*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

エラリイ・クイーン占い

「無口なウサギ」のファンサイトさんのところで、「無口なウサギ占い」というものがあって、
占い自動作成サイトの存在を知りました。

作ってみました、「エラリイ・クイーン占い」
ちょーカンタンに作れるんですね!
しかも、コンピュータが勝手に書いたらしい結果文、わたしが何もしていなくても
けっこう当たっているような気がするのがスゴイんですけど!
ほんとうにコンピュータが書いたんですか?
どこかに人が入ってるんじゃありませんか? 
そうでないとしたらそのうち「デイジ、デイジー~……♪」と悲しげに歌い出すんではあるまいか。
そんな気がするEQ占い。(意味不明。)
ご用とお急ぎのない方は遊んでいって下さいね。

ちなみに、メニュー欄(サイドバー)の「おたのしみetc」にもリンク貼っておきました。「EQ占い」からいつでもどうぞ~。(て、これいつかリンク切れるのだろうか)
[PR]
# by n_umigame | 2006-07-28 23:17 | ミステリ | Trackback | Comments(0)

お風呂にいろいろ

入れるのが大好きです。
しかし掃除が大変なものはいけません。

夏場は必ず家に帰ったらすぐお風呂!派。
d0075857_15324319.jpgそして、夏でも浴槽につかりたい派です。
フルーツの香りとかミルクの香りとかは使いません。
空腹の状態で入るので、おなかがすきすぎでキモチワルクなったりします。
どんなにおなかが空いていても、汗でべとべとするのにキッチンに立つ気にはなれません。夏の台所は「家の中で暑いスポット・ナンバーワン」であります。
アンド、おなかがふくれるとお風呂に入るのがおっくうになります。
しかし入らずに寝るなんて絶対にイヤなので、あー
めんどっちいなーと、いやいや入ることになります。

せっかくなら「あーさっぱりした!さあごはん!」というコースが気持ちいい。であります。
今日は右の「ローズの香り」でした。バラの花の香りは甘くていい匂いで好きなのですが、香水とかバスオイルとかに加工されると、なんだかキツイ匂いになっちゃいますね。
どうしてだろう。
これはなかなかいい匂いでした。(色はアレでしたが。)
[PR]
# by n_umigame | 2006-07-25 23:50 | アロマ・バス | Trackback | Comments(0)

作ってみました

d0075857_15283676.jpgd0075857_22193058.jpgカートゥーン・ネットワークで放送中の、カナダのアニメ
「無口なウサギ(Untalkative Bunny)」に、
絶賛めろめろ中。
カナダでは、1,2,3シーズンで放送されたようなのですが、日本では第1シーズンの放送はない模様。ネットでぐるぐる探したところ、ちょっとだけ第1シーズンが見られるサイトがあり、
時間が短すぎる、ネタがシュールすぎるなど、ははあ、と納得した次第です。でも見たい見たい!
ウサギがちょっとしたことで一喜一憂するのを見ているだけで、
なんだか明日もがんばろうという気になる、不思議なアニメです。
音楽はジャズだし、とても子供向けとは思えないシュールな内容といい、
ターゲットの年齢層がよくわからないのですが。

音楽のセンスがとても良くて、今までジャズなんてちゃんと聴いたことがなかったくせに
思わず、OPはこれにインスパイアされて作られたというデイヴ・ブルーベックの
CDを買ってしまいました。

今年のGWこそホームページを作ろうとか思っていたくせに、気づくと
手芸週間と化して、部屋中フエルトのぬいぐるみ、フエルトのストラップ、フエルトの
小物入れ……で真っ黄色。金運上がるといいな。と西側の窓に。

More
[PR]
# by n_umigame | 2006-07-24 22:20 | 無口なウサギ/UB | Trackback | Comments(0)

『コミカル・ミステリー・ツアー』4 いしいひさいち著/創元推理文庫

なんだか新刊が出ていました!
好きなんですよ、コレ~。
雨後のタケノコのごとくうぞうぞと出版されるミステリを、これだけ日本も海外ものも
読んで、ネタにするという、その一事をとってもすごいことだと思いますが、
歴史ネタや時事ネタ、野球ネタ、守備範囲が広い漫画家さんですよね。すごい。
年に2回本を出すだけでへろへろ言ってる身には、すごいとしか言いようがないです。

