*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

『サーカスが来た! : アメリカ大衆文化覚書』亀井俊介著(同時代ライブラリー)岩波書店


エリート文化と大衆文化。その衝突と交流の激しさが、アメリカ文化に魅力をあたえたのではないか―。サーカス、ワイルド・ウェスト・ショー、ヴォードヴィル、巡回講演、西部小説から猿人ターザン、ハリウッド映画まで、アメリカ人の夢をドラマチックに表現する大衆文化の興亡を軽妙に語り、アメリカ文化研究に新境地を拓いた1冊。1977年日本エッセイスト・クラブ賞受賞。
(Amazon.jpより)



『マダガスカル3』を見ていて、「サーカス」というもののイメージがなんだか(かつての)日本と違うような気がするな…と思っていたところ、こんな本があったので、1992年の同時代ライブラリー版を読みました。
『マダガスカル3』が動機ですので(笑)そんな感想になっています。
ご了承下さい。


タイトルは「サーカスが来た」となっていますが、内容は紹介文にあるとおりでした。

まず「サーカス」の日米のイメージの違いを、著者は以下のように述べておられます。

私にとって、サーカスは同時に、恐ろしく、また淋しい雰囲気を持っていた。サーカスの踊り子は、人さらいにさらわれて売られた女の子だと、私は人に教えられ、そう信じてもいた。野口雨情の「異人さんに連れられて行っちゃった」女の子が、サーカスの踊り子と重なって、あわれな気がしていた。(p.9)


ところで、アメリカ人の持つサーカスのイメージは、どう見てもこれと正反対なのである。サーカスは売られて行く先どころか、子供にとっては、こちらから家を「脱走」して行きたい、あこがれの先なのであった。

 トムのように親や社会からの解放を求める子供には、サーカスは無限の可能性を持つ夢の世界だった。
(p.10-11)


サーカスはすべてであり、僕たちの知っているどんなこととも違っていた。サーカスには、冒険、旅行、危険、熟練、気品、ロマンス、喜劇、ピーナツ、ポプコーン、チューインガム、ソーダ水があった。
(p.13)


以上は思いつくままの文学作品を乱雑に並べたものにすぎない。しかしこの程度の証言によっても、アメリカ人にとってサーカスが「脱走」の先、そして「教会」や「学校」に対比される何かの価値を持つものであったということが、かりに象徴的な意味においてにしろ、いえるのではなかろうか。
(p.14)



『マダガスカル3』は劇場へ滑り込みで見に行ったのですが、この映画のサーカスのシーンを初めて見たときなんだか泣けてきたのを覚えています。
それは(いまだに生きている)いささか単純なアメリカ的楽天主義、恐ろしいまでの屈託のなさということもさりながら、信じられないような多幸感が画面からあふれてきたことによるのですが、その多幸感の源泉がいまひとつ理解できないでいました。

けれどもこの本を読んで、アメリカ人にとってのサーカスというものの精神的な位置づけ、「家」「学校」「教会」(これは子どもにとっての≪家≫etc.という意味なので、大人にとっては「会社」「諸々のしがらみ」ということになるでしょう)など、「閉じ込めよう/閉じようとする人生」からの「脱走」「脱出先」としての装置だった、ということがわかりました。
それがおそらく、あの多幸感の源泉で、『マダガスカル3』を見ていると楽しすぎて、現実の世界に帰るのがいやになるのはそのせいかと一人納得しました(笑)。

ドリームワークス・アニメーションの作品の中でも、自分の中では「マダガスカル」シリーズは特別な位置にあります。
それは制作者が安易な「自分探し」とそれによるハッピーエンディングをわざと避けていることがわかること、「ここではない幸せなどこか」などというものは世界中どこを探してもない、それは自分の心の中にしかないのだ、と監督たちがコメントしていることからも、これは幼い子ども向けの物語なのではなく、いい年になっても「自分探し」をやめられない大人に対してもメッセージになっている作品であることも大きいです。
幼い子どもは自分探しなんてしませんからね。

「閉じようとしている人生からの脱出」と、「ここではない幸せなどこか」を目指す旅と冒険のゴールがサーカスだったというのは、サーカスが持つ意味を考えても『マダガスカル3』は見事な完結編だったのだと改めて思いました。

サーカスについては最初の50ページほどだったのですが、ハリウッドの黎明期からトーキーへの歴史背景やヘイズコード、「芸術的な」フランス映画との対比など、読んでいて楽しかったです。
[PR]
by n_umigame | 2013-03-26 19:07 | | Trackback | Comments(0)

