍵のかかった部屋
カーデュラと昨日消えた男
無痛抜歯法
いい殺し屋を雇うなら
くずかご
さかさまの世界
トニーのために歌おう

◇解説=羽柴壮一

最初の「キッド・カーデュラ」だけ雰囲気が違うのですが、解説によればこれはパイロット版で、この作品の反響が良かったのでその後続いたのだそうです。
「カーデュラと鍵のかかった部屋」はおそらく本格ミステリが好きな方でも唸るのではないかと思います。ディクスン・カーとかならこのネタひとつで長編を書きそうです(笑)。
「無痛抜歯法」以下はノンシリーズです。
「無痛抜歯法」はアガサ・クリスティーのあの作品とある意味同じ。
「いい殺し屋を雇うなら」はちょっとしたピカレスク・ロマンになっています。
「くずかご」。ヒッチコック劇場で放送されても不思議はないかも。
「さかさまの世界」。エラリイ・クイーンの『チャイナオレンジ~』を思い出しましたが、クイーンの『チャイナオレンジ』より数倍すっきりします(笑)。文章の力でどうなっているのか伝えることができているという意味で。
「トニーのために歌おう」。なんとなくほのぼのするオチでした。
[PR]
by n_umigame | 2010-10-29 20:59 | ミステリ | Trackback | Comments(0)

『気になる部分』岸本佐知子著(白水uブックス)白水社

眠れぬ夜の「ひとり尻取り」、満員電車のキテレツさん達、屈辱の幼稚園時代―ヘンでせつない日常を強烈なユーモアとはじける言語センスで綴った、名翻訳家による抱腹絶倒のエッセイ集。待望のUブックス化。(Amazon.jp)


『ねにもつタイプ』、おかわり(笑)です。
『ねにもつタイプ』がとてもおもしく、かつ爆笑しながらも身につまされましたので(笑)、カクテキさまのオススメもあって速攻で買いに行きました。

と言ってもこちらの方が先に出版されたエッセイ集。
エッセイ集なのですが、だんだん現実と妄想とのさかいめが曖昧になっていき、著者のネガティブ・クリエイティブな世界が炸裂しています。
『ねにもつタイプ』が連載されているのが筑摩書房のPR誌『ちくま』なためか、『ねにもつ~』の方が間口が広いように思います。(や、こちらも「どこがおもしろいのかさっぱりわからない」という方はいらっしゃるでしょうが。ある意味そういう方は悩み事の少ない…と言って語弊があれば、疑問に思うことの少ない逡巡なき人生を歩んでらっしゃるかと想像され、ちょっぴりうらやましくもあります。)

こちらのエッセイで笑ったところは、やはり、激しく共感してしまった部分なのですが、童謡の『こがねむし』はなぜあんな陰惨なメロディなのか。
童謡はマイナー調の旋律のものが多いですが、だから「本当は怖い<かごめかごめ>」とか「都市伝説<とおりゃんせ>」といったまことしやかな説が出てくるのか、それとも元々恐ろしくも悲しい事実があり、それを歌ったものだから悲しいメロディなのか。
『おおさむこさむ』の「山から小僧」の「小僧」とはいったい何者なのか。これも「考えるとだんだん不安になってくる」という著者のお気持ちに深く共感いたします。だいたい、日本の「山」から降りてくる「小僧」様(よう)のものでポジティブなイメージのものを連想できません。

「大相撲とわたし」で語られる
もしかしたら、宇宙のどこかには、種の進化をつかさどる委員会のようなものが存在していて、たとえば百年に一回とか、それくらいの割合で審査会を開き、何を進化させて何を退化させるのか決定しているのかもしれない。

という部分は、光瀬龍さんの『百億の夜と千億の昼』ですよそれ、とツッコむのは誰にでもできますが、問題は、岸本さんは本気の正気でこう考えている節があるということです。

