タグ:DreamWorks Animation ( 9 ) タグの人気記事

ドリームワークス・アニメーション新作"The Boss Baby"トレーラー2本+α


ドリームワークス・アニメーションの今年(2017年)の新作長編作品第一弾、"The Boss Baby"(ボス・ベイビー)の第2トレーラーが来ていましたので、貼っておきます。

北米では3月に公開予定、日本は安定の未定です。(しょんもり…)


■The Boss Baby Official Trailer #2 (2017)




第1トレーラーはこちら。
■The Boss Baby Official Trailer #1(2017)






気になるのが、シュレックの制作チームであることをばーんと出してきたことと、監督が…! 

監督がトム・マクグラス監督の単独作品でなくなっているではありませんか……!

d0075857_15570333.jpg
IMDbより。→
いやああああああどういうことおおおおおおお!!(ノД`)

共同監督になられたのは、Hendel Butoyさんという、『ファンタジア2000』などを手がけられた方のようです。
ディズニーから来られたのですね。

それはいいのですけれど、マクグラス監督はなぜ単独監督でなくなったのでしょうか。
しかもクレジットも筆頭でなくなっています。

コミコンやアヌシー映画祭でのインタビューからも、この作品はマクグラス監督の個人的な思い入れが比較的強く、お兄さんへの50年ぶりのラブレターなんだよ❤ などと臆面もなくおっしゃっていたところから、わたくしそれはそれはもう萌え…いや燃えあがり、期待していたのですよ。

それでなくてもマクグラス監督は、実力といいキャリアといい、途中で誰かの助っ人がなければ一本作品を仕上げられないような未熟な監督さんではないと思いますし、そうやってベテランのフォローがあってヒット間違いなしのコンテンツさえ腐らせたどこぞの蜂とは違うのだよ、蜂とは! と池田秀一さんの声で脳内に響き渡っていたのに、どうして? 

なぜ!? 
WHYYYYYYYY!!!!???????

吉報の少ないDWA関連情報の中で、これだけは楽しみだったのに、そしてこれだけは悪くなりようがないと思っていたのに、この仕打ち…。(ムーコ風)

がっくりでございます。

もしかして転職が決まって、契約などの関係でタイミング的に見届けられなくなって、あとは頼んだってことなんでしょうかね…。
あーあ…。


そんでもって、次回作はこの"Captain Underpants"なのですが、最近ファーストルックが出まして。


うーん、このボス・ベイビーとのかぶりっぷり。
DWA、もしかしてもう、自家中毒を起こしているのではないかと心配になりました。
この作品の救いは、監督が『ターボ』のデヴィッド・ソレン監督だということでしょうか。
それから、……それから………、思いつかない…(ノД`)。




[PR]
by n_umigame | 2017-01-08 23:44 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

『ソーセージ・パーティー』(2016)と『クルードさんちのはじめての冒険』続編中止etc.(後編)

d0075857_15235292.jpg
(画像はAWN.comより。)



***

この記事は後編です。

前編はこちら。→

映画『ソーセージ・パーティー』の結末に触れていますので、ネタバレをさけたい方は、ここで回れ右でお願いします。


***

了解済みの方は↓からどうぞ。









More
[PR]
by n_umigame | 2016-12-05 00:03 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

『ソーセージ・パーティー』(2016)と『クルードさんちのはじめての冒険』続編中止etc.(前編)


***

今回の記事は、前半は『ソーセージ・パーティー』の感想、後半は最近のドリームワークス・アニメーション事情について思うことなどです。
長くなりましたので、記事を前後編に分けました。

後半のために、『ソーセージ・パーティー』のオチについても触れています。
映画未見で今から観る予定の方は、ここで回れ右推奨です。

***



まずは映画『ソーセージ・パーティ』の感想から。


スーパーマーケット「ショップウェル」で、ソーセージのフランクは恋人であるパンのブレンダと結ばれホットドッグになることを夢見るなど、食材たちは人間に買われることを望んでいた。ある日、ついに一緒にカートに入れられ喜ぶフランクとブレンダだったが、アクシデントが発生し店に取り残されてしまう。一方、夢がかない購入された食材たちは……。
(シネマトゥデイより)



監督は『劇場版きかんしゃトーマス』シリーズのグレッグ・ティアナンと『マダガスカル3』などのコンラッド・ヴァーノン。音楽はアラン・メンケン。主演と製作はセス・ローゲン。




以下ネタバレですよ~。







More
[PR]
by n_umigame | 2016-12-04 23:58 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

『ヒックとドラゴン』12(上・下):「最後の決闘」クレシッダ・コーウェル作/ 相良倫子・陶浪亜希共訳(小峰書店)

d0075857_14101181.jpg


ついに人類の命運が決まる〈運命の冬至〉の日となった。このままでは、〈失われし十の宝〉を手に入れたアルビンが新王になってしまう……。ヒックは、それを阻止して、みんなを救うことができるのか?
(Amazon.jpより・画像も)


