「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

DWA20周年記念動画、DreamWorks Animation - 20th Anniversary Reel


今年2014年はドリームワークス・アニメーション設立20周年になります。
それを記念した動画がアップされました。
ほんの2分足らずの時間ですが、これまでDWAが発表した長編作品すべてが網羅されています。『ヒックとドラゴン』のメインテーマに乗って流れていく、数々のすばらしく美しい作品に自分が励まされてきたことを思い、見ているだけで涙が出そうになりました(笑)。


ドリームワークス・アニメーション、生まれてくれてありがとう。

楽しい、美しい、すばらしい冒険の数々、笑って笑って、でもほろ苦い大人の味や、思わず涙がこぼれるドラマの数々をありがとう。
ディズニーにもPixarにも作れない作品を作り続けてくれてありがとう。

そしてこれからも応援しています。

日本でこんなに冷遇される理由がさっぱりわかりませんが、行けるところまでついて行きます。
ファンの皆さま、ぜひごいっしょに、どこまでも行きましょう^^




この動画に収録されたのは、登場順で以下のとおり。
シュレックシリーズだけ自信がありません。ごめんなさい。
日本未公開作品、未ソフト化作品は原題のままです。

『シュレック・フォーエバー』
『ヒックとドラゴン』
『アンツ』
『スピリット』
『クルードさんちのはじめての冒険』
『シュレック』
『マダガスカル2』
『ヒックとドラゴン』
『チキン・ラン』
『森のリトル・ギャング』
『ガーディアンズ』(旧邦題:不思議の国のガーディアン)
『カンフー・パンダ』
『長ぐつをはいたネコ』
『プリンス・オブ・エジプト』
『シンドバッド:7つの海の伝説』
『シャーク・テイル』
『マダガスカル2』
『マウスタウン:ロディとリタの大冒険』
『メガマインド』
『カンフー・パンダ2』
『マダガスカル3』
『ターボ』
『マダガスカル3』
『エル・ドラド:黄金の都』
『モンスターVSエイリアン』
『クルードさんちのはじめての冒険』
『マウスタウン:ロディとリタの大冒険』
"Mr. Peabody & Sherman"
『マダガスカル3』
『シュレック』
『シャーク・テイル』
"How to Train Your Dragon 2"
『ビー・ムービー』
『カンフー・パンダ』
『ウォレスとグルミット:野菜畑で危機一髪!』
『シュレック・フォーエバー』
『シュレック3』?
『シュレック・フォーエバー』


For 20 years
We've shot for the Moon
We've shared adventures
We've blazed new trails
We've loved
We've laughed
Thanks for
making our family
part of yours

20 years of dreams
and laughter

この20年の間、
わたしたちは不可能に思えることに挑み、
数々の冒険を分かちあい、
新しい道を切り拓いてきました。
わたしたちは愛し、
声を出して笑ってきました。
ありがとう、
わたしたちの家族になってくれて。
あなたの一部にしてくれて。

20年の夢と笑いを。


[PR]
by n_umigame | 2014-05-24 17:29 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

DWAのアートブック、"The Art of DreamWorks Animation: Celebrating 20 Years of Art"(Harry N. Abrams)

ドリームワークス・アニメーション(以下DWA)設立20周年を記念して刊行されたアートブックです。
Amazon.jpのページはこちら

d0075857_19461358.jpg



現在取り寄せ商品となっているようです。わたくしは送料込みでも日本で買うより少しお安かったので、USアマゾンで購入しました。

設立は1994年ですが、1998年作品の『アンツ』から2014年5月現在日本未公開の2014年作品『ヒックとドラゴン2』"Mr. Peabody and Sherman""Home"まで、1作ずつ平等にフルカラーのイラストと、制作に携わった監督やプロデューサーの方たちのコメントで構成されています。
日本未公開作品のイラストを見ているだけでわくわくします。"Home"にはDWAらしからぬ(笑)見るからにふわっふわの可愛いネコキャラが登場するようで、犬派の自分でも楽しみが増しました。

DWA作品のコンセプト・アートブックは何冊か持っているのですが、単体で刊行されたアートブックにはなかったイラストも掲載されていますので、もし全作品のアートブックを持っているという方でも、お勧めいたします。
単体のアートブックに掲載されていなかったからといって残りカスみたいな(おいおい)ものを集めたわけではなく、素晴らしい作品が満載です。
DWA作品のファンはもちろん、海外アニメのファンやイラストを描く方、単純に絵を見るのが好きな方が眺めているだけでも充分楽しめる内容ではないでしょうか。

以下、(著作権の問題もありあまりご紹介できませんが)一部だけ中味のご紹介です。
Amazonのページでも一部中味をご覧いただけますよ。

たたみます。↓

More
[PR]
by n_umigame | 2014-05-04 19:50 | | Trackback | Comments(0)

Welcome. 本と好きなものがたり。


by n_umigame
プロフィールを見る
画像一覧