「ほっ」と。キャンペーン

タグ:ニューヨーク ( 11 ) タグの人気記事

『「アメリカ社会」入門 : 英国人ニューヨークに住む 』コリン・ジョイス著/谷岡 建彦訳

(NHK出版生活人新書) 日本放送出版協会

ニッポンの次は、もちろんアメリカだ。
コーヒーより紅茶が好きな英国人が、「無知」と「非礼」に耐える勇気を携えて、ニューヨークに暮らすことを決意した。

『「ニッポン社会」入門』の著者が放つ、待望の第二弾!

ニューヨーカーたちは思いのほか丁寧で愛想もいい。でも、心しなくては。その親切な仮面の下では、何か巧妙な悪だくみが進行しているかもしれないから。「ニッポン社会」への入門を無事果たした英国人ジャーナリストの次なるターゲットはアメリカだった。スポーツ、ユーモア、社交、格差、幸福感…。母国イギリスとのさまざまな比較から見えてきた「アメリカ社会」の意外な素顔とは。 (Amazon.jp)


第2弾だそうですが、第1弾『「ニッポン社会」入門―英国人記者の抱腹レポート 』未読でいきなり第2弾から。
著者は(お名前からも想像がつくように)アイルランド系のイギリス人。オックスフォード大学を卒業後1992年に来日し、2007年に渡米され、そのときどきにそれぞれの国で見聞きしたことを、イギリス人らしいユーモアとアイロニーを込めて書かれたエッセイです。

ジョイスさんは最初、日本の方がアメリカよりカルチャーショックを強く受けるだろうと思っていたそうです。ところが、日本では「人間のやることはそんなに変わらないな」という感想を抱くに至ったのに、イギリスのいとこと言われるアメリカで受けたカルチャーショックの方が大きかったと述べておられます。

これはわかる気がします。
日本人が例えば中国や韓国へ行くと、何となく似ているような先入観をみごとに裏切られた思いがするのと似たような感じなのではないでしょうか。
似ている、共通点がある(はずだ)という先入観があるがゆえに、そのギャップが大きいのだと思います。

また、実は近いがゆえに、近親憎悪というか、他人がしていたら許せることも肉親がしていると許せないことってありますよね。そういう面もあるのかもしれないなあと思いながらこの本を読んでいました。

「どうして、こんな奇妙な信念を抱くにいたったのだろうか?」
「なぜ、あんなに陽気なんだ?」
「あの、根拠のない自信はどこから来る?」
「あまり外国へ出かけたがらないのは、なぜ?」
「どうして、そこまでして働く?」
「あんなに大金をかけておきながら、どうして出来上がった映画はろくでもないの?」
「お互い、いがみ合ってばかりいる国民なのに、愛国心だけは強いというのはなぜ?」
「どうして、なんでもすぐ裁判に持ち込むの?」
などなど、アメリカ以外の国の人がもれなく感じているであろう疑問をジョイスさんも抱き、そして(それこそアメリカ人のようにさしたる根拠もなく自信をもって)安易に結論づけたりはしないけれども、それぞれの疑問に真摯に向き合いつつ描かれる「ジョイスさんの見たニューヨーク」が楽しいです。

最終章「アメリカ社会のおかしなところ」だけが、アメリカ社会に対する批判的見解ということになっていますが、「いやいやオカシイだろ」といったツッコミが著書全体に底流していて、またそれがおかしくて笑えました。笑えたということは、わたくしもジョイスさんに共感しているということだと思われます。

