<   2018年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

『すべて忘れて生きていく』北大路公子著(PHP文芸文庫)PHP研究所

d0075857_19154271.jpg

小さい頃から「早くしなさい」と言われ続けた私が気がついた世の中の真実とは――。「どんな毎日にも笑えることを見つけることができる」と信じる著者による、珠玉のエッセイ集。相撲への愛が迸るロングエッセイ、日常のゆるい出来事を導入にいつの間にか本の内容に鋭く切り込んでいく油断のならない書評集、奇妙な味わいの掌編小説二編も収録した、キミコの魅力に満ち溢れた一冊! 本人も「書いたことを忘れていた」貴重な原稿が満載です。
(出版社HP・書影も)


北大路公子さんの新しい本が次々と読めて、うれしいです。

やったらだめだとわかっているのに、また「通勤中の電車の中で読む」ということをやってしまい、何かの罰ゲームみたいになってました。
はたから見たら、沿線の不審者再び。
いつも同じ車両に乗り合わせる方々には「またあいつか」で済んでいると思われますが(まだ通報されたことないし)、初めて見る人からしたら怪しいですよねえ…。そういえば最近、同じ時間の同じ車両で見かけないな、って方が何人かいるんですけど、なんでですかね。春だったからですよね。異動とかですよね。異動だよって言って。


さて、今回の本は、エッセイ集なのですが、キミコ(一方的な尊敬と愛着を込めた呼び捨て)のいつもの日常生活のひとこまだけでなく、書評と小説2本も収録されて、言うなればキミコの幕の内弁当(ただしコンビニで売ってる感じ)。
たいへんお買い得だと思います。
コンビニで売ってる幕の内だと思って侮るなかれですよ。ときどき料理人の方が監修したのとか、けっこう美味しいんですよ。また食べたいって覚えてるくらい。

書評は日本の小説が多いのですが、見開きで収まる程度の文字数でその本の良さが伝わってきて、何冊か読んでみたいなと思いました。書評や感想って、本来はこうあるべきですよね。(私は個人のブログなので、ネガティブなことも書いてしまいますが)
日本の小説はコスパが悪いので(そんな理由かい)(借りて読めよ)(でも本は買って読みたいの)あまり読まないのですが、これとこれは読みたいなーと付箋をびろびろと貼りました。


エッセイは、お相撲さんについて熱く語るおばあちゃまのお話がしみました。

 おばあさんから溢れていた、憧れやときめきや畏怖のようなものを今になって私は思い出す。(中略)誰かの愛情や「好き」を笑うことは恥ずかしいことだと、私はたぶんあの時初めて感じだのだ。(p.96)

うんうん、わかるなあ。
私もこういう場面に大人になってからも何度も、というか、日常的に出会うので、しみじみ「そうだよね、キミコ…!」とハグしたくなりました。(迷惑。)
あと、偉人伝とか読んで、ほかにこんなに立派にがんばってる人がいるから、自分はがんばらなくていいや。ってなる気持ち、めっちゃわかる。(だめじゃん。)


小説は、マジック・リアリズム的なお話でした。
これまで読んできたエッセイからもそれは感じていたのですが、どこまで現実でどこから夢か、わからないような作品も多かったですよね。
それをそのまま小説として表現されたような短編でした。
1本目の「まち」も2本目の「ともだち」もどちらもなんだか不気味なところもいいです。ホラーとかそういうお話ではないのですが、覚めない悪夢のような、境界のはっきりしないまま飲み込まれて、そこから脱出できないような気味の悪さがあります。それでいてどこか優しい感じがする。
エッセイ→書評と読んでからこの小説を読むとすんなりくる構成もよかったと思います。


「無理っす」(あとがき参照)とか言ってないで、こんな感じで、年に1冊ペースくらいで新刊が読めるとうれしいです。




[PR]
by n_umigame | 2018-06-09 23:58 | | Trackback | Comments(0)

『孤高の警部 ジョージ・ジェントリー』が終了(本国)

d0075857_11090730.jpg

(画像はIMDbより)


