*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

NHK BS2『キャッスル~ミステリー作家のNY事件簿~』

うおー、これこれ!
これ、楽しみだったんですよ!

『キャッスル~ミステリー作家のNY事件簿~』


◆人気ミステリードラマを8月10日(金)スペシャル先行放送!
お調子者のイケメン人気ミステリー作家とクールな美人刑事の迷コンビが事件解決!

ベストセラーを連発していたものの変わり映えしない生活に退屈していた人気ミステリー作家のリック・キャッスル。ある殺人事件がきっかけでニューヨーク市警の捜査に協力することになる。事件を担当するのは美人でタフな女性刑事ケイト・ベケット。ベケットはリックの小説のファンだったが、仕事となれば別。やたらと軽いノリのリックが現場に出没することが気に食わない。しかし、そんな二人は意外と名コンビに発展!? 
アメリカでは推理作家の主人公「リック・キャッスル」作の小説も出版され、ニューヨークタイムズ紙のベストセラー本としてトップ10入りを果たすほどの人気作。


◆特別先行放送! 第1回「新コンビ誕生」
【 放送予定 】
BSプレミアム 8月10日(金)午後10時00分~10時45分
※放送予定は変更になる場合があります。最新の放送予定はNHK番組表でご確認ください。

【 あらすじ 】
人気ミステリー作家のリック・キャッスルは刺激の無い日常に退屈しスランプぎみ。そんなとき、リックの小説を模倣した異常な殺人事件が2件続けて発生。最新の被害者は若い女性で、全裸の遺体はバラとヒマワリの花で飾られていた。女性刑事ケイト・ベケットはすぐに小説の模倣と気づき、リックのもとを訪ねる。“模倣犯は人気の証”と調子にのるリックに、ベケットはイライラ。犯人の選んだ作品に納得がいかないリックは捜査協力を申し出る。

【 出演 】
リック・キャッスル (ネイサン・フィリオン Nathan Fillion/声:加藤亮夫) ※映画『スリザー』、ドラマ『デスパレートな妻たち』
ケイト・ベケット (スタナ・カティック Stana Katic/声:湯屋敦子) ※映画『007/慰めの報酬』『ザ・スピリット』
マーサ・ロジャーズ (スーザン・サリヴァン Susan Sullivan/声:鳳芳野) ※ドラマ『ふたりは最高! ダーマ&グレッグ』
アレクシス・キャッスル (モリー・C・クイン Molly C. Quinn /声:羽飼まり) ※映画『Disney's クリスマス・キャロル』

(NHK海外ドラマHP)

それにつけてもやっぱり思うのは、「だからさー、こういうの作るんだったら、なんでエラリイ・クイーンを現代版ドラマにしないの?」ってことですよ。

アメリカのドラマは、男女のコンビがトレンドなんですかねえ。
それか、ゲイに対する風当たりが強すぎて、ブロマンス的なものがなかなか受け入れられないんでしょうか。
昔のアメリカのドラマって、もっと男くさかったように思うんだけれども。
(内田樹さんによればあれは「俺たちを選ばない女なんかろくでもない女=女イラネ」⇒「ミソジニー(女性嫌悪)」という、聞いてるだけで凍えそうな心的傾向のなせるわざだったそうだけど)
あるいは男女コンビでも絶対にカップルにはなりえない設定か。

あと、安易に「美男美女」に頼りすぎ。
イギリスのドラマを見たんさい。(←さりげにたいそう失礼)美男美女=魅力/色気があるってことじゃないんだよ?
「端正な顔」っていうのは「一定の条件に当てはまる顔」ということで、裏を返せば「個性の振り幅が狭い」ってことで、「ただそれだけじゃ飽きが早い」ってことっスよ?

まあ、ドラマは見るけどね。
[PR]
by n_umigame | 2012-07-30 20:03 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

『シャーロック』第2シーズン#2:「バスカヴィルの犬(ハウンド)」 

シャーロックのもとにダートムアから依頼人ヘンリーがやってくる。ダートムアの荒野には政府の科学生物兵器研究施設、バスカヴィルがあり、極秘の実験が行われているというウワサがあった。ヘンリーは20年前、7歳のときに父親が悪魔のような巨大な犬、「ハウンド」に殺されるのを目撃。ショックが生み出した妄想かと思ったが、昨夜、再びその現場で巨大な「ハウンド」の足跡を発見したのだ。シャーロックが怪物の正体に迫る!
(NHK海外ドラマHP)


