*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 01月 ( 37 )   > この月の画像一覧

『アイ・アム・レジェンド』(2007)

リチャード・マシスンの古典的傑作『地球最後の男』をウィル・スミス主演で映画化したSFアクション。地球規模の災厄によって人類が絶滅してしまった近未来を舞台に、世界でただひとり生き残った科学者の主人公が、孤独なサバイバルを続けながら人類再生への可能性を探る姿を描く。監督は「コンスタンティン」のフランシス・ローレンス。

 2012年、ニューヨーク。科学者のロバート・ネビルは3年前に起こった地球規模の災厄をくぐり抜け、この街で、おそらくは全世界で、ただひとり生き残った男。彼は、相棒のシェパード、サムと無人の店舗で食料品や日用品を調達し、セントラルパークに畑を作って生き延びる日々。そして、自分以外の生存者を探して、毎日無線で呼びかけるものの、未だ生存者を見つけ出すことが出来ずにいた。それでも、人類を絶滅させた原因を取り除き、再生の道を探るため、たったひとりで奔走するロバートだったが…。


レイトショーで観てまいりました。
レイトって安いんですねー。知らなかった…。なのでいかにも疲れて面倒くさいと言わんばかりの顔でおつりのお札を投げて寄越した映画館のチケット・カウンターの男。今回は許してやるが今度やったらチクる。両手で差し出せとまでは言わん。せめて手渡せ。きっとバイトなんだろうけど、あんたみたいなのがいるからバイトでもきっちりプロの仕事をしてる人まで十把一絡げに「バイトはいーかげんだ」って言われるんだプロのアルバイトさんたちにあやまれふがー!!

…というような具合で、映画を見る前からエキサイトしておりましたが、上映が始まってからもケータイを何度もブーブー鳴らしてる人とそのツレ、どちらも女性ですがクレジットが流れ始めたとたんにキャーキャー話し始めて、さすがに一言申し入れました。(だって一つ置いて真横に座ってたんだもん!)
真後ろの足グセ悪い兄ちゃんはにらんだらおとなしくなってくれたけどな!
これだから映画館で映画を見るのやなんだよ!

…というような具合で、上映中は周辺の観客にメンチ切りまくり違う意味でエキサイトしておりましたが、さて映画は観ていたのか。
もちろん観ていましたよ?
CMと映画の始まりの切れ目がわかりにくかったので数分はCMだと思って眺めてたなんてこともなくちゃんと観てましたよ?

前半は良かったです。
まず最初に荒廃したNYの街がタイムズ・スクエア、ブロードウェイ、ワシントン・スクエアとずーっと映るのですが、これは実際に住んでいる人とか行ったことのある人は楽しかったでしょうね。ブルックリン・ブリッジはなんで壊れてんの? という部分も説明があってなるほどね、と楽しめました。
2012年という設定らしいのですが、映画の広告とおぼしき看板の見慣れた「S」マークを胸にかかげた見慣れたコウモリのマークは、それどんな映画ですかー!(笑)
「RENT」と「Wicked」はまだ興行中だったらしく、目指せ「マウス・トラップ」(笑)。
ただ、NY動物園から逃げ出したのであろうシカとかライオンとかはなんで感染してないの? 犬もやられてるのに。

エンドクレジットを見ていたら、"NYPD Movie/TV Unit"という部署がNY市にはあるのですね!(NY市のHPによると、1966年に設立されたそうです)NY市は映画やドラマの撮影に積極的に協力してくれるので有名だそうですが、元々は財政難を少しでも緩和するためだったとか。そーなんだ・・・。某関西地方のO市なんかも『ブラック・レイン』のときみたいにばんばんハリウッドに貸しちゃえばどーかな思いました。(ちなみにあのバイクのシーンで有名な場所は現在改装中です。で、あそこバイク入れません。)

また、人類はガンを克服したと思われた新薬のためにこんなことになった、というのは、遺伝子操作や医学を過信するなという警鐘という意味で、なかなか良い設定ではないかと思いました。

フランシス・コッポラの『ドラキュラ』と並んで「日没にハラハラした映画」の双璧となりましたし、愛犬サムが暗いビルの中に入っていってしまうところなど、とにかく「出る」までのドキドキ感や見せ方はいいと思います。恐がりのわたくしにとってはもうここは! おなかいっぱいです! あんな程度でも!!

