*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ドリームワークス・アニメーション作品 日本未公開状況

 情報は全て2015年6月9日現在です。

 映画ペンギンズの公開に暗雲がたちこめている現状ですが、日本におけるドリームワークス・アニメーション(以下DWA)作品の不遇っぷりは昨日今日に始まったことではありません。

 ご存じのように、2012年8月1日に公開された『マダガスカル3』以降、日本では一作もDWAの新作が劇場公開されていません。

 ですが、実はそれ以前から、ひっそりと公開が見送られていた作品もあります。

 日本盤ディスクが出ていないものもあり、ときどき「この作品はどうやったら見られるの?」という方を見かけますので、ここ5年ほどのDWA作品日本未公開状況をまとめておきます。
 参考に個人の感想をつけていますが、かなり忌憚のない書き方をしていますので、ご了承下さい。(中には、わたしはこれ大好きなんだけど、冷静に考えたらそう言わざるを得ないかもギリギリギリ…と血の涙を流しながら書いているところもあります…察してやってくださいませ…。)

 まとめを先に申しますと、
 配給が
■パラマウント時代が、8作中2作品日本未公開。
■20世紀FOX時代が、6作中6作(全部)が日本未公開。
 となっています。

 
 長くなりますので、たたんでおきますね。







More
[PR]
by n_umigame | 2015-06-09 18:12 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(6)

「マダガスカル」3部作Blu-ray BOXリリース決定&ペンギンズ・シーズン3

 ドリームワークス・アニメーション関連情報では、ここのところ、さっぱり楽しいニュースがない日々ですが、少しでもいいニュースを。


①「マダガスカル」3部作Blu-ray BOXリリース
が決定していました。

■マダガスカル 1-3ブルーレイBOX<3枚組>〔初回生産限定〕
http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=14835

d0075857_19191359.jpg


Amazon、楽天ブックス、タワーレコード、HMV等取り扱いあります。予約受付中です。
(画像は楽天ブックスからお借りしました。)

 このトリロジー・ボックス、海外ではすでに3年ほど前から発売されています。わたくしもUS盤のBlu-rayを持っています。(ケース左上は開けたとたんに欠けてしまいました。これだからアメリカ製は~)中は単体のBlu-rayと違いはありませんが、ジャケットが素敵なんですよね。
 右はペンギンズのトイ付きBlu-rayです。もったいなくて開封していません。(´~`ヾ)
d0075857_1921699.jpg



 リリース予定日は2015年7月3日。『ヒックとドラゴン2』日本盤ディスクと同日ですので、よろしければ合わせて、ご一緒にDWA貧乏になりましょう。

 ちょっと気になるのは、「なぜ、今」このBOXをリリースするのかということです。

 映画ペンギンズはご案内のとおり、少なくとも年内の公開はなくなった可能性が高いので、映画ペンギンズの予習として見ておいてね、というわけでもなさそうですし。となると、公開予定だった秋頃に、映画ペンギンズのディスクをリリースするから、その予習で見ておいてね、ということなのでしょうか。


②TVシリーズ・ペンギンズ、シーズン3放送開始
 以前、ディズニーの関連会社がペンギンズのTVシリーズをシーズン2までは購入したという記事を読んでいました。
 NHKのEテレで放送されたのは、本国シーズン2の途中まででした。ですので、ディズニーチャンネルで「新エピソード開始!」と聞いても、ああ、シーズン2の後半を放送してくれるのね、と思っていたら、何とシーズン3の放送がしれっと始まりましたよ、うれしいですね。やはり日本語で見られるのはうれしいです。録画してあるものをまだ見られていないので、また少しずつ感想もアップできるといいなと思っています。

 そのシーズン3のエピソードですが、今のところ公式サイトで確認できるのは、6月6日(土)の「リトルフット」「やさしいママ」の2話のみ。来週(6月13日)は土曜日の放送自体がないようです。