完結。
11巻までの感想はこちらです。→







以下、ネタバレです。映画についても触れています。
特に今回の最終巻は、内容を知らずに読んだ方が単純に楽しめると思いますので、未読で今から読む予定のかたはここで回れ右推奨。








More
[PR]
by n_umigame | 2016-11-27 23:10 | | Trackback | Comments(0)

DWA 2016年~2018年の劇場用新作予定状況



今年のSDCCが、なんだかいまひとつ元気がなくて心配だったドリームワークス・アニメーションですが、劇場公開用の長編は、今後いったいどうなっとるのかい? と思ったので、個人的な備忘録も兼ねてまとめておきます。


2016年7月31日現在で、IMDbでいちおう北米公開日が掲載されているものだけを拾うと、以下のとおり。(公開日時はいずれも北米での予定。)



・Trolls(トロールズ):2016年11月4日
→一時期ネット配信のみという情報がTwitter上で流れましたが、どうやら劇場公開になったようです。
・The Boss Baby(ボス・ベイビー):2017年3月31日
・Captain Underpants(キャプテン・アンダーパンツ):2016年6月2日
・The Croods 2(『クルードさんちのはじめての冒険2』):2017年12月22日(日本公開2018年2月2日←IMDbの情報ですのであてになりませんが)
・Larrikins(ラリキンズ):2018年2月16日
・How to Train Your Dragon 3(『ヒックとドラゴン3』)2018年5月18日


公開日については、ドリームワークス・アニメーションが、合併予定だったりCEOが交代するかもしれなかったりと経営が不安定なことと、競合している作品の公開日などで今後もころころと変わる可能性が高いです。

詳細は長くなりましたのでたたみます。
一部、あらすじにも触れていますので、気になさる方はここで回れ右でお願いします。






More
[PR]
by n_umigame | 2016-08-01 00:14 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

DWA新作"The Boss Baby" SDCC 2016追加情報




こちらの記事(→)で、ご紹介したドリームワークス・アニメーションの新作"The Boss Baby"について、先日開催されたサンディエゴ・コミコン(2016)にて、ファーストルックが公開され、キャストについてももう少し詳しいことがわかりましたので、追加情報です。

特にネタバレになるような情報は出ていませんが、真っ白の状態で映画を観たい方はここで回れ右でお願いいたします。

いちおうもぐりますね。








More
[PR]
by n_umigame | 2016-07-31 23:34 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(1)

【ネタバレあり編】『カンフー・パンダ3』(2016)とりあえず感想+シリーズ総括


d0075857_11450247.jpg


こちらの記事は「ネタバレあり」編です。
「ネタバレなし編」はこちらへ。→


物語の核心部分やセリフ、ラストシーンに触れていますので、未見の方は回れ右でお願いします。
シリーズ総括の感想もありますので、1作目、2作目とも見ていない方もご同様で。

期待が大きかった分、ちょっと辛口めの感想になっています。全面的にべた褒めはしていません。
「カンフー・パンダ」シリーズについて少しでも批判がましいことを言われるのは我慢がならないという方もここで回れ右でお願いします。
(「カンフー・パンダ」シリーズは私は特に「2」が大好きなことと、「マダガスカル」シリーズが回を重ねるごとに段違いの傑作に化けて行くので、「3」についてはものすごく期待していました。その期待の分、見方がなおさら辛口になってしまっているところもあると思います。)

「ネタバレなし編」も読んで下さった方には、一部重複するところがあるかと思いますが、合わせてご了承ください。

一応、決定的なネタバレ部分に関しては文字を反転してあります。











More
[PR]
by n_umigame | 2016-07-27 00:38 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(2)

【ネタバレなし編】『カンフー・パンダ3』(2016)とりあえず感想



この記事は2016年7月26日現在の情報です。

d0075857_11450937.jpg

***

今年6月28日にリリースされたUS盤Blu-rayで『カンフー・パンダ3』を見ました。
これまで日本未公開のドリームワークス・アニメーション(以下DWA)の映画は、できるだけブログには感想を上げないようにしてきたのですが、思うところあって今回はアップすることにしました。
「すっごい感動しました❤」とか「映像がきれいでした~❤」とかあたりさわりのないことを言ってお茶を濁す方法もなくはなかったのですが、やはりきちんと書いておこうと思います。

英語でざっと一回見ただけ、特典などでの裏・補足情報未見。アートブックはざっと見、ノベライズも一度ざっと読んだだけです。(ところどころ必要があれば再読しています)