なのですが、だんだん「なんだかなー」感が増大してくるのが後半でした。

↓以下、結末に触れています。ネタバレ注意。

More
[PR]
by n_umigame | 2008-01-12 02:58 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

『うしおととら』(全19巻) 藤田和日郎著(小学館文庫)小学館

「にせみ(仮)さん、マンガ好きですか?」
「うん!!」

と言ったら会社のアルバイトさんだった人が以前貸してくれました33冊+外伝1冊。

最初は「うううー絵がなー」「うううークッサイなー」(笑)と思っていたのですが、くだんのアルバイトさんから「とにかく5巻までは読め」とアドバイスされていたのでがんばって読み、最後まで読んだらハマりましたー。

ふと読み返したくなり、文庫で読み直しました。
ああーやっぱりおもしろいですなあー!!すばらしいですなあ!!
読み終わったあとの余韻がすばらしいです。

次々と繰り出される『ベタ辞典』に絶対載っているであろうシチュエーションと、いくら1990年代に連載されていたからってこんな中学生いないよ!! というような男の子が主人公なのですが、いやー、やっぱり「うしとら」はこうでなくっちゃーね!!
また細かいところがやっぱり笑えます。 わたくしは心の中で、宮沢賢治、椎名誠、そして藤田和日郎を「オノマトペ日本三傑」と呼んでおります(笑)。
初読の際は女の子の露出と暴力と流血が多いのがやはり気になったのですが、再読すると、「うっわーこんなもの小中学生に読ませていいのかー!」と思ってしまったのは、むしろ、とらのセクスィーさですね!! うしおが基本的にまだ子どもの体型なのでよけいひきたって見えるということもあるかもしれませんが。

さあ、そんなスケベな与太話はさておいて、再読して、卒業式の日で終わるというのは巧いなあと改めて感心してしまうのですが、中2と中3では男の子はかなり変わるので、絵的にわかりにくいという配慮があったのだとは思いますが、うしおがもっと大人っぽくなっていても良かったかなあとも思います。
あと、改めて思ったのは、とらの存在。
きっととらを好きな読者はすごく多かったであろうと思うのですが(わたしも好きですが)(著者自身もとらと白面の者の因縁話をあとから(きっとね)作るくらいなのでそれなりに思い入れがあったのだろうと思いますが)、それでも最後までうしおを主人公の位置できっちり守り通したそのスタンスが、やはりこの作品を少年マンガの傑作たらしめた一因なのではないかと、改めて思いました。

とらは破壊と再生と創造を司り、その世界をひかっきまわす、いわゆる神話や物語に登場するトリックスターです。
トリックスターは二律背反するにも関わらず、人を引きつけずにはいられない魅力的なキャラクターであると相場が決まっています。

それでもとらが脇役でなければいけないのは、つまり少年マンガの主人公にしてしまうのに無理があるのは、とらは単体ではもう「変わることが出来ない」キャラクターだったからではないでしょうか。
文庫版のあとがきで著者が、担当さんに「ドラマは人の心の動きがもたらすものであり、感動は、人の心が変わるところから生まれる。」と教わって、それが今も自分の骨子となっていると書いておられます。
これはそのとおりで、ドラマは、誰かと誰かが出会うことでちょっと変わる、この「ちょっと」のところを描くものですから、とらがうしおと出会ったことで「変わる」こと、そしてうしおととらが出会った人たちがちょっと変わること、これが重要なテーマのひとつで、その中心はあくまでもうしおなわけです。
また、うしおがとらを傷つけるほど深くは、とらがうしおを傷つけられないことからも、それはわかります。

これだけ広げた風呂敷をきれいにたたみ、登場させたキャラクターをほんとうにほとんどすべて回収してみせ、しかも少年マンガの王道である「少年の成長」をきちんと正面から描ききったところは、何度読んでもため息が出ます。
うしおは出会った人(妖怪)たちや、その人(妖怪)たちとの思い出(絆)をとても大切にしますが、これはきっと著者のマンガを描く姿勢そのものなのだろうと思います。(現実問題として考えれば、人生で出会った人すべてをこんなに大切にしようと思うと、精神的な負担が大きすぎてへばってしまうと思いますが、そこはそれ、うしおくんまだ中学生だから。(笑))