『遮断地区』ミネット・ウォルターズ著/ 成川裕子訳(創元推理文庫)東京創元社


バシンデール団地に越してきた老人と息子は、小児性愛者だと疑われていた。ふたりを排除しようとする抗議デモは、彼らが以前住んでいた街で十歳の少女が失踪したのをきっかけに、暴動へ発展する。団地は封鎖され、石と火焔瓶で武装した二千人の群衆が襲いかかる。医師のソフィーは、暴徒に襲撃された親子に監禁されて……。現代英国ミステリの女王が放つ、新境地にして最高傑作。解説=川出正樹
(出版社HP)



ネタバレとかそういう意味ではなく、感想を書きにくい小説でした。

ネットでもあまり感想を上げている方をおみかけしませんね…。
個人的におもしろくなかった作品の感想を書くのは避けているのですが、あまりにも感想を見かけないので、ご参考になれば。

そんなわけで褒めてません。それでもいい方のみどうぞ。



More
[PR]
by n_umigame | 2013-03-26 18:48 | | Trackback | Comments(2)

イコちゃんポスターいろいろ

最近いろいろとイコちゃんががんばっている気がします。
車内でクレイアニメCMもやってるし。

最近見かけたポスターたちです。

d0075857_20344794.jpg

こういう立体的なイコちゃんはやっぱりかわいいですねえ。

d0075857_20354918.jpg

映画の「相棒」とコラボ(?)しているようですよ。

d0075857_20362887.jpg


で、これなんですけどね…

d0075857_20365843.jpg


イコちゃん、キャラ、変わってない!?
何ですかそのニヒルな笑いは。

これからもイコちゃんを見守って行こうと思います。
[PR]
by n_umigame | 2013-03-24 21:33 | ICOCA/イコちゃん | Trackback | Comments(4)

交通系ICカード 全国相互利用記念ICOCA(2013年3月23日)

3月23日に「交通系ICカード 全国相互利用記念ICOCA」が発売されましたので、記念に一枚買いました。

前回記念ICOCAが発売されたときは、JR三ノ宮駅にお昼前に行っても買えた記憶があり、今回も仕事の合間をぬっていけば余裕で買えるよねと思っておりましたが、見込みが甘かったらしく、三ノ宮駅は完売。
びっくりして神戸駅で買えたというTwitterでの情報を元に、買いに行きましたらこちらは余裕で買えました。
Twitter便利!情報を上げてくださった皆さま、ほんとうにありがとうございました。
そして神戸駅の若い駅員さんがすっごいはりきって売り子さんをしていて、それもなごみました。初仕事かな。
がんばれルーキー。


記念ICOCAはこちらでございます。
じゃん。

d0075857_2010786.jpg


d0075857_2011534.jpg


うーん、イコちゃんがいちばんかわいいね、やっぱりね!

PiTaPaの悲しい扱いと言ったらなんですかこれ。ピタポンという、アランジアロンゾさんがデザインしたかわいいタヌキのキャラがいるのですが、なぜそれは使われなかったんでしょうねえ。
権利関係ですかねえ。
せっかくの記念なのに残念ですね。

こんな封筒に入れてくれました。おじぎイコちゃん好きなのでうれしいvvv
d0075857_2013022.jpg


おまけでつけてくれたポケットティッシュ。
d0075857_201385.jpg


大事にしまっておきます(笑)。
スマートICOCAユーザーなので、実はふつうのICOCAはふだん使わないのですが、それでも買ってしまいます。
これで便利になりますわ。
[PR]
by n_umigame | 2013-03-24 21:06 | ICOCA/イコちゃん | Trackback | Comments(2)

『マダガスカル』シリーズOSTのオススメ


d0075857_21193574.jpg

元々ハンス・ジマーの楽曲のファンだったのですが、『マダガスカル』は最初そうとは知らず、久しぶりに買ったサントラでCDでした。
日本盤が出てなかったけどUS盤が安くあまぞんさんで買えるので気にしない。
日本ではサントラCDって売れないのでしょうかねえ。CD自体が売り上げが落ちてるでしょうが、このサントラは本当にいいですよ!


d0075857_21195434.jpg

左は「1」の裏面。
右が「2」、出ているCDも「2」です。すでにペンギンズの人気具合が伺えます。

「1」はエンディング・クレジットで監督たちが音楽についても熱く語っていたのが印象的でした。
エンディング・クレジットのトリの楽曲は、ペンギンズのテーマ曲"Whacked Out Conspiracy"でした。
最初クライムジャズをイメージして作曲を依頼して、最終的に古典的な探偵ものの音楽に落ち着いたとか。
ペンギンズってけっこうレトロなクールさで、海外の評を見ていて「1940年代のクライムものを想起する」という感想もみかけたのですが、納得でした。
マダガスカルのテーマ曲でもある"Zoosters Breakout"も好きな曲です。「2」以降はこの楽曲のアレンジがたくさん使われています。
短い曲ですが"The Foosa Attack"も好きです。このシーンはペンギンズ大活躍ですが、この曲から"Whacked Out Conspiracy"の流れがカッコイイ。

