タグ:おいしいもの。 ( 57 ) タグの人気記事

『ミルク殺人と憂鬱な夏 中年警部クルフティンガー』フォルカー・クルプフル, ミハイル・コブル著/岡本朋子訳(ハヤカワ・ミステリ文庫)早川書房

d0075857_12321129.jpg


ふだんは平和なドイツの田舎町で、殺人事件発生。だが殺された食品開発技術者の周囲からは、動機も容疑者も浮かばない。それでもクルフティンガー警部率いる捜査陣は、懸命に捜査を進めてゆく……不器用にして恐妻家、要領は悪いが愛すべき中年警部の獅子奮迅の活躍を描き、ドイツで圧倒的な支持を受けた話題作
(出版社HP・書影はAmazon.jpより)




さらっと読めて、とても楽しかったです。
ヘレン・マクロイに続いて、久しぶりにミステリを読んで楽しいと感じました。(この感覚を大事にしたい)

カヴァーイラストがかわいらしくて(このイラスト、好きです)、タイトルからもコージーミステリーかと思われそうですが、一応きちんとした謎解き形式のミステリーでした。(“一応”て何という話はあとで)ちょっと真面目にミステリーしすぎていると感じるくらい。偏見覚悟で言うと、ドイツの人らしい生真面目さを感じました。いいなあ。

最近、ゲルマン諸語系と言いますか、鳴り物入りで日本に紹介されるドイツや北欧のミステリーというと、陰惨で気の滅入るような描写がこれでもかと続いて、それが露悪的であまりにも悪趣味にすぎるため、いいかげんげんなりして、最近は書店でもミステリーの棚にあまり近づかなくなっていました。そういうものもたまにはいいのですが、一つ何かがヒットしたらそればっかりになるというのは困りものだと思います。(ゆるゆるプリンが流行ったときの、ふつうのカスタードプリンを渇望するあの気持ちったらもう。)

そんな中でTwitterに流れてくる情報などで、あっ、これは私好きかもと手を出してみましたら正解でした。


さて、本書。
原書は2003年、今から13年も前に刊行されていたものです。すでにドイツでは大人気のシリーズで、ドラマ化もされているそうです。映像化作品もぜひ見たいと思わせる小説でした。
ドイツ語圏のミステリーを読み慣れていないせいか、最初はこの独特の雰囲気とノリになじむのに少し時間がかかりました。
でもそれに慣れてくると本当ににやにや顔が笑ってしまうし、ツッコミマシンにならざるをえないし、それをミステリーとしても大団円にまとめてくる 豪腕 手腕はすばらしいと思います(笑いながら)。いや本当に。「よくまとめたな!」って、こう、元気になると言いますか。真犯人がわかるシーンで顔笑ってましたもんね。(それもどうか)

この警察のゆるゆるな感じは、警察犬レックスがちょうかわいいドラマ『REX』を思い出しました。『REX』(はウイーンを舞台にしたドラマですが)も独特の雰囲気で、ミステリーとか警察ドラマとしてはどうなのかと思うエピソードも多く、それなのに見ていると何がおもしろいのかわからないんだけどとにかくおもしろいという、非常に頭悪そうな感想になってしまうところも似ているかもしれません。(※個人の感想です)


以下、少しネタバレですので、真っ白な状態で読みたい方は読了後にまたおいでください。


それで何が“「一応」謎解きミステリー”なのかと申しますと、本当に謎が解けるのは“一応”なのです。
別に探偵役のクルフティンガー警部や、警察の人たちの捜査や推理がすばらしいから犯人がわかるわけではないのです。(言い切った。)
そもそも推理が行き当たりばったりで、しかも推理は全部はずれます。
てゆうか推理してねえ。

それでどうやって事件を解決するんだと思われると思いますが、実際に読んでみたら、本当によくこれで解決まで持ち込んだなと、著者の 豪腕 手腕に惜しみない一人スタンディングオベーション状態でした。
クルフティンガー警部が主人公で主な探偵役ですが、私生活はダメだけど仕事は有能というタイプでもなくて、めちゃくちゃどんくさく、言ってしまうと公私ともにドジっ子です。(いいかげん太鼓は車から下ろせよと何度思ったことか)しかも部下に引かれるくらいケチ。本人は倹約家だと言い張ってますが、客観的にはケチ。(2回)
こんなどんくさくてケチな上司をもった部下に同情してしまいそうですが、部下もたいがいナチュラルボーン天然なのでバランス取れてます。
こんな警察でこの地域の治安とは。と考えてしまいますが、殺人事件がめったに起きないそうなので、結果オーライです。

中年の警察官が主人公だと家族関係が冷え切っているというのが多いですが、クルフティンガー警部は美人の奥さんともうまくいってるのかどうなのかよくわからないところだけがリアリティがあると言いますか、家族関係は概ね良好なようで、そこはほっとします。(クルフティンガー警部のお母さんは作家のエーリヒ・ケストナーのお母さんを思い出しました。)

以上、悪口しか言ってねえじゃねえかと思われるかもしれませんが、ほめてます。
だってこれでおもしろいって奇跡みたいじゃないですか。
クライマックス(?)の空港のシーンなんて、絵柄を想像して笑いが止まりませんでした。コントかよ。

内容はけっこう真面目に警察小説の形式を取った謎解きミステリーなのに、カヴァーイラストがコージーっぽくて、読者を選別してしまうかもしれないと思いましたが、登場するドイツの食べ物の描写がとても美味しそうで、うっかりコージーだと思って釣られた人もそうつかまされた気持ちにならずに済むんじゃないかと思います。そう考えたら秀逸なカヴァーですね。(ケーゼンシュペッツレというドイツ版チーズマカロニみたいなお料理があるそうで、これがとても美味しそう。)