最近になって『DEATH NOTE』を読んだせいでそう思うのかもしれませんが、過去の作品を思い出しても、ジャンプ系のマンガ家さんの作品の画力の確かさ、センスの良さ、華やかでスタイリッシュな世界、構成の妙など、技術的な面ではやはりサンデー系の作家さんは太刀打ちできんのーと(失礼ながら)思ってしまいました。
それでも、サンデー系の作家さんの雑なペンタッチ、絵もお話もいまひとつ垢抜けなかったり(すまん)荒削りだったり(すまん)、巧いんだけど地味だったり(すまん)、それなのに心に残っていつまでも忘れられない作品と波長が合うマンガ読者にとっては、ほかの絵がキレイでそこそこ楽しめる作品とは代え難い魅力があり、「すばらしい!」と思ってしまうのでございます。

『うしおととら』を読んだことのない方、はっきり言って、このマンガはクサイです。
そんな清純な中学生がいまどきおるかいとつっこんでしまいます。
そんな気持ちのいい大人ばっかりのわけあるかいとつぶやいてしまいます。
民俗学的にはいろいろと問題のある知識が開陳されていると思います。
せめて和服姿の女性の肩はなで肩に描いていただだきたいと思います。本当は男性もそんなスーツが似合いそうながっちり肩で和服の色気が出せるか思います。

しかし、そんなもろもろの短所ですら長所に変えてしまうこの感動のラストシーンの前には、「ああ、大団円ってこのことだー!!」とガッツポーズを決めてしまい、行きたくなかった会社や学校がある明日でさえもちょっぴり待ち遠しくなること請け合いです。(ほんまか)

だまされたと思って読んでみてくださいなv
[PR]
by n_umigame | 2008-01-12 00:02 | コミックス | Trackback | Comments(0)

少年マンガ一気読み大会

開催中。
d0075857_22224068.gif


「須磨子…さん、お、おかわり。」
「はい、あなた。ごはんこれくらいでいいですか?」
と、さりげなく指が触れ合い、紫暮さん真っ赤。

というような『困ったときのベタ辞典』に投稿したくなるようなシチュエーションが思い浮かびます。(しか思い浮かびません。きっぱり。)

というわけで、『うしおととら』より、紫暮さんと須磨子さん。
(はしっこが切れていますがクリックすると全部見られますので物好きな方はぜひ。)

いいですねえこの夫婦vv

ところで須磨子さんていったい何歳ですか。
アラゴルン・アルウェン夫婦とどっちがどっちいうくらいものごっつい姉さん女房なんじゃないですか。
紫暮さんよりうーんと長生きするんでしょうか。
ちょっとこの先心配です…。
[PR]
by n_umigame | 2008-01-11 22:34 | コミックス | Trackback | Comments(0)

web拍手御礼v

大晦日からなんだか毎日ぽちぽちといただいておりまして、ありがとうございますvv

年末年始、酔ったイキオイと思われるようないつもにましての舌が滑った毒舌を吐いておりますが、しらふでした。(よけいダメじゃん!)(薬を飲んでまして)(年末にお医者さんと薬剤師さんに「アルコール飲んだら何があっても保証しませんよ」言われました)(何にも言ってないじゃないですかー!!)

このような記事に、本当にありがとうございます。(^^)m(_ _)m
今年もマイペースでがんばりますね!
[PR]
by n_umigame | 2008-01-08 00:07 | web拍手 | Trackback | Comments(0)

『クリスマスに少女は還る』 キャロル・オコンネル著/務台夏子訳(創元推理文庫)東京創元社

クリスマスを控えた町から、二人の少女が姿を消した。誘拐か?刑事ルージュの悪夢が蘇る。十五年前に双子の妹が殺されたときと同じだ。そんなとき、顔に傷痕のある女が彼の前に現れた―「わたしはあなたの過去を知っている」。一方、監禁された少女たちは力を合わせ脱出のチャンスをうかがっていた…。巧緻を極めたプロット。衝撃と感動の結末。新鋭が放つ超絶の問題作。