 シーズン3は本国でもニコロデオンが放送を打ち切ってしまい、最後の数話が未放送のままです。制作総指揮のボブ・スクーリーさんが当時Twitterでファンとやりとりされているのを見ていたのですが、スクーリーさんにも打ち切りの理由は不明のまま、ペンギンズの権利をすべて手放すという契約書にサインさせられたとか。いったい何があったのでしょうか。
 TVシリーズはシーズン3で制作終了で、スクーリーさんもその後、古巣のディズニーへまた転職されてしまったので、シーズン4以降が制作されることはないとのことでした。
ペンギンズは人気番組でしたし、最近リブート、リメイク流行りですので、まったく違う制作陣で制作される可能性もなくはないでしょうが、そうなると声優陣から何から何まで総代わりしてしまうでしょうし、ファンとしては、それもちょっと複雑な気持ちです。
[PR]
by n_umigame | 2015-06-06 19:23 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

ウルトラキュート怪獣「いくのん」

 いつもTwitterでお世話になっている、イラストレーターの森本いくなさんが、激キュート怪獣・いくのん のLINEスタンプを作られました。おゆるしをいただけたので、僭越ながら、ご紹介させていただきます!

 何ですって。

 いくのんをご存じない。

 それはいけません。

 今すぐご覧になって下さい。じゃん。
d0075857_1812162.png


 http://www.line-tatsujin.com/detail/a94972.html
(LINEのスタンプ購入のところから「いくのん」でも検索できます)

 どうだ、このキュートな緑色
 なにごとかと思うじゃないですか?
 可愛いのだけれど、どこかおっさんくさくもあり(おい)、こう、いわゆる可愛い可愛いすぎないところが激カワで、どうかと思うわけですよ!! ああ可愛い。(鼻血の海でざばざばと泳ぎながら)


 ここからは自慢なんですけどね? 

 いくのんに一目惚れしたわたくし、森本いくなさんから作品を購入させていただいたのですよ。そしたら何と、おまけにこんな可愛いシールをいただいてしまって。「どこがおまけだ」って思うレベルですよ。
 これだけでどうしようかと思いながら一人、うきうき並べて踊って歌ってニコニコ並べてはまた袋に戻すという作業を何回もやらかしたわけですが、このご恩返しがしたいと、「あのっっ、バレンタインデーに、チョコ、もらってもらってもいいですかっっっ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆☆*:.。.」とか、痛ったいことを言い出したわけですよ。
 そうしたら、ご快諾いただけただけでなく(本気にされていなかった節もあるようですが、俺はいつでも本気だ。)素敵なTwitterレポまでしていただいて。あまつさえ、ホワイトデーのお返しまでいただいてしまい、この、世界で一体の手作りいくのんぬいぐるみをGET★してしまったのでございます。

d0075857_18174026.jpg


d0075857_18175681.jpg


 か わ い す ぎ る…0(:3 )~ =(’、3)_ヽ)_(昇天。

 なにこのつぶらな瞳!延々と触り続けてしまうジャージーのもこふわ素材!!
 幸せすぎて怖いっっ…!!
 そして、名前を「いくのん」とかどうですかねーとかうっかり口走ったわたしのアイデアをそのまま採用してしまわれた、森本いくなさんに幸多かれ!マジで!! 

 いくのんはもちろん可愛いのですが、森本いくなさんの作品は、どれもあたたかくて、見ているとそれだけでコリがほぐれるような不思議な効果があり、初めて見るのに良い意味で懐かしいような、ほろ切ないような、そんな作品世界です。(そして何と009とペンギンズの大ファンで運が良ければ二次創作も拝見できますよ!)
 
 森本いくなさんの
■HPはこちら。Ikuna Morimoto Illustration

■Tumblrはこちら。http://ikuna-m.tumblr.com/

■Twitterアカウントはこちら。https://twitter.com/puwa2peko
[PR]
by n_umigame | 2015-06-06 18:25 | 日々。 | Trackback | Comments(0)

web拍手御礼(´;ω;`)ブワッ

web拍手というコンテンツ自体がもうけっこう懐かし案件なので、一時は撤去も考えたのですが、利用してくださる方が後を絶たない以上は置いておこう、と置いてあります。

ぽちぽちと押してくださる方々、ほんとうにありがとうございます。励みになっております^^

ときどき、「ね、寝てください!」と思う時間帯に押していただいたり、「いやいや、もしかしたら夜勤明けの方が始発待ちのひまつぶしに駅のホームで見てくださってて、眠気MAX疲れMAXで指がすべって拍手ボタン押しちゃった★とか……お、お疲れさまです!!」とか、想像しているだけでドラマが繰り広げられることもままあり、それも楽しみです。
マジで寝て下さい。
睡眠不足の恐ろしさについては侮れないと身をもって知るハメになったわたくしでございますゆえ。