このシリーズ、個人的に、ホームズネタのがもう大笑いだったのですが、
次点でフロスト警部ネタかしら。
エラリイ・クイーンネタでもコミックスにひとつだけ収録されていて、
エラリイはけっこうそれらしいのですが、パパがなんでこんなにずんぐりむっくりなの?
と思った気が。(あれだけそこここで「やせてる」「小柄」「小鳥みたい」を強調されているのに)

4では、マルティン・ベックと思われるキャラが出てくる4コマがあるのですが、
最近、マルティン・ベックシリーズの新作が出たのでしょうか?
よ、読みたい~!!
[PR]
# by n_umigame | 2006-07-24 21:53 | ミステリ | Trackback | Comments(0)

『ニューヨークの憂鬱 豊かさと快適さの裏側』長沼秀世著/中公新書

ニューヨークの旅行・体験記はたいてい「ビバ!ニューヨーク☆」という
内容のものが多いけれども、あえて、「ちょっとどうなのそれ、ニューヨーク★」を
書いてみました、という筆者の方の前書きにあるように、
「ちょっとどうか」と思う体験がつづられています。

1981年にニューヨークに滞在されたとのことですが、
内容は、とても25年も前のこととは思えません。

特に、青少年の失業率の高さ、パート労働者の多さ、職能別の差が身分格差のように
なっている現実、MBAなど経営管理の専門家の是非をめぐる議論など。
とても遠い海の向こうの過去のお話とは思えませんでした。
(NHKスペシャル『ワーキング・プア』を見つつなおさらそう思ってしまいました。)
ですが、郷に入っては郷に従え、と申しますが、やはり、せっかくアメリカで暮らすチャンスなのに、日本と同じような人々、日本と同じようなサービス、日本と同じようないろいろ、では
ちょっともったいないのでは?と思う部分もありました。
筆者の方も、そういうニューヨークを楽しむタフさが
なければオススメしない、とおっしゃっていますが。
妹尾河童さんが「日常生活での不満が多い人は、旅先でも不満が多い」
と書いてらっしゃいましたが、一面の真理かもしれません。
(そんなわたしは今は無き「あなたは何人占い」で「アメリカ人」でした……のでご参考程度に。)

著者はアメリカ社会経済史がご専門の大学の教授とあります。

古本屋さんのワゴンで50円。ヒットでした。
[PR]
# by n_umigame | 2006-07-23 21:34 | | Trackback | Comments(0)

コミックス3冊

「ハチミツとクローバー」9巻

いよいよ佳境にさしかかった感じです。
読んでいてつらかったです。どうなっちゃうんだろう。

「百鬼夜行抄」8巻

文庫派です。あいかわらずおもしろいです。
7巻までの1話完結の定型がくずれたみたいで、後半、1回読んだだけでは
頭に入りませんでした。以前から、ちゃちゃっと描いたような絵柄の
マンガ家さんだと思っていましたが、8巻はさらにラフな印象です。
晶ちゃんが髪を切ったので誰がだれだか~。

「ぼのぼの」28巻

数年前、「うわ、なっつかしー!」と文庫で大人買いして以来、ずっと
読んでいます。4コママンガ、好きです。
[PR]
# by n_umigame | 2006-07-23 21:19 | コミックス | Trackback | Comments(0)

夏の祭典

直参いたします。

土曜日・東「ツ」60-b far west です。

ご用とお急ぎのない方はぜひお立ち寄り下さい。
今回からミステリ・ジャンルに移っています。
新刊はエラリイ・クイーンです。久しぶりに予定ページ数を上回りました。

今回は時間にも余裕があったし、早めの入稿でカンペキだ!とか
思っていましたら、印刷屋さんから電話が。
「印刷見本誌が入っていませんでしたが?」
…申し訳ありません。速攻送りました。
[PR]
# by n_umigame | 2006-07-23 21:04 | サークル | Trackback | Comments(0)

はじめのだいいっぽ

とりあえずスタート。
エキサイトさん、お世話になります。
今日は土曜のウシ。ではなく土用の丑。
ウナギ、美味しゅうございました。

エキサイトさんというと、マイ・ファースト・パソコンは
最初の設定の検索エンジンがエキサイトで、しばらくエキサイトしか
使っていなかった時期があり。
ブログどうしようかなあと迷っていたら、「エキサイトブログ」いいっすよ、という
オススメに従ったわけですが、思いました。
「……へー…今もあったんだ、エキサイト。」
…お世話になりますと言いつつ、のっけから暴言吐いてます。

お世話になります(心から!)。
[PR]
# by n_umigame | 2006-07-23 20:52 | 日々。 | Trackback | Comments(0)