また、「その袋に福はあるか」で福袋についての考察は大笑いしつつも、深いです。
「人は福袋が好きである」ということに気づいた岸本さんが出した結論は「福袋は人間の理性を狂わせる」。
福袋の前では、愛も理想も学歴も無意味である。私は福袋によって、人間の業の深さというものをつくづく思い知らされたのである。

まったくです。
ちなみにわたくしは福袋というものを買ったことがありません。だって、何が入ってるかわかんないじゃん。「それが楽しいんじゃない」というご意見も心情としては理解できますが、じゃあはずれたときに怒らないのかと言うと、岸本さんの観察どおり「福袋を買った人は必ず怒る」。

また、小学生のときに驚いたネタ、疑問に思ったネタが今回もかぶっていてびっくり(笑)。
ロシア民謡『一週間』の歌詞。
「月曜日にお風呂をわかし/火曜日はお風呂に入り」
これを教わったとき、クラスのほぼ全員が、「冷める」とつっこんだことをなつかしく思い出しました。
どうなってるんだ、ロシアの風呂は。
また、「アルジェリアとナイジェリア」という国があると教わったとき、わたくしも冗談だと思って長い間本気にしませんでした。

「都市の兵法-電車編-」。満員電車の中で遭遇する「あるあるネタ」なのですが、画期的だ!と思ったのは岸本さんの痴漢撃退法です。
 女性の兵法者の場合、最大の敵はやはり痴漢であろう。バッグ、爪、画鋲などで防御するのが定石だが、本来素手で戦うのが兵法の美学であり、上級者になると、全身から殺気を発散することで彼らを撃退することが可能である。

師範!ぜひその技をご教授ください!!
筆者も数年がかりでこの技を習得した。痴漢以外の異性も近寄らなくなるという弊害はあるものの、実に有効な技であるので、初級者もぜひ精進してマスターすることをお薦めする。

前言撤回します。

また「『国際きのこ会館』の思ひ出」が秀逸でした。
[PR]
by n_umigame | 2010-10-29 20:18 | | Trackback | Comments(2)

ブログペットにしばらくかまわなかったら…その2

「にせうみがめあそんでー」と言われたので、おおよしよし、とクリックしました。

ら、奥に行って寝てしまい、何度クリックしても起きませんでした………。

………お、怒ってるん? ねえ、わらわ。
ごめん。ごめんて。
今度からもうちょっと遊ぶから。な?
[PR]
by n_umigame | 2010-10-25 20:26 | 日々。 | Trackback | Comments(4)

クイーン原作@『ヒッチコック劇場』AXNミステリー

Twitterでもつぶやきましたが、ブログをご覧いただいている方にもぜひ。

EQFC掲示板より。クイーンの「動機」が「ヒッチコック劇場」で、「探索」という題名で映像化されていたそうで、AXNミステリーで10/27(水)16:30、10/27(水)26:30、10/30(土)28:00に放送だそうです!
わー楽しみだなーvvvv


第35話「探索」
Terror at Northfield

ノースフィールドの若く美しい図書館員、スーザンは、トムという少年が行方不明になっていることに気づき、彼女の恋人で地元の保安官のウィルと共に、少年を捜しにトムの家を訪ねる。トムの父親ジョンは彼らの訪問を歓迎せず、トムは家出したようだと告げる。(AXNミステリー)


これですね!

すっかり「動機」の原作を忘れているので再読しますが、こんな話でしたっけ??
[PR]
by n_umigame | 2010-10-25 19:52 | *ellery queen* | Trackback | Comments(2)

『鳩の中の猫』アガサ・クリスティー著/橋本福夫訳(クリスティー文庫)早川書房

中東の王国で起きた革命騒ぎのさなか、莫大な価値をもつ宝石が消え失せた。一方、ロンドン郊外の名門女子校、メドウバンクにも事件の影が忍び寄る。新任の体育教師が何者かに射殺されたのだ。ふたつの謎めいた事件の関連は?女子学生の懇願を受けて、ついに名探偵エルキュール・ポアロが事件解決に乗り出した。 (Amazon.jp)

紆余曲折の末(ほんとうに…)やっと読み終えました。

上のあまぞんさんの内容解説文ですが、「ついに」までが長 す ぎ る…!

