「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

『エドワード・D・ホックのシャーロック・ホームズ・ストーリーズ 』日暮雅通ほか訳(原書房)

ホックが長い間書き続けてきたシャーロック・ホームズのパスティーシュ小説がはじめて1冊に。そして本書が最後の単行本、そして追悼本となった。最後まで改稿を重ねた名人がつむぐ珠玉の12編! (出版社HP)


エラリイ・クイーン風のパスティーシュがあると言うことで購入してみました。
とりあえずそれだけ読んで、あとは…あとは…うーーーん(笑)。

申し訳ないですが、ローズマリ・サトクリフの翻訳のことが大きな原因でこの出版社をあまり信用していないというか、いつも「ちょっと読んでみたい」と思うものの、お金を出して買うのがためらわれます。今回は特に表紙のデザインがアレなこともありましたが、内容はまあこんな感じかなというのが感想です。
(マニアックな人々が集まる某所へ持って行って読んでいたら、複数の方に「何読んでるんですか-?ああー…これかー…これ表紙が…ねえ?」と言われてその後会話が続きませんでしたよ。あれだけマニアックな人々をしてあれだけ盛り下げるパワーがすごいですよ。)

と言ってもわたくしシャーロッキアンでも何でもない、ふつうにホームズ譚が好きな一ファンですので、シャーロッキアンの方から見れば重要なポジションにある作品集でもあったりするのかもしれませんが。

エラリイ・クイーン風の、と言われている作品は『マナー・ハウス事件』でした。
確かにクイーン大好きダイイング・メッセージものなのですが、これは『シャム双子の謎』のあれでございました。
クイーンのことが大好きなホックらしいという感じで、いっそクイーンのパロディにしちゃってもいいんじゃないのと思ったくらいです。(←乱暴な。)

エドワード・D・ホックの作品は、小ネタで勝負系か、二次創作で勝負系という印象だったのですが、いずれにせよ、「華」が足りないというか、いかにもまじめなミステリ好きで、形式から冒険しない作家さんのように思います。
特に二次創作は、その作品をして原典へ回帰させる魅力があるかどうかだと思っているので、なおさらでございます。

パズルが好きな方にはオススメかもしれませんが。
ホックの作品をそんなにたくさん読んでいるわけではないのに、申し訳ありません。
[PR]
by n_umigame | 2012-08-18 23:35 | ミステリ | Trackback | Comments(0)

在庫状況@マイ・サークル(2012年8月18日現在)

お久しぶりの在庫状況です。

もぐりますね~。


More
[PR]
by n_umigame | 2012-08-18 23:33 | サークル/在庫等 | Trackback | Comments(0)

『クトゥルフ神話への招待』J・W・キャンベルJr.ほか著/増田まもる, 尾之上浩司訳(扶桑社)

“名状しがたい恐怖”が忍び寄る!クトゥルフ神話傑作アンソロジー
映画「遊星からの物体Xファーストコンタクト」の原作であるジョン・キャンベルJr.の名作とラヴクラフトの「クトゥルフの呼び声」の新訳版さらに英国の幻想作家ラムジー・キャンベルの未訳中短篇五本を収録。
(出版社HP)



『遊星からの物体X(影が行く)』を一度読んでみたかったのですが、手に入りにくいようだったので古本屋さんのお世話になるかなと思っていたところ、新訳が出ましたよ。ばんざい。
映画もジョン・カーペンター版を途中から見たことがある程度ですが、これってクトゥルフ神話だったんだ。
全部で7話収録されていますが、どれもじりじりと忍び寄ってくる系の恐怖で、短編ですが一作読み切るまで腰を据えて読む方が良いと思います。
本命だった『遊星から~』は所どころ日本語が頭に入ってこない箇所が…。テキストもこういう文章なのでしょうか。残り6作の方は読みやすかったです。

ラヴクラフトのクトゥルフ神話自体をちゃんと読んだこともなかったのですが、この短編集に収められている作品を読んだ知識とWikipediaなどによると、以下のような設定のようです。