最近ドリームワークス・アニメーション関連では楽しいニュースがお届けできず、期待して来てくださっているのかなという方々へは、一ファンとしてなんだか申しわけない気持ちに。
もちろん自分にそんな責任があるほどの権限があったら、今頃札束で横っ面貼って(誰の)全国ロードショウさせてますけどNE!

だんだん鬼になる自分がこわい、そんな日々ですが、これからもちょくちょく覗いてやってくださいませー!
[PR]
by n_umigame | 2015-06-06 17:08 | web拍手 | Trackback | Comments(0)

映画ペンギンズ(Penguins of Madagascar)日本公開情報・続報


日本公開決定しました!
詳しくはこちらの記事をごらんください。→http://fwest.exblog.jp/21956549/
[2015.7.18.]

**********************************************************

[2015.6.2.現在]

 DWAのペンギンズに関する、良いニュースと悪いニュースが入ってきましたので、記事にしておきます。

 こちらは悪いニュース(滂沱)。


 6月に入り、個人的に楽しみにしていた映画『キングスマン』が9月11日に公開決定の報が流れました。(よかった!)世界的には20世紀FOXが配給権を持っていて、9月公開予定と言われていたにも関わらず、5月が終わろうとしているのにまったく公式情報が出なかったので、6月になっても動かなかったら、あと3ヶ月で公開のための準備(日本版ポスター、トレーラーなどの広報や前売り券の販売など)が間に合わないのではないか、てことは、公開中止……?(((( ;゚Д゚)))と震えていたので、本当に公開が決まって安堵いたしました。
 しかも配給会社変更。FOXからKADOKAWAへ配給権譲渡。びっくり。そんなことができるんですね、やっぱり。


 …などという長ったらしい前置きしましたのは、映画ペンギンズも、

①配給会社が20世紀FOX
②2015年9月公開予定
③にも関わらず、5月31日時点で何の公式情報も出ていない

 というところが共通しているからですが、『キングスマン』と違うのは、6月になってもやはり公式筋からの公開情報が一切出ていないところです。


 じっとしていても何も解決しないので、糸口になりそうなところからお伺いしてみました。

 Wikipediaによると映画公開が9月公開という根拠が、ドルビー社のサイトになっています。

■出典に問題ありとされている映画の方の記事
d0075857_2327922.jpg


■TVシリーズ。こちらも同じ
d0075857_23281513.jpg


■ソースとされているもの
d0075857_23283953.jpg


■ドルビー社のページ。すでに映画ペンギンズは掲載されていません。
d0075857_2330652.jpg


 こちらのサイトは昨年(2014年)の予定に『ヒックとドラゴン2』が掲載されていましたが、結果は皆さんご存じのとおりです。ですが署名活動を始める際に丁寧にご対応くださったので、そのご親切に再度甘えて、筋違いで失礼を承知でお問い合わせしたところ、以下のようなご回答をいただきました。

d0075857_23303921.jpg



 というわけで、非常に残念なのですが、

(1)来年以降に公開延期(年内の公開予定から外されている)

あるいは、

(2)公開中止

となった模様です。
(邦題についても、わたくしが決まったこととして『ペンギンズ FROM マダガスカル』でお問い合わせしたので、それに対して、「邦題は未定です」とのご回答をくださいました。)
 
 DWA作品の現状を考えると、どうも(2)公開中止の可能性の方が高いような雰囲気ではあります。
 邦題も決まっていたようなこれまでの広報とは違い、わざわざ「未定です」とおっしゃっているということは、「白紙に戻った」ということかと思います。