「ネットワーキングにはぞっとした」という章も、いたって健全なジョイスさんの精神に乾杯したくなりました。
ネットワーキングとはつまり、自分の仕事やキャリア作りに役に立つ人脈作りのことなのですが、イギリスでは(あるいはジョイスさんの考えでは)それは「有力者に取り入ってゴマをする行為」であって、少なくともおおっぴらにすることではない。知人や友人が自分の仕事に役に立つのは副次的なことで、もし結果的にそうなりそうだったら、自分の友情が打算に基づくものではないことを示すために、友人の協力の申し出を断ると。
ジョイスさんが「あまりに功利主義的で不誠実」と感じるアメリカでのネットワーキングは、裏を返せば、役に立たないと自分が判断したとき、絶たれてしまう関係であるということですよね。
そういう「必要なときだけ必要なものを(不要になったらもう不要)」という「使い捨て」感覚が人間関係にまで浸透していて、おかしいと思わないとしたら、それはおそろしいことです。

日本でも異業種交流会が流行っていますし、アメリカでもそこから本当の友情を築ける人たちももちろんいるのでしょうが、ジョイスさんから見ると、そんな人は限りなくゼロに近いように見えるから「おかしいんじゃないの」と感じたのでしょう。

著書紹介にあるように「意外」でもなんでもなく、漏れ聞こえてくるウワサからでもある程度想像ができる社会のようだということがよくわかる1冊でした。
[PR]
by n_umigame | 2009-08-11 20:14 | | Trackback | Comments(0)

『ニューヨークは美味しい! 』田村明子著(角川oneテーマ21)角川書店

ホットドックから家庭料理までニューヨークの美味しいお店と料理を紹介。街中の魅力と暖かい人たちが満載の一冊。ニュヨークのすべてがわかります。 (Amazon.jp)


イギリスの植民地だった新興国(白人があとから入植した国)は「メシがまずい」と言われます。それはイギリスがメシがまずいからで、最近のアンケートでも平均的なイギリスの家庭で日常的に作られるレシピは11種類しかないという結果にも、あまり食べることに興味がない国民性が反映されているのかなあという印象を受けました。
欧米のキッチンの写真を見ていると、非常にスッキリしています。
日本人は和洋中いろいろなものを日常的に作るので、まともに料理をする家庭のキッチンは自ずと調理器具や各種調味料、食材の保管で場所がいっぱいになってしまうので、このような彼我の差が生まれるのでしょうね。
アメリカに行ったことがないのですが、旅行された方や住んでいた方の感想を伺っていると、期待に違わず「まずかった」「ボリュームだけはあった」という答えが返ってきました。「塩とケチャップの味しかわかんないみたいよ」「何にでもかけるんだよね」「あ、でも甘いもんはごっつ甘くて頭割れそうなくらい甘い」と。つまりは大味なんですね?
「あー、でも、世界中どこへ行っても中華とイタリアンはうまい」。はははは。

しかし、アメリカは移民の国。特に「人種のサラダボール」と言われるニューヨークは、それぞれの民族の人たちが持ち込んだ独自の食べ物、料理がたくさんあり、それをアメリカ在住28年の著者が紹介した「ニューヨークうまいもん手帳」という感じの1冊でした。なので、レストランガイドというわけではなく、ピクルスとか屋台のホットドッグとかチキンスープとか庶民が日常的に食べるものもふんだんに紹介されていて、それがおもしろかったです。

ただ、残念に思ったのは、わたくしのような素人にも、アメリカ文化の理解などが、体系的に学んだのではない弱さが出ているように思われて、そういった面では別の著書に当たられることをオススメいたします。
主観による感想文はそれはそれで楽しいですが、だったら素人さんの旅行ブログとどうちがうのとなってしまうので。
また巻末に「林望さんの『イギリスはおいしい』へのオマージュとしてこの著書を上梓されたという旨のあとがきがあって、申し訳ないけれども、林望さんとだけ比べても文章の気品、ユーモア、教養・見識の高さ、豊富さ、などなど、まだまだこれから勉強できる余地があるんじゃないでしょうかと思ってしまいました。
でも人生に目標があるっていいことですよ、うん。(←フォロー)

カラー版で写真がたくさん載っているので、ながめているだけでも楽しいですが。
料理研究家の方たちの文章って、ある一定の「コード」があるのか、みんな似ていますよね。それとはまた違うんだけれども、あのコードが不快でなければ十分楽しめる1冊かと思います。
[PR]
by n_umigame | 2009-08-10 17:56 | | Trackback | Comments(0)

トニー賞授賞式2009(第63回)

今、BS2で見終わりました。
今年もおもしろかったです!

