*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「映画ペンギンズ最初の30分からわかる9つの重要なこと」


■9 Important Facts From First 30 Minutes of The Penguins of Madagascar

Movie Fanaticより。
(※画像も同サイトより。映画とTVシリーズまぜこぜなのが気になりますが。)
無断翻訳ですので、注意されたら取り下げます。

直訳意訳ごめんなさい。
1~8はこれまでのトレーラーやクリップでほぼわかることばかりですが、9!やっぱりか!(笑)
飛行機からの脱出シーンは、この逆戻りコースからの脱走かと思いますが、どうなるんでしょうね^^


1.We Start Where Their Journey Starts, Antarctica
The movie starts in Antarctica and we meet our “boys” as youngsters. And immediately their character traits are fully formed. And we get to see Private being born!
1)旅の始まりは、南極。
映画は南極から始まり、わたしたちは我らが「boys」の子ども時代に出会う。そしてすぐに、彼らのキャラクターの特徴は完全にできあがっていたことがわかる。そして、新人が産まれるところを見ることに!
d0075857_21225382.jpg


2.Gimme One Hand Slap Origins
The movie's beginnings also reveal the origins of their iconic “gimme one” hand slap!
2)平手打ちの起源。
また、彼らのお約束の”片手の”手を打ち合わせる発端/起源も見せてくれる。
d0075857_21231160.jpg



3.A New March of the Penguins
Werner Herzog narrates/plays a documentary filmmaker who is chronicling a March of the Penguins and inadvertently leads our fearsome foursome to their destiny.
3)ペンギンたちの新しい行進。
ドキュメンタリー映画監督であるヴェルナー・ヘルツォークは、ペンギンたちの行進の記録を語り/演じ、我らが恐るべき4人組を彼らの運命へと、うっかり導いてしまう。
d0075857_2123311.jpg



4.Penguins Don't Like to Move It
The film then fast forwards to Madagascar 3 right near the end – including a joke about the penguins being sick of hearing I Like to Move It.
4)ペンギンズは「踊るの好き好き(Like to Move It)が好きじゃない。
映画は、早送りで『マダガスカル3』の終わり近くを映し出す----ペンギンズが「踊るの好き好き」にうんざりしているというジョークも含めて。
d0075857_21241014.jpg



5.Meet Evil Dave the Octopus
The gang winds up in Venice and we're introduced to our villain, an Octopus named Dave played by John Malkovich, and we learn why he hates these penguins so darn much.
5)邪悪なタコのDaveに会おう。
ペンギンズはヴェネチアに行くはめに。そしてわたしたちは、ジョン・マルコヴィッチ演じる、Daveという名のタコのヴィランのご紹介にあずかる。そしてなぜ彼がペンギンをそんなにひどく憎むのかがわかる。
d0075857_21242776.jpg



6.A Venice Chase Scene Rocks
Soon after, Benedict Cumberbatch and his North Wind heroes are introduced with a crazy chase scene involving bikes, gondolas and other Venetian vehicles.
6)ヴェネチアのチェイスシーンは最高。
すぐに、ベネディクト・カンバーバッチと彼のNorth Windが、バイクやゴンドラなどヴェネチアの乗り物で繰り広げられるクレイジーなチェイスシーンと共に紹介される。
d0075857_21251059.jpg



7.Skipper Does Not Take Orders
There's going to be a battle of wills between Skipper and Cumberbatch's Classified.
7)隊長は命令を受けない。
隊長とカンバーバッチのClassifiedとの意向がぶつかり合うところが繰り広げられる。
d0075857_21272513.jpg



8.Meet the North Wind
We heard from North Wind members for the first time, including Ken Jeong (hilarious!) as Short Fuse and Peter Stormare as Corporal.
8)North Windに会おう。
Ken Jeong (爆笑!) 演じる Short Fuseと、Peter Stormare演じる Corporalも含めて、初めてNorth Wind のメンバーから連絡がある。
d0075857_21274515.jpg



