「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「越前敏弥氏講演会&翻訳ミステリー大賞・読者賞を徹底的に語る! 座談会」レポ


2014年4月26日(土)に開催されたイベントに参加してきました。

以前からTwitterでフォローさせていただいている、翻訳ミステリー大賞シンジケート(@Honyaku_Mystery )(d.hatena.ne.jp/honyakumystery/)が発信している読書会が全国で開催されています。
翻訳ミステリーシンジケートの、(大義にはミステリーにこだわらず)翻訳ものを読む人が増えてほしいという趣旨に賛同していることもあり、読書会にも参加してみたいとずっと思っていたのですが、カレンダーどおりに休めなかった、語りたい作品が近場に来ないなどの理由でずっと参加を申し合わせておりました。(もっとも名古屋読書会のように参加概要がTwitterで発表されるや、またたくまに満席になってしまうような人気の会もあり、それも参加が難しかった遠因ではあります。)

今回、翻訳家の越前敏弥氏と関西読書会の方も参加される座談会ということで、読書会の雰囲気が伺えるといいなという希望もあり、思い切って参加してみました。

結論から先に申しますと、最初(受付前)に感じたアウェイ感は最後の最後までぬぐえず、場違いなところにお邪魔してしまったという気持ちのまま帰路につきました。

今から申し上げることは、当然ながら、一個人の感じたことです。
ですので、もしかしたらご不快に思われる方もあるかもしれません。ですが、わたくし自身も「翻訳ものを読む人が増えて欲しい」という思いは偽らざるものであり、だからこそ、もしかしたら自分と同じように感じて距離を取っている人がいるかもしれない。そんな方々に、だからと言って臆することはないよという気持ちも込めて、記事をアップいたします。


最初にイベントレポートです。イベントの詳細はこちら。
http://d.hatena.ne.jp/honyakumystery/20140423/1398245662

2部構成で、第1部は「『日本人なら必ず誤訳する英文 リベンジ編』刊行記念講演会」。
第2部は「翻訳ミステリー大賞・読者賞を徹底的に語る! 座談会」でした。


■第1部『日本人なら必ず誤訳する英文 リベンジ編』刊行記念講演会
演題どおりの内容で、越前敏弥氏の講演会。
実際の英文を例に取って、どういったところで誤訳しやすいか、日本語に翻訳するときの表現の問題など、テクニカルなお話が多かったですが、わたくしのような素人が聞いていてもとてもおもしろかったです。
例題に出された文章は、自分はほぼ全部、まんまと誤訳しました(笑)。
精読には文法の知識を固めること、長文のリーディングには、参加者の方(英語学校の講師の方)の「ネイティブの人がやっているように左から右へ、前から順番にかたまりで読む、繰り返し読む」というアドバイスは、趣味で英文を少し読むことがあるだけという自分にもとても役に立つ、的確な指示でした。


■第2部 翻訳ミステリー大賞・読者賞を徹底的に語る! 座談会
第2部からは関西読書会のメンバー5人の方と越前敏弥氏の座談会でした。
今年の翻訳ミステリー大賞と読者賞の受賞・候補作品について、読んだ方がオススメをするという形式でした。
『冬のフロスト』と『遮断地区』しか読んでいなかったのですが、『緑衣の女』は読んでみたいなと思いました。キングはいくらオススメされてもどうしても昔から苦手で…。相性なんでしょうか、訳者の方が変われば気持ちよく読めるのでしょうか。そのあたり謎です。『三秒間の死角』は現在読書中。
どの作品の紹介も「男も女もいやなやつばっかり出てくる」とか「凄惨な事件ばかり起こる」とか、最近話題になる海外ミステリーって本当にそうなんですよね(笑)。いえ、海外作品に限らず、日本の作品もそうだと思います。
ミステリファンでも古典ミステリ以外あまり読まない方も幾人か存じ上げていますが、その方たちのお気持ちがわたくしはよくわかります。仕事や日々の暮らしに疲れているときに、お金払って不愉快な思いをしたくない。古典ミステリにもいやなやつや、昔のことゆえあからさまにならない分、陰に籠もった凄惨さというものがありますが、やはりある程度の節度がある作品が多いですから。
温故知新という点だけでなく、そういう面でも、翻訳ミステリーの入り口として、古典の新訳や、バークリイなどがどんどん刊行される現状は大歓迎であります。
閑話休題。
間に、翻訳ミステリー大賞授賞式や、古式ゆかしい民家みたいな畳のお部屋でのそれぞれの小部屋での様子などがパワーポイントで紹介されました。お座敷で楽しそうでした。