クリスマスまでに読もうと思っておりましたが、年が明けてしまいました。

海外ミステリと海外SFの邦題はたいへんセンスの良いものが多いですが(映画配給会社の邦題を決める人はぜひ爪の垢せんじて飲むよーに。)、この作品もたいへんすばらしい邦題であることが、読み終わるとわかる、というしかけになっております。
また、原題"Judas child"は「囮の子」という意味だそうですが、こちらもなるほど。タイトルロールで決め手はまさにこの子ですね。

えー、わたくし、この手のオチは本来大好物です。
お話としても、多少冗長である部分は否めないかとは思いますが、よくできていると思います。(ちょっと翻訳が読みにくいですが。主語と述語がわかりにくいと言いますか、5W1Hの描写が甘いと言いますか。自分が合わないだけかもしれませんが)
なのですが、いまひとつ乗れなかったと申しますか、「あれ、おっかしーなー、なんでなんだろ、ここでぐっとくるはずなんだけどなー???」と自分でも不思議に思いつつ読み終わりました。

以下、犯人以外はネタバレでまいりますので、ご注意下さい。↓

これは、非常にざっくりといきますと日本昔話で言うところの、

More
[PR]
by n_umigame | 2008-01-07 23:47 | ミステリ | Trackback | Comments(0)

おしくて食べられません(笑)

白馬ゆかりさまからいただいた「よこすか海軍カレーヌードル」でっす。
白馬さん、早速ありがとうございます!!
お邪魔する際は、ぜったいいただいて帰りますよ、「海軍カレー」!! わくわくvvv

d0075857_195666.jpg



白馬さん、お礼にアイリッシュ・パブでおごらせてくださいねー。
スタウトとビター、どちらがお好みですか?
[PR]
by n_umigame | 2008-01-05 19:58 | 日々。 | Trackback | Comments(2)

昨日は

日帰り出張だったのですが、今年初めての出張先でホームに入ってきた列車は……

な、なんじゃこりゃー!!(笑)

d0075857_19481776.jpg

d0075857_19483928.jpg


d0075857_19485467.jpg

車内で改札に来た車掌さんが押してくれたはんこ(?)もアンパンマンでした。

かわいかったけど……地元の方たちは見慣れておられるのか、終点で降りて大コーフンでケータイでばしゃばしゃ激写し、気がついたらホームにわたくし一人でした……。
[PR]
by n_umigame | 2008-01-05 19:54 | 日々。 | Trackback | Comments(0)

ジーヴス、漫画化。

12月に発行された『ジーヴスと恋の季節』のあとがきで知ったのですが、漫画化だそうですよ。

「メロディ」08年4月号 2月28日(木)発売(白泉社)
CMがアップされていました。
●イチオシ新シリーズ!
能天気坊ちゃま&有能執事★英国コメディ
作画 勝田 文 原作 P.G.ウッドハウス
訳:森村たまき(「比類なきジーヴス」国書刊行会刊)
プリーズ、ジーヴス
時は20世紀前半。青年貴族バーティーのトラブルは万能執事が解決します!?


作画は、勝田文さん。

………。寡聞にして存じ上げませぬ…。
これはバーティ???
でもまあ「メロディ」で連載されるくらいですから、お姉さん向けの絵柄で良かったです。
流行のアニメっぽい絵だったり(目が顔の半分くらいあるよーな童顔の絵柄というほどの意)すると読むのがつらいですー…。

とりあえず、期待です。わくわく。
[PR]
by n_umigame | 2008-01-05 18:53 | コミックス | Trackback | Comments(0)

『そして誰もいなくなった』 アガサ・クリスティー著/青木久恵訳

(クリスティー・ジュニア・ミステリ1)早川書房

アガサ・クリスティー日本オフィシャル・サイトより---

クリスティー・ジュニア・ミステリ〉は、子供だましでない、本物のミステリを子どもたちに楽しんでもらうために企画されました。省略なしの完全訳、それも一線級のミステリ翻訳家が手がける最新訳で、ミステリの女王の代表作をお届けします。
読みやすい表現、大きな活字、すべての漢字に振り仮名をつけ、親しみやすいイラストも入りました。子どもが初めて出会うミステリに最適。
〈クリスティー・ジュニア・ミステリ〉を読んで、ミステリの楽しさに触れてください。