こちらにレシピが載っています。→★「ケーゼ・シュペッツレ」



フロスト警部が好きな人は好きそうという感想を見かけました。当たらずと言えどもやっぱり少し遠いと言いますか、フロスト警部のキャラの方がよほど読んでいてしみるような人情に富み、私生活は哀愁にあふれ、おふざけはとことん悪趣味にふざけ、小説としてはいしいひさいち先生に「短篇集じゃないの」と言わしめた超絶技巧モジュラー型。あんな華麗なる職人芸では決してないです。あんなに下品でもないですし。
この根本的にゆるい雰囲気、まじめにやれと言いたいけれどどう見てもまじめにやっていることから来るおかしさ、フロスト警部のブリティッシュネスに比して、どこまでもこれがドイツなんだろうなと思う、ちょっぴり垢抜けないところも含めて、そんな楽しい小説でした。
続きが楽しみです。

シリーズのHPがありました。→
著者のお二人、お若いですね~。Twitterもされているようなので、ドイツ語OKな方は覗いてみられても楽しいんじゃないでしょうか。


ドラマの画像をちょこっとググったところ、こんな雰囲気のようです。
うわーちょう見てえええ(笑)。
d0075857_12343968.jpg
画像はこちらのサイトより。




[PR]
by n_umigame | 2016-09-20 22:31 | ミステリ | Trackback | Comments(0)

『世界を食べよう! : 東京外国語大学の世界料理』沼野恭子編(東京外国語大学出版会)

d0075857_11541737.jpg


人はその食べるところのもの。東京外国語大学の世界各地・各ジャンルの研究者たちが腕によりをかけて贈る30の「食」文化エッセイ。
(Amazon.jpより・画像も)


世界各国の料理を東京外国語大学の先生方がレシピ付きで紹介してくださっているエッセイ本。

帯にずらりと並んだ各国のお料理を見ているだけで幸せな気持ちになります。食いしん坊です。

大学の先生の書かれたエッセイなので、情熱メガ盛りの勢いエッセイではなく、受け狙いもなく、文章はやや硬めで客観的で淡々としたものが多いです。
なので、読んでいて退屈だと思う人がけっこういらっしゃるようなのですが、逆にわたくしはこの客観性がツボにきてどうしようかと思いました。

先生方にとっては「世界」は日常生活そのものか、その延長線上に密接に在るもので、ことさらに言い立てるものではないということはわかります。
わかりますが、「淡々と何を言い出すのか」という、その通常営業っぷりが怖い。


例えば、開いた口がふさがらなかったのが、ロシアの「塩漬けきのこ」です。

今ではフランス料理のサービスの方式だと思われている、料理を一品ずつ給仕する方法(前菜から始まって野菜やスープ、パン、魚、肉、チーズにフルーツ、デザートにコーヒー…という順番でサーブする方法)は、ロシアから始まってフランスに伝わったものであるなど、お勉強になるところから始まって、ふむふむつまりロシアの人はよく食べるということですねと読んでいると、あ、これなら家でもできるかも。と目を引いたレシピが「塩漬けきのこ」でした。

でしたのですが。


●作り方
①森へきのこ狩りに行く。

そこからですか。

食用きのこと毒きのこを峻別すること。

まって。それ素人には無理なんですけど。
しかもここまでが①で、前段階として当たり前の話になってるのって、どうなの。

②食用きのこをよく洗い、

”きのこは水を吸いやすいので洗わないで調理する”という日本のきのこ類の常識も通じないんですか。
通じないんですね。
だってロシアだもの。

適当な大きさに切る。

写真を見るとわかるのですが、これコロボックル住んでるよっていうサイズ。
にっこりロシア美女の顔くらいあるんですけど。
それをこのごっつい大柄なロシア美女が抱えているかご一杯に…。

③鍋に水と塩を入れて火にかけ(以下略)

魔女が鍋で煮物してる姿が頭から離れないのはわたしがファンタジー読み過ぎなの。

④~⑥は省略しまして、

⑦40日ほどしたら食卓へ。

魔女サバトはちょうスローフードでした。
(サバト決定かい)

おとなしくスーパーで買ってきたきのこで塩きのこ作ります。(すごすご…)


ほかにもタイではフォーを食べに行くのは「愛人に会いに行く❤」みたいに取られるとか、中国で揚州獅子頭(揚州風肉団子スープ)が激うまだったので4日間食べ続けたらシェフが出てきたとか、もう、先生方…?
個人的にアジアのお料理がとても美味しそうで、何でも、2011年に世界で一番美味しい料理ナンバーワンに輝いたという(自分のTwitterのTLでも話題の)マッサマンカレーの素が手に入ったので作ってみよう思います。





[PR]
by n_umigame | 2016-09-19 17:32 | | Trackback | Comments(0)

『今日も朝からたまご焼き-お弁当生活はじめました。』森下えみこ著(メディアファクトリー)


栗田みのり(通称みのさん)、28歳。
かわいくって素敵な女子を目指して(節約とか健康とかとかも)
お弁当作りを始めたものの、一筋縄ではいかないようで・・・。
ソコソコ料理はするけれど、お弁当はなかなか続かない独身女子の日々のつぶやきコミックエッセイです。
使えるお弁当グッズや固くならないご飯のコツなど、初心者向けのちょこっと使えるコラムもいっぱい。
(Amazon.jp)


『女どうしだもの』『独りでできるもん』などの森下えみこさんのエッセイ。初・森下えみこさんです。

お弁当生活に戻って半年、比較的のんびりと戻らせていただいていることもあって、お弁当作り、楽しいです。と言っても、大したものは何も作っていないのですが、自分で作ったお弁当でもお昼にお弁当箱のふたを取る瞬間って何だかわくわくしますよね。
あれからまたひとつお弁当箱を買ってしまったのですが、その話はまたにしまして、お弁当のコミックエッセイってめずらしいかも、と思い読んでみました。

