*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『笑う警官』マイ・シューヴァル, ペール・ヴァールー著/柳沢由実子訳(角川文庫)角川書店


市バスで起きた大量殺人事件。被害者の中には殺人課の刑事が。若き刑事はなぜバスに乗っていたのか? 唯一の生き証人は死亡、刑事マルティン・ベックらによる、被害者を巡る地道な聞き込み捜査が始まる――。
(出版社HP)


タイトルに「刑事マルティン・ベック」とついています。


マルティン・ベックシリーズの中で唯一新装版で刊行されていた『笑う警官』が、へニング・マンケルのヴァランダーシリーズの翻訳でもお馴染みの柳沢由実子さんによる新訳で刊行されました。
また新装版が出たのかと思ってスルーしかけていたのですが、今回は作品が書かれた原語のスウェーデン語からの「新訳」とわかって読み直しました。

旧訳(高見浩氏訳)はスウェーデン語からではなく、英語からの重訳でした。
それも英語版のテキストが必ずしも同一訳者によるものではなく、いずれもパンセオン・ブックス版ではあったものの『笑う警官』はアラン・ブレア訳、『密室』はポール・ブリテン・オースティン訳、『消えた消防車』はジョーン・テイト訳、とまちまちです。
しかも、どういうわけか、文章や甚だしきは章ごとばっさりカットされている部分があったりしたそうで、英訳版はあまりよいテキストとは言えないものだったようです。(旧訳のあとがきにも触れられていますが、どうしてこんなことをしちゃったのでしょうか…謎ですね。英語圏の読者はあまり翻訳に細かいことを言わないのでしょうか。)

そんなわけで、旧訳で読んだという方にもぜひ新訳での再読をオススメいたします。

もちろん物語の大筋が変わるということはありませんが、例えば今回の『笑う警官』では、この印象的なタイトルの元になっている歌詞が、新訳ではあるのに、旧訳にはありません。
ラスト一行でマルティン・ベックに対して同僚のレンナート・コルベリが、この歌の歌詞を受けて言うしゃれたセリフも旧訳ではカットされています。
また、登場人物の名前もスウェーデン語の発音に近づけられたのか、上述のコルベリの名前(クリスチャン・ネーム)は、旧訳では「レンナルト」となっていましたが、今回は「レンナート」となっています。同様に「メランデル」も「メランダー」に変更されています。

名前のカナ表記以外にも、印象が変わっているキャラクターもありました。
このシリーズはマルティン・ベックが中心人物ですが、基本的に群像劇ですので、大勢の警察官が登場します。この個性豊かなキャラクターの中で、わたくしのお気に入りはグンヴァルド・ラーソンとエイナール・ルンです。
このルンの話し方が、旧訳ではラーソンに対して丁寧語で話しているのですが、新訳では対等に話しています。旧訳の一人称が「ぼく」だったこともあって、若いイメージだったのですが、ルンは老眼鏡がいるような年齢だったようなので、新訳の話し方のほうが似合うように思います。「そうさなあ」といったしゃべり癖なども新訳の方が特徴が出ていていいのではないかと思いました。それにラーソンの唯一の親友でもあるので、対等の話し方の方がしっくりきます。

北欧のミステリーというと、ヴァランダーシリーズがそうであるように、とにかく陰鬱で事件も陰惨で読んでいて体の芯から冷えていくような作品かと思いがちですが、このマルティン・ベックシリーズは、起きる事件は陰惨なものの、ところどころクスリと笑えるようなユーモアが挟まれていて、改めて「こんなに読みやすいエンタテインメントだったかな」と思いました。
エド・マクベインの87分署シリーズと並んで警察小説の金字塔と呼ばれてきたそうですが、個人的にはマルティン・ベックシリーズの方が、警察小説としても群像劇としても好きです。87分署シリーズは主人公のスティーヴ・キャレラがどうにもいい子ちゃんすぎてあまり好きになれなかったこともあったのですが、架空の都市(ニューヨークをモデルにしているそうですが)が舞台ということもあったかと思います。
ミステリー、特に都市を舞台にしたシリーズもののミステリーは、その都市自体が重要な登場人物の役割を担っているという面もあるからだと思われます。