地球には異星、あるいは異世界からやってきた旧支配者がいる。彼ら(それら?)は海底や地中深くに眠っているが、その存在をなにかのきっかけで知った人間がうっかり起こしてしまったり、元からつきあいがあったりしてこちらの世界へ呼び寄せてしまい、阿鼻叫喚の大騒ぎになる。

「クトゥルフ神話」というのはラヴクラフトの書いた作品だけでなく、そこから派生して書かれた作品群もすべて含めた神話体系であるらしいです。
しかし、ラヴクラフトという人は魚介類に何か恨みでもあるんですかね。おいしいのに。(そこかよ)
キリスト教文化圏の人はタコを「悪魔の使い」として忌み嫌ったという歴史的背景もあるのかもしれませんが、恐怖の対象のイメージが「コレ」というのは、相当怖かったのでしょうか。

内田樹さんが『映画の構造分析』等で、なぜアメリカではホラー映画があんなに量産されるのかという疑問を「分析」されていました。
それによればホラー映画では「人間がなにかしたことによって起動する邪悪なもの」が繰り返し繰り返し登場し、それは「トラウマの回帰」であるとのことです。(「本当は人間が何もしないのに起動する邪悪なものの方が怖いのに」とおっしゃっていて、ヒッチコックが描く作品はそうだと。確かに『鳥』はなんで急に鳥が襲いかかってくるのかまったく説明されませんね。)

アメリカには独自の神話体系がなく、アメリカ生まれの「神話」と呼ばれるものがクトゥルフ神話のような作品だということと、ホラー映画が量産されることとは関連があるのかもしれません。
誰か研究されている方とかいらっしゃらないのでしょうか。
[PR]
by n_umigame | 2012-08-18 21:29 | | Trackback | Comments(0)

『サラの鍵』(2010)

1942年7月16日のパリ。10歳の少女サラは両親と共に警官に連行される直前に、弟のミシェルを秘密の納戸に隠して鍵をかける。「すぐに帰る」と約束をして。しかし、それはフランス警察が1万3千人のユダヤ人を屋内競輪場(ヴェルデイヴ)に収容した一斉検挙だったのだ。2009年、フランス人と結婚しパリに暮らすアメリカ人ジャーナリストのジュリアはヴェルディヴ事件の取材を通じ、夫の家族の秘められた過去を知る事になる…。
(goo映画)



劇場で予告を見てから気になっていた作品です。
ちゃんと時間が取れるとき、そしてあまり疲れていないとき限定だなこりゃ、というわけで見てみました。

予告通りたいへん重い映画ですが、ラストは少し希望を感じさせる幕切れになっていました。

パリ警察による大規模なユダヤ人検挙である「ヴェルディヴ事件」。恥ずかしながら、まったく知りませんでした。
作中、若いジャーナリストが、「ヴェルディヴってどんな綴り?」と聞いて年長の同僚にあきれられるところを見るとフランスでも若い世代には知られていないようですが、若者が、当然のことのように「ナチスは記録魔だから云々」と言うと、主人公のジュリアが「検挙したのはパリ警察よ」と事実を正すシーンが印象的でした。
非道の行いは外国人がやったと思いたい。そんな「普通の人の普通の心理」の怖さを感じさせるシーンでした。どこの国にも暗部がありますが、この事件は1995年にシラク大統領が謝罪するまで自国の責任を認めていなかったそうです。

映画は過去と現実を交差ささえて、淡々と見せていきます。
過ちを明かす/正すのだ、と大声で言い立てるような気負ったところはありません。

この作品では「名前」が重要なキーになっています。
ホロコーストの記録を残し管理している老人が言うように、犠牲になったユダヤ人たちを「数」ではなく「顔」を残すこと。
収容所で一度は妨害した警官が、「ジャック」と名を呼ばれてサラたちを逃すシーン。
デュフォール夫妻にかくまわれて最初は「ミシェル」と弟の名を名乗るけれど、デュフォール夫妻が信頼できるとわかってからは「サラ」と本当の名を明かすサラ。
ジュリアの二人目の子どもの名前。

