*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

タグ:SF ( 41 ) タグの人気記事

『トータル・リコール』フィリップ・K・ディック著/大森望編(ハヤカワ文庫SF)早川書房

夜ごと火星に行く夢を見ていたクウェールは、念願の火星旅行を実現しようと、リコール社を訪れるが……。現実と非現実の境界を描いた映画化原作「トータル・リコール」、犯罪予知が可能になった未来を描いたサスペンス「マイノリティ・リポート」(スピルバーグ映画化原作)をはじめ、1953年発表の本邦初訳作「ミスター・スペースシップ」に、「非(ナル)O」「フード・メーカー」の短篇集初収録作ほか、全10篇を収録した傑作選

[収録作品]
「トータル・リコール」
「出口はどこかへの入口」
「地球防衛軍」
「訪問者」
「世界をわが手に」
「ミスター・スペースシップ」
「非(ナル)O」
「フード・メーカー」
「吊されたよそ者」
「マイノリティ・リポート」
(出版社HP)



SFが読みたくなって久しぶりにP・K・ディックを読みました。
…と申しましても、実はわたくし、10代の頃に『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?(Do Andoroids Dream of Electric Sheep?)』を読んで以来、P・K・ディックが苦手だったのでございます。映画化されることが多い作家であり、これまでも折りにつけ短編をちらほらと読んでいるはずなのですが、何となくざらっとしたものが舌に残ったという「印象」以外にほとんど記憶に残っていません。
ハヤカワSF文庫の新しいバージョンのダスト・ジャケットイラストがかっこいいvと思っていましたが、よく見るとこの『トータル・リコール』は脳みそだし、『電気羊』にしてもかわいい羊さんのはずが、どう見ても悪魔信仰のトーテムの頭の部分にしか見えませんよ。

P・K・ディックはSFというジャンルファンのみならず、広範なファンを持つ作家だそうです。
ですが、アイデアであっと言わせるとか、文章が翻訳を通しても美しいことがわかるとか、詩情あふれる世界であるとか、ストーリーテリングが抜群にうまいとか、登場人物が一度会うと忘れない魅力があるとか、そういったエンタテインメント性の面で突出して優れているというわけではない…と思うのです。
では、これほど読み継がれている理由はなにかを自分なりに考えてみました。

この短編集は全編これディストピアもので、なんとなくハッピーエンドかな?みたいな作品もあるものの、こんな世界に住みたくない、そんな作品ばかりです。

それから、すでに多く指摘されていることのようですが、全編パラノイアの妄想かというような世界でもありました。
SFとパラノイアは相性がいいようで(笑)、フレドリック・ブラウンの作品にもよく出てきますし、リチャード・マシスンも自他とも認めるパラノイアで、「ミスター・パラノイア」と自称してしまっているそうです。
ですが、ブラウンやマシスンの作品は「狂ってるよ(笑)」という感じで、最後はどことなくユーモアが残るというか、ブラックでも笑える展開になることが多い。それはおそらくブラウンやマシスンは、自分を(あるいは自分の作品を)客観視できていて、「俺っておかしいよな」という自覚がある。客観性のないところから笑いは発生しないからです。

翻って、ディックの作品は笑えません。
物語では、どの主人公(=ディックのある種の分身)も、主人公だけが異質で、自分がいる世界になじめないと思っている。あるいは自分以外の全員がどこかおかしいと思っている。そして時には「仲間」や「理解者」が現れることもあるし「非(ナル)O」「訪問者」)、時には抹殺されることもある(「吊されたよそ者」)。
それが強迫観念のように作品に昇華されている。この悪夢のような世界は、SFというエンタテインメントの仮想世界というだけではなく、きっとディックにとっては紛れもない「現実」なのでしょう。そのディックにとっての「現実世界」は常に閉じています。外に出て行くことができない。
「閉鎖された世界から外に出て行くことができる」ことを「救い」と言い換えることができるならば、また「出て行くことができる可能性」を「希望」と言い換えることが出来るならば、ディックの世界には「救い」も「希望」もない。
あるいは、あっても、本当にその先にあるのが「救い」や「希望」につながるのか疑問が残る。
だから読んでいる方は怖いし、後味が何とも言えない。他者の狂気の世界を垣間見たような気がするから。

「非(ナル)O」のラストでは、これはきっと笑うところなんだろうと思ったものの、さっぱり笑えないのは、この狂気の世界に果てがないことがわかるからでしょう。文字通り「外に出て行く」のですが、彼らを待っているのはやはり「狂気によって閉じた世界」でしかない。だって「彼ら」は「彼ら」のままだから。タマネギのように、むいてもむいてもそこにあるのはタマネギです。

そんなわけで、10代の自分が「なんとなく苦手だな」と感じたのは、怖いからだったのかもしれないと思い直しました。
ディックの怖さは、シャーリイ・ジャクスンの作品を読んだときに感じる怖さに少し通じるものがあるかもしれません。
「この狂気は他人事ではない」という恐怖です。
このディストピアは来るかもしれない。あるいはすでに在るかもしれない。
ディックが映画化され、新装版でよみがえるというのは、人が閉塞感を感じる時代であるということなのかもしれません。
「わたしたちは≪ここ≫から出て行くことができるのか?」
「≪ここ≫は己の狂気が見せている幻想の世界ではないと言い切れるのか?」と。