絵柄も可愛いし、さすが人気のコミックエッセイストさんで、さらっと気楽~に読めました。
ただ、あくまでもお気楽コミックエッセイであって、お弁当作り初心者の人が参考書にしようと考えているなら、正直、あんまり役に立たない本だと思います。ごめんなさい。
でも本当に、寝る前にぼーっと読んでいると何となくこりがゆるむ本です。

主人公のみのりさん、なんせ、28歳になるまでハンバーグを作ったことがないし。
マジか(笑)。
ハンバーグなんて若者の大好きなお料理トップ5にオールタイムで食い込んでるだろう、だったら、家族のためにではなくても自分のために自分で作るだろう。(←食いしん坊。)
とにかく料理しなれていないから、段取りが悪いというか「段取り」っていう発想がそもそもがないのです。
例えばそぼろ弁当を作ろうとする話が出てくるのですが、そぼろ弁当なんて作り置きで全部まかなえるスタメンやで。朝1分でも長く寝ていたいものぐさのためにあるようなメニューやで。ハンバーグだって多めに作って、余ったら、じゃなくて、もう「これはお弁当用」って決めて冷凍しておけばええんやで。
みのりさんはまず、朝の時間を短縮するためには段取りが大事だということを、ぜひ知ってほしいと思います。
(朝、毎日一から全部お弁当を作るなんて本当に大変なので、そんなの挫折して当たり前田。
全部朝から作ってます!家族のためにトーゼンですキリッ☆っていう方もいますけど、そんなん見習わなくていいんやで。(←。 
「立派デスネ!」ってほめるだけほめといたらええんやで。(←。
「よそはよそ、うちはうち」って子どもの頃親に言われたでしょう、ここぞとばかりにそれを発揮したらええんやで?(←。)

しかも、みのりさんがお弁当を作り始めた動機が職場の男子にほめられたいからという、ないわ~わたくしの場合、それはないわ~(だから今があるんだ~ほっとけ~)。
なんで、彩りが可愛いとか男子受けがいいかとか、そういうところに目が行っちゃっていて、経済的かどうか、栄養バランスはどうかというような、一番大事なところは全部すこーんと抜けているお弁当です。

みのりさんもすごいけど、同僚の名倉さんのお弁当もすごい(笑)。

継続は力なので、確かに、続けるためにたまには大いに手抜きの日があってもいいと思うのです。ごはんにふりかけ+ゆで玉子だけとか、食パン+ハムとスライスチーズだけとか。栄養バランスも一日で絶対取らねば!となると大変だし、きりきり考えてるとストレスになるので、2~3日から1週間くらいのスパンでバランスが取れていればいいと思います。
なのですが、名倉弁当(命名)みたいなお弁当が毎日、何ヶ月も続くと、さすがに心身にも影響が出てくると思います。人間は食べたものでできているので。

「お弁当箱は大は小を兼ねない」「とにかく続けることがだいじ」など、基本的なことも教えてくれてはいます。

そんなみのりさんの様子を見て、なんだ、これでいいなら自分でもできるかもという、そういうモチベーションの上げ方が好きな方には、お弁当作りの参考書としてもおすすめいたします。

わたくしの場合は、家族のお弁当を20年以上作っていますといった大ベテランの方にはとうてい及びませんが、それでも共感できたところは、お弁当作りを続けていると「いかに手を抜くか」に腐心するようになる人と、どんどん凝ったものを作るようになっていく人とにわかれていくということです(笑)。
んー、わかるなあ。わたくしは時間さえ許せばどんどん凝ったものを作りたくなってしまう方。オタクなんで(笑)、すみません。





[PR]
by n_umigame | 2016-03-21 00:15 | コミックス | Trackback | Comments(0)

『良いかげんごはん』たかぎなおこ著(ORANGE PAGE MOOK)オレンジページ


記念すべき三十作目となる、たかぎなおこの「ふつうの日のごはん」マンガ。「実家風おでん」や「余りもの麻婆豆腐」、「風邪ごはん」など 共感&空腹必至の日々ごはんを手描き・フルカラーでおいしく描きます。著者の「ひとり暮らし」が読めるのはこの本でラストかも!?
(Amazon.jp)



『ひとりぐらしも何年め?』で判明(笑)したとおり、あるいはすでに著者のHPでも公表されているとおり、たかぎなおこさんは18年に及ぶという一人暮らしを卒業されまして、ご結婚されました。おめでとうございます❤
ですので、これが最後の"一人暮らしだったとき本"となるようです。

たかぎなおこさんのエッセイはけっこうたくさん読んでいるのですが、いつもごはんが美味しそうだなあと思っていました。
特別なごちそうや珍味を食べるとか細かいこだわりがあるといった、いわゆるグルメでは全然ないのですが、基本的に食べることが大好きで、何を食べるときも楽しんでらっしゃるのが伝わってくるのですね。それが例え丼メガ盛りのホウレンソウのおひたしだけだったとしても、とても美味しそうに食べる姿が、ほんとうにたまりません。
盛りつけも食器も素朴なのですが、素朴にセンスが良いというか、見ているだけでほんわかします。(山本ゆりさんのふだんごはんのように、あの飾り気のない雑さ豪快さも大好きですが(笑)。)
ごはんとビールが大好きで、人間ドックで血糖値が高めも、むべなるかなという食生活ではあるのですが(笑)、栄養バランスにもある程度気を配ってらっしゃることもわかります。