今回の司会は、ニール・パトリック・ハリス。
最後の「トゥナイト」の替え歌がおもしろかったのと、こんなにおもしろいのに、なにその歌唱力! だれですかー!!(ごめんなさい)、と思い調べましたら、「天才少年ドギー・ハウザー」のドギー役で大ブレイクした役者さんで、現在もコメディやブロードウェイで多彩な才能を発揮しているとか。

納得。

ウーピー・ゴールドバーグの司会のときもおもしろかった記憶がありますが、毎回毎回、プレゼンテーターのユーモアとあたたかさにあふれるコメントや、合間合間にはさまれるショーが楽しくて、ミュージカルにそんなに興味が無くてもとてもおもしろくて、ついつい最後まで見てしまいます。
アカデミー賞の授賞式よりこじんまりした感じですし、舞台という、比較的ファン層が限られているエンタテインメントに対する賞ということもあってあまり日本では話題になりませんが、個人的にはアカデミー賞の授賞式より雰囲気とか好きです。(同じ理由でエミー賞の授賞式も好きです)

来年は「スパイダーマン」がブロードウェイに。
……ええっと。

今年の中では"Legally Blonde"が楽しそうでした。
ミュージカルにはまってニューヨーク通いしてしまう人の気持ちがわかっちゃいますね。

あと、"Rock of Ages"で披露された、ジャーニーの"Don't Stop Believin' "とか、なっつかしー。
リアルタイムよりもうちょっとあとに聞いているはずなので、おそらく母が聞いていたのに違いない…。
母がこの"Rock of Ages"に登場しそうな髪の長いロックバンドが好きで、その影響もあってわたしもよく聞いていました。
サントラの曲目を見たら、やっぱり母が好きだった"The Final Countdown"(なんか北欧のバンド…ヨーロッパでしたっけ、バンド名???)、"Can't Fight This Feeling"(REOスピードワゴン)、"We Built This City"(スターシップ)などなど、なつかしくてまた腰が抜けそうな!

ブロードウェイでは70年代とか80年代の回顧趣味が流行っているんでしょうか。
楽しそうだからいいけれども(笑)。
[PR]
by n_umigame | 2009-06-28 22:33 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

『アイ・アム・レジェンド』(2007)

リチャード・マシスンの古典的傑作『地球最後の男』をウィル・スミス主演で映画化したSFアクション。地球規模の災厄によって人類が絶滅してしまった近未来を舞台に、世界でただひとり生き残った科学者の主人公が、孤独なサバイバルを続けながら人類再生への可能性を探る姿を描く。監督は「コンスタンティン」のフランシス・ローレンス。

 2012年、ニューヨーク。科学者のロバート・ネビルは3年前に起こった地球規模の災厄をくぐり抜け、この街で、おそらくは全世界で、ただひとり生き残った男。彼は、相棒のシェパード、サムと無人の店舗で食料品や日用品を調達し、セントラルパークに畑を作って生き延びる日々。そして、自分以外の生存者を探して、毎日無線で呼びかけるものの、未だ生存者を見つけ出すことが出来ずにいた。それでも、人類を絶滅させた原因を取り除き、再生の道を探るため、たったひとりで奔走するロバートだったが…。


レイトショーで観てまいりました。
レイトって安いんですねー。知らなかった…。なのでいかにも疲れて面倒くさいと言わんばかりの顔でおつりのお札を投げて寄越した映画館のチケット・カウンターの男。今回は許してやるが今度やったらチクる。両手で差し出せとまでは言わん。せめて手渡せ。きっとバイトなんだろうけど、あんたみたいなのがいるからバイトでもきっちりプロの仕事をしてる人まで十把一絡げに「バイトはいーかげんだ」って言われるんだプロのアルバイトさんたちにあやまれふがー!!