映画版の『トータル・リコール(2012)』ですが、ケイト・ベッキンセールとビル・ナイが出ているので見に行こうと思います。
[PR]
by n_umigame | 2012-08-07 20:44 | | Trackback | Comments(0)

『星を継ぐもの 03』星野之宣著/J.P.ホーガン原作(BIG COMICS SPESIAL)小学館

本当におもしろいSFを読みたいあなたに。

木星の衛星・ガニメデで発見された巨大な宇宙船。
現地に赴いて調査に当たっていた地球人科学者たちの前に、なんと100万年前の世界からやって来た異星人が!!
ハント博士、ダンチェッカー教授らは、驚異的な科学力と優しい心を持ち合わせた彼らと交流を深めるが、それを快く思わぬ勢力が暗躍し……!?

SF文学界の巨星・ホーガンが1970年代に書いた傑作を、漫画界の巨星・星野之宣が2010年代の視点で描く意欲作!

【編集担当からのおすすめ情報】
骨太なストーリーと圧倒的な画力で展開し、各方面で話題沸騰中の"時空を超えるミステリー"!
これまでに呈示された、さまざまな謎が解き明かされる第3集、お楽しみください。
(Amazon.jp)


うわああ、こう来ましたか!

以下ネタバレにつきもぐります。核心に触れていますのでご注意ください。

More
[PR]
by n_umigame | 2012-05-01 11:50 | コミックス | Trackback | Comments(0)

『リアル・スティール』(2011)

チャーリー・ケントン(ヒュー・ジャックマン)はかつて将来を嘱望された期待のボクサーだった。チャンピオンを目指してトレーニングに打ち込んできたものの、時代は高性能のロボットたちが死闘を繰り広げる“ロボット格闘技”の時代に突入。もはや人間のボクサーは生きる場所を失い、チャーリーは人生の敗残者も同然だった。辛うじてロボット格闘技のプロモーターとして生計を立てているものの、乏しい資金力で手に入れられるロボットは、リングの上であっという間にスクラップ状態。人生のどん底にも関わらず、さらなる災難がチャーリーに舞い込んでくる。赤ん坊の時に別れたきりの息子マックス(ダコタ・ゴヨ)が最愛の母を亡くして、11歳になった今、初めて彼の前に現れたのだ。だが、マックスは、そう簡単にチャーリーに心を開くはずもなく、親子関係は最悪の状態。そんなある日、2人はゴミ捨て場でスクラップ同然の旧式ロボット“ATOM”を発見する。それが、彼らの人生に奇跡を巻き起こす“運命の出会い”であることに、チャーリーもマックスもまだ気づいていなかった……。
(goo映画)


スカッと、直球。
ああ、楽しかった!

以下、ネタバレです。

More
[PR]
by n_umigame | 2012-01-23 18:35 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

『ドクター・フー』シーズン3 #32「ダーレク・イン・マンハッタン」

ドクターとマーサは、1930年のアメリカ、マンハッタンを訪れる。「フーヴァー村」と呼ばれる集落では、大恐慌によって仕事や住まいを失った多くの民衆が、飢えに苦しみながら、テント生活を送っていた。その一方で、世界一の高さを誇るエンパイア・ステート・ビルが、完成を間近に控えていた。そこにはドクターの天敵であるダーレクの姿が。ブタ人間を奴隷とし、種族の存続をかけた恐ろしい計画が彼らにより実行されようとしていた・・・。(女性チャンネル♪ LaLa TV)


ダーレク、しつこい。

わたくしは『ドクター・フー』は新シリーズから見始めたため、8代目より以前のドクターのエピソードはまったくノーマークなのですが、今回登場した黒いガワに入っているダーレク「マスター」はどうやらそのころからの因縁があるキャラクターのようです。

次回に続くようなので、感想はお話が完結してからで。

今後デレク・ジャコビやジョン・シムも登場するようで、デヴィッド・テナントのドクターは最後まで放送してほしいですね。

以下今回のネタバレで。

More
[PR]
by n_umigame | 2012-01-16 19:30 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

『ドクター・フー』シーズン3 #31「大渋滞」

一度きり、という約束のはずが、ドクターの提案でマーサは再び未来へ行くことに。行き先は西暦50億43年のニュー・アース(新しい地球)のニュー・ニューヨーク。空中に巡らされた何層もの高速道路には、無数の車が列をつくり大渋滞をひき起こし、人々はそれぞれの目的地を目指して、終わりの見えない渋滞の中で生活していた・・・。(女性チャンネル♪ LaLa TV)


今回はおもしろかったです!!
SFらしくてよかったです。(ただしディストピアもの)

番組関係者の方が誰かNYで渋滞に遭って、思いついたネタなんでしょうか(笑)。
さすがに、何十年も車の中で、子どもが「ハイウェイ生まれ」ってことはないでしょうけれども。