個人的に懐かしかったのは、つくし! 子どもの頃はつくし取り部隊担当でした。祖父の家の敷地に大量に生えるので、それをいとこたちと摘んで、母やおばたちが佃煮とかにして、親戚にばらまくまでがつくし担でした。
そうそう、あの袴を取るのがめんどっちくてですね。指にぺたっとくっつくし(つくしだけに…)、作業が終わって手を洗っても青臭~いにおいがしばらく落ちないんですよね。
蕗の薹も取りに行ってました。田舎の子で山の子で昭和の子だった方には、春のあるある行事ではないかと思います。
(たかぎさんは、お母さまがご存じのつくし繁殖エリアに取りに行ってらしたようですが、他人の土地でも生えてたら取ってもいいのかしら…。)

ずーっと見てきていて、ひとつだけ納得いかないのは、トマトがこんなに好きなのにマヨネーズをかけちゃうこと。そのままでも十分美味しいのに、もったいない~。塩もかけてるようですね。
最近のトマトって、昔ほど酸っぱくて泣きそう、みたいなものがなく、多少水っぽいことはあっても平均的に美味しいと思うのですが。(それだけ品質管理が進んでるということで、おかげでけっこういいお値段ですが…わたしもトマト大好きです…いっこ400えん近いトマトゼリーをコンビニで買ったこともあります…一回だけ…高い(;>д<)…トマト3こくらい買えるおねだんなのに)

もうひとつ気になったのは、和食がお好きみたいで脂肪分は控えめなのはグーなのですが、どうしてもごはんやビールには塩分が多いものが合うので、そんなものをたくさん食べてらっしゃることですかね。少し控えられた方がいいですね、っていう、おまえはたかぎさんの主治医かよという感想がよぎりました。


ただ、一人暮らしのときからほんとうに良い意味で「適当」で、特にそれは量に表れていました(笑)。
これ女性の一人分には多くない? と思いつつ見ていたことも少なくないのですが、ご本人も「作りすぎた!」と思いつつ作ってらっしゃったようです。
毎日家にいる時間を、自分である程度自由にできるフリーランスの方だからこそ、作りすぎても毎日毎食自宅で食べられるから問題がなかったようなものの、会社勤めや出張が多い一人暮らしだと思うように残り物も消費できないので、こうはいかないかなと思います。
ごはんは冷凍しているのに、おかずは作り置きしておくという発想がなかったのは、ある意味うらやましいですね。毎日毎食一から作る時間的な余裕があるということなので。
お友だちにも言われていますが、毎日毎食一から支度してごはんを作るって、本当にたいへんです。野菜の下ごしらえだけでも、その時間的なロスはバカになりませんよね。
これからはご夫婦共働きで、いっしょに食事をされるのであれば、いろいろと工夫が必要になってくると思われます。


これからは二人ごはんも見せていただけるのかな? と思い、そちらもこれから楽しみです。





[PR]
by n_umigame | 2016-02-14 22:21 | コミックス | Trackback | Comments(0)

『syunkonカフェ雑記:クリームシチュウはごはんにあうか否かなど』山本ゆり著(扶桑社)


月間600万PVを誇る超人気ブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」
そして累計350万部突破のベストセラー料理本『syunkonカフェごはん』
シリーズの著者、山本ゆり初めてのエッセイ&レシピ集。
簡単でおいしい料理もさることながら、そこに添えられた文章が秀逸で
絶大な人気を誇る著者が過去2000を超えるおもしろ話の中から、
大反響の90編+αに加筆。
さらにエッセイにちなんだオリジナルレシピを追加しました。
笑いあり、屁理屈あり、ちょっと切ない話あり。もちろん、おいしい話も満載です。
「役に立たない本かもしれませんが、ちょっとだけ肩の力が抜けて、
読んだ人が今の人生でもいっか! と思えるような本であればうれしいです」(著者)
「この世にぴったりの靴がほとんどない件」
「毎年、去年裸で過ごしてたんかな?と疑問に思うほど着たい服がなくなる」
「今自分が考えている50分の1も他人は自分のことを考えていない」
「飲み会に当日いきなり行きたくなくなることってないですか?」
「レモン1000個分のビタミンCってそんなにいる?」
「美容院にて。流したりないところはありませんか?それはこっちが聞きたい」
「駄菓子屋のおばちゃんはぜんぜん子供好きではない」
…などなど、600万人ファンの心を掴んで離さない軽妙な関西弁と
独自の鋭い視点で綴る女子の日常。
思わずにやににや 笑ってしまう珠玉のエッセイ。
さらに料理が下手でも簡単につくれる! おいしい新作レシピも多数掲載!
(Amazon.jp)




お正月だもの初笑いにいかがですか第1弾。

「お料理etc.」なのは、ブログの読者の方はご存じかと思いますが、ただのレシピブログではないからです。
カフェごはん的なおしゃれ写真にだまされたと思いつつも次々と涙目で読むはめになってしまい、「"揚げない鶏のからあげ"のレシピを探していただけなのに、アタシはなぜこんな目に? もうあっというまに一時間よ? だまされた!」と、涙を拭きながら読んでいました。笑いすぎて。 

どの記事をご紹介しても顔が笑うのですが、当ブログにお越しの方は洋画好きな人も多いかと思われますので、試しにこちらを。

■感激します!!めっちゃ柔らかいラフテー。

用意するものが、まず『タイタニック』のビデオ(前編)ですから。
そんなレシピブログ見たことないわ。

この本以外にも、レシピ本が5冊出ていて、内容はほぼレシピなのですが、取調室風とか、小ネタが料理全然関係ないみたいなものもあって、むしろそればっかり読みたいくらいです。
料理家のはずなのに、おしゃれカフェ風ごはんのはずなのに、そうではない日常の晩ご飯とか、見るとほんとうに勇気が出ます。あまりにも雑で。(ほめてます)(同様の意見多数)食べかけとかね。
そういう写真でも気取らず飾らず、もろ見せなのが、もう。好き。

