*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

「ペンギン大作戦"The Madagascar Penguins in a Christmas Caper"」(2005)

『マダガスカル』からスピンオフしたペンギンズが主役の短編アニメーション。
10分程度ですが、画質などは映画と同じくらいの高水準で、ペンギンたちがツヤッツヤ☆です。
あーだっこしてなでなでしたい。
アメリカでは『マダガスカル』が公開された同じ年の10月に、『ウォレスとグルミット/野菜畑で大ピンチ!』と同時上映されたそうです。
どちらも笑いが止まらないコンボですねえ。いいなあ。
2005年はエラリイ・クイーンの生誕100周年記念で頭沸いてましたから、それはそれで幸せな年ではありました。

さて、ここからしばらくペンギンズ語りに突入いたします。
にせみ(仮)さんバカなの知ってるからという心の広い方のみでお願いいたします。
例によって、長いし。

~あらすじ~
クリスマス・イブの日。NYセントラル・パーク動物園の動物たちも、それぞれの仲間たちとクリスマス・パーティを楽しんでいました。
そんな中、ホッキョクグマのテッドだけはいっしょにクリスマスを祝う仲間がいません。(言われてみればホッキョクグマを復頭飼いしている動物園ってあんまりないのかも。)
ペンギンズ基地からその様子を観察していた新人は、せめてテッドのためにクリスマスプレゼントをあげたいと隊長に相談しますが、即座に却下されてしまいました。寂しそうなテッドのことが気になってパーティを楽しめない新人は、一人こっそりとイブのNYの街へプレゼントを買いに出かけます。
新人がいないことに気づいた隊長は、コワルスキーとリコを伴って新人を探しに後を追いますが、街では新人がお人形と間違えられておばあさんに買われて行ってしまい…。




ペンギンズは映画版とTV版で少しキャラクターが違いますが、この短編はどちらかというと映画版に近いです。
映画だけを見ていると、この頃の新人ってあまり一人前の仲間としてカウントされていないという設定だったのかと思っていたら、その新人を救出に行くお話でした。
特に隊長があんまり新人を大事にしてない気がしていました。すぐビンタするし。
ビンタはペンギンズのネタみたいなものらしいということがわかってからは、あまり気にならなくなりましたが。あれだ、芸人さんの張扇みたいなもんですかね(笑)。

10分程度の短いアニメですし、作品自体は見ていただくのが一番良いと思うのでぜひ。
ぜひ。本当にぜひ。お願い。ペンギンズは本編『マダガスカル』を見たときも、クールでキュートでなんてステキなんだと思いましたが、この短編を初めて見たときは「本編よりおもしろいじゃん!!」と大興奮でした。
映画よりずっとキャラが立っていて、一人一人のキャラクターがよりわかったというところも大きいですね。基本が子ども向けのアニメなのである程度オーソドックスなキャラクターではあるのですが、一人一人が本当にとても魅力的です。

以下ネタバレです。

More
[PR]
by n_umigame | 2012-09-28 21:39 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

web拍手御礼♪

ふと振り返ると9月ももう残りわずかだというのに、今月も全然ブログが更新できていません。
たいへん申し訳ありません。

にもかかわらずと申しますか、むしろ更新されていないおかげでか、その間ずっと拍手をくださった方々、本当にありがとうございます。
もう、ありがたいやら申し訳ないやらどこの奇特な方々かとお顔を拝見したいやらで(ちょっと)(謝りなさい)(ごめんなさい!)気持ちはいっぱいいっぱいです。

そんな皆様には素直に感謝の気持ちしかございません。
どうもありがとうございます。

残念ながらどの記事にうっかり拍手を押してしまわれたのかはわからないのですが、よろず己の好きなものを独り言のように垂れ流しているブログに、どこかお気に召したところがあれば、幸いです。

こんなマイペースブログですが、これからもよろしくお願いいたします。


いつも代わり映えのしないお礼になってしまうので、できれば近々自分の好きなもの並べ絵でもアップしようかと思います。
(でで、できるのかな)
[PR]
by n_umigame | 2012-09-28 18:22 | web拍手 | Trackback | Comments(0)