今から全10作品が、柳沢由実子さんの新訳で読めるのかと思うと、この先の楽しみができました。


このシリーズは映像化作品もけっこうあったようです。
スウェーデン版のヴァランダー警部ことロルフ・ラスゴードが、1990年代にドラマ化されたマルティン・ベックシリーズでラーソン役だったようで、ちょっとショックです(おいおい)。
機会があったらまた映像化された作品も見てみたいと思います。
[PR]
by n_umigame | 2013-10-28 20:29 | ミステリ | Trackback | Comments(0)

BBC『ブラウン神父』(全10話)


神父ならではの観察眼で容疑者の心理を見抜き、奇抜なトリックを暴く!
G・K・チェスタトン原作の傑作古典ミステリーに現代的アレンジを加えて映像化
イントロダクション
斬新かつ奇想天外なトリックを考えさせたら古今東西随一とも言われ、しばしば、コナン・ドイルと並び称される、推理作家であり、評論家であり、詩人でもある、G・K・チェスタトン。
彼が生み出した「ブラウン神父」がAXNミステリーに登場!英国の小さな村で起こる難事件を天才的な推理で解決する、BBCの最新テレビシリーズ(イギリスでは2013年1月放送)にして大ヒット作!

本作は、英国BBC1の平日デイタイムに放送されたにも関わらず、240万人の視聴者および27.4%の占有率を獲得。これはデイタイム・ドラマとしてはスマッシュヒットであり、異例のヒットにより、即座にシーズン2の制作がコミットされた。

ブラウン神父は、まん丸顔に大きな帽子と、こうもり傘がトレードマーク。
どこから見ても純朴で冴えない昼行灯のようにぼんやりした存在だが、事件が起こるやいなや、長年、懺悔を聞いてきたことによって培われた人間の邪心や本質に対する深い理解と洞察力を駆使し、事件の謎を探り当てる。それだけでなく人間の心の闇を解き明かし、被害者そして容疑者の魂をも救おうとする。
そして、ブラウン神父の言葉は、視聴者/読者の魂をも救う!

主演は「ハリー・ポッター」の親友ロンのお父さん役でおなじみのマーク・ウィリアムズが愛嬌たっぷりに演じる。
(AXNミステリー)



まずは、気になったので原作がどれに当たるか調べてみました。
ドラマの感想はそのあとで述べさせていただきます。

原作はいずれも短編で、53作品。邦訳は以下の5冊に収録されています。(Wikipediaによると未収録の作品が2作残されているようです。)

『ブラウン神父の童心』
『ブラウン神父の知恵』
『ブラウン神父の不信』
『ブラウン神父の秘密』
『ブラウン神父の醜聞』

いずれも東京創元社から刊行されて、創元推理文庫に収録されています。
以上5冊はいちおう既読なのですが、トリックなどが有名なもの以外はきれいさっぱり忘れてしまっていて、おかげさまで新鮮な気持ちでドラマを楽しむことができました(笑)。


第1話「神の鉄槌」The Hammer of God…『ブラウン神父の童心』所収・邦題同じ
第2話「飛ぶ星」The Flying Stars…『ブラウン神父の童心』所収・邦題同じ
第3話「狂った形」The Wrong Shape…『ブラウン神父の童心』所収・邦題同じ
第4話「木の中の男」The Man in the Tree…同名の作品はなし
第5話「アポロの眼」The Eye of Apollo…『ブラウン神父の童心』所収・邦題同じ
第6話「キリストの花嫁」The Bride of Christ…同名の作品はなし
第7話「悪魔の塵」The Devil's Dust…同名の作品はなし
第8話「死者の顔」The Face of Death…同名の作品はなし
第9話「市長とマジシャン」The Mayor and the Magician…同名の作品はなし
第10話「青い十字架」The Blue Cross …『ブラウン神父の童心』所収・邦題同じ