笑いを取ってきつつも、ちょっとまじめな記事もあり、お人柄が見えるようで読んでいて本当に気持ちがいい本です。
例えば、ブログを書くということについて。この記事はブログを書いている方にはぜひおすすめしたいです。ブログやSNSをやっていて、ときどきもやっとするときに読むと、本当に気持ちが楽になります。

また、個人的に、山本ゆりさんの関西弁は、文字で読んでいるだけでもとてもなつかしいと思っていたら、たぶん10代の頃の生活エリアがものすごく近いです。
ひとくちに関西弁と言っても近畿二府四県で語彙やイントネーションが多少違い、さらに大阪府の中でも摂津、河内では違い、摂津の中でも京都寄りの北部(北摂)とそうではない南部では違い…という、関西以外の地域の人にはわかりにくいと言うか、きっと聞き分けられないと思います(笑)。(わたしだってほかの地域の言葉のニュアンスはわかりません)
なので、中学のときのおもしろい友だちがしゃべっているのをずっと聞いているような安心感や気持ちのよさもあって、ものすごく自分のツボにはまったのだろうと思います。

それをさておいても純粋におもしろいですので、関西弁が嫌いだとか、文字で読むのも苦手だという方以外にはぜひぜひおすすめいたします。まずはブログでお試しで読んでからでもいいですしね。

ただ、やはり本になるということは、編集者などの第三者の目が入っているので、読み物としてブラッシュアップされています。その分、読みやすいです。
ブログでもほぼ同じ記事が読めますが、料理のレシピ以外に、ご家族のことや仕事のこと、お友だちとのことなどなど、とにかく「友だちがいろいろしゃべってる」感じのブログですので、正直、とっちらかってます。(壮大な「おまえが言うな」。)目移りしますし、同じ前置きが何度も来ますので、あまり時間がないけど笑いたいという方には、むしろ本の方でどうぞ。

あ、著者の名誉のためにもつけくわえておくと、実際に作ってみたお料理も美味しかったですよ!
「濃いすぎる」「若い人向き」という感想も見かけましたが、そんなもん、味とか調味料は自分で好きに調節したらいいんです。ファンション誌のコーデ丸パクしないでしょう。モデルさんと同じように着こなせるわけないじゃないっすか。レシピだってそうですよ、ええとこどりでいいんですよー。って、この本読んでたら改めて思いました。




[PR]
by n_umigame | 2016-01-02 22:09 | | Trackback | Comments(2)

イコちゃん弁当2015ver.再現編

悲しいとき。
551のないとき。(※関西人にしかわからんわ)

ではなく。

悲しいとき。
それは食べたものがおいしくなかったとき。

今年(2015年)発売されたイコちゃん弁当第2弾のお味が、何度反芻してもいまみっつで、牛だったらとっくに人生を考え直したくなっているであろう今日このごろ、全国のイコちゃんファンの皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

「だったら作り直せばいいんじゃない?」

ある日の帰り道、ふと思い立ったが吉日とばかりに材料がたまたまスーパーにあったのがいけないの。



そんなわけで、再現してみました、イコちゃん弁当2015年ver.。

にせみ(仮)さん、またやっちまったな…と生温かく微笑んで見られる心の余裕のある方だけ、つづきからお入り下さい。
さあ帰ろうというときにめんどくさい残業するはめになった、クライアントからどうかと思うようなクレームが来て対応だけで一日潰れた、テストの成績が悪かった、デートの約束がまた先送り、自販機で「あったか~い」を押したら「つめた~い」が出てきた、今日がそんな一日だった、そんなあなたはブラウザでお戻りください。ご縁があればまた。そんな日もあるさ。Tomorrow is another day, alive again.







More
[PR]
by n_umigame | 2015-11-07 21:15 | ICOCA/イコちゃん | Trackback | Comments(2)

イコちゃんディナー:イコちゃん弁当編

全国10,000,000イコちゃんファンのみなさま、ごきげんよう。

今宵はイコちゃんディナーショーakaにせうみがめ家残り物お片付けデー第2弾へようこそ。

今回は、駅弁の淡路屋さんから鮮烈(でもない)★デビューを果たしたイコちゃん弁当です。

イコちゃんのお弁当自体は2回目で、今から4年半前にもこんな形で発売されたことがあります。
こちらの第1弾のときは、陶器製のイコちゃん型お弁当箱がかわいくって、思わずリピ買いしてしまったほどでした。中身はそぼろ弁当でした。(詳細をお知りになりたい方はこちらの記事もよろしければご参照くださいませ)

4年前のときは売り切れ続出でゲットするのがたいへんで、予約して取りに行った覚えがあるのですが、今回「そう言えば今日、発売だったな~出てきたついでに見に行くだけ行ってみるか、きっと鉄さんたちの通ったあとでハイエナの通ったあとみたいに売り切れだろうけど」と行ってみたところ、余裕で買えました。

どころか、売店の店員さん、暇もてあましてた。

つか、閑古鳥鳴いてるように見えた。


これはいったいどうしたことなのだろうか。
イコちゃんの魔法がとけたのか。そうなのか。
閑古鳥だけは鳴かしたらいけません。鳴かぬなら鳴くまで待っても、鳴かしてみせてもいけません。
レッツ・ゴー。


てなわけで、また画像が多くてびよーんと長くなってしまったので、たたんでおきますね。



More
[PR]
by n_umigame | 2015-11-05 22:01 | ICOCA/イコちゃん | Trackback | Comments(0)