…というような具合で、映画を見る前からエキサイトしておりましたが、上映が始まってからもケータイを何度もブーブー鳴らしてる人とそのツレ、どちらも女性ですがクレジットが流れ始めたとたんにキャーキャー話し始めて、さすがに一言申し入れました。(だって一つ置いて真横に座ってたんだもん!)
真後ろの足グセ悪い兄ちゃんはにらんだらおとなしくなってくれたけどな!
これだから映画館で映画を見るのやなんだよ!

…というような具合で、上映中は周辺の観客にメンチ切りまくり違う意味でエキサイトしておりましたが、さて映画は観ていたのか。
もちろん観ていましたよ?
CMと映画の始まりの切れ目がわかりにくかったので数分はCMだと思って眺めてたなんてこともなくちゃんと観てましたよ?

前半は良かったです。
まず最初に荒廃したNYの街がタイムズ・スクエア、ブロードウェイ、ワシントン・スクエアとずーっと映るのですが、これは実際に住んでいる人とか行ったことのある人は楽しかったでしょうね。ブルックリン・ブリッジはなんで壊れてんの? という部分も説明があってなるほどね、と楽しめました。
2012年という設定らしいのですが、映画の広告とおぼしき看板の見慣れた「S」マークを胸にかかげた見慣れたコウモリのマークは、それどんな映画ですかー!(笑)
「RENT」と「Wicked」はまだ興行中だったらしく、目指せ「マウス・トラップ」(笑)。
ただ、NY動物園から逃げ出したのであろうシカとかライオンとかはなんで感染してないの? 犬もやられてるのに。

エンドクレジットを見ていたら、"NYPD Movie/TV Unit"という部署がNY市にはあるのですね!(NY市のHPによると、1966年に設立されたそうです)NY市は映画やドラマの撮影に積極的に協力してくれるので有名だそうですが、元々は財政難を少しでも緩和するためだったとか。そーなんだ・・・。某関西地方のO市なんかも『ブラック・レイン』のときみたいにばんばんハリウッドに貸しちゃえばどーかな思いました。(ちなみにあのバイクのシーンで有名な場所は現在改装中です。で、あそこバイク入れません。)

また、人類はガンを克服したと思われた新薬のためにこんなことになった、というのは、遺伝子操作や医学を過信するなという警鐘という意味で、なかなか良い設定ではないかと思いました。

フランシス・コッポラの『ドラキュラ』と並んで「日没にハラハラした映画」の双璧となりましたし、愛犬サムが暗いビルの中に入っていってしまうところなど、とにかく「出る」までのドキドキ感や見せ方はいいと思います。恐がりのわたくしにとってはもうここは! おなかいっぱいです! あんな程度でも!!

なのですが、だんだん「なんだかなー」感が増大してくるのが後半でした。

↓以下、結末に触れています。ネタバレ注意。

More
[PR]
by n_umigame | 2008-01-12 02:58 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

衆愚のまち

Three wise men of Gotham,
They went to sea in a bowl,
And if the bowl had been stronger
My song had been longer.

♪♪さてもゴットハムの三りこう、
 おわんにのっかって海へでた
 もそっとおわんがしっかりしてりゃ、
 ここらで歌も終わらない

Gothamは「ゴータム」と表記するのが発音に近いのでしょうが、古い本(おそらく北原白秋訳)には「ゴットハム」とあったのでしょうか、坂田靖子さんの『ライム博士の12ヶ月』に出てくる訳はこれに近くて、マザー・グースの歌の中でも「いかにもイギリス(っぽいブラック・ユーモア)」炸裂で大好きな唄です。
最近朝日新聞で別の訳が掲載されていて、なつかしいなあと思い出していました。