『~童心』から5作品、残る5作品はG.K.チェスタトンの原作にはないタイトルのようです。
繰り返しますが、原作既読ですがきれいさっぱり忘れてしまっております。ですので、タイトルが違うけれども、これ原作のあれだ、というのはあるかと思います。


原作には改心してブラウン神父になついたフランボウがセミ・レギュラーとして登場します。
バレンタイン警部補は、原作ではイギリスの警察官ではなく、フランボウを追ってきたフランスの警察官(カナ表記もヴァランタンとなっています)でした。
ほかに特にレギュラーキャラクターと呼べるほどの登場人物は、原作には出てきません。
ドラマではプラス4人のレギュラーキャラを加えたことで、ドラマとして見やすくなっていると思います。全員わかりやすい「いい人」ではないところがいいですね。ブラウン神父が非常に慈悲深いキャラクターとして描かれていますので、そのバランスを考えたのでしょうか。

以下ドラマの感想です。
ネタバレにつきもぐります。

More
[PR]
by n_umigame | 2013-10-21 17:21 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

"The Egyptian Cross Mystery"(エジプト十字架の秘密/謎)コレクション

角川新訳版『エジプト十字架の秘密』が刊行されましたね。
まだ読んでいませんが、いつものごとくパラ読みしていて、これまでの訳と違うところがあったので、そこのご紹介と合わせてマイ・コレクションでございます。

…え。
『ギリシャ棺~』が飛んでませんかって。飛んでいますとも。
細かいことはお気になさらず、ここはスカッと飛ばしていいんじゃないでしょうかね。(よくない)(そのうちやります…)

d0075857_16272145.jpg


東京創元社版は、なぜ2冊あるのかですか?(再び)
右側の帯がついているものは「新版」です。
Twitterで「エラリイのとなりの人は誰だ?」というツイートをけっこう見かけたのですが、ヤードリー教授です。エラリイの大学時代の先生で、リーンカーン大統領似の醜男なんだそうです。クイーンを読んでいると「リーンカーン似の醜男」という表現が出てくるのですが、リーンカーン大統領って醜男ですかねえ…??

右上はハヤカワ版です。

東京創元社版の新旧の地図。地図があると親切ですよね。
d0075857_16332561.jpg


角川新訳版の地図。
d0075857_16334672.jpg



『エジプト十字架~』は猟奇的な殺人事件の発生や、エラリイが愛車デューセンバーグで長距離を疾走するというシチュエーションが日本でも人気があるためか、過去いろいろな版が出ていたようです。

中でも、昭和の小学生だった方にはきっとお馴染みの、右側のコレ。

d0075857_16274622.jpg


はい、あかね書房の「推理・探偵傑作シリーズ」です。
人物紹介と来たら、コレですよ。がーん(←効果音)。

d0075857_1628384.jpg


エラリイの熱血眉毛とか何とか、おっしゃりたいことがマグマのごとくのど元までこみ上げてくる女子も多いと思いますが、わたくしはそこはまあ、わりとどうでもよくて(おいおい)、むしろ、これが気になりました。
ヴォーン警視が詰め襟。
いかにも「オイコラ警官」て感じです。このヴォーン警視は薩摩藩出身だと言われても納得しますね。(しません)

ほかにも、クイーン警視(左)がずんぐりむっくりすぎるとか、
d0075857_16282213.jpg


どうして急に、挿絵が漫画(コマ割り、吹き出し付き)になるんだろうとか、
d0075857_16284051.jpg


ほかにも愉快な挿絵が満載で、ページをめくっているとツッコミ・マシーンとならざるをえない、とっても楽しい本です。
このシリーズはわたくしの通った小学校の図書室にもあったと記憶しています。この劇画タッチの絵が怖くて小学生のときは読みませんでした。
この本を買ったとき、小学生のときにクイーンを読んでいたら人生変わっていたかなあと考えたのですが、結局クイーンにたどり着いた現状を顧みるに、どの道を通っても自分はこの人生だったんだなって思いました…(遠い目)。