9.Back to Where They Started
Our boys wind up back in Madagascar! Oh, the horror!
9)始まりの場所へ帰る。
ペンギンズはマダガスカルへ戻るはめに!恐怖!
d0075857_2128476.jpg

[PR]
by n_umigame | 2014-10-07 21:30 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

映画ペンギンズ"Penguins of Madagacar"関連動画まとめ3種(10月6日現在)

ブログにアップしていなかった映画ペンギンズ関連の動画まとめです。
ロンドン映画祭に合わせて新しいトレーラーが発表されることも、DWAのTwitter公式アカウントから公表されていますが、そちらは発表されましたら改めまして。


■Madagascar Animals Gossip About The Penguins | PENGUINS OF MADAGASCAR

マダガスカルの主役4人組がペンギンズについてインタビュー形式で語るというもの。
ペンギンズとの関係は?と聞かれて「3つの映画で共演したんだぜ?最高潮さ!」と調子よく答えるマーティでしたが、実は誰が誰がか見分けもついていなかったという(笑)。
このベタベタしない、ドライな関係が最高です。^^
アレックスなんて「ツノメドリだったっけ?」とペンギンだったかどうかも覚えていない始末。



■The Penguins of Madagascar | TWO STYLES ONE MISSION featurette | มีกำหนดเข้าฉาย 19 กุมภาพันธ์ 2015(タイ語字幕版)



■Penguins of Madagascar - 'Two Styles One Mission' Featurette (2014) DreamWorks Animation Movie [HD]

上と同じものですが、公開予定日が12月5日となっていますので、イギリスかアイルランドバージョンのトレーラーだと思われます。



■ "Vending Machine Fail" Clip | PENGUINS OF MADAGASCAR

コミコンでも公開されたという冒頭部分。新人のお誕生日にフォートノックスの金塊庫に忍び込むペンギンズ。お目当てはもちろん金塊…ではなく、ここにしか残っていないという(ほんまかいな)チーズスナックのベンディング・マシン。ところが同じくチーズに目がないヴィランのタコ、Daveに4人とも捕まってしまい…というところまで。
テーブルにある青い紙コップからNYかと思っていましたが、フォートノックスのシーンでした。
特に隊長ですが、コワルスキーもリコも新人が可愛くて仕方がないということが伝わってくる、とても良いシーンだと思います。あと、とっさにコワルスキーを助けようと反射的に体が動く隊長が萌え。(※黙れ)
[PR]
by n_umigame | 2014-10-06 18:45 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

映画ペンギンズを見るために海外に行くならいつどこへmemo


 「ヒックとドラゴン2(仮)」の日本公開がいつまでも決まらない中、「ペンギンズも海外に行く予定立てるなら今でしょ?」とぼんやり考え始めたところ、「『海外』って言ったって、広すぎるじゃないかね。じゃどこに行くのかね」というわけで、メモがてら書き出してみました。

 うっかり「…行っちゃおかなv」となれば幸い(?)です。

 以下、公開予定日はIMDbからです。
(韓国はTwitterのフォロワーさんからの情報、カナダはDWAのFacebookより。)



【本当に行く気になってしまった方への注意点】
①IMDbの情報ですので、本当にその日に公開されるかどうか確約できません。
②ですが、YouTubeなどで、ドリームワークス・アニメーション(DWA)公式チャンネルでその国用のトレーラーを公開し、なおかつそのトレーラーに公開予定日を明記している場合は、おおむね信頼してだいじょうぶだと思われます。
③公開予定日は信用できたとして、いつまで公開しているかは正直なところ、客足によります。短期間で打ち切られる、劇場が縮小されるということは十分ありえます。
④言うまでもありませんが、海外の情勢は外務省のHPなどで十分に検討してください。
 外務省 渡航関連情報 

 以下、長くなるのでたたみます。

More
[PR]
by n_umigame | 2014-10-04 20:03 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(4)