*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ミステリ ( 526 ) タグの人気記事

シャーリイ・ジャクスン、2冊

『くじ』(異色作家短篇集/早川書房)を読んだのを機に、『たたり』(創元推理文庫)の感想も。

サイコキラーが手当たり次第に人を殺していく作品は、一種のファンタジーです。「そんな人が現実にいるわけない、いたとしても、そういう人は特殊な人で、精神的に健常な自分とは関係がない」という「別物」の安心感があるからこそ、読めるのだと思います。(某人食い博士が大活躍する一連のシリーズも、いったい今何作目なんだと思うようなホッケー仮面ジェイソンくんも、そういうことなのではないでしょうか。)
しかしシャーリイ・ジャクスンの作品に登場する人物は、「おまえにもあるだろう、こういうところが。近くにいるだろう、こういう人間が。ないとは言わせないよ。」と、非常にリアリティを感じる嫌悪感をもって迫ってきます。

これは、嫌ですよ…。

『くじ』の表題作は、その内容があまりにもショッキングだったため、発禁になった時代があったそうですが、発禁になったのは、オチがショッキングだったからとか、そういうことでは、きっと、ない。
この、「できればふさいでおきたい人間の中の臭いものの蓋」を、開けて見せてしまったから、ではないでしょうか。
もう一点、シャーリイ・ジャクスンのこわいところは、不幸を振り払うように光にしがみつく人間を、嘲笑うような結末へ誘うことです。(「光」と表現しましたが、これもたいていニセモノの光だったりします。)

『たたり』は、スティーブン・キングが、ヘンリー・ジェイムズ『ねじの回転』と並んでホラーの傑作と絶賛したという作品で、ホラーの体裁を取ってはいますが、これもやはり、単なるホラーではありません。もう、主人公の姉夫婦とか、読んでいて胃が痛くなるような不愉快さ。嫌な人間を描かせると、この作家さん絶品です。

サラ・ウォーターズの『半身』や、アガサ・クリスティの『春にして君を離れ』(これも痛い…。)などを読んだときも感じましたが、男性作家はこうは描きませんね。山岸涼子さんにも、「自分で自分の人生を切り開かなかったツケ」が回ってくる女性主人公に対して、苛烈すぎると思うような突き放した作品がいろいろありますが、こういうのを読んでしまうと、やっぱり男性の方がロマンティストだし優しいんじゃないかなあと思ってしまいます。

今、嫌なことがあって、明日会社や学校に行きたくない…と思っているときには、絶対にオススメしません。しませんが、何でもイージー・ゴー・ハッピーじゃ世界は安直に過ぎるということもウェルカム!というファイトとガッツのあるときは、この絶品「嫌な味」をお楽しみ下さい。

ところで、

More
[PR]
by n_umigame | 2006-08-06 23:53 | | Trackback | Comments(0)

『噂』荻原浩・著/新潮文庫

最後の一行で大どんでんがえしが来るミステリ作品のことを、エラリイ・クイーンの作品にちなんで「最後の一撃」と名付けたのは瀬戸川猛資さんだそうですが、この作品も「最後の一撃」の仲間に入れてもいいかと思います。
そして、個人的に、いわゆる「本格ミステリ」のマイ定義第1条として「飛ばし読みができないこと」があるのですが、そういう意味でこの作品は「本格ミステリ」だと思います。(「あっとおどろくトリック」が第1条の方には、これはサスペンスだろう、ということになるかと思われますが)
ただし、「大」どんでんがえしというよりは「プチ」どんでんがえし、という感じですが。

父と娘の父子家庭・小暮刑事と母と息子の母子家庭・名島刑事のコンビがいい味で、読んでいて心地良いのですが、オチはブラック・オチ です。
ぜひ、小暮・名島コンビでシリーズ化してほしい!と途中までは思いましたが、読み終わってからは1話完結がキャラクターに対する慈悲かもしれん…と思ってしまいましたよ…。