500ml弁当箱クエスト、その4:使い捨て弁当箱編

もうどこまでも行くよ。

今回も何かの間違いでこの辺境ブログへ流れ着いてしまわれ、お弁当ブログだと思われてしまった方には、ひとこと申し上げたいと思います。
「ブラウザで戻れ」、と。

それでも、これも何かのご縁だから毒を食らわば皿まで食うわ、いただきまーす。という方へは、この当たりからまずお目通しくださいますようお願い申し上げます。


今回は「使い捨て弁当箱編」。

飲み会ある日って特に、家に帰ってからお弁当箱を洗うのめんどくさくないですか。ないです。そんな方もブラウザでお戻り下さい。

「めんどくさい。」
「ちょうめんどくさい。」
「飲み会の帰りに弁当箱を捨てていける場所があったら捨てたい」
「でも可愛いお弁当箱には思い入れがあるから、あとから供養に行きたい」
「のちの”弁当箱塚”である。ないけど」
「”弁当箱塚”ではちゃんと弔いをしないと三代先まで祟られるという。ないけど」
「妖怪”べんとうづか”があなたの家までついてくるという。ないけど」
「”べんとうづか”の鳴き声は<ヅカーーーー!>である。ないけど。あとタカラジェンヌとそのファンにあやまれ」
「ごめんなさい」

という怖い妄想まで出てしまうレベルで洗うのめんどくさい。

「そもそもお弁当作らなければいいじゃない。一日くらい」

それができればそうしてますという話です。諸事情あるのです。

相も変わらぬ長っがい前置きの末に行き着いた先は、使い捨て弁当箱で500ml未満のものはないかということです。
目指したのは100均。
ビバ、100均。

ありました。
これです。じゃん。

■カレーツナピラフ弁当
d0075857_23165663.jpg

これで400ml。
無理すれば470ml入りそうでした。(計った)

d0075857_23184737.jpg


内容は、
・カレーツナピラフ
・うずら卵とミニトマトのスティック
・白菜とニンジンの浅漬け
・ニンジンのハニーレモンサラダ
・金時豆の甘煮

もちろん当日何一つ作ってない弁。
やる気ねえ詰め方ですね。
あれですかね、お弁当箱を捨ててしまうという気の緩みがいつものセンスのなさに拍車をかけるのでしょうかね。(※おべんとばこのせいにすると妖怪”べんとうづか”が出る。ないけど。)

しかも困ったことに、ふたがかちっと閉まらないので往生しました。
仕方がないのでテープで留めた。
d0075857_23224648.jpg



そう言えばおまえさん、ほかにもお弁当箱買ってたろうよ、あれどうしたよって?

ちゃんと使ってますよう。

■とり肉のハワイアン弁当
d0075857_23254841.jpg

スタンダードなアルミのお弁当箱は使いやすいですね、やっぱり。

d0075857_23272953.jpg

内容は、
・とり肉のハワイアン風ソテー
・ニンジンのハニーレモンンサラダ
・うずら卵とミニトマトのスティック
・ごはん(3分の1合くらい)
・五色の花むすび(ふりかけ・市販品)

副菜は作り置き。(一目瞭然)
やっぱりずっと朝15分弁当です。

ザ・弁当箱って感じが好きです。
d0075857_2330457.jpg


■たらの西京焼き弁当
d0075857_23311650.jpg

・鱈の西京焼き
・だし巻き玉子
・かぼちゃの煮物
・ニンジンと三度豆のごま和え
・ブロッコリの塩ゆで
・ミニトマト
・金時豆の甘煮
・ごはん(3分の1合くらい)
・白ごま

魚はお安いときに切り身を多めに買っておいて、味噌漬けにしておくと便利なのでついついこればっかりになってしまいます。冷めても美味しいし、ごはんとも合いますしね。
金時豆の甘煮は袋半分くらい作って、冷凍しておくと1ヶ月はもつので便利。

d0075857_23353712.jpg


■チキンピカタ弁当
d0075857_23385044.jpg

・チキンピカタ
・かぼちゃの煮物
・ニンジンと三度豆のごま和え
・ブロッコリの塩ゆで
・ミニトマト
・金時豆の甘煮
・ごはん(3分の1合くらい)
・五色の花むすび(ふりかけ・市販品)

主菜替えただけ弁・第一弾。

でもお弁当箱も替えてみると、気分もがらりと変わる、マンネリ打破マジック。
可愛いお弁当箱ってすてき。
このお弁当箱はほんとうに大ヒットでした。

d0075857_23424495.jpg

シャインマスカットがワンコインで買えたので、奮発して買ってみました。
ふつうの種のあるマスカットより美味しくてびっくり。
写真に撮るつもりだったのできれいめのを入れてありますが、さすがにワンコインだと見切り品価格で、よく見ると細かい疵があったり、行きすぎの粒もまじっていました。それでもすごくお買い得でしたけど。

d0075857_2344521.jpg

チキンピカタは、とりむね肉を塩ゆで鶏にしておいたもののリメイクです。
ピカタ液に粉チーズをまぜて作ると、満足します。
塩ゆで鶏も便利なので、ちょくちょく作ります。お安いむね肉であんなにしっとり美味しいものができあがるってのもいいです。一食50円からせいぜい80円くらいでお肉がいただける幸せ。

d0075857_2345328.jpg


うむ。

あと、タッパに準ずるので、野田琺瑯のラウンドもいいんじゃね、ってことで詰めてみたのがこちら。

■からあげ弁当
d0075857_23521640.jpg

内容は、
・鶏の唐揚げ
・かぼちゃの煮物
・ニンジンと三度豆のごま和え
・ブロッコリの塩ゆで
・ミニトマト
・金時豆の甘煮
・ごはん(3分の1合くらい)
・五色の花むすび(ふりかけ・市販品)

主菜替えただけ弁・第二弾 & 当日何一つ作ってない弁・第n弾。

まるべんはやっぱり可愛いですねえ。
この野田琺瑯のラウンドは直径が12cmのものですが、これも470mlくらい入るのですよ。今のわたしにぴったんこ。
自分弁当は副菜が毎日同じでもいいのがいいです。
ランチクロスは毎日替えているので、副菜がほぼ同じ日がきっとほかにもあったはず。いつだろう…。