お気に入り動画ペンギンズ♪(季節はずれ)

"The Penguins of Madagascar We Wish You A Merry Christmas"

http://youtu.be/Ff4G3vwCB_Q

↑YouTubeに飛びます。

「ペンギン大作戦(The Penguins of Madagascar in a Christmas Caper)」のネタバレですので、それでもオッケーな方のみどうぞ。
できれば元の作品をご覧になってからの方が楽しめると思いますv

これ、動画もすごいけど、歌の合間合間に挟まれるペンギンズの声!
音声、合成かなあ、そっくり!かっこいい!
作者の方のものまねだったら、たまげます。

最後の、コワルスキーの声で、"Operation Christmas carol is under way, sir!"がいいですねvvv ^^
ほかに3つ、ペンギンズ×クリスマス・キャロルで動画を投稿されています。
全部見ましたが、"We Wish You A Merry Christmas"の替え歌のこちらが一番お気に入りです。
[PR]
by n_umigame | 2012-09-26 21:59 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

「minuscule」も映画化!

そもそも『ミニスキュル』がこの夏全然NHKで放送されなかったおかげでペンギンズに転ぶはめになったんだよ責任取って!いや、やっぱり取らなくていい!

『ミニスキュル』も映画化です。
2013年に3Dにて公開。
タイトルは"La Vallée des Formis Perdues(The Valley of the Lost Ants)"。
どうやらあの働き者のアリさんたちが迷子になっちゃうお話みたいです。
アリさんの隊列の最後にテントウムシくんがいるので、だいじょうぶ、きっと何とかなりますとも。

これ、日本で公開されるのかしら。
劇場公開は無理でもせめてNHKでやってほしいなああ。

詳細は公式ブログからどうぞ♪
http://www.minuscule-blog.com/en/

『ミニスキュル』は風景や人間は実写で虫たちだけがアニメーションという作品ですが、フランスの風景が本当に美しくて、それを見ているだけでもうっとりです。
劇場の大画面で見てみたいです。
アシナガグモさんがお気に入りなので、出てほしいな。

最近の3Dアニメって本当にすごいですね。
ただ、3Dというのではなくて、ドラマの部分や細かいところの作り込みなんかがすごいので、全体的にすばらしい作品になるのでしょうが。
[PR]
by n_umigame | 2012-09-25 21:51 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

設定画集、買っちゃった♪

"The Art and Making of Madagascar: Escape 2 Africa"

たはははは(*^▽^*)。
重症です。

d0075857_1955441.jpg



タイトルだけ見ていると『2』だけの設定画集みたいですが、1+2のお得な内容になっていて大喜びでした。
買ってよかったあ♪

まず絵だけでも堪能しようと、前からゆっくりめくっていったのですが、タイトルページが、暖色のアフリカが見開き2枚続いたあとに、"Well, this sucks!"な南極大陸のシーンが来て、大笑いしました。

ううーーーん、うまいな、編集。

表3に袋に入ったおまけがついています。

d0075857_19573915.jpg


袋の表に貼ってある赤いステッカーもすてき。これだけでも売ってくれないかなあ。
下はペンギンズ隊長、上は『3』でも活躍する「スーパープレーン」ですね。
動力がお猿(チンパンジー)とバナナ(フルスロットル時)なのに、この禍々しいシャークマウスのノーズが最高です。翼竜の羽根みたいのがついてますが、全体的なシルエットは戦闘ヘリそのもの。
ペンギンズに似合いすぎ。

中はと言いますと…

d0075857_2024886.jpg


「ペンギン大作戦(The Madagascar Penguins in a Christmas Caper)」のフルカラー・コンテ集と、『2』のミニ・ポスターでした!
コンテ集、うれしすぎvvvvv

『1』でキング・ジュリアンたちの暮らすバオバブの木にささっていた飛行機は、『2』で見事に(?)よみがえって(ボディに"N.Y. or bust"と描かれてる^^)飛び立ちますが、この飛行機もレトロなデザインでステキだなあと思って見ていました。
トム・マクグラス監督のコメンタリーによると「アメリア・イアハートの飛行機なんだ」とのことですが、だとしたらこちらのロッキード社のエレクトラ10Eなんでしょうか。
これもコメンタリーで、「マダガスカルツアーの墜落した飛行機」なんだそうですが、アメリア・イアハートが乗っていた飛行機と言うとかなり昔の飛行機なんですよね??
もちろん、レシプロだそうです。