初めて読んだ作家さんですが、こんなお話なのに、ときおり読んでいてくすっと笑えるユーモアがあって、それが非常にお気に入りです。日本のミステリはあまり読まないのですが、まじめすぎて肩が凝る、というところも一因で…。
じゃあいわゆる「ユーモア・ミステリ」を読んでればいいじゃん?ということでもなくて、何と言いますか、こう、「リラックスしつつ真剣勝負」。そんな風合いがいいのです。
解説によるとユーモア作家としてスタートしたとありますが、この調子でどんどんミステリも書いていただきたいです。
[PR]
by n_umigame | 2006-07-30 22:50 | ミステリ | Trackback | Comments(0)

『月館の殺人』下 佐々木倫子・漫画/綾辻行人・原作(小学館)

待ってました~!
おもしろかったです。
上巻は密室(?)もの、下巻は館ものだったのですね。

佐々木倫子さんが作画ということが最大のトリックでした(笑)。
これが純粋に「綾辻行人さんの本」だと思うときっとこれもあれもそれも伏線なんだと思って読んだと思いますが、佐々木さんの作品だと思うと「…これ…は話に関係がある…かもしれないけど単にふらっと出てきただけ…かもしれないし…でも…でも…」と、
トリックなのか素(す)なのかわかりませんでした(笑)。
でも、やはり(以下ネタバレ反転→)動機がはっきりしない、弱いというのは、綾辻作品(というか本格ミステリ?)だったかなあという感じです。
それと、とうとう犯人の名前がわからないという終わり方が好きです。
[PR]
by n_umigame | 2006-07-30 22:32 | コミックス | Trackback | Comments(0)

エラリイ・クイーン占い

「無口なウサギ」のファンサイトさんのところで、「無口なウサギ占い」というものがあって、
占い自動作成サイトの存在を知りました。

作ってみました、「エラリイ・クイーン占い」
ちょーカンタンに作れるんですね!
しかも、コンピュータが勝手に書いたらしい結果文、わたしが何もしていなくても
けっこう当たっているような気がするのがスゴイんですけど!
ほんとうにコンピュータが書いたんですか?
どこかに人が入ってるんじゃありませんか? 
そうでないとしたらそのうち「デイジ、デイジー~……♪」と悲しげに歌い出すんではあるまいか。
そんな気がするEQ占い。(意味不明。)
ご用とお急ぎのない方は遊んでいって下さいね。

ちなみに、メニュー欄(サイドバー)の「おたのしみetc」にもリンク貼っておきました。「EQ占い」からいつでもどうぞ~。(て、これいつかリンク切れるのだろうか)
[PR]
by n_umigame | 2006-07-28 23:17 | ミステリ | Trackback | Comments(0)

『コミカル・ミステリー・ツアー』4 いしいひさいち著/創元推理文庫

なんだか新刊が出ていました!
好きなんですよ、コレ~。
雨後のタケノコのごとくうぞうぞと出版されるミステリを、これだけ日本も海外ものも
読んで、ネタにするという、その一事をとってもすごいことだと思いますが、
歴史ネタや時事ネタ、野球ネタ、守備範囲が広い漫画家さんですよね。すごい。
年に2回本を出すだけでへろへろ言ってる身には、すごいとしか言いようがないです。

このシリーズ、個人的に、ホームズネタのがもう大笑いだったのですが、
次点でフロスト警部ネタかしら。
エラリイ・クイーンネタでもコミックスにひとつだけ収録されていて、
エラリイはけっこうそれらしいのですが、パパがなんでこんなにずんぐりむっくりなの?
と思った気が。(あれだけそこここで「やせてる」「小柄」「小鳥みたい」を強調されているのに)

4では、マルティン・ベックと思われるキャラが出てくる4コマがあるのですが、
最近、マルティン・ベックシリーズの新作が出たのでしょうか?
よ、読みたい~!!
[PR]
by n_umigame | 2006-07-24 21:53 | ミステリ | Trackback | Comments(0)

夏の祭典

直参いたします。

土曜日・東「ツ」60-b far west です。

ご用とお急ぎのない方はぜひお立ち寄り下さい。
今回からミステリ・ジャンルに移っています。
新刊はエラリイ・クイーンです。久しぶりに予定ページ数を上回りました。

今回は時間にも余裕があったし、早めの入稿でカンペキだ!とか
思っていましたら、印刷屋さんから電話が。
「印刷見本誌が入っていませんでしたが?」
…申し訳ありません。速攻送りました。
[PR]
by n_umigame | 2006-07-23 21:04 | サークル | Trackback | Comments(0)