平成になってからの版を重ねていたんですね。
d0075857_1629068.jpg



左側は以前もご紹介した、少女漫画タッチのイラストがまぶしいポプラ社文庫版です。
表紙の左側、茶髪の気の弱そうな男性が、もしかしなくてもエラリイです。

この本はちゃんと「読者への挑戦」があるんですよ。
d0075857_16291755.jpg


ポケミス版。
1956年4月。青田勝氏訳なのでハヤカワ文庫版と内容は同じだと思われます。仮名遣いなどは改まっていますが。
d0075857_16294219.jpg


左:田中西二郎氏訳(新潮文庫)。1988年2月42刷。
右:石川年氏訳(角川文庫)。1978年8月16版。
d0075857_162958100.jpg


"The Egyptian Cross Mystery" A Signet Book from New American Libarry
c1932, 1960
めずらしく(笑)、ちゃんと内容と関係のあるカバーイラストです。
表紙に「Special 50th anniversary edition」とあります。
d0075857_16322679.jpg



訳文の比較については、長くなりましたので記事を改めます。
[PR]
by n_umigame | 2013-10-01 21:56 | *ellery queen* | Trackback | Comments(2)

『いとしのムーコ 4』みずしな孝之著(イブニングKC)講談社

大自然の山の中にある一軒のガラス工房「GLASS STUDIO amato」。ここには吹きガラス職人のこまつさんと愛犬のムーコが一緒に暮らしています。ムーコはこまつさんのことが大好き!乙女なムーコの夢は「いつかこまつさんがイヌになっていっしょにさんぽしたり、しっぽみつけてぐるぐるすること」。ご自慢のつやつやなおはなを輝かせて、今日もこまつさんとのラブリーな日々を過ごします。イヌ好きネコ好き動物好きみんな大満足!笑顔いっぱいなムーコのラブストーリー、こまつさんがイヌになっちゃう前に、ぜひ!!

こまつさんとムーコの第4巻は冬の訪れにクリスマス&お正月&バレンタインとイベントいっぱい!めいっぱい降る雪の中でも元気なムーコはもちろん、こまつさんがイヌになりかけちゃったり、うしこうさんに恋の予感があったり、とうきうきな毎日をお贈りしまーす。カバーはもちろん大好評の「おはなつやつや」仕様!第4巻はトナカイムーコがおはなピカピカ…じゃなくてつやつや!でみなさんをお待ちしてますよー。
(Amazon.jp)


すっかり「寝る5分前に読む本」として安定の『いとしのムーコ』です。
ムーコがいつまでもいつまでも大好きなこまつさんたちと幸せに暮らしてほしいと、笑った顔が戻らないマンガであります。

今回は、3巻でおそらく大好評だったのでしょう、ムーコが唯一できるという「いつまででもできる待て」。これが、ひどい(笑)。
こまつさんもたいがいだと思いましたが、将来の女王様になることを見抜かれている玲奈ちゃんも、早々とそのドSな女王様っぷりを遺憾なく発揮してくれた巻でした。

そんなマイペースにドSなみんなを尻目に、ムーコのために涙が止まらないうしこうさんこと牛島さん、まじいい人。
今回は、ムーコのために新しいおもちゃを買ってきたりしてくれたのにムーコには興味をもってもらえず、興味をもってもらえたフリスビーは、こまつさんの投げた”こまつビー”しか取ってきてくれず。
チョコももらえないし、篠原さんに気があるのに小松さんは素で邪魔するし、まったく、もう、ねえ。牛島さん、ずっと泣いてるじゃん…。
5巻ではぜひ、牛島さんを幸せにしてあげてください(笑)。

今回は「おはな あまいー!!」が出ましたね。

エピソードの間間に入っている4コマ漫画も大好きです。
カバーをはずしたところにある一コマ漫画(?)もムーコ連連戦連勝ですね♪

More
[PR]
by n_umigame | 2013-10-01 21:37 | コミックス | Trackback | Comments(2)