*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『インターステラー』(2014)その1:うっとり感想編。

ストーリー:近未来、地球規模の食糧難と環境変化によって人類の滅亡のカウントダウンが進んでいた。そんな状況で、あるミッションの遂行者に元エンジニアの男が大抜てきされる。そのミッションとは、宇宙で新たに発見された未開地へ旅立つというものだった。地球に残さねばならない家族と人類滅亡の回避、二つの間で葛藤する男。悩み抜いた果てに、彼は家族に帰還を約束し、前人未到の新天地を目指すことを決意して宇宙船へと乗り込む。(シネマトゥデイより)



■映画『インターステラー』オフィシャルサイト


 配信にてレンタル、字幕。
 ポイントを使ってほぼタダで見られたくせに見終わって数時間後にBlu-rayをポチってしまったのですが、とりあえず1回見た感想をざざっとまとめます。(それでも十分長いけど…)今からBlu-rayで見直す気満々なので、リピートしているうちに感想が多少変わるかもしれませんが。


 初めて見るのに、いい意味でなつかしい映画でした。久しぶりにこういう映画を観たなあというノスタルジーを感じながら、気持ちのいい余韻とともに見終わりました。
 こういう映画、大好きです。
 実は予告篇すら見ていませんでした。(この半年映画館に行けるような状態ではなかったということもありまして)風のうわさで聞いていたあらすじくらいでしたが、それも正解だったかもしれません。

 宇宙、天体物理学の用語がほぼ何の説明もなく矢継ぎ早に出てくるので、「難解だ」という感想も見かけましたが、そんなことはないと思います。
 自分が宇宙番組やSFが好きなので、初めて聞く用語や概念、設定などはなかったせいかもしれません。が、それを差し引いても、用語や設定はマクガフィンだくらいに考えて「そういうことになっとるらしい」くらいでも全然だいじょうぶな作品だと思います。
 もちろん、概念として知っておく方がすっと入ってくる、おもしろく見られるというものはあります。特に、いわゆる「ウラシマ効果」はドラマを盛り上げるために一役も二役も買っているので、知っておいた方が楽しめるでしょう。


 以下、見終わった方向けの完全ネタバレですので、未見の方はここで回れ右推奨。
長いよ!









More
[PR]
by n_umigame | 2015-05-21 21:23 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

ベンディックスのミントチョコレート


 わたくし、漫画家の坂田靖子さんの大ファンで、おそらく同人誌などレアなものを除いて市販された作品は、ほぼ全部読んでいると思います。

 その坂田靖子さんの日常エッセイ的コミックに『たぷたぷだいあり』という作品集があります。旅行するとか、何かアクティブな内容ではなく、坂田さんの日常にあること、衣食住や、はまったものを紹介しているだけなのですが、これがとーっても面白い。
 中でも坂田さんの「食べるの大好き」がひしひしと伝わってくるのですが、それがとてもセンスが良いのです。そして、間違いなく、「食べ物を美味しそうに描ける漫画家」では日本で五指に入るのではないかと思っています。

d0075857_1263054.jpg

『たぷたぷだいあり』(画像はAmazon.jpより)

 グルメ漫画などが流行ってから食べ物がテーマの漫画も珍しくなくなりました。写実的に食べ物を描ける、そういう意味で「巧い」漫画家ならほかにたくさんいると思うのですが、坂田さんの「美味しそう」は、食べるときの体調、気候、季節、シチュエーションなどなど、「人間が食事をすることの楽しさ、美味しいものを食べる幸せ」が画面からあふれていて、本当に本当に美味しそうなのです。そしてその「食べ物」は決して贅沢なものでなく(たまにフレンチなども登場しますが)、日常的にスーパーで買えるイワシだったり、ときにはジャンクフードだったりもします。