人が人と対等に向き合うとき、そこに必ず「名前」があるということ、そして名を呼ぶことで人一人の重みを考えるということを、考えさせられました。

そして過去に犯したあやまち…ジュリアの言葉で言えば「真実」と向き合う勇気について。
ジュリアの夫ベルトランは「真実を見つけて、それで誰かが幸せになったのか? 世界が少しでも良くなったのか?」と問います。
ジュリアが暴いた真実はつらいもので、ある人は隠し通し、ある人は最初は受け入れることができず、やがて深く傷つきます。「自分の今までの人生はすべてうそだったのか」と。

それでも、というのがこの作品の問いかけでしょうか。
それでも、やはり、知らなくてはならない、伝えていかなくてはならない。二度と同じ悲劇を繰り返さないために。

ヴィシー政権下のパリの悲劇を描いた作品というと、萩尾望都さんの『エッグ・スタンド』もお勧めです。
ぜひ。
「春…! 春は来るのか」という主人公のモノローグが忘れられません。
[PR]
by n_umigame | 2012-08-17 20:17 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

シャーリイ・ジャクスンの初訳が!@「ミステリーズ!vol.54 AUGUST 2012」

自分memo。


■特集「真夏の夜に楽しむファンタジー&怪奇の調べ」 [パート1]日本ファンタジー界の新星、乾石智子最新短編「紐結びの魔道師」。ダイアナ・ウィン・ジョーンズゆかりの地を翻訳者・原島文世が訪ねる「ブリストル訪問記」■[パート2]「怪奇翻訳温故知新 西崎憲インタビュー」 ロバート・エイクマン、アーサー・キラ=クーチ、シャーリイ・ジャクスンで贈る本邦初訳読切■新連載 大崎梢待望の長編連載「ようこそ書店大賞の夕べに」■エッセイ新連載 小林宏明「銃の細道 見る、読む、訳す GUNの世界」■相沢沙呼、梓崎優が贈る傑作読切ほか。
(東京創元社HP)


最近ふとシャーリイ・ジャクスンのことを思い出していたところでした。

初訳……どんなお話かなあ…どきどきがくがく…((((;゚;Д;゚;))))

あと、ブラッドベリの追悼特集も楽しみ。
[PR]
by n_umigame | 2012-08-11 20:52 | | Trackback | Comments(0)

フランス白粉の謎、新訳版刊行日決定

フランス白粉の謎 【新訳版】
エラリー・クイーン 中村有希 訳

ページ数:480ページ
初版:2012年9月28日

老舗デパートのショーウィンドウから転がり出た死体の謎を解き明かし、唯一無二の犯人を指摘するエラリーの名推理! クイーンの名を不動のものとした、国名シリーズ第二弾。
(出版社HP)


来月ですよ♪
『ローマ帽子の謎』新訳版が昨年の8月末刊行でしたから、なんだかんだで一年と一ヶ月待ちましたね。
わくわく。

ところで、角川文庫から刊行予定の国名シリーズはどうなったんでしょうねえ。
[PR]
by n_umigame | 2012-08-11 20:40 | *ellery queen* | Trackback | Comments(0)

夏祭り御礼

今年も暑いなか、スペースまでおいでくださった方、お話してくださった方、本をお買い上げくださった方、遊んでくださった方、皆様ありがとうございました。

思っていたより涼しめで過ごしやすかったですね。
まだ3日目も残っていますので、参加される方はお気をつけて楽しんでらしてくださいまし。

最近口を開けば、お詫びか言い分けばかりがついて出ている現状で、そろそろ見放されても不思議でないのですが、我ながらやりきった満足とはほど遠いでき……うううううう、本当に申し訳ありません。