***

感想の前になのですが、来ませんねえ、日本での公開情報……。


当ブログでもこちらの記事で「公開決定したようです!」と喜びいさんでご紹介したので、毎日のようにこの記事にヒットしたと思われる方にお越しいただいているのですが、記事を書いた時点で噂されていた「2016年夏公開説」も、残念ながらまた流れてしまった模様です。
いちおうまだ2016年ですし、劇場版ペンギンズのときのように日本盤ディスクがリリースされるときに限定公開という可能性もなきにしもあらずのようですが、やっぱり劇場で正式に公開されないと意味がないと、改めて思うようになってきました。
こんな状態で結局根本的に何も解決されていませんし、「劇場で正式に公開されない」というそのこと自体が、作品のある面での評価になってしまっているからです。
(これには人それぞれご意見があると思いますが、日本で公開されている劇場用海外アニメがコンテンツとしても最大公約数的に大勢の人に人気があるのは、やはり理由があるなあと納得せざるをえません)

d0075857_11593014.jpg
IMDbでは日本は2016年3月18日公開になっていて、
相変わらずいいかげんだなあと
生あたたかい目で見るしかありませんね…。


『ヒックとドラゴン2』やペンギンズのときにふりまわされて疲れてしまった反省から、今回は公式筋から信頼できる情報が出て来ない限りはTwitterでも安易にRTしたりしないと決めていたのですが、あれから本当にうんともすんとも音沙汰なしです。
(できれば、「って書いたとたんに公開情報出ましたよ!」と言いたい…)

2015年末時点での記事は、ソース(情報源)が20世紀FOX映画さんのYouTubeの公式チャンネルですので、この時点ではさすがにデマや噂ではなかったと思うのですよね。夏くらいに公開したいなあという目算があったのだろうと思います。

ですが、「ドリームワークス・アニメーションの新作"The Boss Baby"情報」でも書いたように、もう最近は海外アニメもディズニー/ピクサー一社だけがDWAのライバルなのではなくて、D/P社に追いつくか、興業成績だけなら追い越しているイルミネーション・エンターテインメントやブルースカイ・スタジオ、その他これまでアニメ映画を製作していなかった会社までがアニメ映画を発表してきているので、何も日本での知名度も人気も低めのDWAの作品を無理して公開するリクスを背負わなくても、『ミニオンズ』や『ペット』を公開する方がよほど安全パイだということは、よくわかります。
自分で言ってて、涙が止まりませんけどね!!!
しかもカッツェンバーグCEOが日本の映画の業態を嫌いだと名言してるらしいんですもの。人間関係は鏡ですから、嫌いだと言われて好きになるのは人情として難しいですよ。仕事は人間がしているわけなので、これは軽視できない部分だと思います。
(自分の会社の上司を悪く取られかねないようなことを、社外で、不特定多数の人の前で言ってしまう人がいる、そのこと自体がDWAの会社の状況がうっすら見えるようで、悲しかったです。おかげで現状を把握できたのですけれども)
自分で言ってて、涙が(2回)

***

私はDWAというスタジオ自体が大好きで、一部の作品を除いてはどの作品も好きですが、だからと言って、狂信的になったり、黒を白と言いくるめることは好きではありません。ダメだと感じたところはダメだと言います。
DWAの作品に少しでも批判がましいことを言われるのは我慢ならないという人は、まずここで回れ右でお願いします。


以下、『カンフー・パンダ3』の感想から、その辺りについて思ったことです。
なんだかんだ言ってファンであるがゆえのぜいたく者の愚痴だと思っていただければ。

この記事は、物語の核心に触れるようなネタバレはありませんが、真っ白の状態で映画を楽しみたい人にはおすすめしませんので、ここで回れ右でお願いします。










More
[PR]
by n_umigame | 2016-07-27 00:07 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

ドリームワークス・アニメーションの新作"The Boss Baby"情報


さて、相変わらずとほほ状況更新中の日本のドリームワークス・アニメーション(以下DWA)映画の扱いはとりあえず冷蔵庫に入れておいてスイカの隣で心ゆくまで冷えていただいて食べ頃になったら出すとして、トム・マクグラス監督の新作情報の記事を読んでいてまたしても萌え転がったので記事にしておきます。

d0075857_18583139.jpg

d0075857_16490257.jpg

「DWAの次の新作と言ったら、“Trolls”だろ!」
「え? キャラとかじゃなくて監督? で、萌え?」
「つか、マクグラス監督て誰?」
という方はブラウザの「戻る」でお帰りください。

以下、作品の内容にも少し触れていますので、事前情報は爪どころか爪楊枝の先ほどもいらんのじゃ!という方もお帰りください。
原作の絵本についても触れています。

以下の情報はすべて2016年7月19日現在です。






More
[PR]
by n_umigame | 2016-07-19 22:10 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

Welcome. 本と好きなものがたり。


by n_umigame
プロフィールを見る
画像一覧