よく見ると、左翼は半分以上木だし、左翼エンジン部分も木で離陸とともに煙が出てます。ギア(車輪)も木で、しかもきれいな円形になってない。
こんな恐ろしい飛行機に乗るなんて正気かおまえらって感じです。
隊長も最初から"Pray to your personal god this hunk of junk flies."って言ってるし(笑)。最初から神頼みだったんですね…。

『2』冒頭で、この飛行機がマダガスカルのジャングルを抜けて、『1』でペンギンズがシー・ジャックした貨物船を後に青空に飛び立つシーンが大好きなのですが、このシーンのイメージボードは日本人の女性の方が担当されたようです。
『3』でもエンディングクレジットで日本人らしきお名前をちらほらとお見かけしました。
がんばってください!

あのアレックスと、ペンギンズとも因縁があるおばあちゃんは名前はNanaだそうです。
かわいい名前だけど、キャラとのギャップがすげえよ…。
『2』でアレックスをボコボコにするシーンは「judo」って書いてあるけど、あれ素人目にも柔道じゃねえだろ。
日本の武道はこうやって誤解されて最終的に「バリツ」になるんだななるほどな。

コメンタリーでは「彼女は悪人ではないわ」と言われていましたが、初期のころのものと思われる絵コンテを見ていると暴力的で協調性のない立派な憎まれ役ですよ怖いよー!!



あと、いっしょにこれも買っちゃったです……。

d0075857_20361768.jpg


うううううう、か、かわいいいいvvvv.゚+.(。´∀`。)゚+.゚

こちらはTV版の方のフィルムコミック。3本入っていておねだん5ドル弱です。
全部ほしくなっちゃってます。
スーパーマーケットやドラッグストアで売ってそうな、小さな子ども向きの本ですね。
巻末にシールがついてます。

d0075857_20375527.jpg


もったいなくて使えない…。

裏表紙。

d0075857_20392253.jpg


『1』の、グランド・セントラル駅で警官に包囲されて、「チクられたぞ("We've been ratted out, boys.)」と手を上げるシーンですね。
かわいいなあ。

「かわいい」しか言えなくてすみません。

ペンギンズは映画版とTV版で微妙に性格が違うのですが、どちらもそれぞれいいんですよね。
どちらか選べと言われると映画版なのですが。
[PR]
by n_umigame | 2012-09-25 21:39 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

『ウサビッチ/USAVICH』シーズン5、12月に配信開始


新シーズン『USAVICH Season5』 12月から放送・配信スタート!
お待たせしました!
新作『USAVICH Season5』が2012年12月より、MTVにて放送・デジタル配信決定!
詳細は今後発表いたします!

Season4では、プーチンとキレネンコは、新しいメカネンコ2号という車をゲットし、街をでたが・・・・
果たして、どこへ逃げ込んだのか?!

MTV JAPANより。


というわけで、久しぶりにウサビッチの記事です♪
12月にシーズン5が放送・配信スタート。

4の最後は森のようなところへ逃げていくシーンで終わったので、シーズン5は森が舞台なんでしょうか。
基本的にシチュエーション・コメディで、舞台は同じ(監房、部屋の中、同じビルの中)で繰り広げられるスラップスティックなので、5でも延々と続く森の中、なんでしょうかね。

4がちょっぴり失速気味だったので、5でまた盛り返してほしいところです。
メカネンコが何号まで改造されるのかとか、プーチンの結んだ耳とか、キレネンコ兄弟の再会はあるのかといった謎がまだまだ解けていませんものね。

1から4を収録したBlu-rayも出るのですが、さすがに特典見たさに買うのはどうかと悩み中。
スペシャル番組かなにかでMTVさん放送してくれないかしら。
[PR]
by n_umigame | 2012-09-22 20:35 | ウサビッチ/Usavich | Trackback | Comments(0)