この記事を見て、え、お弁当って主菜替えるだけでいいのかよ!ちょう楽チンじゃん!とか思っていただければ幸いです。
楽チンがいいのです。楽チン以外のことはもうしたくないです。


ちなみに、飲み会は一滴も飲めない状態で臨んだことを最後に添えさせていただきます。(号泣。
[PR]
by n_umigame | 2015-11-01 00:02 | 日々。 | Trackback | Comments(0)

マグリット展とジュールス・デストルーパー

すでに終了しているのですが、京都市美術館で7月11日(土)~10月12日(月・祝)まで開催されていた「マグリット展」を見に行ってきました。

d0075857_1545579.jpg


当日は休日ということもあって、会期終了も近かったというのに、お隣の「ルーブル美術館展」は50分待ち、お目当ての「マグリット展」は30分待ちでした。
じりじりと照りつける残暑の太陽の下、本を読みながら待っていたのですが、涼しくなってきていたので油断して日傘も帽子も持っていかなかったことをたいそう後悔しましたとも。残暑で焼けたら戻らない。戻らないのよー!!(トシ。)

d0075857_15451674.jpg


マグリットの作品は、美術の教科書にも「大家族」などが掲載されているので、日本でも認知度が高く大人気なのですね。
シュールで、どう解釈するのか、そのときの精神状態や自分の蓄積してきたものが試されそうで、怖い作品たちでもあります。

そんな中でわたくしの一番見たかった作品は、「光の帝国」。「光の帝国」というタイトルの作品は複数存在するそうで、今回の回顧展では、「光の帝国II」が展示されていました。
この作品を知ったのは、2005年の「愛・地球博」のベルギー館で。(10年前とかおそろしい…。)
マグリットの、あの青空が広がっているのに、林に隔てられた街路には街頭が灯っていて、時間が断絶しながら同時に存在しているような作品です。(小さいですが、下に絵はがきの画像があります。検索してもすぐ出てきます。↓)
ベルギー館で見たときは巨大なオブジェとして掲示されていたのですが、実物を見るといたってふつうのサイズで、 79 cm x 99 cmとのこと。決して大きい作品ではないのですね。
ですが、やはりじっと見ていると吸い込まれそうな、不思議な感覚になります。この街頭の灯っている家に入ったら、二度と帰れなくなりそうな。
有名すぎる「大家族」は、一番最後に展示されていました。


さて、美術展に行くもうひとつのお楽しみ。
それは、ミュージアム・ショップを見ることです!


今回の戦利品。ばん。(て言うほど買ってない)
d0075857_15452737.jpg

・ポストカード(2枚)
・山高帽消しゴム付き鉛筆
・ジュールス・デストルーパーのマグリット展限定缶

山高帽消しゴム可愛いvvv ぱっと見てこれだけは絶対買って帰ろうと、持ってうろうろしていました。怪しいやつ…。
3Dプリンタで、作品から忠実に抽出した公式グッズだそうです。
d0075857_15472950.jpg


ミュージアム・ショップのスタッフさんたちは、皆さんおそろいでこの山高帽をかぶっていて、可愛くってステキでした。
あんなに混雑していなければお写真撮らせていただきたかったのですが、無理。もう「ここから出して-!」ってくらい混でました。

スタッフさんのコス(違う)(制服!)お写真始め、ほかのステキなグッズはこちらに詳しいです。

■◆京都 マグリット展 グッズを買うならコレ!◆入場者数10万人突破☆歴史に残る大回顧展をどうぞお見逃しなく!◆

今回買ったグッズの中で、実は一番のヒットだったのは、ジュールス・デストルーパーの限定缶(バタークリスプ)です。
なんですかこれ、めちゃくちゃ美味しい!

このときちょうどメグレ警視ものの自分内プチ祭りになっておりまして、「あ、メグレのパイプみたい❤ ジョルジュ・シムノンもベルギーの作家だしな。買いましょう、モナミ。そうしましょう」(作品混じっとる)と、買ってみることに。
今食べられるものに制限があるので、できるだけ添加物や油が良くなさそうなものを使っている食品は避けているのですが(自分人体実験の結果、そういうのに当たるとおもしろいくらいおなか下します)、原材料が「小麦粉、砂糖、バター、卵、食塩、重曹」。
日本のクッキーやケーキなどにほぼ入っているショートニングが使われていないし、保存料もゼロだったのがありがたく、買っていきました。(今、欧米の方がトランス脂肪酸の規制が厳しいようですしね。輸入品の方が安心なものも多いのかも。)

あんまり美味しかったので、ネットで追加で購入して、今もちびちびいただいています。
バターの香りが豊かで、一枚でもじゅうぶん満足できるので、意外とコスパも良いところがさらにお気に入り。
甘みもくどくない程度にしっかりしていて、お供に砂糖なしのミルクティー。
d0075857_1605884.jpg

マグリット展限定缶は、レギュラー商品の「ミニレトロ缶」と同じサイズのようで、中身は7枚ほどしか入っていなかったので、どーんと大きい方の缶を買ってみました。

d0075857_16155368.jpg


ほかにも「バターワッフル」というハードワッフルも3枚入りのお試しサイズがあったので食べてみました。
どちらも美味しいですが、個人的には、こちらのバタークリスプの方が好みです。「クリスプ」というだけあって、歯ごたえがあって、豪華な洋風瓦せんべいみたいな。(おしゃれ感台無し)(王室御用達になんてことを)(瓦せんべいも好きなんで)(温泉せんべいも好きなんで)

そんなわけで、知らなかったのですが、ベルギー王室御用達だそうです。

■JULES DESTROOPER(公式サイト)

