*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

『ローマ帽子の秘密』エラリー・クイーン著/越前敏弥、青木創訳(角川文庫)角川書店

ミステリ史上最高の名探偵、華麗に登場!
皮肉屋で本好きの推理小説家、切れ者警視の息子------
(帯より)
ブロードウェイのローマ劇場で異常事態が発生。劇の進行中に、ほぼ満席状態の観客席から男の毒殺したいが発見されたのだ。騒然とする劇場に颯爽と現れたのは市警きっての名捜査官リチャード・クイーン警視。そしてその息子で、推理作家にして天才探偵のエラリー・クイーン。劇場から忽然と消え失せた被害者のシルクハットの謎を追う!
ミステリ史に残る大傑作<国名シリーズ>が、新しいエラリー像と決定的訳出で華麗に開幕!
(裏表紙より)



話題騒然(一部で^^)のジャケットイラストは竹中さんとおっしゃるイラストレーターさんでした。
HPがありました。↓
http://www.dahliart.jp/index.htm
pixivでも作品を拝見することができます。女の子のイラストがかわいいですーvvv


本編ですが、とある理由で興奮して、うれしくて、急いでざーっと目を通しただけのですが、うん、新しい!
好き好きあると思いますが、こういう訳を/も待っていました。

たいへん読みやすく、従来の訳と比べると、あの回りくどくどしいクイーンの同じテキストを使ったとは思えないくらいです(笑)。
自分内でとある賭をしていたのですが、それも当たったので倍うれしくなりました。

一クイーンファンとして、クイーンの作品を、もっと大勢の人に素直にエンタテインメントとして楽しんでほしいと、ずっと思ってきました。
そのための裾野を広げる「読者を乗せる仕掛け」が、実はクイーンの熱心なファンの方々がうまくかけられず、むしろ阻まれてきた部分もあったのではないかと思ったくらいです。
あまりにクイーン作品を愛するあまり、べたべた褒めすぎ、それも本格ミステリーとしていかに素晴らしいかという部分の比重が高すぎて、正直なところ引いてしまうこともありました。
弱点や欠点がある作品は、だからこそ愛さずにはいられないということがあります。人間と同じで、できすぎだと興ざめするということが必ずあります(笑)。

クイーンはミステリー…それも本格ミステリ原理主義の方々に独占させておくだけでは、あまりにもったいない作家だと思います。
「国名シリーズ」の頃はどうしても本格ミステリとしての性格が色濃いですし、パズルとしてのクイーンを楽しむ、むしろそこにしか評価基準がないという読者もいらっしゃるでしょう。もちろんそれはそれで良いと思いますし、そういう方々の考察を読むのもとても楽しい。
ですが、クイーンは「それだけ」の作家ではないと思っています。
クイーン自身もそれに気づいて、変わろうとしたことが、作品を通じて伝わってきます。
どこが「それだけ」でないのかは、まずずっと読んでみてくださいとしか申し上げようがありません。
そのためにも、扉は大きく開いていなければならない、楽しみ方にも十人十色あっていいはずの作家なんだと思っていた身としては、今回の新訳がスプリングボードとなってくれることを、切にお祈りいたします。


以下、ネタバレです。
今回のネタバレはミステリー部分以外でも興をそぐおそれがありますので、それでもOKの方のみお入りください。



More
[PR]
by n_umigame | 2012-10-30 00:07 | *ellery queen* | Trackback | Comments(0)

イコちゃん、新しいポスター(など)

イコちゃんの新しいポスター発見♪

なかなかかわいいので写真を撮りたかったのですが、場所がけっこう混雑する場所でナナメからしか撮れず…ううう。

d0075857_15234098.jpg


やっとこさ近鉄ともICOCA定期券で改札を通れるようになったんですね。
時間かかったなあ、近鉄との相互利用……。

d0075857_1526853.jpg


d0075857_15265862.jpg


d0075857_15272347.jpg



もういっちょ。
売店で見つけた増殖イコちゃん。

d0075857_15274523.jpg


大阪弁でわいわい言ってるイコちゃんかわいいです。
こんなにイコちゃん増殖してたら、遅刻しそうでも列の後ろに並んでイコちゃん観察しちゃいますよ。
[PR]
by n_umigame | 2012-10-29 21:21 | ICOCA/イコちゃん | Trackback | Comments(0)