『いとしのムーコ』 2 みずしな孝之著(イブニングKC)講談社

ガラス工房を営むこまつさんと愛犬ムーコ、冬を迎えたふたりの毎日は変わらずラブリーでいっぱい!工房に新しいお客さんがやってきたりムーコに天敵が現れたり、こまつさんがお出かけで巨漢の友達・うしこうさんとふたりっきりでお留守番することになったり……!ムーコは可愛さ炸裂、こまつさんは天然炸裂!おまけにうしこうさんも大食炸裂!!犬好きはもちろん猫好きにもオススメ。もちろんカバーは「おはなつやつや」仕様です!
(Amazon.jp)


「しっぽくりんくりんの2巻」だそうですよー!!!
はううう。

1巻の巻末広告で、ムーコにライバル登場? みたいな書き方だったので、てっきりこまつさんの彼女さんが登場するのかと思っていたら、工房にやってきたお客さんでした。
ところが、このお客さんもただ者ではなくて(笑)。

1巻で少し登場したボーダー服の父子の名前(名字)とか、うしこうさんのフルネームがわかったりとか、レギュラー・キャラクターが本腰入れてそろってきた感じでした。

ムーコは今回は、よだれつゆだくになって居眠りしている姿が、きゅうううううんvvvとなりました。
おはなつやつやじゃなくなった回は、マンガの世界に入って「だいじょうぶだよ」ってなでなでしてあげたい気持ちに。ムーコにはこまつさんさえいればいいんでしょうけど(笑)。

「なにがあった」4コマの最後のコマが気に入って、これコピーして定期入れに忍ばせようかと思ったくらいです。どろどろムーコ、かわいいです。
あと、ムーコの悪夢シリーズ。シュールすぎだよ、ムーコ!!

「ウフフ ウフフ ムーコ はる だいすき」
ムーコは毎日毎日が大好きですよね。
[PR]
by n_umigame | 2012-09-22 20:17 | コミックス | Trackback | Comments(2)

『ドラゴン・タトゥーの女』(2011)

雑誌「ミレニアム」の発行責任者ミカエルは実業家の不正を暴くが、逆に名誉毀損で有罪判決を受ける。そんな中、かつての経済界の大物一族の長ヘンリックがある依頼をする。40年前に起きた、彼が最も愛情をかけていた16歳の娘ハリエットの失踪事件の謎を解く事だ。やがて彼の助手として情報収集能力に長けた天才的ハッカーの“ドラゴン・タトゥーの女”、リスベットが加わる。そして2人は、一族の忌まわしい過去を知る事になる。
(goo映画)



見終わって「リスベット……!・°・(ノД`)・°・」しかとりあえず感想が出ませんでしたよ。

2時間半もある作品ですが、長さを感じさせない映画でした。
TV版もいちおう見ていたんですが、イメージ少し違いますね。

40年前に孤島で起きた失踪事件の謎を追うというミステリーですが、まずダニエル・クレイグ演じるミカエルがあまりジャーナリストに見えなかったのと、犯人も想定内というか想定というかでした。

原作は未読ですが、ヴァランダー・シリーズを読んでいて思ってもいたのですが、北欧のミステリーってけっこうエグいというかグロいというか、そういうシーンが出てきて、「ひいΣ(゚д゚;)」となることが多い気がします。
評判が良かったので映画館に観に行こうかなと思ったのですが、映画館って怖くても逃げられないじゃないですか?(←バカ。)いやDVDだったら明るいところで見られるし、なんなら途中であったかいお茶入れたりトイレ休憩したりできるじゃないですか?
それで「やっぱり痛そうな映画だなー…」と今になってしまいましたよ。

しかしこれのお口直しのつもりで借りたDVDでよもやペンギンに惚れる日が来ようとは、人生一寸先は闇でございます。
しかも『ミニスキュル』の5分版の放送が全然ないじゃん、うきー!とNHK見てたらペンギンズに出会えたので、こうやってラヴvが増えていくわらしべクエストは続くんですね。

結果オーライです。
[PR]
by n_umigame | 2012-09-22 20:01 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