 前置きが長くなりましたが、そんな中で出てきたのが、「ベンディックスのミントチョコレート」。
 これは別に漫画で詳しくあーだこーだとうんちくが描かれていたわけではまったくなくて、三大テノール(って覚えてらっしゃいますか、テナー歌手であったルチアーノ・パヴァロッティ、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラスの三人)の一人、パヴァロッティにドはまりした坂田さんが日本のオペラコンサートの様子をビデオで見ているときに食べているだけなのです(笑)。

 たったそれだけ。なのです。が、もう、これが食べたくて食べたくて。

 今から13年以上前の坂田さんの公式サイトの記事ですが、こんな紹介記事も。
サカタBOX「チョコレート」


 Amazonで売っているのを見つけたのですが、ロットが大きいのでどうしようか迷っていたら、英国に行かれたお友だちがおすそわけで送ってくれました!わあい!!
 こちら!じゃん。

d0075857_1242469.jpg


 というわけで、長年の憧れだったチョコレートを、早速いただいてみましたところ。

お、美味しいーーーーーーー!!( *;∀;)
 

 坂田さんの記事どおり、まずビターチョコレートです。ほとんど甘くありません。このチョコレートの部分が、まず、とても美味しい。そしてびっくりしたのが中!

みっしりどっしりミントクリーム。

 わたくし、冷蔵庫に入れてパリンとさせたチョコレートが好きなので、これもいただいてからすぐ冷蔵庫に入れたため、常温で置いておいたらクリーム状なのかもしれませんが、このミントクリーム、本当にしっかりばっちりミントです。

美味しいーーーーーーーーーーーーー(´;ω;`)(2回目)

 坂田さんの記事によれば「男が男に送るチョコレート」と言われていたようで、ベンディックスは英国王室御用達なんですけど、意味深ですね、うふふ。
 じゃなくて、それくらい硬派なお味のチョコレートということです。ブランデーやウィスキー、ブラックコーヒーに合うと思います。(現在わけあって飲めないのが悔しいでありますが、かりがねほうじ茶を濃いめに淹れたものとも合いました(笑)。)

 美味しいビターチョコレートに、なんて美しい色のミントクリーム。うっとり…。美味しいし。(何回言うんだ)(何回でも)

ミントチョコ好きならこれを食わずして死ぬことなかれ。

 そして、ひらさかさん、この場をお借りしてもう一度ありがとうございました!!ごちそうさまでした!


 蛇足ですが、そもそもミントが苦手で、日本のミントチョコレートをすら「歯磨きペースト」などと言う人には、まかり間違ってもオススメいたしません(笑)。ましてや歯磨きペーストのミントすら苦手で子供用のを使っているという人にはなおさらです。(いたんですよ、職場の同僚で(笑)。)


■ベンディックス公式サイト

■ベンディックス紹介記事
[PR]
by n_umigame | 2015-05-17 01:37 | 日々。 | Trackback | Comments(0)

映画ペンギンズ『ペンギンズ FROM マダガスカル』日本公開情報補足など(2)


公式サイト等、リンク集を作りました。
こちらもご参考まで。なお、リンク先は予告なく変更、削除される可能性もあります。
[2015.5.14.現在]

もぐっておきます。






More
[PR]
by n_umigame | 2015-05-15 00:50 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

映画ペンギンズ『ペンギンズ FROM マダガスカル』日本公開情報補足など(1)


[2015.5.14.現在]

 最近、映画ペンギンズ関連の情報をお探しで、当ブログにお越し下さる方が増えているようです。前回この件に関してアップした記事は、こちら。

おかえり、ペンギンズ!映画『ペンギンズFROMマダガスカル』2015年秋公開(予定)2015.1.7.現在


 情報が出てから半年以上、ブログ記事にアップしてからも、すでに5ヶ月以上が経過しているので、今現在補足できる情報を記事にしてまとめておきますね。
 ただし、新情報と言えるほどのものは特に進展がありません(なのでブログ記事には上げなかったのですが)。このまま公開が立ち消えになったときのためにも、今後の参考にこの記事をまとめておこうと思います。(映画って本当に水商売なんですね…。)

 長くなるのでもぐります~。







More
[PR]
by n_umigame | 2015-05-15 00:37 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)