『ファイアーウォール』上下 へニング・マンケル著/柳沢由実子訳(創元推理文庫)東京創元社

19歳と14歳の少女がタクシー運転手を襲う事件が発生。逮捕された少女たちは金欲しさの犯行だと自供、反省の色はない。ヴァランダーには彼女たちが理解できなかった。あまりにふてぶてしい二人の態度。尋問の席で母親を罵倒し殴った少女に腹をたてたヴァランダーは、思わず彼女に平手打ちを食らわせてしまう。ところがその瞬間をマスコミに流されてしまったのだ。孤立感に苛まれるヴァランダー。北欧ミステリの巨匠の傑作シリーズ。
(出版社HP)



クルト・ヴァランダーシリーズの邦訳8作目。
へニング・マンケルの作品は、邦訳が出たものはノンシリーズも含めて全部読んでいますが、この作品は自分内歴代1位です。
ヴァランダーのシリーズとしても佳境に入ったという印象です。

この作品を原作としたケネス・ブラナー版のドラマを先に見てしまっていましたが、原作の濃さにはかないませず、ドラマとも違うので改めて楽しく読めました。

今回は事件の方も二重三重の仕掛けがありますが、ヴァランダーを取り巻く人間関係に変化があり、読んでいるとどんどんつらくなるのですが、読むのを止められません。

以下ネタバレにつきもぐります。



More
[PR]
by n_umigame | 2012-10-29 00:03 | ミステリ | Trackback | Comments(0)

web拍手御礼♪♪


期間中、またまたぽちぽちと拍手をくださった皆々様、ありがとうございますv
とてもうれしく、励みになります。

えー、次回のお礼のときには何か自分の好きなもの絵でもアップしようと思っておりましたが、まだできあがっておりませず、申し訳ございません。

長年当ブログにお越しいただいている奇特なあなた様はご存じかと思われますが、突発的に何かにどはまりするとずーーーーっとそのことばかりしゃべり続けるというブログですので、現在それは「ペンギンズfromマダガスカル(The Penguins of Madagascar)」です。
ペンギンズの話ができる人が身近にいないので、話しかけてくださったらとてもうれしく、よろしければ気楽に話しかけてやってください。
きっとたいへんうざいわたくしをご覧に入れる自信がありますよ。(←だめじゃん。)

おまけに一度好きになったらしつこいという習性があり、つまりは愛って増えるのよねという状況ですが、どうぞご了承くださいまし。

そんな好きなものの中に『ウサビッチ』も入っておりますが、当ブログは基本的に何でもほぼ二次情報です。
ネットなどで収集できる以上のことは存じません。
ソースはできるだけ記事内に明記するようにしておりますので、よろしければ公式など、一次情報にも当たることをオススメいたします。

そんなブログでもよろしければ、今後ともよろしくお願い申し上げますv
[PR]
by n_umigame | 2012-10-28 21:17 | web拍手 | Trackback | Comments(2)

『王朝の陰謀 : 判事ディーと人体発火怪奇事件』(2010)

唐王朝の時代。洛陽の都では天にも届く巨大な仏塔・通天仏の建立が進んでいる。それが完成する日、則天武后が中国史上初となる女帝が誕生することになっていた。その記念すべき日を前に、都では奇怪な殺人事件が頻発していた。それは突然人体が炎を発し、焼き尽くされるというもの。国師からのお告げを聞いた武后は、8年間投獄されているディー・レンチェを牢獄から呼び戻し、事件解決に当たらせることにする。
(goo映画・画像とも)


d0075857_1501849.jpg


原題:狄仁傑之通天帝國
英語題:Detective Dee and the Mystery of the Phantom Flame

映画館に観に行きたかったのですが見はぐり、DVDにて鑑賞。
いやーDVDになるの早くて最近は助かりますー。

実はそんなに期待していなかったのですが、おもしろかったです!
CGとワイヤーアクションを駆使したアクション作品ではあるのですが、このチープな感じがいいし(笑)、謎解きの部分とか伏線の回収の仕方とか、きちんと折りたたまれていて丁寧な造りの映画でした。もうちょっと、特にイントロがもう少しスピーディだったらよかったかなと思った程度で、あとは見ていて退屈しませんでした。
俳優さんたちも脇役の方々も含め、とても良かったです。
アンディ・ラウは安定のアンディ・ラウでしたし、何より武則天(則天武后)役のカリーナ・ラウがステキでした!威厳があって姉御で(笑)妖艶で人間的な弱さもあって。この作品で香港電影金像奨(第30回)の最優秀主演女優賞を受賞されたそうです。
中国の時代ものというとどうしても男性が多くて画面がむさいことになりがちですが、武則天が重要人物として登場するおかげもあって、華がありました。
レオン・カーフェイが一瞬どころかけっこう見るまでだれかわかりませんでした…。

原案は『狄公案』ではなく、オランダの作家、ロバート・ハンス・ファン・ヒューリック(Robert Hans van Gulik)のディー判事ものだそうですが、映画の物語はオリジナルのようです。
原作はちくま文庫に入っていた『中国迷路殺人事件』以外未読です。これがけっこうグロかった覚えがあってほかのを読む気がちょっと…。少し前に早川書房のポケミスからどんどん刊行されて今は邦訳は完結したのでしょうか?