以下ネタバレです。

More
[PR]
by n_umigame | 2012-01-16 19:11 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

『ドクター・フー』シーズン3 #30「言葉の魔術師」

ドクターはマーサを、ターディスに乗せる。行き先は1599年のロンドン。2人が訪れたのは新しく建てられたばかりのグローブ座。劇場には拍手喝采する観客の姿が。そこに現れたのは「人類が誇る天才」とドクターが称賛する、かの有名なシェークスピアだった。魔女や魔術が忌み嫌われていた時代、言葉の持つ力を利用しようと企む3人の魔女の姿があった。シェークスピアを操り、歴史を変えようとする魔女たちに、ドクターとマーサが立ち向かう!(女性チャンネル♪LaLa TV)


原タイトルは"The Shakespeare Code"だそうですが、この方が良かったかも。
当時のなんたらコードが流行っていたのにかけたんでしょうか。

以下ネタバレでーす。

More
[PR]
by n_umigame | 2012-01-16 19:00 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

『ドクター・フー』シーズン3 #29「スミスとジョーンズ」

23歳の研修医マーサは、いつもとは違う1日の始まりを経験する。そして彼女の生活は、勤める病院全体が月に移動してしまったことで、一変してしまう。彼女は、宇宙警察ジュドゥーンと逃亡中のエイリアン、プラズマボーと闘うことに・・・。彼女が出会った謎の男「ドクター」は、この危機を救ってくれる救世主なのか?(女性チャンネル♪ LaLa TV)


今年からLaLaTVは「女性チャンネル♪ LaLa TV」に改名されたそうです。が。
何とかしてこのこっ恥ずかしいチャンネル名…!(*/д\*) 誰も反対しなかったのかしら?

さてそれはもう置いといて。

待ちに待った『ドクター・フー』シーズン3の日本放送です!
今回は、コンパニオンにフリーマ・アジマン演じるマーサ・ジョーンズ。医者の卵の医学生ということになっています。

以下、ネタバレにつきもぐりますね。

More
[PR]
by n_umigame | 2012-01-16 18:56 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

『リアル・スティール』リチャード・マシスン著/小田麻紀訳(角川文庫)角川書店

映画化に伴って3度目(?)の文庫収録となる表題作以外、既読の作品とかぶっているものはほとんどありませんでした。

早川書房から出た文庫『リアル・スティール』より、ある意味こちらの方がマシスン初読者にはマシスンの芸風がわかっていいかもしれないと思いました。
もし今からマシスンをとりあえず読もうと思ってらっしゃる方があったら、これと『運命のボタン』(早川書房刊)をオススメいたします。個人的には『13のショック』がオススメなのですが、ちょっと高価なので合わなかったら悲しいので。

Amazonでもレビュー以外で収録作品が開示されていないというのが、かえって損をしているような気がします。
あまりかぶってないのだから堂々と公開すればいいのに。と思いました。

以下、作品ごとの感想です。
特にネタバレはありませんが、いちおうもぐっておきますね。

More
[PR]
by n_umigame | 2012-01-03 19:30 | | Trackback | Comments(0)

『宇宙人ポール』(2011)

1947年、ワイオミング州に怪しい飛行物体が落下した。そして60年後、イギリス人のSF作家クライヴとイラストレーターのグレアムは、アメリカ・サンディエゴで開催される、世界中のマニアが集うコミコンに参加。その後2人は長年の夢だったアメリカのUFOスポット巡りに出発する。“エリア51”付近を車で走行中、ひょんなことから宇宙人と遭遇し、成り行きで車に乗せる事に。ポールと名乗るこの宇宙人は、囚われていた政府の施設から逃げ出したと言う。一方、そんな彼らを追う一台の車があった……。(goo映画)

コミックオタクのイギリス人のグレーム・ウィリー(サイモン・ペグ)とクライヴ・ゴリングス(ニック・フロスト)はコミコン・インターナショナルを訪れるためにキャンピングカーでアメリカ旅行をしていた。二人がネバダ州のエリア51付近を通過したところ、宇宙人のポール(声: セス・ローゲン)と出会う。(Wikipedia)


『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ホット・ファズ』のあの仲良しコンビがスクリーンに帰ってきた!!

以下、ネタバレです! 映画をご覧になった方向けの本当にネタバレですのでご注意下さい。

More
[PR]
by n_umigame | 2011-12-25 22:33 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

『星を継ぐもの 02』星野之宣著/J.P.ホーガン原作(BIG COMICS SPESIAL)小学館

SFファンもミステリーファンも必読!

月面で見つかった深紅の宇宙服をまとった5万年前の死体に続き、
木製の衛星・ガニメデでは、なんと100万年前の宇宙船が!
国連宇宙軍から秘密裡にガニメデに派遣されたハント博士、ダンチェッカー教授らは、地球外知的生命体と遭遇することに……!?
(Amazon.jp)


ネタバレにつきもぐります!

More
[PR]
by n_umigame | 2011-12-19 21:49 | コミックス | Trackback | Comments(0)