「2」のサントラは通しで流していても違和感のない一枚です。映画の方もですが、サントラもテンションが上がって密度が濃くなっていることがわかります。
残念なのはけっこう収録されていない曲があることです。
ペンギンズが飛行機を不時着させるシーンの曲などが入っていません。ここの曲も好きなのですが~。

d0075857_21201085.jpg

「3」のライナーノーツ。ここでもペンギンズの写真。おそろいのシルクハットと赤い蝶ネクタイ、かわいいですよねvvv
「3」は全体的にアレンジとマッシュアップで構成されていて、サウンドトラック、という感じの一枚です。
"Rescue Stefano"~ケイティ・ペリーの"Firework"の流れは映画のクライマックスシーンのコンボなので、何度聞いても鳥肌が。

日本の音楽CDと比べてもリーズナブルなお値段(現在どれも1000円前後)なので、お得だと思います。
ファンの方には絶対オススメです。
[PR]
by n_umigame | 2013-03-21 21:59 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

"The Art of Madagascar 3 Europe's Most Wanted" written by Barbara Robertson(Insight Editions)

前作に引き続き買ってしまいました。
左側はパンフレットです。

d0075857_1724597.jpg



本編のネタバレにもなってしまうので、もぐりますね~。



More
[PR]
by n_umigame | 2013-03-21 21:21 | | Trackback | Comments(0)

『星の王子さまの天文ノート』縣秀彦監修(河出書房新社)


月の不思議、四季の星座、美しい銀河や天文現象を納めたミニ図鑑等、『星の王子さま』をもとに、王子さまやキツネ等の絵とお話をちりばめた、天文初心者向けのやさしいビジュアル入門書。

「星があんなに美しいのも、目に見えない花が一つあるからなんだよ」
——全世界で8000万部を超えるサン=テグジュペリ『星の王子さま』のお話と挿絵とともに、国立天文台 縣秀彦先生の監修のもと、都会でもふと見上げた時 に楽しめる月や太陽系の惑星、美しい銀河の秘密を丁寧に紹介しています。
すぐに使える、春夏秋冬の星座早見表も収録。
好きな星がきっと一つ見つかる、初心者の方のためのやさしい天文入門書です。
(出版社HP)



とても美しい本なのですが、えー…っとですね、『星の王子さま』はあんまり関係なかったです(笑)。
合間合間に星の王子さまのイラストや引用、コラムが挟まれるのですが、主たる内容と別々に盛ってある印象で、テーマと『星の王子さま』が密接につながっているというわけではありませんでした。
そこに期待していたわたくしのような読者はちょっと残念。

ですが繰り返しますが、写真が豊富でとても美しい造本であるとともに、天文(学)に携わっていらっしゃる方々のコラムがとても充実しています。
太陽系のこと、日本から見える四季の星座のことなどを概観するのにとても良い本だと思います。

宇宙全体の質量の95%がダークマターである、という説が発表されたとき、とてもうれしかったのを覚えています。
それまでは、今現在人間にわかっている物理法則などの事実だけを根拠に想像するとしたら、わたくしたちはこの地球から出ていくことができず、やがて死んでしまうだけ、地球という星ごと滅びてしまうしかないのかと思っていたからです。

でも人間にわからないことがまだ95%もこの宇宙にはある。
既知宇宙の外側にも宇宙が…あるいは想像を絶する世界があるかもしれないですよね。
本文中のコラムに、「虹が七色に見える原因を解明したところで、虹が美しいということに変わりはない」と書いてらっしゃる天文学者の方がありましたが、まったくそのとおりだと思います。
同様に宇宙の謎に挑みながら、あるときたまさか答えが見つかったとしても、星が美しいことに変わりはありません。知るためには「自分たちはまだほとんど何も知らないのだ」というところからしか始められないと思います。
次々と新しい謎が立ちはだかり、そのたびにその謎に挑むのだと思うとわくわくしますね。
答えがわかるほうが楽しいかもしれませんが、たとえ答えが出なくても、「なぜだろう、不思議だなあ」と問い続けることって大事だと思います。