幸か不幸か、今回はいつもにまして本がはけませんでしたので(^^;)、年末からの在庫がほとんど動いておりませんのでご安心ください(何をだ)。
[PR]
by n_umigame | 2012-08-11 20:31 | サークル | Trackback | Comments(0)

『シャーロック』第2シーズン#3「ライヘンバッハ・ヒーロー」とりあえずにしては長い感想 

やつれたジョンがやっと口にした言葉は・・・「親友のシャーロックが死んだ」。

3か月前。シャーロックは次々と大事件を解決し、世間の注目を浴びていた。そんなある日、シャーロックに執着する犯罪者モリアーティが、ロンドンの有名施設3箇所の厳重な警備を同時に破るという前代未聞の犯罪を決行。シャーロックに挑発メールを送る一方、故意に逮捕される。モリアーティが仕掛けた最後の闘い。シャーロックの身になにが?
(NHK海外ドラマHP)


UK盤DVDを見た感想をアップしようと思いつつ、日本語放送までまとまらず来てしまいました。
日本語放送を見てもまとまらず…ですので、「とりあえず感想」です。ごめんなさい。


全面的にネタバレしていますので、ご注意ください。








More
[PR]
by n_umigame | 2012-08-07 21:07 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(2)

『トータル・リコール』フィリップ・K・ディック著/大森望編(ハヤカワ文庫SF)早川書房

夜ごと火星に行く夢を見ていたクウェールは、念願の火星旅行を実現しようと、リコール社を訪れるが……。現実と非現実の境界を描いた映画化原作「トータル・リコール」、犯罪予知が可能になった未来を描いたサスペンス「マイノリティ・リポート」(スピルバーグ映画化原作)をはじめ、1953年発表の本邦初訳作「ミスター・スペースシップ」に、「非(ナル)O」「フード・メーカー」の短篇集初収録作ほか、全10篇を収録した傑作選

[収録作品]
「トータル・リコール」
「出口はどこかへの入口」
「地球防衛軍」
「訪問者」
「世界をわが手に」
「ミスター・スペースシップ」
「非(ナル)O」
「フード・メーカー」
「吊されたよそ者」
「マイノリティ・リポート」
(出版社HP)



SFが読みたくなって久しぶりにP・K・ディックを読みました。
…と申しましても、実はわたくし、10代の頃に『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?(Do Andoroids Dream of Electric Sheep?)』を読んで以来、P・K・ディックが苦手だったのでございます。映画化されることが多い作家であり、これまでも折りにつけ短編をちらほらと読んでいるはずなのですが、何となくざらっとしたものが舌に残ったという「印象」以外にほとんど記憶に残っていません。
ハヤカワSF文庫の新しいバージョンのダスト・ジャケットイラストがかっこいいvと思っていましたが、よく見るとこの『トータル・リコール』は脳みそだし、『電気羊』にしてもかわいい羊さんのはずが、どう見ても悪魔信仰のトーテムの頭の部分にしか見えませんよ。

P・K・ディックはSFというジャンルファンのみならず、広範なファンを持つ作家だそうです。
ですが、アイデアであっと言わせるとか、文章が翻訳を通しても美しいことがわかるとか、詩情あふれる世界であるとか、ストーリーテリングが抜群にうまいとか、登場人物が一度会うと忘れない魅力があるとか、そういったエンタテインメント性の面で突出して優れているというわけではない…と思うのです。
では、これほど読み継がれている理由はなにかを自分なりに考えてみました。

この短編集は全編これディストピアもので、なんとなくハッピーエンドかな?みたいな作品もあるものの、こんな世界に住みたくない、そんな作品ばかりです。

それから、すでに多く指摘されていることのようですが、全編パラノイアの妄想かというような世界でもありました。
SFとパラノイアは相性がいいようで(笑)、フレドリック・ブラウンの作品にもよく出てきますし、リチャード・マシスンも自他とも認めるパラノイアで、「ミスター・パラノイア」と自称してしまっているそうです。
ですが、ブラウンやマシスンの作品は「狂ってるよ(笑)」という感じで、最後はどことなくユーモアが残るというか、ブラックでも笑える展開になることが多い。それはおそらくブラウンやマシスンは、自分を(あるいは自分の作品を)客観視できていて、「俺っておかしいよな」という自覚がある。客観性のないところから笑いは発生しないからです。