ネタバレ(ドラマ版も含む)感想文なので潜ります。↓

More
[PR]
by n_umigame | 2010-10-25 18:29 | ミステリ | Trackback | Comments(0)

『ルイス警部』#4:「それぞれの秘密」

絵に描いたように幸せそうな一家の母親、レイチェル・マロリーが自宅の階段で首をつっているのが見つかる。いくつかの状況から、他殺を疑うルイスとハサウェイ。捜査を進めるうちに、マロリー夫妻と、親しくしているヘイワード夫妻の間の驚くべき関係が明らかになる。更には、死期の迫ったオックスフォードの教授ル・プラシターが、レイチェルの過去を解きほぐす鍵を握っていることが判明。果たして、真相は究明できるのか・・・。/出演:ケヴィン・ウェイトリー、ローレンス・フォックスほか/原作:コリン・デクスター/英/字幕/2007年
(チャンネル銀河)


4回目にしてやっと脂が乗ってきた印象です。
重い、複雑、でも合間合間にはさまれるくすっと笑えるユーモア。
イギリスの刑事ドラマはこうでなくっちゃ。

「モース」のときのルイスのイメージからなかなか脱却できないでいるのですが、実はそのギャップこそが毎回楽しいということに今回気づきました(笑)。

のっけから、苦手なスピーチを上司から命令され「警部にもなればスピーチは義務」と言われてご機嫌ナナメなルイスがハサウェイになんて言ったかというと、
「死体を探してこい。でないと暴れるぞ」
……((´∀`))。スピーチの原稿で煮詰まっているからって、なんてことを。ルイス、あなたそんな人じゃなかったじゃない!!! んもー、大笑いしました。
元上司(モース)の影響が炸裂しているセリフでした。

さて、ルイスの期待どおり死体が見つかったのですが、いつもの敏腕検視医ホブソンの代わりにやってきた若手のクックは「使えねえ」オーラ全開。この代打くんは無神経なうえに(「プロならもっと気を使え」とルイスにたしなめられます)検視医としても素人なみという感じで、自殺と判断。
しかし、自殺にしては不自然な点が多いことからルイスとハサウェイは事件として捜査開始。上司の主任警視からは「事件性がないのに勝手に捜査して…」と怒られますが、ホブソンの検視でルイスたちの考えたとおり他殺であることが明らかになります。

最初は「他殺と思わせておいて実は自殺」というパターンに落ち着くのかと思っていましたが、ホブソンが「他殺」と断言したところから物語は急展開かつ複雑さを増して回転し始めます。

また、今回もルイスは微妙にモテるのですが(笑)、まあルイスは優しいからわかるよね。残念ながら刑事魂に火がついていたおかげで始まる前に終わってしまったのですが、それもルイスらしい。

ラスト、やっとルイスとハサウェイが本物のコンビになった、とにんまりと笑いつつ、思いました。

「モース」のときはモースが破天荒なキャラクターだったせいか上司のストレンジ警視正がいい人でしたが(ルイスにも良く目をかけていてくれてましたね。モースに「ルイスがかわいそうだと思わないのか。」とか)、今回のイノセント主任警視はちょっと「フロスト」の上司マレット警視の女性版という印象を受けます。俗物っぽいところとか(笑)。ドラマのマレット警視はいざというときはものわかりのいい人で筋を通す人でもあるのですが、イノセント主任警視はまだこれからお手並み拝見です。「イノセント」ってすごい名前だな(笑)。

次回は「ルイス警部 ドラマの舞台裏」という特別番組で本編は1週お休みですが、次回以降も楽しみですv


ところで、このドラマもしかしてもうあと2話くらいで終わっちゃうの?と思っていたら今年になってからも新作が出てるんですね。
ハサウェイ役の役者さんも変わっていないようなので、楽しみです。
やっぱり刑事ドラマはチームドラマでもあるので、『アダム・ダルグリッシュ警視』のときみたいに部下が総入れ替えとかだと、やっぱり興ざめしていまいます。
[PR]
by n_umigame | 2010-10-25 15:31 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(2)