以下全面的にネタバレです。犯人も割ってます。



More
[PR]
by n_umigame | 2012-10-28 19:58 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

ペンギンズin『マダガスカル2』(2009):後編。

前編の続きです。

前編の注意事項をお読みの上、ご了承済みの方のみお入りくださいー。

もちろんネタバレ満載です!



More
[PR]
by n_umigame | 2012-10-26 22:07 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

ペンギンズin『マダガスカル2』(2009):前編。

あらあらあら、またまたうっかり来(ry

映画に登場するペンギンズのシーンについて思うさま語らせていただきます!
やっとここまできたよ、おめでとう自分!(←…。)
+ちょっぴりジュリアンズ語りも含みます。+TV版の感想もちょこっと入ります。
コメンタリー感想といっしょに書こうと思っていましたが、無 理 で し た 。
まとめようと思うと時間ばかりかかって、「ああ、あれもこれも言い足りない!」ってなってしまうので、まとめるのを放棄しました。
だらだらと書き殴って本当に申し訳ないことです。

そんなわけで生温かく微笑みながら「あんたの記事、それいっつも★」というツッコミを入れられるご用とお急ぎのない奇特なあなた様だけお入りくださいまし~。

気持ち悪い思いをしたくない方は、ここで回れ右!(推奨)

ネタバレ満載ですのでご注意ください。




More
[PR]
by n_umigame | 2012-10-26 21:38 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

『キャッスル : ミステリー作家のNY事件簿』#4:「絨毯にくるまれた死体 ; Hell Hath No Fury

丸まった絨毯(じゅうたん)を広げると転がり出てきたのは殺された市議会議員だった!
キャッスルの人気小説「デリック・ストーム」シリーズの最終作の発売日。本の評判が気になって落ち着かないキャッスルは、市警でベケットにつきまとって気を紛らわせていた。そこに新たな事件の知らせが入る。捨てられていた絨毯(じゅうたん)の中から男性の遺体が出てきた。被害者は再選に向けて選挙運動中の市議会議員ジェフリー・ホーン。彼に事業計画を邪魔されてうらんでいたホテル経営者クリーソンが容疑者として浮かぶ。

♪冒頭の1曲:「You're Supposed To Be My Friend」 1990s
♪終わりの1曲:「If I Don't」 Amp Fiddler Feat. Corinne Bailey Rae
(NHK海外ドラマHP)



なんだかかわいい始まり方でした。
売れっ子作家で、しかもキャッスルのような一見おちゃらけキャラでも、新作が出るときは反響が気になって落ち着かないんですね。

今回は女性スキャンダルがからんだ選挙運動のこじれということで、ある意味予想どおりの展開でした。
ミステリードラマとしては食らいついてぎゅっと見ていなくてもそこそこの謎があって、どんでん返しも用意されていて、気楽に見られる印象です。

だんだん楽しいことになっていくらしいと聞いていたベケットの部下たちが、本領発揮してきたのかなという回でもありました。まだどっちがどっちだか名前を覚えられてないんだけど^^; ごめんね。
ゴミ箱あさるシーンとか楽しかったです。「ニューヨークで生まれ育って粗大ゴミ拾ったことないのか?」って、あるのが当たり前なんですか?(笑)
縁側昼寝犬さまからも「キャッスルとベケットの部下がだんだん仲良くつるんでくる」といったお話を聞かせていただきましたが、今回その片鱗が。キャッスルがプレゼントしたエスプレッソ・マシーンの前で、コーヒーおいしいおいしい言いながらキャッキャ言ってるシーンとか、かわいかったですね。わたくしコーヒーはほとんど飲まないのですが、エスプレッソ・マシーンって大きいんですねえ。
で、警察や軍隊のコーヒーのまずさを表現するとき、かならず"○○(牛とか猿とか)のショ○ベン"になるのはなぜ?(笑)誰か飲んだことあんのか。
人目がないときにこのエスプレッソ・マシーンでコーヒーをいただこうとするベケットもかわいかったですv