今回も、「うううう~ん、やっぱり翻訳むずかしいですよね」という感想が先に来てしまいました。
第3話は「ううううーん、これとっても大事なセリフだけど、日本語にするの難しそう」というところがあって、もっと心配。

UK盤DVDを見たときの感想はこちらです。









More
[PR]
by n_umigame | 2012-07-30 18:12 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

『シャーロック』第2シーズン#1:「ベルグレービアの醜聞」

シャーロックとジョンは突然、バッキンガム宮殿に連れて行かれる。シャーロックの兄、マイクロフトが現れ、匿名の依頼人は「高名な方」で国家の一大事だと告げる。依頼内容は、性的サービスを提供し、「あの女」と呼ばれる女性、アイリーン・アドラーが持つ写真を奪うこと。ある若き女性の不名誉な写真だ。シャーロックは、王室を相手に自ら写真の存在を知らせてきていながら、なにも要求していないアイリーンに猛烈な興味を抱く。
(NHK海外ドラマHP)


祝!第2シーズン日本放送。この日を指折り数えて待っていました。
なのですが、今回はUK盤Blu-rayで先に見てしまったため、英語字幕を見ながらの鑑賞で理解できていなかった部分を補完するのが主な目当てでした。

以下、感想はその「抜け」を確認した部分、それから英語字幕で持った感想が自信がなかったので保留していた部分などがメインになります。
UK盤を見た感想はこちら

全面的にネタバレしていますので、ご注意ください。








More
[PR]
by n_umigame | 2012-07-23 18:10 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(4)

日本盤DVD『SHERLOCK/シャーロック』コメンタリー感想めも

日本盤DVDが届きましたので、取り急ぎコメンタリーだけ見ました。
(UK盤でも見たのですが英語字幕を追いながらだったので^^;)

ランダムな感想メモ&本編のネタバレもありますので、もぐりますね。
そんなものでもお読みになりたい奇特なお方だけどうぞ。







More
[PR]
by n_umigame | 2012-07-16 18:53 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(3)

ホテルグランヴィア大阪に「ICOCAルーム」登場

TwitterでフォロワーさんがRTされているのを拝見して知ったのですが、なんとなんと、ホテルグランヴィア大阪にイコちゃんをモチーフにしたお部屋、その名も「ICOCAルーム」が登場したとのことです。
予約は昨日7月14日から開始しています。

JR西日本プレスリリース

ホテルグランヴィア大阪「ICOCAルーム」

どれどれ、どんなお部屋かしら…。

d0075857_1843157.jpg


わああ…….。゚+.(*゚д゚*)゚+.゚

d0075857_1853085.jpg


うわあああああ…!!((((((*゚д゚*))))))

なんてすてきなお部屋なんでしょうか。
イコちゃんまみれですよ!
たとえ窓から見える景色が工事中のコキタネー梅田の街だけだったとしても気にしないわアタシ。
こんなお部屋で目が覚めたら、「ああ…寝てる間になにかあって自分は死んだんだな…だってここ天国だもん…いい人生でしたみんなありがとうむにゃむにゃぐー……」とそのまま二度寝ですよ。
極楽ですな。

これは早速予約せねばなるまいが、気になるお値段は…

25,000円から。

た、高い……!(>д<;)

このお値段ですでにして週末は満室って、みなさんすごいですね。こんなお値段のお部屋に泊まったことありませんよ(号泣)。
ここはひとつわたくしも清水の舞台から飛び降りねばなりませんか?

宿泊特典として、オリジナルストラップやメモ帳、ボールペンももらえるそうです。
朝ごはんもイコちゃんモチーフだったらうれしいな。

もし「もう泊まってきたー」という方がいらっしゃったら、ぜひご感想をお聞かせくださいまし。
[PR]
by n_umigame | 2012-07-15 19:17 | ICOCA/イコちゃん | Trackback | Comments(8)

イコちゃんグッズが当たるキャンペーン2つ

イコちゃんグッズが当たるキャンペーンが2つ、始まるものと始まってるものとです!

始まるものは、はコレ。7月11日だそうです。
「curico誕生記念 ICOCAで飲もか!キャンペーン」

d0075857_2117232.jpg


電車内で豪快にマンガ飲みしているかわいいイコちゃん発見。
なんじゃこりゃ?と思って見ていると、駅ナカ、ホームなどにあるICOCAで購入できる自動販売機を「curico」と名付けましたので、買ってね、当たるよ♪
ということらしいです。
駅ナカの自販機、定価だからめったに利用しないけど、一口応募分くらいならがんばるよアタシ!!!

