*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

"How To Train Your Dragon 2"(ヒックとドラゴン2)第72回ゴールデングローブ賞アニメ作品賞受賞

本日受賞式が行われた第72回ゴールデングローブ賞において、"How To Train Your Dragon 2"(ヒックとドラゴン2)がアニメ作品賞(Best Animated Feature Film)を受賞しました。

おめでとうございます!!+。:.゜ヽ(´∀`)ノ .:。+゜。


受賞スピーチの様子(ディーン・デュボア監督とプロデューサーのボニー・アーノルドさん)

(アカデミー賞のスピーチなんかと比べると、とってもあっさり目というか…。^^)

■受賞スピーチはこちらで読めます。
DreamWorks Makes History; ‘How to Train Your Dragon 2′ Wins the Golden Globe


d0075857_17353651.jpg


d0075857_1736324.jpg


d0075857_17361889.jpg



ペンギンズの公開(予定)といい、2015年に入ってから、もしかして、ドリームワークス・アニメーション関連の風向きが変わったのではないかと感じることが増えてきています。


今回の同賞のノミネート作品は、以下の通りでした。
・「ベイマックス」
・「THE BOOK OF LIFE」
・「THE BOXTROLLS」
・「HOW TO TRAIN YOUR DRAGON 2(ヒックとドラゴン2)」
・「LEGO® ムービー」

ディズニーの『ベイマックス』は現在日本でも公開中ですが、評判が良く、『LEGOムービー』も下馬評では本命としているものが多かった作品です。実はわたくしも、『LEGOムービー』が受賞するのではないかと思っていました(笑)。

HTTYD2はUS版とフランス版で見ています。わたくし、「2」が大好きです。映画作品としての完成度の高さという点では一作目の方が高いと思いましたが、好きなのは「2」。そしてこれが(DWAのこれまでの傾向を考えて)また前作をしのぐ「3」に続くのかと思うと、それだけでわくわくしました。

ですが、GG賞となると、三部作の真ん中の作品であるということもあり、受賞するなら「3」で取って欲しいということもあって、『LEGOムービー』辺りで落ち着くかなと予想していました。
GG賞はアカデミー賞の前哨戦と言われていて、オスカーの動向を左右すると聞いていたこともあります。
これまでGG賞ではディズニー/Pixarの受賞作品がそのほとんどを占めており、オスカーとなるとDWAは毎年ノミネートはされているものの、『シュレック』以来受賞していません。

その予想を良い方に裏切ってくれました。
あんまり嬉しかったので、またTVの前で涙が(笑)。
ここのところDWAは経営不振が取りざたされていて、買収騒ぎがあったり、最近ではついに幹部の交代がありました。(新しく幹部になられたのは、受賞スピーチをされたボニー・アーノルドさんと、『マダガスカル』シリーズ等のプロデューサーでもあるミレイユ・ソリアさんです。)
とても良い作品、しかもディズニー/Pixarでは作ることが出来ないような作品を作り続けているので、これを機にDWAにも追い風が吹いてほしいと思います。



それで、「じゃあ賞を取ったら日本で公開するのか」?
以下、私見です。





More
[PR]
by n_umigame | 2015-01-12 17:37 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

『名探偵ポワロ』シーズン13 #5「カーテン~ポワロ最後の事件~」


【アガサ・クリスティー原作の人気シリーズ 25年の時を経ていよいよ最終回!】
ポワロ最後の事件。その舞台は、ポワロ最初の事件が起きた「スタイルズ荘」だった。

ポワロは親友ヘイスティングス大尉をスタイルズ荘に呼び出す。ここは、かつて二人が初めて一緒に解決した殺人事件の舞台になった屋敷だが、現在はゲストハウスになっている。ヘイスティングスは再会したポワロのやつれた車椅子姿に驚く。ポワロは「ここが再び殺人現場になるが標的は不明だ」とヘイスティングスに告げ、屋敷に潜む殺人犯を捕えるパートナーとして、動けない自分の代わりに情報収集をしてほしいと頼む。

「名探偵ポワロ」は放送を終了いたしました。
25年間、ご覧いただきありがとうございました。

NHK海外ドラマHPより)






本当に終わってしまったんですね…。
2014年10月6日の放送をもって、ドラマ『名探偵ポワロ』無事日本での放送を終了しました。

主演のデヴィッド・スーシェさん始め、25年間役を務めてこられた俳優の方々、そして日本での吹き替えを担当された熊倉一雄さん(87歳におなりです)、本当にお疲れさまでした。そしてありがとうございました。当たり役で、途中で役の変更なく25年間という長い期間、ずっと同じ役者さん、同じ声でドラマを視聴できたファンは本当に幸せでした。
(ヘイスティングス大尉役の富山敬さんが亡くなったのは本当に残念でした。)また、このドラマは初めて自分で買ったドラマのDVDだったということもあって、色々と感慨深いものがありました。