Gothamはニューヨークの別名で、阿呆ばかり住んでいたからこのように呼ばれるようになったのだ、と、エラリイ・クイーンの『九尾の猫』の冒頭にも出てきますね。
『バットマン』の「ゴッサム・シティ」も元ネタはこれなんでしょうか。
[PR]
by n_umigame | 2007-03-09 21:50 | 日々。 | Trackback | Comments(0)

『シャルビューク夫人の肖像』 ジェフリー・フォード・著/田中一江・訳(ランダムハウス講談社)

19世紀末のニューヨーク。
「わたくしの肖像画を描いてほしいのです。ただし、わたくしの姿は絶対に見てはいけません…。」
そう依頼された肖像画家のビアンポは、屏風の向こうから聞く身の上話だけで、夫人の肖像を描くことを承諾する。
決まった時間にシャルビューク夫人と名乗る女の屋敷に通い始めるが、夫人の話す夫人の身の上話は夢ともうつつともつかない不思議な物語だった。やがて、目から血を流して死んでいく謎の奇病でニューヨークでは次々に犠牲者が…。

という、ミステリとも幻想小説ともつかない作風です。

幻想小説が好きな方ならば途中の雰囲気にひたるだけで十分満足していただけるのではないかと思うのですが、ミステリ好きの方には「またこのオチかよ!」と思われてしまうと思います。
わたしは読んでいる途中が楽しかったのですが、やはりオチには白けてしまいました。
ただ、その骨格の部分は特に目新しさのないミステリなのですが、合間合間に差し挟まれるエピソードと、次はどうなるんだろうという部分がぐいぐい読ませます。
ですので、巧いことは巧いのですが、おおーこらすごい作家さんが出たぜ、おかわり早く早くー!…という感じではなかったです。
ジャケットとあらすじに負けました。

こういう作風なので、ラストは絵に描いたような悲劇になるのかと思ったらそうでもなく、たいへん爽やかな幕切れです。

幻想的な雰囲気にひたりつつ、ハッピーエンドがいい方、ぜひ。
[PR]
by n_umigame | 2007-01-02 20:04 | | Trackback | Comments(0)

『モグラびと―ニューヨーク地下生活者たち』 ジェニファー・トス・著/渡辺葉・訳(集英社)

3000人とも5000人とも言われる、ニューヨークの地下(下水道や閉鎖された地下鉄のトンネルや駅など)で暮らす「モグラびと」と呼ばれるホームレスの人々を取材したドキュメンタリー。
彼らの多くは、薬物中毒、家庭崩壊、犯罪、貧困など様々な理由から「地上」で暮らすことを拒否した人々です。

ニューヨーク市当局は彼らの存在を否定しており、当然救済の手はほとんど誰からもさしのべられません。
著者は若手のジャーナリストですが、そんな中でも一人だけ彼らを気にかけている警察官の一人から協力を得て、地下世界に入ることができました。「モグラびと」の悲惨と言うのもはばかられるような暮らしを目の当たりにした著者自身も最後には彼らの中の一人から身の危険を感じ、ニューヨークから離れ、調査から身を引かざるを得なくなります。

彼らは最初から地下で暮らさざるを得ないような境遇で生まれ育ったわけではなく、中には一流レストランのシェフだったのに何かのきっかけで麻薬に手を染め、地下まで落ちてきてしまった人もいます。
ほとんど、あるいはまったく光が射さない場所で暮らしている彼らの寿命は2~3年と言われているとか。それも正確な統計が取れないので、よくわからない状態です。

読後、自分がかつがれたのではあるまいかと思うほど、他に類書を見ない本でした。
[PR]
by n_umigame | 2006-12-24 16:25 | | Trackback | Comments(0)

『葉と葉子のふたりごと』 岸本葉子,渡辺葉・著(清流出版)