そんな雰囲気で、とても充実した楽しい時間を過ごさせていただきました。
ですがイベントが終わって一人になってみて改めてわき上がってきたのは、最初から最後までどうしても拭えなかった場違いな感じ、アウェイ感でした。
黙っているのが大人の態度ですが、前述したような理由で記事にしておきます。
いわば愚痴ですので、レポだけ読めれば良いという方はここで回れ右推奨いたします。


以下、もぐります。




More
[PR]
by n_umigame | 2014-04-27 14:47 | | Trackback | Comments(0)

TVシリーズ『ヒックとドラゴン~バーク島の冒険~』


以前から存在は知っていたものの何となく食指が動かず見なかったTVシリーズです。

このTVシリーズは、ペンギンズのようにまったく元の作品世界からのスピンオフではなく、映画の1作目と2作目の間をつなぐ物語世界とのことで、カートゥーン・ネットワークで5月からまた放送されるようですので、タイミングが合えば見てみたいです。


カートゥーン・ネットワークの公式サイトはこちらです。→
http://www.cartoon.co.jp/cn_programs/microsite/00555



[PR]
by n_umigame | 2014-04-20 16:21 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

"How to train Your Dragon 2"(ヒックとドラゴン2)情報まとめ


[2014.4.20.現在情報]


ドリームワークス・アニメーションの大傑作、『ヒックとドラゴン』の続編"How to train Your Dragon 2"の情報が続々と聞こえてまいりました。
北米でこの6月13日にいよいよ公開されます。
DWAの作品は、「続編はコケる」というジンクスを「ナニソレおいしいの?」と言わんばかりの小気味よさで前作を遙かにしのぐ傑作を送り出してきましたので、もちろん今回も期待大です。
せっかくですので、自分の覚え代わりにも記事としてアップしておきます。

「『ヒックとドラゴン』をまだ見たことがない」という幸運なあなたは、こんな記事を読んでいないで、今からすぐDVDをレンタルしてでもお友達に借りてでも見てみてください。
アニメ…それも海外アニメなんかに興味がないですって?だいじょうぶ。わたくしもほんの1年半前まではそんな人間でした。
『ヒックとドラゴン』はちゃんとした映画ファン…劇場に映画を見に行き、自分の目で耳で自分の好きな作品を選ぶことのできる映画ファンにも非常に支持されている作品だということを後で知りましたが、それも納得の作品なのです。


以下、公式が発表したネタバレは記載しますので、ネタバレ一切シャットアウトという厳しい方はここで回れ右推奨。
※邦題は正式に発表されていませんが、便宜上『ヒックとドラゴン2』と記載いたします。あしからずご了承ください。


■『ヒックとドラゴン2』公式サイト
こちら→http://www.howtotrainyourdragon.com/


■同Facebook
わたくしはFacebookのアカウントは持っていませんので、アカウントをお持ちの方はずずいとお進み下さいまし。
https://www.facebook.com/HTTYD2movie


■日本公開予定日
2014年8月1日。上のFacebookのページより。
この情報はけっこう前から公表されていましたが、IMDbにはまだ記載されておらず、日本国内では配給元(今回から20世紀フォックス)からも一切情報が来ないため、安心できません。『メガマインド』、『ガーディアンズ』(旧邦題『不思議の国のガーディアン』)と立て続けに、日本公開日公表、吹き替え収録とも終了していたにもかかわらず、結局劇場公開されなかった作品が2回も続いたからです。
でも、前回は配給のパラマウント・ジャパンといろいろあったという背景もあったようですので、配給が変わった今回からは公開されると思いますが!が!