ありがとうございました。


さて、そんないろいろな感慨をもって迎えたファイナル・シーズンですが、ドラマの完成度という点では、残念ながら初期のころのクオリティにはやはり及ばなかったかなというのが、正直な感想です。

例えば、原作がアレなことで定評のある(笑)『ビッグ4』や、『ハロウィーン・パーティ』の焼き直しのような『象は忘れない』、元々短編だったものを継ぎ合わせた『ヘラクレスの難行』がファイナル・シーズンまで残っていたことも、その一因かもしれません。ドラマはドラマなりに工夫はされていたと思いますが。  
そんなわけで、とりあえずファイナル・シーズンを全部見たものの、まずはこの『カーテン』の感想からアップいたします。


以下、完全ネタバレになります。原作未読・ドラマ未視聴の方はここで回れ右推奨です。
犯人も割っています。
『オリエント急行の殺人』のネタバレもありますので、ご注意ください。


なお、制作背景などについてはYuseumさんのブログに詳しいので、興味のある方はぜひこちらもどうぞ。^^
「カーテン〜ポワロ最後の事件〜(名探偵ポワロ)」







More
[PR]
by n_umigame | 2015-01-11 01:20 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(2)

『ルイス警部』新シリーズ日本初放送


■番組HP

d0075857_1801268.jpg

(画像はAXNミステリーより)


以前、チャンネル銀河でシーズン5まで放送された『オックスフォード・ミステリー/ルイス警部』が、AXNミステリーで放送されています。
そのうち日本未放送の新シリーズが、2月から放送されます。

日本未放送エピソードの放送開始は、2月4日(水)午後8時~。

1月からだと思って勇み足で録画したら、すでにチャンネル銀河で見ていたエピソードでした><;
チャンネル銀河で放送済みなのは、シリーズ5第4話「誰がメアリーを殺した?」("The Gift of Promise")までですので、日本初放送となるのは、シーズン6第1話「天才の神髄」からとなります。
まだ第2話までしかエピソードの邦題が記載されていませんね。(1月8日現在)
http://mystery.co.jp/program/schedule/lewis_ji_06.html

このドラマは、ハサウェイ役のローレンス・フォックスがインタビューに答えて「シーズン7で終了」と言っていたこともあったのですが、結局シーズン8まで継続している模様ですね。
[PR]
by n_umigame | 2015-01-08 18:01 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

ディズニーXDにて『ザ・ペンギンズ from マダガスカル』日本初放送ep.(S2後半)放送開始

■ディズニーXD「今月のおすすめ」より(1月7日現在)


こちらもお知らせが駆け込みになってしまいましたが、1月9日(金)から、日本初放送のペンギンズTVシリーズ『ザ・ペンギンズ from マダガスカル』が始まります!

「3期開始」とおっしゃっている方をちらほら見かけたのですが、正確には本国のシリーズ2の後半からのスタートとなります。

d0075857_22343125.jpg


今ソースを見失ってしまったのですが、ディズニーの関連日本法人(会社)が、TVシリーズのシーズン2までの権利を購入したという記事を今から半年くらい前に読んだので、少なくともシーズン2まではディズニーXDで放送してくれるのではないかと期待しています。

できればシーズン3の最終回まで放送してほしいところですが、アメリカ本国でもどういうわけだかシーズン3の最後数話を残してニコロデオンが放送を打ち切ってしまったらしく、制作総指揮のボブ・スクーリーさんも理由がわからないとTwitterでおっしゃっていました。
スクーリーさんは結局、その後またディズニーに転職されて、ペンギンズに関する権利をすべて放棄するという契約書にサインさせられたとのこと。(いずれもご本人のTwitterからの情報です)
番組を、シーズン4に続けてほしいという署名活動も起きていましたが、とりあえずスクーリーさんによるペンギンズは、少なくとも数年は見ることは叶わない模様です。残念ですね。

映画ペンギンズを見たアメリカのPoMクラスタの中からは、トム・マクグラス監督によるTVシリーズが見てみたいという声もあり、まだまだペンギンズの人気の高さも伺えます。

映画も続編の企画が一瞬だけIMDbに出ていたのですが、すぐ引っ込んでしまいました。

DWAが買収騒ぎでごたごたしていた時期だったので、もう少し経営状態が落ち着いたら、ぜひ、TVシリーズの再開も映画の続編も、再考していただきたいと思います。

2014年の11月半ば頃までは、「来年はペンギンズに何か動きがあるといいなあ」「TVシリーズが再開して、映画も公開するのが夢ですね」なんて、半分希望的観測でつぶやいていましたが、2015年はそれが二つとも叶ってしまいました^^

これをスプリング・ボードに、映画の公開を再開して、DWA作品がもっともっと日本に入ってきて欲しいです。
[PR]
by n_umigame | 2015-01-07 22:35 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

おかえり、ペンギンズ!映画『ペンギンズFROMマダガスカル』2015年秋公開(予定)(※追記あり)


公開決定しました!