いきなり私事で恐縮ですが、この3年ほど公私ともに本当にいろいろとありまして、以前楽しく見ていたドラマもすっかり追えなくなってしまっておりました。
ブログの更新もすっかり間遠になって、よほどのテンションがないと書けなくなってしまっていましたが、おかげさまで最近やっとあれもこれもまたやりたいと思うことが少しずつ増えてきました。
もういろんなことで無理だけは絶対しない、むしろやりたいことしかしない(できるだけ)と決めましたが、この調子で自分のペースを取り戻したいと思います。
まあこの間も新しい萌えやら沼やらloveやらが増えたりしていたんですけどもね、うふふ。


というわけで、ジョージ・ジェントリーが終わっとるがな(涙)。

しかも「今まさに終わりました」みたいな記事タイトルですが、1年も前に本国で放送終了してますからね(遅)。


主演のマーティン・ショウさんは今年で73歳。
刑事ドラマの主人公を務めるのも厳しいという判断もあったのでしょうが、イギリスの俳優さんたちは舞台俳優も兼任している方も多く、身体が資本だということがよくわかってらっしゃるのか、長寿で生涯現役の俳優さんも少なくありません。マーティンさんもぜひ元気で長生きなさって、またドラマでもお姿を拝見したいと思います。

さて、『孤高の警部 ジョージ・ジェントリー』、昨年(2017年)5月の本国での放送をもって、終了したようです。
8シーズン目で、最終シーズンは全2話。
1960年代のイギリスの社会問題を、刑事ドラマの体裁を取りながら、誠実に描こうとした秀逸なドラマでしたが、最終シーズンではついに1970年代に突入したようです。

2017年1月20日の記事ですが、日本でも終了のニュースが流れていました。
■英国ミステリー『孤高の警部 ジョージ・ジェントリー』がシーズン8で終了へ

■Inspector George Gently(IMDb)


シリーズ8(最終シーズン)のエピソードタイトルは、
・Gently Liberated
・Gently and the New Age
だった模様。


気になる日本での放送ですが、わたくしまたしても、見はぐっていた1話を見はぐってしまったことに気がつきました(哀号)。
何度目だ。
またAXNミステリーさんで再放送があることを祈ります。


■AXNミステリー公式
孤高の警部 ジョージ・ジェントリー



AXNミステリーのエピソードガイドが、全部「シーズン1」第○話という全シーズン通し番号でまとめられていて、何シリーズ目の何話目を見逃したのか、わかりにくいったらありゃしませんよ。(八つ当たり)

自分用のメモとして以下、全シリーズまとめました。
エピソードの日本語タイトルはAXNミステリー放送のもの、シリーズ後ろの( )内は本国での放送年。
エピソードの先頭の<>内の番号はドラマ全体の通し番号です。


Pilot (2007)/パイロット版
<1>   "Gently Go Man"/「再挑戦の始まり」

Series 1 (2008)/シリーズ1
<2> #1 "The Burning Man"/「裏切りの末路」
<3> #2 "Bomber's Moon"/「偶然が犯した罪」

Series 2 (2009)/シリーズ2
(ドラマの原タイトルはシリーズ2から"'Inspector George Gentl"に変更)
<4> #1 "Gently with the Innocents"/「沈黙は永遠に」
<5> #2 "Gently in the Night"/「奔放への報い」
<6> #3 "Gently in the Blood"/「憎しみの残影」
<7> #4 "Gently Through the Mill"/「新たなる挑戦」

Series 3 (2010)/シリーズ3
<8> #1 "Gently Evil"/「隠された正体」
<9> #2 "Peace and Love"/「混沌のキャンパス」

Series 4 (2011)/シリーズ4
<10> #1 "Gently Upside Down"/「破滅への道」
<11> #2 "Goodbye China"/「裁かれる者」

Series 5 (2012)/シリーズ5
<12> #1 "Gently Northern Soul"/「ノーザン・ソウルの夜に」
<13> #2 "Gently With Class"/「歌声の行方」
<14> #3 "The Lost Child"/「消えた子供」
<15> #4 "Gently in the Cathedral"/「ジェントリー汚職疑惑」

Series 6 (2014)/シリーズ6
<16> #1 "Gently Between The Lines"/「死の真相」★
<17> #2 "Blue for Bluebird"/「キャンプ場に潜む闇」
<18> #3 "Gently With Honour"/「ホープウッドの秘密」
<19> #4 "Gently Going Under"/「炭鉱町の闘い」