『うどんのうーやん』岡田よしたか さく(ブロンズ新社)

人手がたりないうどん屋さん。うどんのうーやんは、自分で出前にでかけます。道を走っていると、からからのメザシやふにゃふにゃの絹ごしどうふと出会います。やさしくてふとっぱらなうーやんは、どんどん自分のどんぶりに乗っけて、川をわたり山をこえ...... さて、無事に出前を届けることはできるのでしょうか!?
(出版社HP)



『ちくわのわーさん』に続く衝撃の第2弾。
さらにシュールに、さらに爆発的な笑いのタネをひっさげて帰ってきましたよ。

うどんのうーやんは人情に厚い大阪弁のうどん。
人手不足のうどん屋のご主人の代わりに、今日も出前に大忙しです。

「わたるしかないやろ」のところで、うっかりうどんに惚れるところでしたよ危ねえ。

最後のページはもちろんのこと、裏表紙までゆっくり味わって読んでいただきたい1冊です。
[PR]
by n_umigame | 2012-09-22 00:03 | | Trackback | Comments(0)

『ブラッドベリ、自作を語る』レイ・ブラッドベリ, サム・ウェラー著/小川高義訳(晶文社)

「幼年時代」「創作の動機」「セレブの友人」「ハリウッドの影響」「芸術と文学」「創作術」「男女差別」「政治信条」「日常」「未来予測」などのカテゴリーで、作家として晩年を生きるブラッドベリの人生を追っていく。かつてトリュフォーがヒッチコックへインタビューすることで『映画術』という優れた本が生まれたように、的確な問いからブラッドベリの存在が浮き彫りにされていく。
(出版社HP)



手向け代わりに何か買おうと思い、10代の頃むさぼるように読んだ文庫を探しに行ったのですが見つからず、評判がよさそうだったのでこちらを購入しました。

タイトルは「自作を語る」となっていますが、内容紹介にもあるようにかなり広範なテーマでブラッドベリという作家の人となりが浮き彫りになるようなインタビュー集でした。

ブラッドベリの答えももちろんおもしろいですが、インタビュアーのサム・ウェラーさんがすばらしく、また持っていきかたが上品だということもあって、少しきれいすぎるかもと思わないでもなかったのですが、巻末の『パリス・レヴュー』インタビューで(こちらは短いですが)それも少し相殺されている印象です(笑)。

本当に、晩年に至るまで少年のような人だったことが伺えます。
同じ女性として奥様たいへんだったろうなあと少し同情してしまったのですが、ウィットとユーモアのある奥様だったようで救われました。(浮気して「あんたはクズだけど、まだ愛してるわ」と言われたそうです(笑)。)
その少年のようなところは、反マッカーシズム的広告出したというところからも伺えますが、(「魔女狩りをするならセイラムに引っ込んでろ。」)勇気が必要だったであろうことは確かです。
ジェンダーの問題にしても「男は女より弱い。その劣等感があるから、優越していると思いたがる。」なんて、良い意味で自信があって、本当に男らしくないと言えないと思います。

同時代のSF作家をブラッドベリがどう見ていたかという部分が、個人的にとてもおもしろかったです。
アシモフの意外と?(笑)シャイなところや(あんなに学があるのに、彼はとても人柄がいいんだ、とか)、スタージョンってそういうところもあったんだーとか、楽しくて仕方なかったです。P.K.ディックについては「たとえ会ったばかりでも、生きるのが面倒くさそうだとわかる人がいるよね。(中略)本当にネガティブな男だった。」と言っていて爆笑しました。最近ディックの短編を読んだばかりだったので、あまりにもそのイメージに合いすぎで。

映画好きの方は、交流のあった俳優や映画監督たちとのエピソードを読んでいるだけでもわくわくされるのではないでしょうか。

「もし生まれ変わったような気にさせてくれて、朝にはベッドから起きようという気にさせてくれるなら、何であれ、もう立派な芸術じゃないかな。」

ありがとう、レイ・ブラッドベリ。
どうか安らかにお休みください。
[PR]
by n_umigame | 2012-09-21 20:20 | | Trackback | Comments(0)