■同、商品ページ

日本ではAmazonや輸入食品店などでも取り扱っています。


ところで、京都市美術館っていつ行っても狭いし薄暗いし、昔の建物、という感じですね。
(「いつ行っても」とか当たり前だ。)
昔の洋館は好きなのですが、京都市美術館に行くといつも「今火事とか地震にぜったい遭いたくない」と思ってしまいます。美術館として運営されているので、もちろん消防法とか建築法とか、現代の基準に照らし合わせて合格しているのでしょうけれど。
[PR]
by n_umigame | 2015-10-18 18:21 | 日々。 | Trackback(1) | Comments(0)

500ml弁当箱クエスト、その3

どこまで行くんですか。


どういうわけだかやっぱり「500ml弁当箱シリーズ」(もはやシリーズかい)のアクセスが微妙に多く。(当社比)
もうこうなったら、物好きな奇特な方々のために、お弁当作りにスイッチ入っているうちに、ご参考になりそうなところだけでも記事にしておきますよ。

当ブログのお弁当については最初にこちらでご案内したとおりでございますので、うっかりお弁当ブログだと思って流れついてしまわれた方は今すぐブラウザで「戻る」推★奨です。



初めて来た方へ~これまでの*あらすじ*~
久しぶりにお弁当生活に戻ったわたしだったが、世の成人向け弁当箱はおおむね大きかった。
大きい弁当箱に詰めた少なめのおかずやごはんは見た目が悲しく、わたしは旅に出たくなった。
実際、500mlくらいの小さめの弁当箱を探しに旅立ちかけたが、家にあったタッパとネットが半日で解決。
ビバ、21世紀。
旅は終わった。そもそもその前に家の中、探せと。
だが俺たち(誰)の冒険は今始まったばかり。






まずこちらのお弁当箱で、今回は丼じゃない弁。

■鰆の西京焼き弁当(←名前もつけてみた)(オサレブログみたい)(勘違いも甚だしい)
d0075857_158441.jpg


d0075857_15101181.jpg


内容は、
・鰆の味噌漬け焼いたやつ
・だし巻き玉子
・かぼちゃのナッツサラダ
・3色オリーブ炒め(しめじ/パプリカ/三度豆)
・ミニトマト
・ブロッコリ塩ゆで
・ごはん(3分の一号強)
・五色の花むすび(ふりかけ・市販品)

シーガルのオーバル16cmについていたカップに
・キウイとパイナップル


作り置きはこれでストック終了でした。

鰆って魚偏に春って書くくせに、旬は春と晩秋の2回あるんですね。
字を当てた人は「サワラ!! 春! 春の魚!! 出会い! 別れ!! ひゃっほー!!!」となっていたはずなのに(知らんけど)、晩秋も美味しいとわかってどう落とし前つけんのかと心配です。(ほかに心配事ないのか)

「五色の花むすび」(商品名)は、お弁当ブログさんで見かけて一度使ってみたかったのですが、ごはんが冷める前にかけたせいで、写真撮るときにすでにしんなりしてしまいましたけど、オサレブログじゃないから笑って許して。そもそもミニトマトはみ出してるし。あきらめるという選択肢はなかったのかと。
五色の花むすびは、すごく可愛いです。添加物もないし、うれしい。

もちろんこれで400ml。
多いくらいでした。侮れないわ、500ml未満弁当箱。信じられないくらい入るわ。
とか思いながらデザートにフルーツつけるとか。

予想通り、お昼食べたあと苦しくて、我ながら何をやっとんねんと。


お次は番外編的な。


■サンドウィッチ弁当
d0075857_15251523.jpg


d0075857_15252811.jpg


内容は、
・たまごとハムチーズサンドイッチ(6枚切りパン2枚分)
・3色ピーマンのツナマヨしょうゆサラダ
・ミニトマト+チーズピック
・シャインマスカット

チーズ割れてるけどオサレブログじゃないから以下略。

食べた感想:多かった。(学習とか反省とか)

食べきれず残した…もったいない。
d0075857_15312068.jpg

2切れ(パン一枚分)くらいが今のわたしには適量のようです。
家だったら一枚しか食べれないくせに、お弁当だったら2枚いけると思った根拠はなんなんですか、にせうみがめさん?

実験結果:500ml弁当箱がジャストサイズの人は6枚切りパン2枚は多い。(見てわかれ)

お弁当生活に戻ったので、ふだんふらふらしていてもランチグッズに目が止まるようになりまして。

某大きめ雑貨店のお弁当箱コーナーで、このスヌーピー(左)に一目惚れ。
d0075857_1538932.jpg

ウッドストックともどもすっごい可愛くないですか。
可愛い。可愛い。すっごい可愛い。
でもすでにお弁当箱3つ連続で買ってしまったからなー…。
あ、サンドイッチケースもある。
そうだ、サンドイッチ用のお弁当箱って持ってない。
買おう。
買ったからにはサンドイッチ弁当作ろう。

ザ・本末転倒。

これからも活躍してもらいます。

ただし、パン少なめで。(だから学習とか反省とか)

d0075857_1545138.jpg


有元葉子さんの『「和」のお弁当』、ステキです。作りたいレシピがいっぱい。
有元葉子さんのレシピは、関西人のわたしにはちょっと味付けも色も濃いかな~と思うことも多いのですが、アイデアはどんどんお借りして、適当に調味料を調節して作っています。
(魚とかお肉とか、明らかに焦げてるんだけどこれだいじょうぶなのかなと思うことも…この意外とダイナミックなところもお気に入りです)


カレル・チャペック紅茶店でいただいたナプキンも持って行きました。
かわいい。
d0075857_15514361.jpg

[PR]
by n_umigame | 2015-10-17 21:58 | 日々。 | Trackback | Comments(0)

Welcome. 本と好きなものがたり。


by n_umigame
プロフィールを見る
画像一覧