■IMDbのページ
→こちら "How to Train Your Dragon 2"
IMDbではまだ日本公開予定日は未記載です。IMDbも少し遅かったり、掲載されたあとも情報が揺れ動くことがあるのですが。


■トレーラーとティーザーまとめ
アメリカのYahoo! Moviesに特設コーナー(?)が設置されており、ここでこれまで発表された動画をすべて見ることができます。

■冒頭5分の映像
そしてまた、こちらの記事(''How to Train Your Dragon 2' Clip Puts Quidditch to Shame')によりますと、冒頭5分間の映像が、4月21日(月)アメリカ東部時間の午後1時、アメリカ西部時間の午前10時に、同じくYahoo! Moviesで見ることができるようです。

日本時間では22日(火)の午前2時。ドキドキしますね!


■ワールドコン
アメリカのオタクのイベント(笑)は最近いろいろとありますが、有名なコミコン以外に「ワールドコン」という西海岸で行われるお祭りがあり、今年(2014年)は20世紀フォックスのブースに『ヒックとドラゴン2』のチームが出展したようです。
Twitter上で楽しそうな情報がたくさん流れており、それによりますと、ワールドコンでは招待客が本編を一時間だけ(!)見ることができたようです。大興奮の様子が伝わってきましたが、本編105分の作品のうち1時間だけ見せるってそれ何てじらしプレイ?(笑)


■カンヌ映画祭でワールド・プレミア上映
http://variety.com/2014/film/news/cannes-film-festival-early-pics-include-tommy-lee-jones-the-homesman-how-to-train-your-dragon-2-1201157859/

カンヌでのワールド・プレミア上映は2年前の『マダガスカル3』以来ですね。カンヌで上映されたDWA作品はどれも傑作揃いという印象があります。(これまでにも『長靴をはいたネコ』などが上映されています。)


■「2」の世界
前作から5年、ヒックたちもドラゴンたちも年を重ねたことがわかります。
ケイト・ブランシェットが声優をつとめるキャラクターが、やはりというか、長年生き別れだったヒックのお母さんだったということがわかりました。
ヒックは「新たな敵」と対面することになるようですが、そんな中トゥースレスほかドラゴンたちにはそれぞれ秘密があると言われます。
すでにTrilogy(3部作)と銘打たれていますので、トゥースレス(たち?)の秘密は最終作で明らかになるようですが。


■"Empire"2014年5月号より
イギリスの映画情報誌「エンパイア」に『ヒックとドラゴン2』の特集記事があるとTwitter上で知り、ざっとですが読んでみました。
ヒックの声のジェイ・バルチェルによれば「シリーズ中、もっとも暗い」作品となるとのことです。この作品は「子どもの」ところではなく、「『ロード・オブ・ザ・リング』や『スターウォーズ』の隣に並べるべき」作品なのだと。
また、監督のディーン・デュボアによれば、原作者と話していたとおり、このシリーズは「なぜドラゴンがいなくなったのか」を描くと。やがてドラゴンがいなくなった世界でヒックがヴァイキングの首領として成長する姿を描き出したいとのことです。
DWAの作品は甘口の、いかにも子ども向けではなく、ほろ苦い結末になる作品が多いですが、これも心してかかる方がよいようです。
DWAのことですから、安易なお涙ちょうだいやハッピーエンドにはならないことは予想できます。



日本での公開が待ち遠しいですね!



[PR]
by n_umigame | 2014-04-20 13:41 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

Welcome. 本と好きなものがたり。


by n_umigame
プロフィールを見る
画像一覧