ところで、巻末に「タイプ別星へのアプローチ」というフローチャートがついていまして、わたくしは「A.情熱を静かに燃やし続ける『月の色のヘビ』タイプ」でした。^^
「源泉の最初のひとしずくを見たい、一次資源に自ら触れないと気がすまない追求型。『人には甘えない』精神から孤高の人と見られがちですが、体内組成は98%が好奇心。天文学者という生態に関心があり、最新の天文学にもひるまず飛び込める方なのでAへ」

…というわけで、ここでも「オタク」言われました(笑)。

なぜかサン=テグジュペリのことばが選択肢に。
「愛する--それはお互いに見つめ合うことではなく、いっしょに同じ方向を見つめることである」
[PR]
by n_umigame | 2013-03-13 00:03 | | Trackback | Comments(0)

交通系ICカード 全国相互利用記念ICOCAの発売+イコちゃんクレイアニメCM!

今日駅のポスターを見て初めて知ったのですが、また記念ICOCAが発売されるようです!
詳細はJR西日本のプレスリリースページをごらんください。


http://www.westjr.co.jp/press/article/2013/02/page_3334.html

発売日時は平成25年3月23日(土)午前8時。

デザインはこんな。(画像は同上)
d0075857_19422788.jpg




ああ、イコちゃんのソーダアイスブルーがとても映えるわ…。
こうやって全国交通系ICカードのイメージキャラがそろい踏みでも、イコちゃんがいちばんかわいいと思わないかね。思いません。来世で会おう、あばよ(おい)。

毎回大人気みたいで、けっこう熾烈な戦いになることもあるようなのですが、無理のない範囲で手に入れば買いに行こうと思います♪


それから、車内で見かけて踊り出しそうになったのですが、イコちゃんのクレイアニメCMが公開されていました!
イコちゃんが目んたまひんむいた!!!ぎゃー!!!

こちらのサイトで動画を見られます。
ぜひぜひ!

http://www.jr-odekake.net/navi/cm/icoca/icoca01.html

結論:イコちゃんはやっぱりちょうカワイイ。
[PR]
by n_umigame | 2013-03-12 21:40 | ICOCA/イコちゃん | Trackback | Comments(0)

ありがとうパラマウントさん&DWA

じゃんけん弱いです。くじ運もないです。
よろず勝負運はない、という自覚がある人生を送ってまいりました。

だから宝くじは買いません。無駄遣いに終わるとわかっているから。
だからギャンブルには手を出しません。散財するだけとわかっているから。
だから懸賞には最低限のものしか応募しません。だって当たらないってわかっているから。(泣)

それなのに、それなのに、当たってしまいました…!

じゃん!

d0075857_18253418.jpg


わあああああ…!!(((((*゚д゚*)))))

…い、一生の運、使い果たしたかもしらん。



せっかくなので、中味のご紹介を。


1)パスケース
d0075857_18312982.jpg

d0075857_18314061.jpg


表はアレックス、裏はペンギンズ。
ペンギンズの目がイッちゃってます。らしいんじゃないでしょうか、特に映画版の彼らとしては。

2)リストバンドだそうです。
d0075857_2030072.jpg


マーティとグロリア♪
マーティ好きだからうれしい。グロリアはちょっと男らしいことになっていて、モトモトっぽい。

3)リングノート。A5サイズです。
d0075857_20313394.jpg

不思議に思っていたのだけど、みんなびっくり顔なのに、隊長だけニヒルに笑ってるのは、なぜ?

中はこんな。罫が大きい。
d0075857_20321361.jpg




これに応募していたのでした。
d0075857_18332645.jpg


A賞は大きいアレックスぬいぐるみ。1名様。
B賞はこのグッズセット。99名様。

DWAはパラマウントから20世紀FOXに配給会社を変更しましたが、今後もDWA作品は追いかけますです。
[PR]
by n_umigame | 2013-03-10 21:20 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

『真実の行方』(1996)

大司教惨殺事件で逮捕されたのは、彼の侍者のアーロンという青年だった。売名家と呼ばれている弁護士マーティンは、事件の話題性から無償での弁護を申し出た。あどけないアーロンの表情を使ったマーティンの作戦も、明らかにされていく宅地開発に絡む大司教への恨みや“悪魔払い”の名のもとにビデオに収められた醜聞も、元恋人の検事ジャネットによって次々と提出される物的証拠の前にはなす術が無かった。そんな時、アーロンの精神分析を担当したアーリントン女医がつかんだ事実とは……。
(allcinema ONLINE)




何を言ってもネタバレになりそうなので、もぐりますね。
結末に触れています。



More
[PR]
by n_umigame | 2013-03-10 18:58 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)