Series 7 (2015)/シリーズ7
<20> #1 "Gently with the Women"/「被害者の声」
<21> #2 "Breathe in the Air"/「巨悪への挑戦」
<22> #3 "Gently Among Friends"/「ゆがんだ友情」
<23> #4 "Son of a Gun"/「若者たちの叫び」

Series 8 (2017)/シリーズ8(ファイナル)※2018年6月2日現在日本未放送
<24> #1 "Gently Liberated"
<25> #2 "Gently and the New Age"


脚本が濃いドラマだったこともあってか、1シリーズの話数がアメリカのドラマなんかに比べると少ないですね。

わたしは★印のエピソードだけ見られていません。
シリーズ5の最後で「少年漫画の引きかよ!」と突っ込んだ覚えがあるのですが、シリーズ6で見事(?)復活を遂げたはずのジェントリーとバッカスを見られていないことになります。
人様の感想を拝見していると、バッカスいろいろいやになって警察やめるとかジェントリーと別れるとか(?)言い出してだだこねたけど、そのあとドラマが続いていることを見ると元さやに収まったんですよね。
バッカスの、口では何のかんの言っていてもguv大好きっぷりがだだ漏れで、ほほえましいことでございます。
もう惚れたって言えよ。
早く見たい。

UK盤と北米盤ではDVDも出ているのですが、日本ではそこまで人気がないせいか、ディスク化はされていない模様です。
『ブラウン神父』が日本でも一気にディスク化されるのを見ていると、日本人は社会問題を扱った刑事ドラマよりも、謎解きミステリーが好きな人が多いんだなあと思いました。わたしはどちらも好きなので、謎解きもの偏重になってしまうのは残念なのですけれども、確かに気軽に見られるのは謎解きミステリーですね。日本では疲れている人が多いのかも知れません。

シリーズ7まで放送してくれたので、最終シーズンもなるべく早めに放送してくれることをお待ちしています、AXNミステリーさま。
(AXNになってから早かったのに、これも丸1年以上待たされているのを見ると、やっぱり謎解き好きさんが多いからなんでしょうね。)

最終シリーズではバッカスは少しは大人になったでしょうか。
そんなのバッカスじゃないです。



***


ところで、エキサイトブログ様から、「わたしの好きなドラマ」「映画」で記事を書きませんかというお誘いをいただいていたというのに、それもすっかり過去の話になり、キャンペーン(だったようです)も終了しておりました。
せっかくわざわざお声がけいただいたのに、申し訳ありません。






[PR]
by n_umigame | 2018-06-02 12:09 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(2)


Welcome. 本と好きなものがたり。


by n_umigame

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おたのしみ*etc

○日々の自分弁当の記録→
*500ml弁当*

タグ

(563)
(530)
(466)
(315)
(299)
(271)
(186)
(163)
(83)
(68)
(64)
(57)
(50)
(41)
(28)
(20)
(13)
(13)
(12)
(11)

カテゴリ

全体

ミステリ
*ellery queen*
*le guin/earthsea*
日々。
コミックス
映画・海外ドラマ
ICOCA/イコちゃん
無口なウサギ/UB
ウサビッチ/Usavich
ドキュメンタリー
サークル
サークル/在庫等
Krabat/クラバート
アロマ・バス
web拍手

ブログパーツ

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 01月
2017年 08月
2017年 05月
more...

最新のコメント

>お節介おばさん さま ..
by n_umigame at 20:54
本日いきなり24話だけを..
by お節介おばさん at 23:10
>ジェーンドゥさま コ..
by n_umigame at 22:03
過去日記にコメント失礼し..
by ジェーンドゥ at 12:17
>コクレアさま はじめ..
by n_umigame at 13:44
初めまして。ル=グウィン..
by コクレア at 13:57
>とも さま コメント..
by n_umigame at 20:49
初めてコメントさせて頂き..
by とも at 00:14
> kazさん コメン..
by n_umigame at 11:23
初めまして、ジョージ・ジ..
by kaz at 01:02

ライフログ


マダガスカル3 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

フォロー中のブログ

今夜もeat it
それいけ!めんたいこちゃ...
さつえいだ!チャーリー!
こま撮りえいが『こまねこ...
ピンクシフォンをさがして。

ファン

記事ランキング

検索

ブログジャンル

本・読書
海外スター・ドラマ

画像一覧