映画ペンギンズ(Penguins of Madagascar)、(今度こそ)日本公開決定!

[2015.7.20.追記]


*******************************************************************
こちらの記事をたくさんご閲覧いただいているようですが、記載しているように、内容は1月7日現在の記事です。映画ペンギンズ公開予定情報が出てからすでに半年以上経過していますので、最新の記事もご参照ください。

映画ペンギンズ(Penguins of Madagascar)日本公開情報・続報

2015年秋公開予定でしたが、6月9日現在、少なくとも年内の公開はなし(延期)、あるいは公開中止の可能性が高まりました。

[2015.6.9.追記]
*******************************************************************


[2015.1.7.現在]

おかえり、ペンギンズ! おかえり、DWA作品!!

あまりにも更新をさぼっていたため、ネタなら売るほどある身の上ですが、今年一番の記事は、やはりこれにしました!

2014年11月26日に北米で公開された映画ペンギンズ"Penguins of Madagascar"の日本公開が、今年秋に決まった模様です。

おめでたい!!ヽ(*´∀`*)ノ

今のところ、わたくしが実際に確認できたソースはWOWOWで放送された「Hollywood Express」での紹介と、『ぴあMovie Special 2015 Winter』の掲載記事のみですが、その後映画情報誌などでも紹介が始まっているようで、秋公開はほぼ決定している模様です。

d0075857_18555215.jpg


d0075857_1856797.jpg


d0075857_1856359.jpg


d0075857_1857369.jpg

d0075857_18571870.jpg


「模様です」などという曖昧な表現なのは、まだ配給会社といった公式筋からの発表が何もないこと、配給会社からあったとしても公開中止になった事例もある(泣)など、まだまだ予断を許さない状態だからですが、2012年の8月からこちら、DWA作品が一作も公開される素振りすらなかったことを思えば朗報には違いありません。

また、これまでと違い、邦題がついていることも信憑性が高いと思われます。
(HTTYD2なんてずっと『ヒックとドラゴン2(仮題)』のまんまですから…(涙)。)


また続報が入りましたら、このブログでもお知らせして行きたいと思います。

同じく、ペンギンズの映画を心待ちにしていらっしゃる方の楽しい記事を拝見したので、貼っておきます^^

隊長、事件です!―「ザ・ペンギンズ from マダガスカル」が帰ってくる!
「ブログデンティティー」様より。



今回のペンギンズ日本公開は、非常に大きな意味を持っていると考えています。
それはペンギンズだけに限らず、ドリームワークス・アニメーション(DWA)の長編作品の公開が、日本で再開される(かもしれない)からです。

昨年、DWAの傑作『ヒックとドラゴン』の続編"How to Train Your Dragon 2"(以下HTTYD2)も北米で6月に公開され、世界興行で大成功して2014年に最もヒットしたアニメーション映画となりました。
2014年いっぱいまでHTTYD2の日本公開のための署名活動を有志の方と行いましたが、最終的に2014年年内には特に公開について進展は見られませんでした。
活動を通じて様々なことを経験させていただき、思わぬ方々からお声がけいただいたこと、その事実関係をすり合わせて自分なりに考えた結果、自分が考えていたより状況は厳しいのではないかということでした。
うっすらしか見えない希望(…と言うよりはもう自分の妄執ではないかと思い始めていました)にすがりつきながらの日々は本当につらかったのですが、2014年も終わろうとしていたタイミングで映画ペンギンズ公開の知らせを聞き、うれしさのあまりPCの前で本当に涙が出ました。
このペンギンズを皮切りに、またDWA作品を日本の劇場で見られるようになるかもしれない。
ペンギンズの大ファンであると同時に、DWA作品の大ファンでもある自分にとって、これ以上の朗報はありませんでした。

これからもDWAを応援して行きたいと、気持ちを新たにいたしました。


以下、私事となりますが、たった半日というタイミングでTwitterを見ていたときに、フォロワーさんから「映画ペンギンズ秋公開情報が流れて来ましたよ!」と教えていただきました。

ふだんこの言葉を使うのは気が進まないのですが、このときばかりは思いました。
運命か?

何はともあれ、念ずれば通ず、バカの一念岩をも通す、蟻の思いも天に届く。

教えてくださったフォロワーさんには、感謝してもしきれません。この場をお借りして改めてお礼を申し上げます。ありがとう、おこめさん!!!ハグ!!!
[PR]
by n_umigame | 2015-01-07 19:02 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(4)

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

って、七草がゆを食べようかという日に…年頭のごあいさつが遅くなり申しわけありません。

毎年年始めに何か抱負を申し述べることにしているのですが、今年は2つあります。

まずは、健康で生き延びること。
次に、映画ペンギンズの秋公開確定実現のためにできるだけのことを続けること。

です!

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

d0075857_164214.jpg


(『羊のショーン』映画化も楽しみです!^^)
[PR]
by n_umigame | 2015-01-07 18:01 | 日々。 | Trackback | Comments(0)