というわけで、早速エントリーしてきましたランランラー♪
(JR西の鴨ネギとお呼びください。いやもうすでに呼ばれて久しいが。)

もちろん狙い目はB賞「イコちゃんビーズクッション」ですよ。
d0075857_21163282.jpg

画像はどちらもキャンペーンサイトさまより。

しかし、今現在、イコちゃんのぬいぐるみを処分するか、はたまた本を捨てるのかという、マイケル・サンデル教授をお呼びして議論百出せねば決着がつかぬ究極の選択状態になっている我が家において、もしかしてこんな「究極の選択」を迫られるような事態になる前に対策を講じておくべきだったのではないかという意見はおそらくサンデル教授には言わない約束になっており、そんなわけで、ビーズクッションが当たったら当たったで、さらにたいへん困った事態を招くことは火を見るより明らかだったりするけれど、わたしは元気です。

くじ運悪いから当たらないと思うけどネ★

それから始まっているものはコレ。
「グミでスピーカー付きイコちゃんGETキャンペーン」

d0075857_2121845.jpg


……。

最初に見たときは、イコちゃんのバッタもんかと。
イコちゃんがかわいくない!!!
アタシの知ってるイコちゃんはもっとこう、こう……かわいいのにいいい!!!

しかしこれはふつうに売ってほしいグッズです。

グミ…あんまり…いやほとんど食べない…けど…と思いつつハードタイプのソーダ味のを試しに買ってみて、一個食べて満足し、あとは職場の女子にばらまいたさ!
「グミ食べへん?」「ねえねえグミ食べへん?」「あ、全部食べてね」「全部食べていいけど、袋は返すように。(厳命)」という美しい協力のもと一袋分のバーコードはゲット、あと一袋、なにか食わねばならんのです。
[PR]
by n_umigame | 2012-07-09 21:30 | ICOCA/イコちゃん | Trackback | Comments(4)

エラリイ・クイーンの書簡集が刊行

本日、7連勤のごほうびのようにEQFCの会誌最新号『QUEENDOM』95号が届きました。
(ありがとうございます。毎回会費が遅れがちで申し訳ありません (>人<))

今号は『Zの悲劇』特集で、原稿の集まりがあまりよろしくないとのことで…。
だったらひと肌脱ぐわと言いたいところですが、いやいや…だってあの『Zの悲劇』でございましょう?
『Zの悲劇』つったら、あのP嬢デビューの作品でございましょう?
言いたいことを書いたあかつきには月夜でない晩は歩けなくなる自信がありますね残業できませんね!

『Zの悲劇』と聞いただけで半日はアンニュイになれるクイーン・ファンはわたくしくらいかと思っておりましたが、今号を拝読するに、よかったアタシだけじゃなかったんだ…という展開になっておりました。

ですよねー…。(-д-)

そんなこんなで申し訳ないことです。

さて、前号でもお知らせがあったそうですがしっかり読み落としておりました、何と今年の2月にエラリイ・クイーンの往復書簡集が刊行されていたそうです。

"Blood Relations: The Selected Letters of Ellery Queen, 1947-1950"

収められた書簡集はサブタイトルによると1947年から1950年という、わたくしの大大大好きな『九尾の猫』が刊行された1949年がばっちりかぶっている時期。
『QUEENDOM』に掲載された会長の書評を読んでいるだけでもどきどきしてしまいました。
むしろ『Zの悲劇』はおいといて会長の書評だけでよかったんで

となれば、こいつはぜひ購入せねば、と紀伊國屋書店を見に行くとこちらは取り寄せ。いいけど、時間かかるんだよなあ…。Amazon.jpを見に行ったら品切れ中。在庫があったら悔し涙にくれながらあまぞんで買い物せねばならんところだったので、ラッキー(゚▽゚=)。

というわけで、本家本元Amazon.comでさくっとぽちってまいりました。
円が高止まりにて日本円でお得にお買い物でございます。
トップページに必ず「日本でお買い物しましょう」とか出るけど気にしない。

届くのが楽しみです。わくわく。

ところで、"Blood Relations"のカバー写真を見ていて改めて思いましたが、クイーンさんたち、よく似ていますよね。いとこどころか、兄弟と言っても通りそうです。
[PR]
by n_umigame | 2012-07-03 21:41 | *ellery queen* | Trackback | Comments(0)