岸本葉子さんと渡辺葉さんの一人暮らし時代の対談集。

雑誌に掲載していたときにほとんど読んでました…しょぼん。
でも古本屋さんで200円だったから。
[PR]
by n_umigame | 2006-12-24 16:02 | | Trackback | Comments(0)

Irish American

アイルランド系アメリカ人に興味のある方は、こちらなんかいかがでしょうか。
よくお邪魔させていただいている、アイルランド関連のサイトからいくつかご紹介いたします。

「マンハッタンを歩く---アイルランド系移民とタマニー協会」

「Irish Network Japan---アメリカの中のアイルランド」
 →「アイルランド系移民」、「警察官と消防士」あたりなど。
[PR]
by n_umigame | 2006-12-24 01:40 | *ellery queen* | Trackback | Comments(0)

『ニューヨーク犯罪事情』 トム・マクゴードリック、賀川洋・共著/ぶんか社

トム・マクゴードリックさんは、名前からお察しいただけるようにアイリッシュ・アメリカンで、元ニューヨーク市警の刑事、その後、辞め検事の相棒とともに私立探偵事務所を開業。
共著とありますが、このトムさんの体験談を賀川洋さんがまとめたもの、という意味で、文筆の責任は賀川洋さんの方にあるようです。
この図書からは賀川さんの方の略歴がわからなかったのですが、たまたま自分が持っていた別の本によれば、日本の某大手出版社の駐在員としてニューヨークに滞在、その後独立されたそうです。

つまりどちらも文筆のプロではないので、プロフェッショナルではない相手に本気を出すのも気が引けますが。
ハードボイルドを狙ったような文章は、控えめに言わせていただいても、失敗。(←どこが控えめだ)そもそも日本語になっていない部分もあれば、脱字もあり(これは出版社の責任ですが)、素人くささがいかんともしがたいのが、残念です。
こういう本なので、民放で2時間特番でやっている『潜入!○○警察25時!!』みたいなクサさが出てしまうのは仕方がないのですが、テーマの絞り方を考えればもうちょっとおもしろくできたろうに、という感じでした。

しかし、トムさん、「退屈な仕事が大キライ」で、警官になり、担当はもちろん管内でも一番デンジャラス★なサウス・ブロンクス、思ったより平和でつまんね(←もちろんトムさんの主観)、と思ったもののやっぱりドンパチ楽しい時もあり、うきうき警官人生を謳歌していたけれども膝を負傷、デスクワークに回され、おれはもう今までみたいに犯人追っかけられないんだ。クスン…。とサッパリ警官を辞め、私立探偵開業。わくわく犯罪ランド・NY☆にいりゃメシの食い上げってことはねえよ、やっぱ、私立探偵サイコー!…と人生楽しそうなご様子ですが、犯罪実録より、むしろ、そんなトムさんの方がよっぽどおもしろかったです。
やはり元ニューヨーク市警の警官だった方が書いた某小説で、「刑事は離婚率が高い」という文章が出てくるのですが、そうでしょうね、こんなだんなさんだったらば。奥様たいへんですよ。

トムさんの警官時代の体験談でおもしろかったところ。
仕事中、友だちとお昼ごはんを食べる約束でレストランで待ち合わせをしていたところ、麻薬の売買を発見。逮捕しようと思ったけど、おなかすいたし、「おまえらあとで署まで来い、ゴラぁ!」と言うだけ言って見逃し、友だちとごはんを食べて戻ったら、さっきの売人たちが雁首揃えて、本当に署に出頭していました。
売人たち曰く、「だって、アンタがこわかったから、マジだと思って……」
トムさんはそのバカ正直さにあきれて、「もう、おまえらいいから、ウチ帰れ。な?」と、帰したそうです。トムさんのお人柄がにじみ出ているエピソードです。
いい警官だったのでしょう。
[PR]
by n_umigame | 2006-08-05 17:29 | | Trackback | Comments(0)

Welcome. 本と好きなものがたり。


by n_umigame
プロフィールを見る
画像一覧