翻って、ディックの作品は笑えません。
物語では、どの主人公(=ディックのある種の分身)も、主人公だけが異質で、自分がいる世界になじめないと思っている。あるいは自分以外の全員がどこかおかしいと思っている。そして時には「仲間」や「理解者」が現れることもあるし「非(ナル)O」「訪問者」)、時には抹殺されることもある(「吊されたよそ者」)。
それが強迫観念のように作品に昇華されている。この悪夢のような世界は、SFというエンタテインメントの仮想世界というだけではなく、きっとディックにとっては紛れもない「現実」なのでしょう。そのディックにとっての「現実世界」は常に閉じています。外に出て行くことができない。
「閉鎖された世界から外に出て行くことができる」ことを「救い」と言い換えることができるならば、また「出て行くことができる可能性」を「希望」と言い換えることが出来るならば、ディックの世界には「救い」も「希望」もない。
あるいは、あっても、本当にその先にあるのが「救い」や「希望」につながるのか疑問が残る。
だから読んでいる方は怖いし、後味が何とも言えない。他者の狂気の世界を垣間見たような気がするから。

「非(ナル)O」のラストでは、これはきっと笑うところなんだろうと思ったものの、さっぱり笑えないのは、この狂気の世界に果てがないことがわかるからでしょう。文字通り「外に出て行く」のですが、彼らを待っているのはやはり「狂気によって閉じた世界」でしかない。だって「彼ら」は「彼ら」のままだから。タマネギのように、むいてもむいてもそこにあるのはタマネギです。

そんなわけで、10代の自分が「なんとなく苦手だな」と感じたのは、怖いからだったのかもしれないと思い直しました。
ディックの怖さは、シャーリイ・ジャクスンの作品を読んだときに感じる怖さに少し通じるものがあるかもしれません。
「この狂気は他人事ではない」という恐怖です。
このディストピアは来るかもしれない。あるいはすでに在るかもしれない。
ディックが映画化され、新装版でよみがえるというのは、人が閉塞感を感じる時代であるということなのかもしれません。
「わたしたちは≪ここ≫から出て行くことができるのか?」
「≪ここ≫は己の狂気が見せている幻想の世界ではないと言い切れるのか?」と。


映画版の『トータル・リコール(2012)』ですが、ケイト・ベッキンセールとビル・ナイが出ているので見に行こうと思います。
[PR]
by n_umigame | 2012-08-07 20:44 | | Trackback | Comments(0)

お楽しみ映画「推理作家ポー 最期の5日間」(The Raven)

IMDbにて予告を見てから楽しみにしていた映画の日本公開決定と、日本版予告編公開を、Twitterでフォローしている方がRTされていて知りました!

日本版予告『推理作家ポー 最期の5日間』


映画紹介サイトさまの記事→

IMDb該当ページ
"The Raven(2012)"

『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』でアラミスを演じたルーク・エヴァンスが、刑事役で出演されています。
エドガー・アラン・ポー役はジョン・キューザック。
日本語予告は久しぶりに「あらすじがちゃんとわかる」トレーラーでした(笑)。
それによりますと、ポーの小説の通りに連続殺人が起きるようで、ポーの代表作がバババババン、と表示されますが、原題は「The Raven(大鴉)」なので、この詩がヒントなのでしょうか。


The Raven (2012) - Official Trailer [HD]


楽しみです!

(鴉が「Nevermore~」って鳴いて終わりなんですよね、きっと^^)
[PR]
by n_umigame | 2012-08-05 21:05 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

Welcome. 本と好きなものがたり。


by n_umigame
プロフィールを見る
画像一覧