しばらくブログペットにかまわなかったら…

「うーんと…決闘ー!」
って言われた…。

すすすすすまん、わらわ…。
てか、いつのまに「決闘」なんてことばを覚えたのかしらこの子ったら…。
[PR]
by n_umigame | 2010-10-25 14:49 | 日々。 | Trackback | Comments(2)

『ルイス警部』#2~3

#2「復讐の女神」
オックスフォードの川岸で中年男性の撲殺死体が見つかった。被害者、ディーン・グリーリーの手帳からは古代ギリシャ文字で書かれた3件の電話番号が見つかり、大学時代に“再誕神の息子たち”というサークルを作っていたメンバーの連絡先だと判明する。ルイスとハサウェイは3人を訪ねるが、サークルの話は不可解に伏せられ、秘密が隠されていることは明らかだった。ルイスは断片的な手がかりを結びつけ事件の真相に迫る。/出演:ケヴィン・ウェイトリー、ローレンス・フォックスほか/原作:コリン・デクスター/英/字幕/2007年
(チャンネル銀河)


ルイス、そんなに黒い人だった…!!?
モースとコンビのときはとにかく「常識人・なごみ担当」という感じだったのに…。
ええと、それで、毎回日本語エピソードタイトルが犯人のネタバレっぽいというのはいかがなものかと思います。


#3「同窓生の裏切り」
刑務所帰りの作家、ニッキー・ターンブルが何者に脅迫を受けているということで、ルイスとハサウェイが警護を担当することになる。オックスフォード・ユニオンの会長、キャロラインらに依頼されて講演に来たターンブルは気取った男で、ルイスは気にくわない。そんな中、ターンブルが宿泊している部屋の隣室で、彼を招待したメンバーの1人ジョーが絞殺体で発見された。次々と浮上する怪しい人物の向こうに見出された真実に迫る。/出演:ケヴィン・ウェイトリー、ローレンス・フォックスほか/原作:コリン・デクスター/英/字幕/2007年
(チャンネル銀河)


毎回日本語エピソードタイトルが犯人のネタバレっぽいというのはいかがなものかと思います!!
ところが、今回はこの日本語タイトルが二重に意味がかかっていて、ルイスの同窓生の意味でもあったのでどきどきしました。
#1では「新しい彼女なんか探してない」と言っていたのに、いきなりいい雰囲気に!?と思っていたら、ルイスは紳士でした。こういうところは今まで「モース」でルイスを見ていたファンの期待を裏切らないんだけどなあ。
いやそりゃ#2の最後に殺された人だってひどいことしてるんだけど、ハサウェイが指摘したように同じ殺人にしてもひき逃げでなかったとしたら、ルイスも態度変わってたんじゃない?…と。
[PR]
by n_umigame | 2010-10-20 19:34 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

""Take Me Out" by Atomic Tom LIVE on NYC subway"

ニューヨークの地下鉄の中で、iPhoneを使っていきなりライブを始めたという記事がありました。




楽し~い(>▽<)!!

まわりのお客さんもあまり迷惑そうでないところがいいですね。

iPhoneの楽器アプリを使って地下鉄(って地上走ってるっぽいけど)の中でのプロモーション・ライブだそうです。ちょっとiPhoneのCMみたい(笑)。

メジャーデビューしたばかりのバンドだそうですが、アルバムを聴きたくなりました。

ほかのライブと歌詞はこちら。
Atomic Tom - Take Me Out (2010 Video & Lyrics)
[PR]
by n_umigame | 2010-10-20 19:33 | 日々。 | Trackback | Comments(0)

Welcome. 本と好きなものがたり。


by n_umigame
プロフィールを見る
画像一覧