 4月と6月を節目に考えていたのですが、9月11日公開の『キングスマン』でもすでに(やっと)Twitter公式アカウント、公式サイトが始動しましたので、やはりこれが興行的にタイムリミットではないかと考えます。
 『キングスマン』はコミックが原作ですし、レイティングはR-15でわりとマニア向けの作品かと思いますが、ペンギンズはまがりなりにも子ども向け作品なので(レイティングはPGですが)、単館系の劇場でちょっと公開して終わり、というわけにはいかないかと思われます。広報や宣伝を始めるならもっと前から行われてしかるべきだったかと。

 そんなわけで、断腸の思いですが、映画ペンギンズは公開中止の可能性が高まりました。

 配給会社は「公開しない」とは言わないので、『ヒックとドラゴン2』のときのように、気づいたらやっぱりディスクスルーになっていた、というケースになる可能性が大かと思われます。
 これについては、先日、ディスクリリースの会社20世紀フォックスホームエンターテイメントの方が先に映画のキャストについて発表があったことからも、実はちょっといやな流れだなと思っておりました。
 今のところベネディクト・カンバーバッチのClassifiedだけですが。

d0075857_23343390.jpg



 ペンギンズの公開が、日本でのドリームワークス・アニメーション作品公開再開につながるかという期待があったため、ペンギンズ単品だけの問題ではないと思っていたので、この記事が杞憂に終わることを、心から祈っております。

 末筆ながら、今回もお忙しいなか丁寧なご回答を下さいましたドルビー社様、ありがとうございました。


*********以下、余談。


 ところで、なぜ、続編の『ヒックとドラゴン2』はディスクスルーで、ペンギンズが、まがりなりにも公開予定はあったんだろうと思ったのですが、やはりNHKでTVシリーズが放送されていたということは大きかったのじゃないかなと思います。
 ふだん映画を観ない、小学生くらいまでの子どもさんをお持ちの方でも「子どもが見るからこのペンギンは知ってた」「ディズニーじゃないんだね、面白いね」という方は、直接間接にお話を伺った限りでも、けっこういらっしゃいました。『ヒックとドラゴン』はファナティックなまでに熱烈なファンが目立つ作品ですが、「ふだん映画を観ない層」にどれほど訴求するのか、という点で、やはり疑義があったのではないかというのが個人的な印象です。ふだん映画を観ない層が映画館にたくさん来てくれないと、大ヒットしませんから。
 HTTYD2の影にすっかり隠れてしまった気の毒な”Mr. Peabody and Sherman”は日本盤DVDの話すら聞きませんし、現在すでに世界では公開が一通り終わっている”Home”も、このままでは日本盤DVDが出るのかどうか危ない状況です。

 劇場で作品を公開しないと、日常生活の中でCMやポスター、販促品やコラボ商品などを見かける機会がありません。わたくしが劇場で公開してほしいと思い、HTTYD2の署名活動に踏み切ったのは、それがあったからです。「去る者は日々に疎し」なので、目につかなければ、よほど熱心なファン以外、DWAの存在すらないものと同じになっていってしまいます。
 HTTYD2は熱心なファンがあれだけ、しつこいほどTwitterで騒いでもディスクスルーでした。こうやって、「DVDでいいや」と言っているとDVDすら出なくなる、というコースをたどるのだろうと思います。
 HTTYD2は騒いだおかげか、Blu-rayなどもリリースが決定していますが、ほかの、誰も声を上げない作品に関しては、ある意味心配していたとおりのシナリオになってきているようで、悲しいです。これではDWAというスタジオの底上げにはなりません。特定の作品のファンが騒いだだけでは一過性ブームで終わってしまいます。
 どの作品もそれぞれすばらしいと思っている、一DWAファンからすれば、これらを公開しないなんて宝石を人目につかない下水に捨てるようなものだと思います。それも悲しい。


 『キングスマン』のことで、配給権譲渡ということが可能なんだなということが素人なりにわかったので、そういう意味でも今後、柔軟に対応していただいて、DWAに新しい風が吹いてほしいと思います。
[PR]
by n_umigame | 2015-06-02 23:41 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(2)