というわけで、読んでみました。

早川さんの出している本ですので、クリスティーの原作をそこなうようなものではもちろんありませんでした。そこはご安心ください。わたくしもまったく心配しておりませんでした。
が、ジュブナイルとして成功しているかどうかはちょっと疑問です。
また、「完全訳」という心がけはもちろん悪くはないのですが、なおさら、改めてジュブナイルとして発行された意図が、いまひとつわかりませんでした。

そのおおかたの原因は、「一線級のミステリ翻訳家が手がけ」たことにあるのではないかという気がします。
ここはやはり、ジュブナイルや児童書の翻訳を手がけている方に訳をお願いした方がよかったのではないかと読んでいて思いました。子どもに向けた語り口、言葉遣いというものがやはりあって、漢字にルビさえふれば子供向き、というものではないと思われます。
この文章が読める子どもであれば、もう十分クリスティーの一般向けの文庫が読めると思いますよ。(わたしも生まれて初めて一般向けの文庫を自分のお小遣いで買ったのは小学3年生でした。マーク・トゥエインでしたけれども(^^)。)

また、「省略なしの完全訳」とありましたが、原書にないのであろう部分が気になりました。(原書を読んでいないのでもし実はあったらおわびして訂正いたします)

例えば、p.50「イギリスの裁判では、犯罪を犯したとして訴えられた被告人が有罪か無罪かは、陪審員たちが話しあって決める。」という一文があり、こんな説明がましい文章あったかなあ…と違和感を覚えたため清水俊二訳を確かめたところ、ありませんでした。(p.38)
ほかにもわたくしが気がついた範囲で、もう一カ所こういう部分がありました。

省略はしてないけど、よけいなつけたしがあるんじゃん!(笑)

「完全訳」を謳ったのであれば、訳注でなく地の文によけいな文章を入れたことを、あとがきなどできちんと明示すべきではなかったのでしょうか。
「陪審員」って子どもにはわかんないよね、じゃあ親切に説明を入れてあげましょう、と思ったのだとしたら勘違いもはなはだしいのでは。大人だって陪審員って何か正確には知らない/わからない人はおおぜいいます。
こんなことをやりはじめたら訳者が恣意的に原文を増やしたり削ったりしても良いことになってしまいます。
もし子ども向けをうたうなら、「ばいしんいんって何?」と子どもが自分で好奇心を持って調べられるようなしかけを作った方が、よほど子どものためになるかと思われます。

あと、これは作品自体には関係がないのですが、あとがきにあげられている「名探偵」のチョイスがマニアックすぎませんか。ホームズはいいけど、なんでエラリイ・クイーンとネロ・ウルフが並ぶんだ。ハヤカワさんらしくて良いと言えば良いのですけれども、わたくしの回りにはエラリイ・クイーンが探偵の名前だって知らない人がごろごろいるし(作家名は有名だから「名前は聞いたことある」と言われますが)、ウルフに至ってはもっと知らないみたいですよ。一般の人はそんなものだと思われますがー(笑)。
[PR]
by n_umigame | 2008-01-05 18:40 | ミステリ | Trackback | Comments(0)

ついでに「ダイイング・メッセージ枕も」

「頭に銃弾を撃ち込まれ倒れた、みたいになれる枕」

おもしろいなー。
「鮭そっくりの枕」とか何考えてんだ。なぜ鮭なんだ。コバンザメじゃだめなのか。(それじゃサイズ的に抱き枕か)

ついでにミステリアイテムとして、「ダイイング・メッセージ枕」も作ってくれい。
できれば宮沢章夫さんが書いていた「やけに饒舌だが肝心なことはなにひとつ書いておらず発見者が『こんなやつは死んで良かったんだ』と思うようなダイイング・メッセージ」がいいなあ。(笑)

お正月早々ブラックネタですみません。^^)

*1月7日追記:変なコメントがつくのでリンクをはずしました。きっと犯人はこいつだ…!
「頭に銃弾を撃ち込まれ倒れた、みたいになれる枕」で検索しても出てくるかと思います。
[PR]
by n_umigame | 2008-01-04 23:16 | 日々。 | Trackback | Comments(0)