今回の目玉(?)はドレスアップしたベケットでしょうか。
いつもはクールなパンツスーツに、カーマインやクリムゾンといったニュアンスのある赤を効かせたお洋服がステキなベケットですが、キャッスルの朗読会に現れたときは、ローズともマジェンタともつかない目の覚めるようなピンクの、しかもタイトなドレス。
とってもお似合いでセクシーです。
さすがのキャッスルも目を奪われてましたねー♪
朗読会のときのママのピンクのドレスと、娘のアレクシスのこちらも目の覚めるようなアップル・グリーンのコートもかわいかったなv アレクシスの家着もかわいいのでいつもガン見してます(笑)。

しかし、「目んたまにはちみつ垂らしてアリ百匹たからせる」ってどんな罰ゲームだよ(笑)。
よくそんな厭なこと思いつくな(笑)。すてき。(←…。)

↓以下ネタバレ

More
[PR]
by n_umigame | 2012-10-26 18:41 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

『マダガスカル2』(2009)コメンタリー感想めも

あらあら、またうっかり来ちゃったんですか。
先日アップした1作目の記事、長すぎて自分でもどん引きして読み返す気もおきなかったという始末ですよ?(そこは責任持って読め。)
おまけにだんだん病膏肓に入る感じですけど大丈夫ですか。もちろん今回も長いですよー。
(全然反省してない。)


そしてもちろん今回もネタバレ満載ですのでご注意ください。

『2』のコメンタリーは、エリック・ダーネル監督(脚本)、トム・マクグラス監督(脚本)、ミレイユ・ソリア(製作)、マーク・スウィフト(製作)の4名の方々によるものです。
「残りの12人は欠席してる」そうです(笑)。

あ、マクグラス監督とソリアさんだけ発言の前にちょこちょこお名前書かせていただいたのは、特に意味はなくて、はっきり声がわかるのがお二人だけだからです。
マクグラス監督の地声は、隊長が優しいときの声ですし(*^.^*)、ソリアさんは唯一の女性なので聞き分けられるというだけで。

ではどうぞ。



More
[PR]
by n_umigame | 2012-10-22 00:04 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

『キャッスル : ミステリー作家のNY事件簿』#3:「危険な遊び」Hedge Fund Homeboys

公園の湖に浮かんでいたボートは、少年の柩(ひつぎ)となっていた…。
公園の湖に浮かぶボートの中に男子高校生ドニーの遺体が見つかる。死因は胸に受けた銃弾だが、ボートに血痕はなく、別の場所で殺されたとわかる。ドニーは裕福な家庭の子女が通う私立高校の生徒だった。ベケットと一緒にドニーの自宅で両親に話を聞いていたキャッスルは、彼らが最近小さな家へ引っ越したと見抜く。会社の倒産で破産し、ドニーは奨学金で通学を続けていたのだ。やがてドニーの親友の同級生5人から驚く証言が。

♪冒頭の1曲:「Jezebel」 Two Hours Traffic
♪終わりの1曲:「Food Chain」 Eric Hutchinson
(NHK海外ドラマHP)



ミステリーとしての作り込みが細かくなってきた印象の第3回目。
どんでん返しに次ぐどんでん返しが楽しいです。

…ですが、やっぱりちょっとセリフによる説明が多くて、最後はあっけなかったかなー。
取調室内のセリフの応酬だけなので、よく見てないと「え、何がどうしてそうなったの!?」という感じでした。

このドラマはすでにシーズン2まで日本でもDVD化されていてレンタルも始まっているようで、すでに先まで行っている方の感想などを拝見していると、ベケットの仕事仲間の刑事たちとか、脇を固めるキャラクターがなかなかおいしいみたいで(笑)、そこまでたどり着くときっと楽しいだろうという期待のもと見ているという状況です。

脇を固めるキャラクターというと、やっぱりキャッスルの娘のアレクシスがちょうかわいい……。
「パパがちゃんと話を聞いてくれるって言ったのに、ウソついたの!」と泣き出して、今時のコだからどんな悪さをしでかしたのかと思ったら、そんなこと!?みたいなシーンとかもう。
こんな真面目なコ、いるんでしょうか。いることにしておきましょう。心洗われるし、かわいいから。
(なんて頭悪そうな感想なんでしょうかすみません…。)(それいつも)
奔放なおばあちゃまとチャラいお父さんを反面教師としてこんな子に育ったのかもしれませんね。
[PR]
by n_umigame | 2012-10-21 17:50 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(2)